Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Some Olympians make millions of dollars. But a recent global study of 500 elite athletes found that nearly 60% did not consider themselves financially stable.

    オリンピック選手の中には何百万ドルも稼ぐ人もいます。しかし、500人のエリートアスリートを対象とした最近の世界的な調査によると、約60%の人が自分を経済的に安定していないと考えていることがわかりました。

  • We're not sponsored athletes on cereal boxes and Gatorade bottles.

    私たちは、シリアルの箱やゲータレードのボトルに描かれたスポンサーのアスリートではありません。

  • I started driving for DoorDash.

    私はドアダッシュの運転を始めました。

  • I worked at Panera, a bank. The financial strain is huge.

    銀行のパネラで働いていました。金銭的な負担は大きいです。

  • That's because unless they win a medal, Olympians don't get paid for competing at the games.

    というのも、オリンピック選手はメダルを獲得しない限り、試合に出場しても報酬を得ることができないからです。

  • You see someone that's on television all the time and assume all Olympic athletes are famous, all you have to do is get a medal and you'll be rich. And nothing could be further from the truth.

    いつもテレビに出ている人を見ると、オリンピック選手はみんな有名で、メダルを取るだけでお金持ちになれると思ってしまうでしょう。しかし、これは真実から大きく外れています。

  • They also have a long list of expenses to train for their sport.

    また、彼らはスポーツのためにトレーニングするための長い費用リストを持っているのです。

  • And you also are responsible for your coach, making sure that they are paid and compensated accordingly. Massage therapists, nutritionists. Something like a $250,000 earning turns into $125,000 really quick.

    そしてまた、コーチに対しても責任を持ち、彼らに適切な給与や報酬を与えるようにします。マッサージセラピスト、栄養士。25万ドルの収入が12万5千ドルになるようなことは、本当にすぐに起こります。

  • So how do Olympians make money, and why isn't it enough? Unlike countries such as the UK or Singapore, American Olympians don't get paid to attend the Olympics.

    では、オリンピック選手はどのようにしてお金を稼いでいるのでしょうか。そしてなぜそれが十分ではないのでしょう。イギリスやシンガポールなどの国とは異なり、アメリカのオリンピック選手は、オリンピックに参加するためにお金をもらっているわけではありません。

  • If you're not going to be able to afford it, and if you're not doing well, there's like six other people waiting in line just to have the opportunity.

    もし、あなたがそれを賄う余裕がなく、うまくいっていないのであれば、チャンスを得るために他の6人の人が並んで待っています。

  • We are the only major country in the world, and one of very few countries period, where the government does not get involved in funding its Olympic team.

    私たちは世界の主要国の中で唯一、そして世界でも数少ない、政府がオリンピックチームへの資金提供に関与しない国です。

  • But there are three main ways they can make money for being an athlete.

    しかし、彼らがアスリートであることで、お金を稼ぐ方法は主に3つあります。

  • The first, stipends. Athletes can get stipends directly from the US Olympic & Paralympic Committee or from the groups that run the Olympic sports teams, called the national governing bodies.

    1つ目は、俸給です。アスリートは、米国オリンピック・パラリンピック委員会から直接、あるいは各国の統括団体と呼ばれるオリンピックスポーツチームを運営する団体から、俸給を受けることができます。

  • We pay to our very top athletes around $4,000 a month, plus performance bonuses.

    トップアスリートには、月に4,000ドル程度の給料と、パフォーマンスボーナスを支払っています。

  • An Olympic gold-medal rower told USA Today she receives $2,000 a month.

    オリンピックで金メダルを獲得したボート選手は、USAトゥデイの取材に対し、毎月2,000ドルを受け取っていると答えています。

  • Monica won bronze at the Rio 2016 Olympics.

    モニカは2016年のリオ五輪で銅メダルを獲得しました。

  • We get a stipend, and it is $300 a month.

    俸給をもらっていて、それは月に300ドルです。

  • - How much funding an athlete gets depends on performance, and... - Their ability is to be able to earn medals.

