Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • Welcome to England dot com.

    イングランドドットコムへようこそ。

  • I'm adam.

    私はadamです。

  • Today's lesson is a grammar lesson about everybody's favorite grammar point articles more specifically the definite article that now I'm joking about the favorite part thing.

    今日のレッスンでは、みんなが大好きな文法ポイントである冠詞、特に定冠詞についての文法レッスンですが、好きな部分については冗談です。

  • I know what we're gonna look at is one part or one usage of the definite article.

    これから見るのは、定冠詞の1つの部分、1つの使い方ですよね。

  • There are so many different rules and so many different usages of the articles.

    さまざまなルールがあり、記事の使い方もさまざまです。

  • The or and or no article.

    or and or noの記事です。

  • So I can't obviously look at everything.

    だから、当然すべてを見ることはできません。

  • I'm going to look at one very specific element or usage of the article.

    この記事では、ある非常に具体的な要素や使い方を見ていきます。

  • I'm going to look at how to use or when to use or when not to use the article though with abstract now owns.

    今回は、abstract now ownsを使って、冠詞をどのように使うか、あるいはどのような場合に使うか、使わないかを見ていきたいと思います。

  • And then I'm also going to look at the same or similar situation with singular and plural noun that basically encompass or they include a whole collection of things.

    また、同じような状況で、単数形や複数形の名詞を使って、基本的に物事の全体を包含したり、それらを含んだりすることについても見てみましょう。

  • And you'll understand a bit more when I get to that.

    その話になると、もう少し理解が深まるでしょう。

  • So we're gonna start with an abstract now.

    では、まず抽象的な表現から始めましょう。

  • Now, first of all, what does this mean?

    さて、まず、これはどういうことなのでしょうか。

  • What is an abstract noun?

    抽象名詞とは?

  • So an abstract noun has a few different features.

    つまり、抽象名詞にはいくつかの特徴があります。

  • Okay.

    なるほど。

  • Different ways to recognize that it is abstract.

    抽象的であることを認識するためのさまざまな方法。

  • First of all it is intangible.

    まず第一に、それは無形です。

  • What does this mean?

    これは何を意味するのでしょうか?

  • It means that it is it cannot be sense.

    感覚的にはありえないということです。

  • They cannot.

    できないのです。

  • You can't use the five senses to notice this thing.

    五感を使って気づくことはできません。

  • You can't touch it, you can't see it, You can't smell it, you can't taste it.

    触ることができない、見ることができない、嗅ぐことができない、味わうことができない。

  • Okay, so you can't use any of these uh senses, you can't hear it, but it's definitely still a real thing.

    確かに、感覚は使えないし、音も聞こえないけど、本物であることは間違いない。

  • Okay.

    なるほど。

  • Usually it's because this real thing is just an idea or a concept, basically it's in your mind, it's not a real thing physically or like you can't touch it, but it's in your mind, it's a real thing.

    通常、この現実のものは単なるアイデアやコンセプトであり、基本的にはあなたの心の中にあるもので、物理的には現実のものではなく、触ることもできないようなものですが、あなたの心の中にあり、それは現実のものです。

  • And generally it is unquantifiable means.

    そして、一般的にそれは数値化できない手段である。

  • You can't measure it, you can't count it.

    測ることもできないし、数えることもできない。

  • Okay, so some examples are love, happiness, society, technology and education.

    なるほど、いくつかの例として、愛、幸福、社会、技術、教育などが挙げられます。

  • Now, before you tell me what society is a real thing or technology is a real concrete thing.

    さて、社会がどうのこうの、技術がどうのこうのと言う前に、現実の具体的な話をしましょう。

  • It's not.

    そうではありません。

  • Society is a collection of people.

    社会は人の集まりである。

  • Okay.

    なるほど。

  • The people are real.

    人は本物です。

  • Society is an idea.

    社会は思想である。

  • Technology, you can talk about devices, you can talk about the internet, you can talk about smartphones, you can talk about computers, but technology is just all of these things together.

    テクノロジーとは、デバイス、インターネット、スマートフォン、コンピュータなどのことを言いますが、テクノロジーとは、これらすべてをまとめたものです。

  • It's an idea that develops and evolves and changes education.

    発展し、進化し、教育を変えていくアイデアです。

  • You can talk about schools, students and teachers, but education itself is a process.

