Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi vogue.

    こんにちは、vogueです。

  • I'm Selena Gomez and we're going to go through my life in looks so far.

    私はセレナ・ゴメスで、これまでの私の人生をルックスで見ていきます。

  • Oh, I'm nervous.

    ああ、緊張しますね。

  • Oh, it's bad.

    ああ、ヤバい。

  • Just so bad.

    ただ、とても悪い。

  • I don't know.

    わからないですね。

  • I'm sure I thought I was so cool, you guys?

    私は自分がかっこいいと思っていたはずだが、君たちは?

  • It's so embarrassing.

    とても恥ずかしいことです。

  • But in my defense it was very paramore, Ashlee Simpson days and I'm like not apologetic about that phase in my life.

    しかし、私の弁護によれば、それはとてもパラモアやアシュリー・シンプソンの時代であり、私は自分の人生のその時期について謝罪していません。

  • I just don't want to see it ever again.

    ただ、二度と見たくはありません。

  • Well, at that age, I actually did dress myself and did my own hair and makeup, which you can tell.

    その頃は、自分で服を着て、自分でヘアメイクをしていましたから、お分かりでしょう。

  • I don't know, I felt cool at the time and I didn't have all this fancy stuff around me and I thought that made me pretty edgy too.

    何というか、当時の自分はカッコいいと思っていたし、身の回りに派手なものがなかったので、それが自分をかなりエッジーにしていると思っていた。

  • And I just, I don't know what the hell I was doing, you know?

    私はただ、自分が一体何をしていたのかわからなかったのです。

  • Oh yeah, this was fun with me and my step dad.

    そうそう、これは僕と義理のお父さんで楽しかった。

  • We got into a little bit of an argument, there was a lot of boobs, how he's just protective.

    ちょっとした口論になり、おっぱいの話になり、彼がいかに保護的であるかという話になりました。

  • It's fun.

    楽しいですよ。

  • I was 18 years old.

    私は18歳だった。

  • This was love you.

    これはLOVE YOUでした。

  • Like a love song, the video that we did for it, which to this day, honestly is still one of my favorite songs.

    ラブソングのようなこの曲のために作ったビデオは、今でも正直なところ、私のお気に入りの曲の一つです。

  • I thought it was my time to cross over and become pop star, whatever that was to me.

    私は、自分の時代を越えて、ポップスターになる時だと思っていましたが、それは私にとっては何でもなかったのです。

  • Then.

    それから。

  • It just was really funny.

    ただ、本当に面白かったです。

  • He was like the first time I tried to be high fashion and you can laugh at that because that's not high fashion.

    彼は、私が初めてハイファッションに挑戦したようなもので、それはハイファッションではないので笑ってください。

  • To be honest.

    正直に言うと

  • When I was younger, taylor inspired me a lot when it comes to like wardrobe and staged outfits.

    私が若い頃、テイラーはワードローブや演出された衣装などで私に多くのインスピレーションを与えてくれました。

  • But you wouldn't be uh yeah, no, you're never gonna see me where that again.

    しかし、あなたは......ああ、いや、もう二度とあんな姿を見ることはないだろう。

  • Mm Well, this was such a fun chapter of my life.

    うーん、これは私の人生の中でとても楽しい章でした。

  • I was shooting a movie called Spring Breakers.

    私は『Spring Breakers』という映画を撮影していました。

  • What I loved so much about this era is that I really stepped into performance as far as an actress.

    私がこの時代にとても気に入ったのは、女優としての演技に本格的に取り組んだことです。

  • I feel like it was so challenging and it wasn't the element of, oh, I'm being sexy.

    とてもチャレンジングで、ああ、私はセクシーになっているんだ、という要素ではなかったような気がします。

  • It's actually when you watched the movie, my characters, we're in bathing suits essentially.

    実際に映画を見てみると、私のキャラクターたちは、基本的には水着を着ています。

  • We're on spring break.

    せっかくの春休み。

  • But I really wasn't as scared as maybe I thought I was going to be stepping into something that was a bit a lot.

