Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A portion of this video was sponsored by Google.

    このビデオの一部は、googleがスポンサーとなって制作されました。

  • Oceans produce more than half of our oxygen (shoutout phytoplankton!), absorb most of the heat from global warming, and covers 70% of our planet.

    植物プランクトンは、地球温暖化による熱のほとんどを吸収し、地球の70%を覆っていますが、その変化もかつてないほど速くなっています。

  • But they're also changing faster than ever.

  • So what will the ocean look like in 1000 or even 10,000 years from now?

    では、1000年後、1万年後の海はどのようになっているのでしょうか。

  • Let's start with 30 years from now.

    まず30年後の話ですが、海の魚の数は1970年から50%も減少しています。

  • The number of fish in the sea has dropped by 50% since 1970s.

  • So maybe you should consider settling down with that dud, boyfriend or girlfriend because honey, there's not plenty of fish in the sea anymore.

    だから、あなたはその不発に終わった彼氏や彼女と落ち着くことを考えるべきかもしれません。

  • In 30 years, there'll be more plastic in the ocean than fish by biomass, and species like sea bass, usually coming along north Carolina shores, will be up near New Jersey as marine life migrates to cooler waters.

    30年後には、海の中の生物量が魚よりもプラスチックの方が多くなり、ノースカロライナ州の海岸で通常コメントされているシーバスのような種は、ニュージャージー州付近で増えているでしょう。

  • Sea levels have actually risen 5 to 8 inches in the last 100 years and continue to rise.

    海洋生物がより冷たい水域に移動するにつれて、海面は過去100年間で実際に5~8インチ上昇しており、20 5100年までに上昇し続け、9000万人の人々が沈みゆく都市に直面することになります。

  • By 2050, 190 million people will be facing a sinking city.

  • Ho chi Minh City will be below sea level, Alexandria in Egypt under water, and Mumbai, one of the largest and most densely populated cities in the world, submerged.

    ホーチミン市は、わずか30年でエジプトのアレキサンドリアが海面下になり、世界最大級の人口密集都市であるムンバイが水没します。

  • In just 30 years! Like I assume I'll still be alive to see this happen.

    これを見るために私はまだ生きていると思っています。

  • Seawalls could help, but as one scientist, Benjamin Strauss, Climate Central's chief executive said, how deep a bowl do we want to live in?

    しかし、ある科学者(Climate Centralの最高責任者であるベンジャミン・ストラウス氏)が言ったように、今から100年後にどれだけ深いボウルの中で暮らしたいかは、最も正確な科学モデルが予測しているところです。

  • 100 years from now is where our most accurate scientific models predict until.

  • But before we get to those predictions, I want to take a quick moment to thank today's sponsor: Google.

  • They've made so many cool new things that have helped us learn, progress and get all that extra information into our tiny little brains, so I'm happy to have them sponsoring this portion of the video.

    彼らは多くのクールな新製品を作り、私たちの学習の進歩を助け、余分な情報を小さな脳に取り込むことを可能にしました。そのため、この部分のスポンサーになっていただけたことを嬉しく思います。

  • Let's talk about three new features that I've been really excited.

    今回は、期待の新機能を3つご紹介します。

  • The first, I'm probably the most excited about, because not only does Google allow us to keep educating ourselves, but now you can use Google Lens to visually input your homework.

    まず、私が最も期待しているのは、グーグルが私たちを教育し続けてくれるということだけでなく、グーグルレンズを使って、単語の問題から難しい数学の問題まで、宿題を視覚的に入力することができるようになったということです。

  • From word problems to your toughest math questions, not only will Google help you find the answer, but they'll give you a step by step guide on how to get there.

    グーグルは、答えを見つけてくれるだけでなく、そこに至るまでのステップガイドを提供してくれます。

  • Now, the science nerd in me is also super pumped about the more than 2000 STEM concepts that Google has made available at the touch of a finger.