    学校や生徒、先生について語ることはできますが、教育そのものはプロセスです。

  • It's an idea that we use to learn things and develop things.

    それは、物事を学び、発展させるためのアイデアです。

  • Okay, so all of these are abstract.

    なるほど、どれも抽象的ですね。

  • Now.

    今です。

  • Now, when you're using them in a sentence, are you going to put the in front of these or not?

    さて、これらを文中で使用する場合、これらの前にtheをつけるのか、つけないのか。

  • Well, yes, that's your answer.

    まあ、そうですね、それが答えです。

  • Some cases, Yes.

    いくつかのケースでは、「はい」です。

  • You will use the definite article.

    定冠詞を使います。

  • In other cases.

    他のケースでは

  • You will not.

    しないでしょう。

  • Okay, so when you're talking about these things in a general idea, you're just talking about Love as an idea as a concept.

    なるほど、これらのことを一般的な考えで話しているときは、あくまでも概念としてのアイデアとしてのLoveの話をしているわけですね。

  • You're not going to use the article.

    記事を利用するのではなく

  • If you're talking about love as a qualified thing, then you will use that.

    愛を適格に語るのであれば、それを使うことになるでしょう。

  • Now, what do I mean by qualified?

    さて、「適格」とはどういうことでしょうか。

  • If you make it very specific to a very specific person or very specific situation, then you're making it a single thing that belongs to that situation or that person.

    非常に特定の人や状況に特化したものにすると、その状況や人に属する単一のものになってしまいます。

  • Okay, let's look at an example.

    では、例を見てみましょう。

  • The modern technology is changing the society now.

    現代のテクノロジーは、今の社会を変えています。

  • Is this sentence using that correctly or incorrectly?

    この文章はthatを正しく使っていますか、間違っていますか?

  • The answer is that it is incorrectly.

    答えは「不正解」です。

  • You do not need the here modern technology.

    ここでは、現代の技術は必要ありません。

  • I'm not talking about smartphones.

    スマートフォンのことではありません。

  • I'm not talking about computers.

    コンピューターのことではありません。

  • I'm talking about everything that is part of technology.

    テクノロジーの一部であるすべてのものについて話しています。

  • It's just one general abstract idea.

    それは一つの一般的な抽象的アイデアに過ぎない。

  • So I'm not I'm not talking about anything specific within that.

    だから、その中で具体的な話をしているわけではありません。

  • Technology is changing the society.

    テクノロジーが社会を変えていく。

  • Well, technically there are many different types of societies.

    厳密には、社会にはさまざまな種類があります。

  • There's like asian society and Western society and Northern society in Southern society.

    アジアの社会と西洋の社会、北の社会と南の社会のようなものです。

  • So all of these things are different aspects.

    これらのことは、すべて異なる側面を持っています。

  • But when you're talking about society as an idea, you don't need the article modern technology is changing society.

    しかし、思想としての社会を語るとき、現代のテクノロジーが社会を変えていくという記事は必要ありません。

  • Where when that you can get into into specifics in the following sentences.

    次の文章では、その具体的な内容をご紹介します。

  • Okay, let's look at another example.

    では、別の例を見てみましょう。

  • Technology of the Future will change societies that embrace it.

    未来のテクノロジーが、それを受け入れる社会を変える。

  • Now, do I need any articles here?

    さて、ここで何か記事が必要でしょうか?

  • Well, here we're talking about a specific technology Technology 100 years from now will be very different than technology today.

    さて、ここでは特定の技術についての話をしています。 100年後の技術は、現在の技術とは大きく異なるでしょう。

  • So then you can look at it as two different specific technologies.

    そうすれば、2つの異なる特殊な技術として見ることができます。

  • So here I need the the technology of the future.

    だからこそ、ここには未来のテクノロジーが必要なのです。

  • Now you'll notice that I'm using of as some is a way of qualifying the technology that I'm talking about specifically.

    ここで、"some "という言葉を使っているのは、私が話している技術を具体的に説明するためのものです。

  • So this is one way of qualifying you can use of or you can use uh defining adjective clause.

    このようにして、ofを使ったり、形容詞句を定義するような使い方ができるのです。

  • The technology of the future will change societies that embrace it.