    ー アスリートがどれだけの資金を得られるかは、パフォーマンスに左右されますし......。 ー彼らの能力は、メダルを獲得できるかどうかです。

  • So it's a tough kind of balancing act that the NGBs are doing to figure out, how do we support the athletes that are up-and-coming, but then also how do we make sure that those who are doing awesome right now are well cared for?

    NGBは、新進気鋭のアスリートをどうサポートするか、また、今素晴らしい活躍をしているアスリートのケアをどうするか、というバランスを取るのが難しいところです。

  • Lauryn Williams competed in Olympic track and field and bobsled. She was the first American woman to win medals in both the Summer and Winter Olympics.

    ローリン・ウィリアムズは、オリンピックの陸上競技とボブスレーに出場しました。夏季と冬季の両方のオリンピックでメダルを獲得した最初のアメリカ人女性です。

  • The funding was quite different between the two though. Bobsled is a much smaller Olympic sport, and so there's three medals that we can earn.

    しかし、この2つの間には資金面での大きな違いがありました。ボブスレーはオリンピック競技の中でもかなり規模が小さいため、獲得できるメダルは3つです。

  • Compare that to track and field, where 128 American athletes are headed to the Olympic Games competing for 48 gold medals.

    一方、陸上競技では、128人のアメリカ人選手がオリンピックで48個の金メダルめぐって競い合います。

  • In swimming, there's a lot of money, gymnastics, there's a lot of money. NBA, I mean, we don't even have to cover that one; it's the niche sports that really struggle the most.

    水泳は、お金がたくさんあるし、体操は、お金がたくさんある。NBAに取材するまでもなく、ニッチなスポーツが本当に一番苦戦しているんです。

  • Athletes can also make money through sponsorships.

    スポーツ選手は、スポンサーシップによってもお金を稼ぐことができます。

  • A company covers some of their athlete's expenses in exchange for its logo on the athlete's uniform.

    企業は、選手のユニフォームに企業ロゴを掲載する代わりに、選手の経費を一部負担します。

  • More often, these sponsorships are performance-based, meaning an athlete has to win a certain number of competitions.

    このようなスポンサーシップは、アスリートが一定の大会で勝利しなければならないという、パフォーマンスベースのものが多いです。

  • Athleta now sponsors Simone Biles; TYR Sport sponsors Katie Ledecky for $7 million. 2K Sports and Nike sponsor Kevin Durant, who rakes in $40 million in sponsorship money every year.

    Athletaはシモーヌ・バイルスのスポンサーになっています。TYR Sportはケイティ・レデッキーのスポンサーになり、700万ドルを提供しています。2K SportsとNikeはケビン・デュラントのスポンサーとなり、彼は毎年4000万ドルのスポンサー料を得ています。

  • Some of us as athletes have been really fortunate to gain individual sponsorships. That's been hard to come by because people don't know water polo.

    私たち選手の中には、本当に幸運にも個人スポンサーを獲得した者もいます。水球を知らない人は多いですから、それはなかなか実現しませんでした。

  • Sponsorship deals among athletes are inconsistent, ranging from hundreds of dollars to millions.

    スポーツ選手のスポンサーシップ契約は、数百ドルから数百万ドルまでで、一貫性がありません。

  • I've seen athletes get very upset because, you know, they've performed really well, better than their competitor even, but the competitor has a lot more sponsorship opportunity.

    アスリートがライバルよりも優れたパフォーマンスを発揮したにもかかわらず、ライバルのほうがスポンサーシップの機会を多く得ていたために、非常に憤慨しているのを見たことがあります。

  • That's because sponsorships don't just depend on the sport. They also depend on the athlete's popularity.

    それは、スポンサーシップはスポーツだけではなく、アスリートの人気にも左右されるからです。

  • When sponsors and brands are looking at athletes, they're looking at marketability, the return on investment they're going to get.

    スポンサーやブランドがアスリートに注目するとき、彼らは市場性、つまり得られるだろう投資収益率を見ています。

  • It can literally be you have a huge following on Instagram, or you can just be so good that it's undeniable.

