Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Our refusal to forgive ourselves for our mistakes tends to hang on a strong sense of how much these were, in the end, avoidable.

    自分の過ちを許すことができないのは、それがどれだけ避けられたことかという強い意識に支えられている傾向にあります。

  • We obsessively go back over our slips and errors and contrast what did happen with what could so easily have been skirted if we had not been so fatuous and so witless.

    私たちは、自分のミスや失敗を執拗に繰り返し、起こったことと、もし自分が愚かで無知でなかったら簡単に回避できたであろうことを対比させます。

  • We experience recurring jabs of pain at the disjuncture between the agonising present and it's now-vanished alternative:

    私たちは、苦しい現在と、消えてしまった代替案との間の断絶に、繰り返し痛みを感じます。

  • We should never have written that email, we should never have become involved with that person, we should have listened more closely to the advice, we should never have borrowed the money

    あのメールを書くべきではなかった、あの人と関わるべきではなかった、アドバイスにもっと耳を傾けるべきだった、お金を借りるべきではなかった...。

  • Alongside the pain come questions: why didn't we have greater foresight?

    その痛みとともに、こんな疑問がやってくるでしょう。「なぜもっと先を見通せなかったのか?」

  • Why couldn't we muster more self-restraint? How could we have been so indiscreet?

    なぜもっと自制心を持てなかったのか?どうしてあんなに軽率なことをしてしまったのか。

  • From this close up, there are no realistic, let alone kind, ways to answer our punitive self-interrogations; and they are, as a result, likely to go on forever, without let up in agony.

    このクローズアップから、私たちの懲罰的な自己尋問に答える現実的な方法はもちろん、優しい方法もありません。 その結果、苦悩は永遠に続く可能性があります。

  • We will at best conclude that we messed up because we were greedy, because we were vain, shallow, intemperate and weak-willed; that we have ruined our lives because we are lustful, harebrained, immature and egocentric.

    私たちは、自分が欲張りだったから、自分がうぬぼれていたから、浅はかだったから、暴走していたから、意志が弱かったから、自分の人生を台無しにしてしまった。自分が欲張りで、無謀で、未熟で、自分中心だったから、という結論にいたります。

  • Our self-hatred will grow ever more intense as we contrast our soiled lives with the impeccable choices of others.

    汚れた自分の人生と、他人の完璧な選択を対比させることで、自己嫌悪はますます強くなります。

  • Theythe reasonable and good ones, the calm and happy ones - had it right all along:

    彼ら「合理的で善良な人たち」「穏やかで幸せな人たち」は、最初から正しかったのです。

  • They didn't succumb to temptations. They stayed steady and dutiful. They kept their priorities straight and paid due respect to public opinion.

    誘惑に負けなかった。堅実で従順であった。優先順位を明確にし、世の中の意見に敬意を払っていた。

  • The overall conclusion is that we are ultimately simply awful people who should probably (depending on the severity of the problem we are in) kill ourselves forthwith.

    全体的な結論としては、私たちは結局のところ、ただのひどい人間だから、(問題の深刻さに応じて)すぐに自殺した方が良いということになります。

  • If we are to avoid eternal self-loathing or suicide, we will have to find another approach.

    永遠の自己嫌悪や自殺を避けるためには、別の方法を考えなければなりません。

  • We cannot forever explain our mistakes by examining this or that local flaw in our characters.

    私たちは、自分の性格の欠点を調べて、自分の失敗を永遠に説明することはできません。

  • We need to lean on a far more holistic and objective answer.

    私たちは、もっと全体的で客観的な答えに寄り添う必要があるのです。

  • We messed up because we are human -

    私たちは人間だからこそ、失敗してしまいます。

  • Which in this context means that we belong to a species that is compelled by its very nature to steer through life without the knowledge and experience required to ensure goodness and wisdom, kindness and happiness.

    つまりここでは、私たちは善と知恵、優しさと幸福を確保するために必要な知識と経験なしに人生を操縦することを強いられている種に属していることを意味します。

  • We may regret this or that error, but from the right distance, we are fundamentally steering blind and are therefore doomed to slip up with greater or lesser severity at some point or other.

    あれもこれもと後悔することもあるかもしれませんが、適切な距離から見れば、私たちは基本的に何も見えずに操縦しているのであり、大なり小なりいつかは失敗する運命にあるのです。

  • We can't know exactly who we should marry.

    誰と結婚すればいいのか、正確にはわかりません。

  • We don't have foolproof knowledge of where our real talents lie, let alone how the economy will perform, and therefore can't determine the sort of career we should optimally invest ourselves in.

    自分の本当の才能がどこにあるのか、経済がどうなるのかなど、絶対的な知識を持っていないため、どのようなキャリアに最適な投資をすべきか判断できないのです。

  • We may make a reasonable guess at what activities and situations might be dangerous, but we cannot know ahead of time exactly where the true risks lie; there are landmines buried everywhere.

    どのような活動や状況が危険なのかを合理的に推測することはできても、どこに本当のリスクがあるのかを事前に知ることはできません。いたるところに地雷は埋まっています。

  • Assumptions made in one era may fail to be correct in another.

    ある時代の仮定が、別の時代では正しいとは限りません。

  • We can be caught out by swift changes in mores: what could have been acceptable at one point can turn into an indecency a few years later.

    私たちは慣習の急速な変化に巻き込まれることがあります。ある時点で受け入れられていたものが、数年後には下品なものに変わる可能性があるのです。

  • Certainly we may have experienced a particularly jagged edge of life which has destroyed us in a very specific way.

    確かに私たちは、非常に特殊な方法で私たちを破壊したやたらとギザギザな人生の端を経験したかもしれません。

  • But though the wound is local, injury is almost endemic.