    でも、ちょっとしたことに踏み込んでしまうのではないかと思っていたので、それほど怖くはありませんでした。

  • It was just plain and simple to say this is what it's like on Spring break.

    春休みにはこんなこともあるんだなというくらいの素朴さでした。

  • Yes, we're elaborating and glamorizing it a bit, but it was a new chance for people to see that I'm capable of other things.

    確かに、私たちは少し凝って美化していますが、私が他のこともできるということを人々に知ってもらう新しいチャンスでした。

  • Obviously there was nothing wrong with growing up on Disney, but it was a totally separate world and it just opened my eyes to so much.

    もちろん、ディズニーで育ったことは悪いことではありませんが、全く別の世界であり、多くのことに目を向けさせてくれました。

  • I have never had a spring break.

    私は春休みを取ったことがありません。

  • Do I feel like I've experienced it through this movie?

    この映画を通して体験したような気がする?

  • Yes, Well I go on spring break again.

    はい、では私はまた春休みに入ります。

  • No.

    いいえ。

  • Uh this is for sake in 2013.

    これは2013年の日本酒の話です。

  • It was at the V.

    Vであった。

  • M.

    M.

  • S.

    S.

  • I loved the stress.

    私はそのストレスが大好きでした。

  • I remember feeling for the first time like a woman I had said many times, you know, I looked like a little kid don't get I mean I feel like I look like a kid still.

    それまで何度も「子供みたいだ」と言っていたのに、初めて自分が女性であると感じたことを覚えています......つまり、今でも子供のように見えるということです。

  • I remember trying to stress on.

    ストレスをかけようとしたのを覚えています。

  • And the first thing my style has said was like, is this too sexy?

    そして、私のスタイルが最初に言ったことは、「これはセクシーすぎるかな?

  • And I didn't have any doubt in my mind.

    そして、私は何の疑いも持たなかった。

  • I said the dress isn't about being sexy.

    ドレスはセクシーであることが目的ではないと言いました。

  • The dress is a statement.

    このドレスはステートメントです。

  • It's going to feel like I'm carrying this verse, soggy piece of art down a carpet.

    この節でグチャグチャになった作品をカーペットの上に運んでいるような気分になりそうです。

  • So this was one of the first times where I was like alright feeling it, feeling myself.

    これは、私が自分自身を感じることができた最初の機会の一つです。

  • Uh huh.

    そうですね。

  • Uh borrowing 2015 met gala.

    2015年のmet galaを借りています。

  • I fluctuate a lot with my weight and I remember this night specifically, I didn't feel good about my body.

    私は体重の変動が激しく、特にこの夜は、自分の体に満足できなかったことを覚えています。

  • So what was really amazing was that I actually got a chance to work on the dress that fit my body.

    ですから、本当に素晴らしかったのは、実際に自分の体に合ったドレスに取り組むことができたことです。

  • I had such a beautiful time shaping the stress.

    私はこのような美しい時間を過ごすことができ、ストレスを軽減することができました。

  • I think that we came together and built something really beautiful and something that fit me really well.

    私たちは一緒になって、とても美しいもの、そして私にぴったりのものを作り上げたと思います。

  • That was one of the moments where I was like, I don't have to be that 19 year old body shape anymore because I'm not, This was at the American Music Awards 2015 Javonte.

    私はもう19歳の体型になる必要はないんだ、というような瞬間でした。 これはアメリカン・ミュージック・アワード2015のジャヴォンテでのことです。

  • This was one of the looks that I felt like I got it, you know, everything worked so well.

    今回の撮影は、すべてがうまくいったと思えるような撮影でした。

  • I performed one of my songs uh same old love that night as well.

    その夜、私は自分の歌の一つである「uh same old love」を披露しました。

  • Okay, let me just be honest, because television and live music is hard.

    いいですか、正直に言いますと、テレビとライブハウスは難しいですからね。

  • Well, I do it absolutely.

    まあ、絶対にやります。

  • Because that's the opportunity to share what I love.