    また、科学オタクの私は、Googleが指一本で利用できるようにした2000以上の幹の概念にも興奮しています。

  • You can now search for things like the Pythagorean theorem, the quadratic formula, even Ohm's Law.

    ピタゴラスの定理や二次式、ホームズの法則なども検索できるようになりました。

  • This would have saved me so much time in school, and 15 year old me is literally crying inside, but so happy for you.

    15歳の私は心の中で泣いていますが、あなたにとってはとても幸せなことです。

  • The second thing I want to tell you about is Google Hum to Search.

    2つ目にお伝えしたいことは、google humです。検索するには

  • You know when you have a tune stuck in your head and you just can't figure out what it is.

    頭の中に曲が残っていて、それが何なのか分からない時ってありますよね。

  • Well now you can hum, whistle or sing it, and Google will find it for you right away.

    今では、鼻歌や口笛で歌えば、Googleがすぐに検索してくれるようになりました。

  • There's Hydrogen and Helium then Lithium, Beryllium.

    水素とヘリウムがある。では、若い人たちに「Really?

  • But none of you would have ever forgot that song, right?

    しかし、誰もがあの曲を忘れることはなかっただろう。

  • Okay, last feature I'm going to share is that Google has AR animals.

    最後にご紹介するのは、googleには「our animals」というアプリがあり、googleアプリを使って、実物大の動物を身近に見ることができます。

  • You can use the Google app to see life-sized animals anywhere around you with augmented reality.

  • Don't even have to go to the beach anymore to see a dolphin.

    AR(拡張現実)を使えば、もう海に行かなくてもイルカを見ることができます。

  • I mean, imagine being able to see them up this close and move around them in augmented reality. So cool.

    こんなに近くで見ることができて、拡張現実でその周りを動けるなんて、想像してみてください。

  • Of course, who knows what's going on in the ocean anymore.

    もちろん、海の中で何が起こっているのかは誰にもわからない。

  • So, thanks to Google for sponsoring this portion of the video and now back to oceans.

    この部分をスポンサーしてくれたグーグルに感謝しつつ、話を海に戻します。 今から100年後、もし二酸化炭素の排出量が増え続ければ、2~3フィートの海面上昇があると言われています。

  • 100 years from now, if carbon emissions keep going up, there'll be a 2 to 3 foot sea level rise.

  • A major reason for this rising is thermal expansion.

    この上昇の大きな理由は、熱膨張です。

  • So warmer water actually takes up more space physically because of increased vibration.

    つまり、暖かい水は、振動が大きくなるため、物理的にはより多くのスペースを占めることになります。

  • And yes, glaciers melting adds to this as well.

    また、氷河が溶けていることも影響しています。

  • And as the oceans heat up, the great conveyor belt is slowing down.

    そして、海が熱を帯びるにつれて、偉大なベルトコンベアは減速しています。

  • This current carries warm water from the tropics to the poles and vice versa, insulating Europe and North America from wilder weather.

    この海流は、暖かい水を熱帯から極地へ、またはその逆に運び、ヨーロッパや北アメリカを荒れた天候から守る。

  • If trends continue by 2100, the gulf stream will weaken by 34 to 45%.

    この傾向が2100年まで続くと、メキシコ湾岸流は34~45%弱まると言われています。

  • A weaker conveyor belt means hotter summers in Europe and fiercer storms in the US; it means profound large-scale impacts on the planet in terms of weather patterns, upending agricultural practices, biodiversity, and economic stability across the vast areas of the world.

    ベルトコンベアが弱くなると、ヨーロッパでは夏が暑くなり、アメリカでは嵐が激しくなります。また、世界の広大な地域で、天候パターン、農業慣行、生物多様性、経済の安定性など、地球に深刻な大規模な影響を与えます。

  • Not only does the ocean provide food, medicine, mineral and energy resources, it also supports jobs and national economies, serves as a highway to transport goods and people, and plays a role in national security.

