Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • After being ghosted by NASA for about 30 years, Venus is back in the limelight.

    約 30 年間、NASA にその存在を無視されていた金星が再び脚光を浴びています

  • In June of 2021, NASA announced two bold new missions that will be launched by the end of the decade, DAVINCI+ and VERITAS.

    2021 年 6 月、NASA は 2 つの大胆な新ミッションを今後 10 年ほどで開始すると発表しました ミッション名は「ダヴィンチ・プラス」と「ヴェリタス」

  • Although the planet was a focus for early exploration, temperatures that melt lead and clouds of sulfuric acid earned Venus a reputation of beinghard to work with”.

    金星は初期の探査では注目されていましたが 鉛を溶かすほどの温度と硫酸の雲々のせいで「探査には厳しい」とされました

  • Between 1970 and 1985, a number of landers reached Venus' surface, but none lasted more than about two hours.

    1970年から1985年の間には かなりの探査機が金星の地表に着陸していますが  どれも2 分と持たなかったのです

  • So that's why NASA pivoted to Mars, where its Viking 1 lander touched down successfully in 1976.

    NASA が火星へと方向転換した理由がそれです 火星には 1976 年に 探査機バイキング1号が着陸に成功しています

  • These early discoveries made Mars thego-tospot for future missions and landers.

    その頃に色々と発見されたことで、火星はその後のミッションや探査機を送る目的地として「向かうべき」場所となったのです

  • Fast forward to 2020 and scientists announced the discovery of phosphine on Venus, a potential sign of life.

    時は 2020 年まで進み、研究者たちはある発表をします 金星にホスフィンガスを発見したというのです 生命がいた可能性を示すものでした

  • That turned everything around.

    そこで、すべてがひっくり返ります

  • Although the findings were heavily controversial, it reignited interest in the forgotten planet.

    その発見は かなりの物議となったものの、忘れ去られていた惑星に再び関心が集まったのです

  • In fact, in June 2021, scientists working with old orbiter data spotted something on Venus that kinda looks like plate tectonics.

    実は、2021 年6月、古い軌道船のデータを調べていた研究者たちが 金星に地殻変動のようなものが見られることに気づきます

  • All the more reason to go figure out what's going on.

    なおさら 何が起こっているのか理解したいということになります

  • To find out how a world so similar to ours became an inferno, NASA will go to hell...literally.

    我々の星にそっくりだった金星が どのようにして灼熱地獄になったのかを探るため、NASA は地獄へと向かうのです…文字通り

  • The two missions, DAVINCI+ and VERITAS, also have scientists re-examining two major theories about Venus' origin.

    「ダヴィンチ・プラス」「ヴェリタス」、これらの 2 つのミッションによって研究者たちが再び調査するのは 金星の起源に関する 2 つの大きな学説についてです

  • In the first theory, when the planet was less than a billion years old, it was cooked by a warming sun, boiling off any existing water.

    1 つ目の学説は 誕生から10 億年にも満たない頃の金星が 太陽によって熱せられ、存在していた水はすべて蒸発してしまっていたというもの

  • The water vapor, plus the carbon dioxide from a magma ocean, quickly caused a runaway greenhouse effect, and the hope of a habitable paradise went up in flames.

    その蒸気とマグマの海から発生した二酸化炭素が 暴走温室効果を引き起こし、生物にとって住みやすい楽園となる望みが絶たれてしまったというのです

  • In the second theory, there were two habitable Earth-like planets in the early solar system.

    2 つ目の学説は 初期の太陽系には地球に似た居住可能な惑星が 2 つあったというもの

  • Venus still ends up with the runaway greenhouse effect, but not before it enjoyed oceans like Earth's for over 3 billion years.

    それでも結論としては 金星で暴走温室効果が発生することになります ただし地球のように 30 億年以上 海を満喫してからです

  • Then, massive volcanic eruptions dumped carbon dioxide into the atmosphere, choking the climate.

    そして、大きな火山活動により大気に二酸化炭素が放出され、大気は停滞

  • Temperatures went up, the oceans evaporated, and a once temperate planet became hostile.

    気温は上昇し、海水は蒸発 そして温和な気候の惑星は 居住に適さない星となったのです

  • One of these theories is more accurate, but without more data, we don't know which.

    どちらかの学説がより正確なはずですが、データがなくては分かりません

  • But DAVINCI+ and VERITAS can help answer this and other questions.

    でも、「ダヴィンチ・プラス」と「ヴェリタス」が これを含めた様々な疑問の解決を助けてくれるはず

  • DAVINCI+ is short for the Deep Atmosphere Venus Investigation of Noble Gases, Chemistry, and Imaging Plus.