    なぜなら、それは私の好きなものを共有する機会だからです。

  • So, I just go into it saying, alright, I'm going to convey my message and I don't care how many voices gonna sound, just gonna do the best I can.

    だから私は、自分のメッセージを伝えようと思って、何人の声が聞こえるかは気にせず、自分のできることを精一杯やろうと思っています。

  • Uh Louis Vuitton 2000 and 16.

    Uh Louis Vuitton 2000と16。

  • This was probably top five of my favorite looks, it was almost that simple nous, with a bit of edge that made it amazing.

    これは私のお気に入りのルックのトップ5に入るでしょう。ほとんどシンプルなヌードで、ちょっとしたエッジが効いていて素晴らしいものでした。

  • The slip to me felt very nineties.

    滑りは90年代的な感じがしました。

  • The top had this leather feel to it and the boots looked so different than high heels, but added that grungy nous and it was also very comfortable and I felt like this outfit didn't need anything as far as my hair and makeup, it was just, this was one of my favorite looks because I felt like I was wearing something that was fashionable that needed its own moment and it wasn't over the top.

    トップスにはレザーの雰囲気があり、ブーツはハイヒールとは違い、グランジな雰囲気を醸し出していました。また、とても着心地がよく、ヘアメイクも何も必要ないように感じました。

  • So, this is 2016 on my revival tour.

    というわけで、私のリバイバルツアーの2016年です。

  • Alright, it's so hard to tour and when you're a female, because you have all of this pressure to add multiple looks throughout the show and you want it to pop, but you have to make it comfortable for yourself and realistic to dance and or before.

    ツアーをするのはとても大変です。女性の場合、ショーの間中、複数のルックを追加しなければならないというプレッシャーがありますし、ポップな感じにしたいのですが、自分にとって快適で、現実的なダンスや前にしなければなりません。

  • And then this one we did for the opening act, I'm not gonna lie, Britney Spears inspired it from toxic.

    そして、オープニングアクトのために作ったこの曲は、正直に言うと、ブリトニー・スピアーズに影響されて作ったものです。

  • So I wanted to find a moment where you know, that could kind of have its place, still have the outfit.

    だから、私はそのようなことができる瞬間を見つけたかったのです。

  • Do I put it on and try to sing Sometimes tor is hard, it's very difficult for me because I tend to just get into a place where I'm not feeling myself up with self love.

    私の場合、自分を愛することができずに、自分の気持ちを抑えてしまう傾向があるので、torはとても難しいです。

  • So how am I going to give it to all these people?

    じゃあ、どうやってこの人たちに渡せばいいの?

  • But I, every moment of it, if you put me on a stage right now, it is the best feeling in the whole world, this is fun.

    しかし、私は、その一瞬一瞬が、もし今私をステージに立たせてくれたら、世界中で最高の気分になる、これは楽しいことだ。

  • Oh, this was at the AMAS and I was wearing product.

    あ、これはAMASでの話で、私は製品を着ていました。

  • The reason why this is probably my favorite outfit I ever wore was because I took a break from a little bit of the craziness I live in and I remember I was stepping too literally um fresh off of me, really taking care of myself and then knowing that this was the first time people were actually going to get to see me, I said I want to thank very bad, Audrey Hepburn simple, my makeups not over the top, there's really barely an accessory, was just like once I put the dress on, I was like, I'm ready to be me, I'm ready to step into this world and reclaim my name.

    これまでに着た衣装の中で一番気に入っているのは、私が生きているクレイジーな世界から少し離れて、文字通りの意味で新鮮な気持ちで踏み出したことを覚えていて、本当に自分を大切にしていて、そしてこれが初めて人に見てもらえることを知っていたからです。オードリー・ヘプバーンのようにシンプルで、メイクも大げさではなく、アクセサリーもほとんどつけていませんでした。

  • It was like one of those moments like what's she gonna do?

    彼女が何をするかわからないような、そんな瞬間だった。

  • And I knew that people were talking in that manner and when I put this dress on it was like this is the moment I want to have and I loved it so much.