    海は、食料、医薬品、鉱物、エネルギー資源を提供するだけでなく、雇用や国家経済を支え、物資や人を運ぶ高速道路としての役割を果たし、国家安全保障の一翼を担っています。

  • A slower conveyor belt also means that silt and debris get carried and deposited differently.

    ベルトコンベアの速度が遅いと、シルトやゴミの運ばれ方や堆積の仕方も違ってきます。

  • And over centuries of this, the landscape of the ocean floor will change to a muddy mess.

    そして、何世紀にもわたって、海底の景色は泥だらけに変わっていきます。

  • Ever heard of a seashell?

    貝殻という言葉を聞いたことがありますか?

  • Say bye bye!

    Say bye bye

  • As we release more carbon dioxide, and the ocean's pH continues to decrease, animals that make shells like clams and oysters will struggle.

    私たちがより多くの二酸化炭素を放出して海に出ると、PHは減少し続けます。

  • Predictions for sea carbonate and pH conditions in 2100 showed that animals like the sea butterfly or pteropod, would lose their shell within 45 days.

    アサリやカキのように貝殻を作る動物は、2100年の炭素量とPHの状態を予測すると、ウミコチョウやテラポッドのような動物は45日以内に貝殻を失うことになり、これらの貝殻や骨格が失われると、現在ある鉱物のカルキ層が減少し、より泥臭い雰囲気になるという。

  • And the loss of these shells and skeletons would decrease the chalky layer of mineral that's there now, meaning more muddy mess vibes.

  • And if we stay on the same emissions path by 2300, there will be a 26 foot rise in sea level.

    また、2300年までに同じ排出経路をたどると、500年後には海面が26フィート上昇すると言われています。

  • In 500 years from now, the sea could be suffocating, literally.

    Cは文字通り窒息する可能性があります。1950年代には、海の中に約50のデッドゾーンがあり、そこでは酸素が極端に少なくなっていたため、現在では何も生きられません。

  • In the 1950s, there were around 50 dead zones in the ocean where oxygen was so low that nothing can survive.

  • Today there's around 500 dead zones in the ocean, and they're growing, covering millions of square miles.

    海には約500のデッドゾーンがあり、その数は数百万平方マイルにも及びます。 海が暖かいと酸素が少なくなりますが、動物は体温が上がると代謝が活発になり、実際にはより多くの酸素を必要とします。

  • Warmer oceans hold less available oxygen, but as body temperature increases in animals, their metabolism increases and they actually require more oxygen.

  • Fishing and fish farming, support the livelihoods and families of some 660 to 880 million people.

    漁業や魚の養殖は、約6億6,218万人の人々の生活と家族を支えています。

  • That's 12% of the world's population.

    これは世界の人口の12%にあたります。

  • Any change to the ocean ecosystem has a direct impact on so many people.

    海の生態系の変化は、多くの人々に直接影響を与えます。

  • Large areas of the ocean could also be stuck in layers, like a cake in a process called stratification.

    また、広い範囲の海がケーキのように何層にも重なっている「成層」と呼ばれる状態になっていることもあります。

  • The ocean does this naturally, but with currents, there's usually mixing of the surface and deep water, which circulates heat and nutrients.

    海は自然にそうなっていますが、海流があると通常は表層と深層の水が混ざり合い、熱や栄養分が循環します。

  • In fact, the ocean absorbs over 90% of the heat and approximately 30% of carbon dioxide emissions produced by human activities.

    実際、海は熱の90%以上を吸収し、人間の活動によって排出される二酸化炭素の約30%を吸収しています。

  • As the surface temperature continues to increase rapidly, it becomes less dense and less able to absorb carbon dioxide.

    表面温度が急激に上昇し続けると、密度が低下して二酸化炭素を吸収できなくなり、表層と深層の海の密度差が大きくなります。

  • And the greater the density difference between the surface and deep ocean, the slower and more difficult the mixing becomes.

    混ぜるよりもゆっくりと、そして難しくなります。

  • This creates a negative feedback loop.