    「ダヴィンチ・プラス」は 「Deep Atmosphere Venus (金星大気圏深部) Investigation of Noble Gases, Chemistry, and Imaging Plus ( プラス 希ガス・化学物質および画像探査)」の略です

  • The tandem spacecraft and probe will do two flybys where it will image Venus from above.

    タンデム式の探査機とプローブが 2 度のフライバイを行い、上空から金星の画像を取得します

  • On its third flyby, it will release a descent probe.

    3 度目のフライバイで 降下プローブを放出します

  • On its hour-long journey down to the surface it will sample the chemistry in the atmosphere, including noble gases like xenon, argon, and helium.

    地表に降下する際、プローブは大気中の化学物質のサンプルを採ります キセノンやアルゴン、ヘリウムなどの希ガスも含まれます

  • Since noble gases don't react with other elements, they can tell us whether the planet once had an ocean and how much of it ended up in the atmosphere.

    希ガスは他の元素と化学反応を起こさないため 金星にかつて海があったのか、そしてどれくらいの量が (蒸発して) 大気中に行き着いたのかが分かるのです

  • The probe will also measure temperature, pressure, and wind speed.

    また、プローブは気温や気圧、風速の計測も行います

  • It will descend over Alpha Regio, a complex pattern of valleys and ridges known as a “tessera”.

    そしてアルファレジオという地域に降下します その複雑な谷や稜線は「テッセラ」として知られています

  • We don't really know what tesserae are, but the probe will snap extremely detailed images of them so we can see if they're related to volcanic activity.

    テッセラがどういうものかは よく分かっていません でもプローブがごく詳細な画像を撮影してくれるので、火山活動と関係があるのか知ることができるでしょう

  • Then there's VERITAS, which is short for Venus Emissivity, Radio Science, InSAR, Topography, and Spectroscopy.

    さて、「ヴェリタス」ですが、これは「 Venus Emissivity ( 金星放射率 ), Radio Science ( 無線科学 ), InSAR ( 干渉SAR解析 ), Topography, and Spectroscopy ( 地形図および分光法 )」の略です

  • The orbiter will have a radar that can peek through the clouds and map out the surface of the planet in high resolution.

    この軌道船はレーダーを搭載していて、雲を通して地形を覗き見ることが可能で、 金星の地表を高解像度で地図化することができます

  • It will also be equipped with a near-infrared spectrometer to determine the makeup of the surface.

    また、近赤外分光計も搭載され、地表の組成の特定を行います

  • These images will replace the relatively low-resolution ones taken by the Magellan orbiter when it visited the planet in the '90s.

    それらの画像が マゼラン探査機が 1990 年代に金星に行って撮影した やや解像度の低い画像に取って代わるのです 

  • VERITAS will also take measurements of Venus's gravitational field, revealing the interior structure of the planet.

    「ヴェリタス」は 金星の重力場の測定も行い 金星の内部構造を明らかにします

  • Not only can these missions to Venus tell us more about its origins, but also they can help improve our understanding of exoplanets.

    この 2 つの金星へのミッションは 金星の起源についてより多くのことを教えてくれるだけではありません 太陽系外惑星についての理解を深める手助もしてくれます

  • To date, NASA has confirmed more than 4000 planets orbiting stars outside our Solar System.

    これまで NASA は 4,000 以上もの太陽系外の周回惑星を確認しています

  • Some are located in the habitable zone, where liquid water could exist on the surface.

    生命居住可能領域に位置する惑星もあります その星には地表に水が存在しているのです

  • If we learn what caused Venus to go apocalyptic, it may help us identify which exoplanets could be habitable and create a roadmap for future exploration.

    なぜ金星がこの世の終わりのようになったのかが分かれば どの太陽系外惑星が居住可能かを特定し、将来の探索のためのロードマップを作ることができるかもしれません

  • If the return to Venus has you wondering how well you know your neighbor, check out this video on Why Scientists Are Exploring Earth's Dangerous Twin.

    ふたたび金星が注目されたことで、金星のことをよく知らないなと思った方は「科学者たちが地球の危険な片割れを調べる理由」をチェックしてみてください

  • If you have any space breakthroughs you think we should cover, let us know in the comments below

    宇宙の大発見で取り扱って欲しいと思うものがあったら、下のコメント欄からお知らせくださいね

  • and as always, thanks for watching Seeker.

    いつも『Seeker (シーカー: 探究者)』をご覧くださり ありがとうございます

After being ghosted by NASA for about 30 years, Venus is back in the limelight.

約 30 年間、NASA にその存在を無視されていた金星が再び脚光を浴びています

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 金星 惑星 探査 nasa 着陸 太陽

NASA が30年ぶりに金星へ向かう理由とは?

  • 3520 140
    Summer に公開 2021 年 10 月 06 日
動画の中の単語