    そして、人々がそのように話していることを知っていたので、このドレスを着たとき、これこそが私の望む瞬間だと思い、とても気に入りました。

  • 2017 and I loved this coach sweater.

    2017年、このコーチのセーターが気に入りました。

  • It was so adorable.

    とても愛らしいものでした。

  • I over wore it.

    着すぎました。

  • It was one of those outfits that I felt that's my everyday look.

    これが私の日常の姿だと感じた一着でした。

  • You know, I was so surprised that people were like the dinosaurs.

    恐竜のような人たちがいることに、とても驚きましたね。

  • I don't know, I was like, well then I want more dinosaurs and stuff like people were freaking out and it was so cool.

    私は、「それならば、もっと恐竜を増やしてほしい」と思ったし、人々は興奮していたし、それはとてもクールだった。

  • I think my everyday life is classic, but I'm also such a character.

    私の日常はクラシックだと思いますが、そんなキャラクターでもあるのです。

  • So it depends on what character I am that day.

    だから、その日の自分のキャラクターにもよる。

  • Yeah, no, I can be a bunch of different people.

    ええ、いえ、私はいろいろな人になれます。

  • This is 2017 boat cover the, this was with Martin Marcus.

    これは2017年のボートカバーザ、マーティン・マーカスと一緒でした。

  • I'd felt so confident in that look.

    その姿に自信を持っていました。

  • And they helped me feel that confidence.

    そして、その自信を感じさせてくれました。

  • They pulled it out of me.

    抜かれてしまいました。

  • They were just like, yes, like I love this, this is great, do that more, do it all.

    彼らはただ、はい、私はこれが好きです、これは素晴らしいです、それをもっとやってください、それをすべてやってください、という感じでした。

  • And there is such a huge moment.

    そして、そんな大いなる瞬間がある。

  • I remember saying to myself, please don't make me look like an eight, like 15 or 18.

    私は自分自身に、どうか私を15や18のような8歳に見せないでほしいと言ったことを覚えています。

  • Like I remember saying that and I didn't feel that at all this classy, but it was really sexy.

    そう言っていたのを思い出したように、この上品さには全く感じませんでしたが、とてもセクシーでした。

  • This is definitely framed.

    これは間違いなく額縁です。

  • I don't have a lot of stuff and I get embarrassed but I've framed this one because it will always mean so much to me.

    私はあまり物を持っていないので恥ずかしいのですが、これは私にとってずっと大切なものなので額に入れました。

  • And I went on a cute date that night.

    そして、その夜はかわいいデートをしました。

  • I was Fiona because I had my hair makeup 2019.

    私はヘアメイク2019をしたのでフィオナでした。

  • The Dad Don't Die premiere in new york.

    The Dad Don't Die」のプレミアがニューヨークで開催されました。

  • I was wearing Selene.

    セレネを着ていました。

  • So this was also a moment in my life where I had fluctuated in weight and I'm very honest with the people on my team, so I didn't want to wear anything tight.

    だから、これは私の人生の中で体重の変動があった瞬間でもありましたし、私はチームの人たちにはとても正直なので、窮屈なものは着たくありませんでした。

  • And then I tried this dress on and I felt so beautiful, you know, definitely highlighted this area a lot.

    そして、このドレスを着てみると、とても美しく感じられました。

  • Um but it was so, I felt like a barbie doll making this movie was a riot.

    あの......でも、この映画を作っている時の私は、まるでバービー人形のような気分で、大騒ぎしていました。

  • It was so fun.

    とても楽しかったです。

  • Bill Murray was like, uh I loved him so much.

    ビル・マーレイは、「私は彼をとても愛しています」と言っていました。

  • He called me Gomez had no idea who I was, the entire shoot.

    彼は私をゴメスと呼びましたが、撮影中は私が誰なのかわかりませんでした。

  • It was awesome.

    最高でした。

  • And then I met some really great people.

    そして、本当に素晴らしい人たちとの出会いがありました。

  • It was really fun.