    しかし、傷は局所的であっても、怪我はほぼ全体に広がっています。

  • It could have been foretold from the start that something rather bad would at some moment happen to us, not because there is anything especially deficient about us, but because human brains are lacking the necessary matter to lead us faultlessly through the decades-long obstacle course of life.

    私たちには、いつか悪いことが起こるだろうと、最初から予言されていたのかもしれません。それは、人間に特別な欠陥があるからではなく、人間の脳には、何十年にもわたる人生の障害物コースを完璧に導くために必要な事柄が欠けているからです。

  • That said, our self-contempt tends to be heightened because we refuse to think about luck.

    とはいえ、運について考えることを拒否するため、私たちの自己卑下は高まる傾向にあります。

  • We look at where we have ended up and compare it with the more fortunate places of others and come to only one verdict:

    自分がたどり着いた場所を見て、他の人のより恵まれた場所と比較して、一つの結論を出します。

  • We must have been more stupid than they are, our characters must have been more corrupt than theirs.

    私たちは彼らよりも愚かであったに違いない、私の性格は彼らよりも堕落していたに違いない。

  • But in the process, we miss out on a critical, explanatory factor: whatever our flaws may have been, we may have had to contend with a particularly vicious swerve of fate.

    しかし、その過程で、私たちは重要な説明的要因を見落としています。私たちの欠点が何であれ、特に悪質な運命の変わり目に遭遇しなければならなかったのかもしれないということです。

  • There have been people every bit as hasty or unreasonable as us who ,for now, have sailed on unmolested.

    私たちと同じように性急で理不尽な人たちが、今のところ無傷で航海を続けています。

  • Events have pressed more harshly on the vulnerable parts of our personalities.

    出来事は、私たちの人格の脆弱な部分をより厳しく圧迫しました。

  • Anyone who would have been tested as we were would have failed in comparable ways.

    私たちと同じように試された人は、それに匹敵するような失敗をしたでしょう。

  • In assessing our destiny, we should remember to claim a very large role for the forces of foul luck.

    運命を見極める際には、不運の力も非常に大きくあったのだと主張することを忘れてはなりません。

  • At the same time, we do ourselves an injury by comparing ourselves only with those above us, rather than considering our state in the round.

    同時に、あらゆる角度から自分の状態を考えるよりも、自分よりも上の人とばかり比較していると、自分を傷つけることになります。

  • In our abject moods, we look enviously at those who are presently riding high while failing to consider the hundreds, even millions, of those who have endured destinies ever bit as cruel as our own.

    私たちは惨めな気分にいる際、自分と同じように残酷な運命を辿ってきた何百、何百万もの人々のことを考えずに、今、成功している人々をうらやましく思うのです。

  • The human condition has seldom been a smiling one:

    人間の状態は、決して微笑ましいものではありません。

  • We should not compound our difficulties by refusing to consider all those who have wept every bit as much, and lost even more than us.

    私たちと同じように泣き、さらに多くのものを失った人々のことを考えるのを拒否して、自分の困難をさらに悪化させてはなりません。

  • Nor should we keep equating ourselves with people who, while they might have some superficial similarities with ourselves in terms of age or educational background, in the end had incomparably different psychological beginnings.

    また、年齢や学歴などの表面的な共通点はあっても、心理的な出発点が全く異なる人たちと自分を同一視してはいけません。

  • They didn't have our mother or our father. They didn't have to go through what we did. They didn't have to master our emotional immaturities.

    彼らには私たちの母も父もいませんでした。彼らは私たちと同じ経験をする必要がありませんでした。彼らは、私たちの感情的な未熟さを克服する必要はなかったのです。

  • They may seem to be our equals but they in fact belong to a more blessed cohort.

    彼らは私たちと同等に見えるかもしれませんが、実際にはもっと恵まれた集団に属しています。

  • We should nurture sympathy for ourselves based on a fine grained appreciation of the specific burdens we had to take on.

    私たちは、自分が背負わなければならなかった重荷を細かく理解した上で、自分への共感心を育むべきです。

  • A degree of regret may sometimes be helpful: it can help us to take stock of errors and to avoid the worst of the pitfalls next time.

    ある程度の後悔は、時には役に立つかもしれません。ミスを反省し、次は最悪の落とし穴を避けるのに役立つからです。

  • But runaway self-hatred serves no useful purpose whatsoever; it is in its masochistic way an indulgence we can't afford.

    しかし、暴走した自己嫌悪は何の役にも立ちません。それはマゾヒスティックな方法であり、私たちには出来ない道楽です。

  • We may be foolish, but this doesn't single us out as particularly awful or unusual, it only confirms that we belong to the human race, a fact for which we deserve limitless sympathy and compassion.

    私たちは愚かであるかもしれません。しかし、それは私たちが特別にひどいとか異常であるということではなく、私たちが人類という種に属していることを裏付けているだけであり、その事実は私たちに無限の共感と思いやりを与えるに値するものです。

  • Our online shop has a range of books and gifts that address the most important and often neglected areas of life.

    私たちのオンラインショップでは、人生において最も重要でありながら、軽視されがちな分野に取り組む書籍やギフトをご用意しています。

  • Click now to learn more.

    今すぐクリックして詳細をご覧ください。

Our refusal to forgive ourselves for our mistakes tends to hang on a strong sense of how much these were, in the end, avoidable.

自分の過ちを許すことができないのは、それがどれだけ避けられたことかという強い意識に支えられている傾向にあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 自己 運命 失敗 嫌悪 避ける 愚か

【自己成長】自分を許すことを学ぼう!

  • 8569 656
    Summer に公開 2021 年 10 月 03 日
動画の中の単語