    これにより、負のフィードバックループが発生します。

  • With less mixing, more carbon stays in the atmosphere, which warms the earth's surface, which prevents more mixing and on and on.

    混合が減ると、より多くの炭素が大気中に留まり、地表を暖め、より多くの混合を妨げることになり、成層は過去60年で5%増加し、今から1000年後も増加し続ける。

  • Stratification has increased 5% in the last 60 years and continues to grow.

  • 1000 years from now, since the ocean floor is spreading at a fast rate, 5 centimeters a year in the mid Atlantic ridge, in a millennia, it will have spread a whopping 46 meters or 154 feet.

    大西洋中央海嶺では、年間5cmの速さで海底が広がっています。千年後には、なんと46m(154フィート)も広がっていることになります。

  • And in a scenario with no reductions in emissions, scientists predict that the entire Greenland ice sheet will likely melt, causing 5 to 7 meters or 17 to 23 feet of sea level rise.

    また、排出量の削減が行われないシナリオでは、グリーンランドの氷床全体が融解し、1000年後には5〜7m(17〜23フィート)の海面上昇が起こると科学者は予測しています。

  • In 1000 years, the oceans may look like this.

    海はこのように見えますが、海面下1マイル以上のところに数千年前の海綿があります。

  • But there are sponges over a mile beneath the surface that are thousands of years old.

  • They're one of the earliest animals to evolve, and my guess is that in 1000 years they'll still be going strong.

    彼らは最も早く進化した動物の一つです。そして、私の予想では、1000年後も健在だと思います。

  • But what about 10,000 years in the future?

    しかし、1万年後の未来ではどうでしょうか。

  • Scientists predict that if we just keep pumping out CO2, the earth will be 7 degrees warmer, meaning the oceans would rise a whopping 70 meters.

    科学者たちの予測では、このまま二酸化炭素を出し続ければ、地球は7度暖かくなり、海はなんと70メートルも上昇するという。

  • There'd be almost no mountain glaciers left in temperate latitudes. Greenland would give up all of its ice, and Antarctica would give up almost 45 meters worth of sea level rise.

    温帯地域の山岳氷河はほとんど残っていないだろう。グリーンランドはすべての氷を失い、南極大陸は約45m分の海面上昇をもたらすことになります。

  • To put this in perspective, a simple 10 meter increase would displace more than 630 million people, nearly 10% of the world's population. At 25 meters, 20% of humanity is left homeless.

    単純に10m上がるだけで、6億3千万人以上の人々が避難することになります。

  • Of course, our most accurate predictions, really only go to around that 100 year mark, not because we can't imagine that far into the future, but because there are so many variables that could change between now and then, and that's about as far as our computer models go without creating a ton of error.

    25m地点で世界人口の10%近く、人類の20%が家を失うことになります。もちろん、最も正確な予測は、実際には100年後あたりまでしかできません。それは、そこまでの未来を想像できないからではなく、現在からそれまでの間に変わる可能性のある変数があまりにも多く、コンピュータモデルが大量の誤差を生じさせずに到達できる範囲だからです。

  • But it will depend a lot on our own actions as a species, and how we take care of this planet that we're inhabiting.

    私たちが今放出している炭素の一部は、数千年とは言わないまでも、数百年先まで残る可能性があります。

  • Some of the carbon we're releasing right now could be around for hundreds, if not thousands, of years.

  • And whether we take the necessary steps to create a revitalized and healthy ocean, not just in 1000 or 10000 years, but even in 30 years, is up to us.

  • Be sure to like this video, subscribe for more science videos and we'll see you next time. Peace!

    このビデオに「いいね!」を押して、さらに多くの科学ビデオを購読してください。

A portion of this video was sponsored by Google.

このビデオの一部は、googleがスポンサーとなって制作されました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 炭素 海面 上昇 貝殻 予測 グーグル

1000年後の海の姿 (The Oceans In 1000 Years)

  • 4384 231
    林宜悉 に公開 2021 年 08 月 06 日
動画の中の単語