    未来のテクノロジーが、それを受け入れる社会を変える。

  • But as soon as you have an identifying adjective clause, then you need a definite article.

    しかし、識別用の形容詞節があると同時に、定冠詞が必要になります。

  • Because now I'm talking about very specific societies.

    なぜなら、今は非常に特殊な社会について話しているからです。

  • Only the ones that embrace it, then they're separately are the ones that don't embrace it.

    それを受け入れるものだけが、じゃあ別に受け入れないものがあるんだよ。

  • So now that I have a specific group of societies, then I'm talking about a definite group and therefore I need the here general idea.

    つまり、特定のグループの社会を持っている今、私は明確なグループについて話しているので、ここでは一般的な考え方が必要なのです。

  • No article here specific and qualified.

    ここでは具体的で適格な記事はありません。

  • Now abstract noun.

    今や抽象名詞。

  • I do need the definite article.

    定冠詞は必要ですね。

  • Okay, now the same sort of the same sort of thinking, the same sort of rules applies to when we're talking about something in general.

    さて、同じような考え方、同じようなルールは、何か一般的なことを話しているときにも適用されます。

  • We're talking about a whole group of this something.

    この何かのグループ全体の話をしています。

  • So let me give you a couple more examples.

    では、さらにいくつかの例を挙げてみましょう。

  • Okay, so now we're going to look at a different context for the same basic idea.

    さて、次は同じ基本的なアイデアの別の文脈を見てみましょう。

  • Lions are fierce animals.

    ライオンは獰猛な動物です。

  • The lion is a fierce animal.

    ライオンは獰猛な動物である。

  • Both of these sentences are correct.

    この2つの文章はどちらも正しいです。

  • If I talk about lions, I'm talking about all lions.

    ライオンといえば、すべてのライオンのことを指します。

  • If I'm talking about the lion, I'm talking about this specific type of animal in this case, both worked because here I have a plural and I'm including all all of them.

    ライオンのことを言っているのであれば、この場合はこの特定の種類の動物のことを言っているのですが、ここでは複数形になっていて、すべてのすべての動物を含んでいるので、両方が機能しました。

  • Right?

    そうですね。

  • The lion that we were talking about, like the genus, basically the family of animal.

    先ほどのライオンは、属のようなもので、基本的には動物の科になります。

  • I can say the dog is the most domesticated animals, for example, or dogs are the most domesticated in this case.

    例えば、犬は最も家畜化された動物であるとか、この場合は犬が最も家畜化されているとか。

  • It's okay, because if I say the lion, I can picture all lines.

    大丈夫、ライオンと言えば、すべてのセリフが思い浮かぶから。

  • If I say the dog, I can picture all dogs, but I probably wouldn't say the dog when I'm talking about all dogs.

    犬と言えばすべての犬を思い浮かべることができますが、すべての犬のことを言っているときに犬とは言わないでしょうね。

  • Let me give you an example why whales are the largest sea mammals.

    クジラが最大の海の哺乳類である理由を例に挙げてみましょう。

  • Okay.

    なるほど。

  • A mammal is like a type of animals, like humans are mammals as well.

    哺乳類というのは動物の種類のようなもので、人間も哺乳類であるようなものです。

  • So whales are, and I'm using, I'm talking about all whales.

    だから、クジラは、私が使っている、すべてのクジラのことを言っているのです。

  • Now here, I can say the whale is the largest.

    今、ここで言えるのは、クジラが一番大きいということです。

  • What I'm talking about this particular type of animal.

    私が言っているのは、この特殊なタイプの動物のことです。

  • Why would I not, Sorry, let me give you a little pointer technically this is correct, but I would not ever write the will because if you think about all the different wheels, what types of whales can you think of?

    なぜ私が書かないかというと、すみません、技術的には正しいのですが、私は絶対に遺書を書かないのです。なぜならば、さまざまな車輪について考えると、どんな種類のクジラが思い浮かぶでしょうか?

  • Do you know what a humpback whale or a blue whale is?

    ザトウクジラやシロナガスクジラを知っていますか?

  • Do you know what an orca is?

    シャチを知っていますか?

  • Okay.

    なるほど。

  • Orca is spelled like this.

    オルカはこのような綴りです。

  • If you want to look that up, if you want to look them up, look at a blue whale, look at an orca.