    文字通り、インスタグラムで膨大なフォロワーを抱えていることもあれば、紛れもないほどの実力を持っていることもあります。

  • Ultra chocolate.

    ウルトラ・チョコレート。

  • Nailing a coveted sponsorship is hard. Athletes have to go out and get their own sponsors.

    憧れのスポンサーを獲得するのは大変です。アスリートは自分でスポンサーを獲得しに行かなければなりません。

  • Finally, athletes can win prize money.

    最後に、アスリートは賞金を獲得することができます。

  • Competitions leading up to the Olympics, like the Diamond League meets, can have $10,000 first-place prizes.

    ダイヤモンドリーグのようなオリンピックまでの大会では、優勝賞金が1万ドルになることもあります。

  • For me, when I get prize money, I have to immediately disburse that to bills and savings, and also I have to think about, I can't lose, or I can't come in a certain place because I have to make a certain amount of money to either break even or to gain a profit. So always going into a race with that is an immense amount of pressure.

    私の場合、賞金が出るとすぐに生活費や貯金に回さなければなりませんし、負けてはいけない、ある順位になってはいけない、収支が合うようにしなければならないのだから、などと考えます。ですから、常にそのような気持ちでレースに臨むことは、計り知れないほどのプレッシャーです。

  • The International Olympic Committee doesn't award athletes cash prizes for medals. But some countries do. The United States is one of them.

    国際オリンピック委員会は、選手にメダルの賞金を与えません。しかし、いくつかの国はそれを認めています。アメリカもその一つです。

  • You know, the USOPC has something called Operation Gold. So if you earn a medal at the Olympic Games, there's prize money for the top three places there.

    USOPCには「オペレーション・ゴールド」というものがありますよね。オリンピックでメダルを獲得すると、上位3位までに賞金が出るんですね。

  • In every sport, the USOPC awards a $37,500 medal bonus for gold, $22,500 for silver, and $15,000 for bronze. But the USA's medal bonuses are lower than what other nations offer.

    すべてのスポーツにおいて、USOPCは金メダルに37,500ドル、銀メダルに22,500ドル、銅メダルに15,000ドルのメダルボーナスを支給しています。しかし、アメリカのメダルボーナスは、他国に比べて低いのです。

  • It's a one-time payment.

    一度だけの支払いですし。

  • And those bonuses are only up for grabs every four years when the Olympics come around again. So what kind of consistent salaries do athletes get? Well, it's hard to say.

    そしてそのボーナスは、4年に一度、再びオリンピックが開催されるときにしか手にすることができません。では、アスリートはどのような給料を安定して得ているのでしょうか?それを言うのは難しいです。

  • But we do know in 2012, half of the US track and field Olympic team made $15,000 or less a year from the sport, including stipends, prize money, and sponsorships. Compare that to the salary of USA Track & Field's CEO, who earned $1.2 million in 2018.

    しかし、2012年には、米国の陸上オリンピックチームの半数が、俸給、賞金、スポンサーシップなど、スポーツからの年間収入が1万5,000ドル以下であったことがわかっています。これを、2018年に120万ドルを稼いだ全米陸上競技連盟のCEOの給与と比較してみましょう。

  • Plus, there are also hefty costs associated with competing at this level.

    また、このレベルで戦うためには多額の費用がかかります。

  • 15% to 20% generally goes to your agent. So that's money that doesn't exist anymore. And then you also have to pay taxes.

    一般的に15%から20%がエージェントに支払われます。つまり、そのお金は存在しません。また、税金も払わなければなりません。

  • Coaches can cost more than $100 an hour; that bobsled Lauryn competed in costs about $30,000.

    コーチは1時間で100ドル以上、ローリンが乗ったボブスレーは約3万円。

  • If I got to get shoes every two to three months, that's $200, $300.

    2~3ヶ月に一度、靴を買うとしたら、200ドル、300ドルです。

  • There's the price of gym time, massage and sports medicine appointments, dieticians, lots of healthy food, you name it.

