Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My history is your history,

    私の歴史はあなたの歴史です。

  • your history is my history,

    あなたの歴史は私の歴史です。

  • and our history is our story.

    そして、私たちの歴史は私たちの物語です。

  • We share the same place in time and space

    時間と空間の中で同じ場所を共有する

  • in the world, in today's society, and we owe it to each other

    世界で、今日の社会で、私たちはお互いに義務を負っています。

  • to know more about our ancestors together.

    を見て、一緒にご先祖様のことをもっと知りましょう。

  • If we want to see the legacies

    遺産を見たいのであれば

  • of slavery and colonialism in Britain,

    イギリスにおける奴隷制と植民地主義の

  • we need look no further than the people.

    そのためには、人々に目を向ける必要があります。

  • So my father left Jamaica in 1958,

    そんなわけで、父は1958年にジャマイカを離れた。

  • he came here to live with his sister and to find work.

    姉と一緒に暮らすために、そして仕事を見つけるためにここに来たのです。

  • He found that experience, as you can imagine, quite daunting.

    彼は、想像できるように、この経験を非常に困難なものと感じていました。

  • He often reminds me of seeing smoke coming out of a chimney

    彼を見ていると、煙突から煙が出ているのをよく思い出します。

  • and him thinking that the house was on fire.

    そして、彼は家が燃えていると思っていました。

  • So he settled here and, eighteen months later,

    そして、この地に住み着き、1年半後には

  • he sent for my mother and my sister.

    母と妹のために送ってくれました。

  • Jen Reid grew up in Bath,

    ジェン・リードは、バースで育ちました。

  • the only black child at school, where she regularly encountered racism.

    学校では唯一の黒人の子供で、人種差別を受けていました。

  • I moved to Bristol in 2012.

    私は2012年にブリストルに移りました。

  • You know, I've always been very aware of what Bristol is,

    ブリストルとは何か、ということを常に意識していますね。

  • and it being built on the back of slavery.

    そして、それは奴隷制度の上に築かれたものです。

  • I remember an office that I had worked in,

    私が働いたことのあるオフィスを思い出しました。

  • directly opposite was Colston standing proud over Bristol.

    真向かいには、ブリストルの上に堂々と立つコルストン。

  • The statue that Jen is referring to was of Edward Colston -

    ジェンが言っている銅像は、エドワード・コルストンのものでした。

  • a 17th Century Bristol merchant and slave trader.

    17世紀のブリストルの商人であり、奴隷商人であった。

  • He was a member of the Royal African Company.

    彼はロイヤル・アフリカン・カンパニーのメンバーだった。

  • Between 1662 and 1731,

    1662年から1731年の間。

  • the company transported 212,000 enslaved people across the Atlantic,

    同社は212,000人の奴隷化された人々を大西洋を渡って輸送しました。

  • of whom 44,000 died en route.

    そのうち44,000人が途中で亡くなった。

  • As well as a statue in the city centre,

    市街地にある銅像と同様に。

  • schools, streets, and many other buildings in Bristol

    ブリストルにある学校や道路、その他多くの建物は

  • were named after Edward Colston.

    は、エドワード・コルストンにちなんで名付けられました。

  • When he died he left a lot of his wealth to charities in Bristol

    彼は死後、自分の財産の多くをブリストルの慈善団体に残しました。

  • and it's for that reason

    そのためには

  • why his name was registered very largely on the city,

    彼の名前が都市に大きく登録された理由。

  • but his larger role

    しかし、彼の大きな役割は

  • in the trading of Africans

    アフリカ人の取引で

  • for slavery and slave labour

    奴隷制度と奴隷労働のために

  • in the Caribbean

    カリブ海で

  • is something that is very important for us to emphasise

    は、私たちが強調すべき非常に重要なことです。

  • because it speaks to a silence that often follows

    なぜなら、それはしばしば続く沈黙に語りかけるものだからです。

  • a lot of these figures in history who were involved in the slavery business

    奴隷ビジネスに関わった歴史上の人物たちの多くが

  • and how that silence is obscured by this elevation of them

    そして、その沈黙が、彼らのこの崇高さによって、どのように覆い隠されているのか。

  • in these other roles that they performed in their lives.

    自分の人生の中で演じてきたこれらの他の役割の中で

  • But on the 7th of June 2020,

    しかし、2020年6月7日に

  • in the midst of global protests against racism,

    人種差別に対する世界的な抗議活動の中で。

  • sparked in part by the murder of George Floyd

    ジョージ・フロイドが殺害されたこともきっかけとなりました。

  • by an American policeman,

    アメリカ人の警察官が

  • protestors in Bristol tore Colston down from his elevated status,

    ブリストルのデモ参加者は、コルストンをその高い地位から引きずり下ろしました。

  • both literally and figuratively.

    文字通りにも比喩的にも。

  • Jen Reid and her husband, Alasdair Doggart, were there -

    ジェン・リードさんとご主人のアラスデア・ドガートさんがいらっしゃいました。

  • attending their first ever political protest.

    彼らは初めての政治的抗議活動に参加しました。

  • It was a sight to behold, it was almost like a carnival atmosphere.

    それはまるでカーニバルのような雰囲気で、目を見張るものがありました。

  • I watched my husband drag Edward Colston to the water

    夫がエドワード・コルストンを海に引きずり込むのを見た

  • and throw him in to the water. It was just such an historic moment.

    と言って、水に投げ込んだ。まさに歴史的な瞬間でした。

  • It was an instinctive action on my behalf.

    それは、私の本能的な行動だった。

  • As soon as I put my hands on him,

    手をかけた途端に

  • and we started pushing him towards the water,

    と言って、彼を水に向かって押し出しました。

  • then it was as simple as:

    のように簡単にできました。

  • "I know how to do that, I can do that. Let's do it".