    それを調べたければ、シロナガスクジラを調べ、シャチを調べればいいのです。

  • These two whales are completely different from each other.

    この2つのクジラは、それぞれが全く違うものです。

  • The blue whale is huge.

    シロナガスクジラは大きい。

  • It's like the biggest animal on the earth.

    地球上で一番大きな動物のようなものです。

  • Orcas are big, but not that big.

    オルカは大きいけど、そんなに大きくない。

  • Orcas eat meat or they eat other fish.

    オルカは肉を食べたり、他の魚を食べたりします。

  • I should say they're hunters.

    ハンターというべきでしょうか。

  • Blue whales eat plankton, like they're vegetarians, so they're very, very different animals, although technically both are whales.

    シロナガスクジラはベジタリアンのようにプランクトンを食べるので、厳密にはどちらもクジラなのですが、全く異なる動物です。

  • So because there are such differences, I would just stick to whales without the article lions.

    そのため、このような違いがあるので、私は記事のライオンがなくてもクジラにこだわるだけです。

  • Generally there's not too many types.

    一般的にはあまり多くの種類はありません。

  • There's a mountain lion, there's a regular safari lie like jungle line, but generally they're all the same.

    マウンテンライオンもあれば、ジャングルラインのような普通のサファリの嘘もありますが、だいたいどれも同じです。

  • And then I can talk about the lion as a general term, but this specific animal, whales because there's so many, I would just stick to the plural without the definite article.

    そして、一般的な言葉としてのライオンについて話すことはできますが、この特定の動物、クジラは非常にたくさんいるので、定冠詞を使わずに複数形にします。

  • Make it a little bit more abstract, even though I know what a whale is, because I know whales includes all of them.

    もう少し抽象的にして、クジラが何かは知っていても、クジラは全部含めて知っているからです。

  • It's more abstract because I'm not talking about any particular type of whale.

    特定の種類のクジラのことを言っているわけではないので、より抽象的です。

  • Okay, so I know articles are a little bit tricky, but again, it's all about practice and remember, the more you read, the more you'll see articles being used correctly and the more you'll start to have a feel for them to understand when to use them, when not to use them, etcetera.

    記事は少し厄介なものですが、繰り返しになりますが、練習が大切です。また、記事を読めば読むほど、記事が正しく使われているのを目にすることができ、記事を使うタイミング、使わないタイミングなどを理解するための感覚を身につけることができます。

  • But practice also in a little bit of an explanation always helps.

    しかし、練習もちょっとした説明があれば必ず役に立ちます。

  • So go to invade dot com right now you can take a quiz to practice.

    今すぐinvade dot comにアクセスして、練習用のクイズに挑戦してみてください。

  • I'm going to give you a whole bunch of different sentences and see if you understand use the article or don't use the article for each one.

    いろいろな文章を出して、それぞれに冠詞を使うのと使わないのとでは、理解できるかどうかを見てみます。

  • And of course don't forget you can ask me questions in the comments section.

    もちろん、コメント欄で私に質問していただくこともお忘れなく。

  • I'll be happy to answer those for you.

    それらにお答えしていきたいと思います。

  • In the meantime, if you like the video, please give me a like, don't forget to subscribe to my other channel.

    とりあえず、ビデオが気に入ったら、「いいね!」を押してください。私の他のチャンネルの購読もお忘れなく。

  • Oh, I should mention one more thing, sorry.

    あ、もうひとつ言っておかなければならないことがあります、すみません。

  • Before I go, there are a few other very good videos about articles by other teachers on Ingrid.

    その前に、Ingridには他の先生方の記事に関するとても良い動画がいくつかあります。

  • Don't forget.

    お忘れなく。

  • There's a search box on your envy dot com website punching the word the and you'll see all the other videos that are are available.

    envy dot comのウェブサイトにある検索ボックスに「the」と入力すると、他のすべてのビデオを見ることができます。

  • Study those as well.

    それらも含めて勉強してください。

  • Okay, Until then, Have a lovely day.

    では、それまで素敵な一日をお過ごしください。

  • Bye bye.

    バイバイ。

Hi everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クジラ ライオン 記事 抽象 社会 動物

定冠詞について英語で抽象名詞に「the」を使用する場合 (The Definite Article: When to use “the” with abstract nouns in English)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 08 月 03 日
動画の中の単語