    本当に楽しかったです。

  • Yes, this is list set 2019 and it was kind of a pajama look.

    はい、これはリストセット2019ですが、なんだかパジャマのような感じでした。

  • So as I got older, I'm trying to mix fashion with comfort.

    だから、年齢を重ねるごとに、ファッションと快適さをミックスさせようとしています。

  • So I remember I wore sneakers with this outfit and went to dinner with my friends and I remember I felt beautiful, I'm so happy, I'll change into seven different outfits just for one night.

    だから、この服にスニーカーを履いて友達と食事に行ったら、綺麗になって、嬉しくなって、一晩だけで7着も着替えるようになったのを覚えています。

  • And it's just like, what um, what, who do I want to be tonight?

    そして、今夜の私はどんな人になりたいのだろう?

  • Like we know it's in here guys 2019 for Sochi.

    2019年のソチに向けて、ここにいる人たちが知っているように。

  • Emma's got to say I have some great moments of the game is this, I felt so good and I actually had a whole idea for this outfit.

    エマの話によると、この試合では素晴らしい瞬間があって、とてもいい気分だったし、実際にこの衣装の全体的なアイデアもあった。

  • I tried it on, we made it a bit shorter, um which was fine.

    試着してみたところ、少し短めにしましたが......それはそれで良かったです。

  • I loved it that way and I felt like I wanted to try something like a look that was so vibrant.

    私はそのやり方が好きで、何か躍動感のある表情のようなものを試してみたいと感じました。

  • And when I came in with my team, we designed this together.

    そして、私がチームに入ったときには、一緒にデザインしました。

  • Clearly I liked the boobie pics.

    明らかにおっぱいの写真が好きだった。

  • Like I love that one from the dead, Don't die.

    私が好きなのは、「Don't die」という死者の言葉です。

  • I love this.

    私はこれが大好きです。

  • 2021.

    2021.

  • Did we have a good year?

    良い年でしたか?

  • Uh, so far, this is for my music video for de Una vez I'm wearing Rodarte.

    今のところ、「de Una vez」のミュージックビデオのために、ロダルテを着ています。

  • This video was like going through an old house, maybe the house you grew up in and you're having the specific moments and you're talking to yourself about where you are emotionally and you see at the end with all this baggage and everything that lives from me and then the simple shot of me just walking out the door that described everything the song was saying, I feel completely different when I sing in spanish.

    このビデオは、自分が育った古い家の中を通り抜けるような感じで、特定の瞬間を過ごし、自分が感情的にどこにいるのかを独り言のように語っています。そして最後には、すべての荷物と私から生きているすべてのものを見て、私がドアから出て行くシンプルなショットが、この曲が言っていることをすべて表現しています。

  • You know, it may not be fluent, but I'll never forget where I came from and where I'm from.

    流暢ではないかもしれませんが、自分がどこから来たのか、どこから来たのかを忘れることはありませんよね。

  • And I just think it's really important for me to embrace those moments through fashion and music and everything else by vogue.

    そして私は、ファッションや音楽、その他すべてのものを通して、その瞬間を受け入れることがとても重要だと思っていますby vogue。

  • Thank you so much for joining me and uh embarrassing me a little bit.

    私に参加してくれて、そしてちょっと恥ずかしい思いをさせてくれて、本当にありがとうございます。

  • I hope you enjoyed my looks and I'll see you soon.

    私のルックを楽しんでいただけましたでしょうか、またお会いしましょう。

  • Okay?

    いいですか?

  • Mhm.

    ムムム。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    ムムム。

Hi vogue.

こんにちは、vogueです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 春休み 瞬間 ルック 感じ ドレス ファッション

セレナ・ゴメスが自身の歴代ファッションを解説&15のベストルックを発表。|Life in Looks|VOGUE JAPAN (セレーナ・ゴメスが自身の歴代ファッションを解説&15のベストルックを発表。 | Life in Looks | VOGUE JAPAN)

  • 15 0
    林宜悉 に公開 2021 年 07 月 27 日
動画の中の単語