    ジムに通ったり、マッサージやスポーツ医に診てもらったり、栄養士に診てもらったり、たくさんの健康的な食事をしたりと、何かとお金がかかります。

  • In 2012, US News & World Report found it costs up to $100,000 a year for athletes to be Olympians.

    2012年にUS News & World Reportは、アスリートがオリンピック選手になるためには、年間で最大10万ドルの費用がかかると発表しました。

  • During the course of my career, I was really fortunate. I never earned less than $250,000, but there's a lot of expenses associated with being an athlete, because you are in fact a business, and a business has overhead; something like a $250,000 earning turns into $125,000 really quick.

    私のキャリアの中で、私は本当に幸運でした。収入が25万ドルを下回ったことはありませんでした。ですが、アスリートでいることには多くの経費がかかります。なぜなら、それは実際にビジネスであり、ビジネスには諸経費がかかるからです。例えば25万ドルの収益がすぐに12万5千ドルになってしまいます。

  • Many athletes have turned to crowdsourcing to supplement their incomes: Monica started one to fund her way to Tokyo. It's now up to $30,000; Aaron's GoFundMe helped finance his way to the Olympic track and field trials in July.

    多くのアスリートが、収入を補うためにクラウドソーシングを利用しています。モニカは東京に行くための資金を調達するために、クラウドソーシングを始めました。現在3万ドルに達しています。アーロンは7月に行われた陸上競技のオリンピック選考会に参加するための資金を、GoFundMeで集めました。

  • In a matter of 22 hours, I wanna say I was, I had all the money that I needed, and it was such a wild moment for me.

    わずか22時間の間に、私は必要なお金をすべて手に入れることができたのです。素晴らしい瞬間でした。

  • But most athletes have to take on part-time work.

    しかし、ほとんどのアスリートはパートタイム労働をしなければなりません。

  • Working a part-time job at Scheels, which is an all-sports store here in Iowa City.

    ここ、アイオワシティにあるスポーツ用品店「Scheels」でパートタイム労働をしています。

  • You know, a lot of girls on our team are coaches; I own a business.

    私たちのチームにはコーチをしている女の子がたくさんいます。私はビジネスをしています。

  • And the pay gap among athletes has only worsened during the pandemic.

    また、アスリートの給与格差は、パンデミックの間、悪化する一方でした。

  • A lot of hourly jobs went away for a good period of time during COVID, and then there was training facilities being shut down.

    COVIDでは多くの時間給の仕事がなくなりましたし、トレーニング施設も閉鎖されてしまいました。

  • I would ref competitions here in New York City, but all of them were canceled, so I wasn't making money from that. I didn't even have ways of making money for rent. Everything was shut down. Like, even social media companies weren't even paying for us to be putting out different campaigns. So it was definitely rough.

    ここニューヨークでも大会を開催していましたが、すべてキャンセルされてしまい、それはお金になりませんでした。家賃を払う方法もありませんでした。すべてが閉鎖されていたのです。ソーシャルメディアの会社も、私たちがさまざまなキャンペーンを行うことにお金を払ってくれないんです。本当に大変でした。

  • There was meets that I thought I would be able to get in and clean up and you know, make money I didn't have. It really set me back financially.

    入り込んで片付けて、必要なお金を稼げると思っていた会合がありました。経済的にはかなり苦しい状況でした。

  • It's left Olympians and their families struggling to make ends meet.

    オリンピック選手とその家族は、生活費の捻出に苦労しています。

  • I've been raised by a single mother since I'm 8 years old, so she definitely was funding everything when I was younger. She went into credit card debt because of me.

    私は8歳の頃からシングルマザーに育てられ、若い頃は間違いなく彼女がすべての資金を出していました。彼女は私のためにカードローンの借金をしました。

  • I feel like I am one of the best in America. So if I can do that while I'm at one point working two jobs and DoorDash and everything like that, then I can't imagine what I can do if I didn't have to do that.

    私は、自分がアメリカで最も優れた選手の一人であると感じています。ですから、一時的に2つの仕事やドアダッシュなどをこなしながら、それができるのなら・・・それをしなくていい場合に、何ができるか想像もつきません。

  • There's times where I don't even have money in my bank account.

    銀行口座にお金が入っていないこともあります。

  • Things have shifted a bit to help athletes. At the 2018 games, the USOPC upped the medal bonuses by 50%. They changed the rules so athletes won't be taxed on their medal bonuses if they make under $1 million annually; US Olympians used to have to pay as much as $8,900 in taxes on a gold medal bonus.

    アスリートを支援するために、状況は少しずつ変化しています。2018年の大会では、USOPCはメダルボーナスを50%アップしました。また、アスリートの年間収入が100万ドル以下であれば、メダルボーナスに税金がかからないようにルールを変更しました。以前のアメリカのオリンピック選手は、金メダルボーナスに8,900ドルもの税金を払わなければなりませんでした。

  • The IOC has recently eased Rule 40, which prohibited athletes from making money off their image rights before, during, and after the Olympics. But now, athletes' sponsors can run certain ads during the Rule 40 period.

    IOCは最近、オリンピックの前、中、後に選手が肖像権でお金を稼ぐことを禁止していた「ルール40」を緩和しました。しかし現在では、アスリートのスポンサーは、ルール40の期間中に特定の広告を掲載することができます。

  • And in 2020, the USOPC launched the Athlete Marketing Project, which better connects athletes with sponsors. But the moves haven't been sweeping enough: Phil thinks that some of the funding for Team USA should come from the US government.

    そして2020年、USOPCは、アスリートとスポンサーをよりよく結びつける「アスリートマーケティングプロジェクト」を開始しました。しかし、これらの動きは十分なものではありません。フィルは、チームUSAの資金の一部をアメリカ政府が負担すべきだと考えています。

  • That money could ensure that our US Olympic team are treated equally to the level of achievement or treated to a salary that is appropriate for them representing this country.

    そのお金があれば、アメリカのオリンピックチームが成果に応じて平等に扱われたり、この国を代表するにふさわしい給料を受け取ることができます。

  • Across America, athletes are facing a decision: is it all worth it?

    全米のアスリートたちが、この決断を迫られています。それは価値のあることなのでしょうか?

  • Twenty-seven times over, yes, yes, and yes. Even if it was half the income, I don't think that I would regret one moment having participated in sport.

    27回以上の、イエス、イエス、イエスです。たとえ収入が半分になったとしても、スポーツに参加したことを一瞬たりとも後悔することはないと思います。

  • I get to play the sport I love every single day. That's wealth. That's being rich, but I wouldn't be upset if in the future, we were able to make some more money and not necessarily have to have two jobs.

    自分の好きなスポーツを毎日することができる。それが豊かさです。それが豊かさですが、将来的にはもう少し稼げるようになって、必ずしも2つの仕事を持たなくてもいいようになっても、悪くはありません。

  • It kind of puts a chip on my shoulder to go even harder, to compete at the best and compete with the best so that I can take myself out of this position.

    このような状況を打開するためには、より一層の努力をし、ベストを尽くし、ベストと競い合うことが必要だと思います。

  • That's my only like, question over the next three years of, do I continue another three years of being broke? I wanna go back. I wanna have the opportunity to win an individual medal. But is it worth being broke again?

    それが、これからの3年間の私の唯一の疑問です。あと3年も無一文を続けるのか?私は戻りたいです。個人でメダルを獲得する機会を得たいです。しかし、それは再び一文無しになる価値があるのでしょうか?

Some Olympians make millions of dollars. But a recent global study of 500 elite athletes found that nearly 60% did not consider themselves financially stable.

オリンピック選手の中には何百万ドルも稼ぐ人もいます。しかし、500人のエリートアスリートを対象とした最近の世界的な調査によると、約60%の人が自分を経済的に安定していないと考えていることがわかりました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オリンピック メダル アスリート スポンサー ドル 選手

お金がない!?オリンピック選手が資金不足に悩まされる理由とは?

  • 2642 95
    joey joey に公開 2021 年 08 月 29 日
動画の中の単語