    "どうすればいいのか知っている、できる。やってみよう」ということです。

  • Jen's role in the protest renewed her interest in tracing her family tree.

    ジェンは、この抗議活動での役割を果たしたことで、自分の家系を辿ることに興味を持ちました。

  • With the help of the Legacies of Slavery database at UCL,

    UCLのLegacies of Slaveryデータベースの助けを借りて。

  • she was finally able to find out more about her family in Jamaica.

    そして、ジャマイカの家族のことをようやく知ることができた。

  • What really shook me to the core

    私が心を揺さぶられたのは

  • was discovering that my great-great- great-great-great-grandmother

    は、私の曾祖母の曾祖母が

  • was the first of my ancestors to be enslaved.

    は、私の祖先が最初に奴隷になった人です。

  • Jen also discovered

    ジェンも発見

  • that the documents relating to her 5x great-grandmother

    彼女の5x曾祖母に関する文書が

  • had listed her name as Sylvia. But that wasn't her real name.

    彼女の名前は「シルビア」となっていた。しかし、それは彼女の本名ではない。

  • Like many enslaved people,

    多くの奴隷化された人々のように。

  • she'd been given an English name by her enslaver -

    彼女は奴隷になった人から英語の名前を与えられていました。

  • robbing her of her African identity.

    彼女のアフリカ人としてのアイデンティティを奪った。

  • I've also discovered that my grandmother five times removed

    また、私の祖母が5回脱毛していることもわかりました。

  • had a daughter.

    には娘がいました。

  • And her daughter had a daughter.

    そして、彼女の娘には娘がいた。

  • And they were all kept together by their enslaver,

    そして、彼らは全員、奴隷にされていた。

  • by the name of Donald McLean.

    ドナルド・マクリーンという名前で。

  • It made me really angry.

    本当に腹が立ちました。

  • It made me want to research the McLean clan -

    マクリーン一族について調べてみたくなりました。

  • who are they, where are they now what riches do they have?

    彼らは誰で、どこにいて、どんな富を持っているのか。

  • A lot of those memories of slavery are not memories

    奴隷の記憶の多くは、記憶ではありません。

  • that are just recorded and registered in history books

    歴史の教科書に記録されているだけのものが

  • or that are told in classes.

    とか、授業で言われたことを

  • These are memories that people embody.

    これは、人々が体現する記憶です。

  • They are memories that people carry from generation to generation.

    世代を超えて受け継がれてきた記憶です。

  • For Jen's husband Alasdair, the Black Lives Matter protests

    ジェンの夫アラスデアにとって、ブラック・ライブズ・マターの抗議活動は

  • also triggered an interest in finding about his past.

    また、自分の過去を知りたいと思うきっかけにもなりました。

  • When he started looking into his family history,

    自分の家族の歴史を調べ始めたとき

  • he found that he was related to people with the surname Colston -

    コルストンという名字の人と親戚関係にあることがわかりました。

  • though there's no evidence

    根拠はないが

  • that they were connected to Edward Colston himself.

    彼らはエドワード・コルストン自身につながっているというのだ。

  • I think it's a complex picture

    複雑な図式だと思いますが

  • when you try to unpick the detail of everything

    すべてのものを細部まで解明しようとすると

  • about why race is so important today,

    なぜ今日、人種が重要なのかについて

  • and why people have to accept the truth

    そして、なぜ人々は真実を受け入れなければならないのか

  • of Britain's involvement in the slave trade.

    イギリスが奴隷貿易に関与していたことの

  • I think history can't be sectioned off

    歴史は切り離せないものだと思う

  • and it's “this is your history, this is my history”.

    で、「これはあなたの歴史、これは私の歴史」です。

  • It's our history together.

    それは私たちの歴史でもあります。

  • As well as personal connections to the slave traders and the enslaved,

    また、奴隷商人や奴隷になった人たちとの個人的なつながりもあります。

  • in Britain there are deep financial ones.

    イギリスでは経済的に深いものがあります。

  • When slavery in Britain was abolished in the 1830s,

    1830年代にイギリスの奴隷制度が廃止されたとき。

  • the government paid £20 million to slave owners in compensation.

    政府は奴隷所有者に2,000万ポンドの補償金を支払いました。

  • There was no compensation for the formerly enslaved.

    かつての奴隷に対する補償もなかった。

  • The compensation of £20 million

    2000万ポンドの補償

  • was really meant to be a form of reparations to slave owners

    は、本当は奴隷主への賠償の意味があったのです。

  • for the loss of their property and people.

    は、財産と人を失ったことに対して

  • An extraordinary figure, and that even as we consider today

    並外れた人物であり、今日を考えても

  • the £20 million,

    2000万ポンドを

  • we should also remember that it is a fraction

    私たちはまた、それが分数であることを覚えておく必要があります。

  • of the full extent of the wealth earned by enslaved labour

    奴隷労働によって得られた富の全容を明らかにするために

  • for Great Britain in the entire period of British slavery.

    イギリスの奴隷制度の全期間において、イギリスのために

  • A lot of that money ended up being reinvested

    そのお金の多くは再投資されました。

  • in banking, in finance, in the commercial sector,

    銀行、金融、商業の分野で。

  • but also in non-commercial activities,

    しかし、非商業的な活動でもあります。

  • in the arts, and in museums

    芸術、そして美術館で

  • and even in education

    そして、教育においても

  • and philanthropic associations and endeavours.

    慈善団体や努力をしています。

  • So there's clearly a disconnect

    だから、明らかに断絶している

  • between the wealth that slavery brought to Britain

    奴隷制度がイギリスにもたらした富と

  • and the immense suffering inflicted on those who were enslaved.

    と、奴隷にされた人々に与えられた膨大な苦しみを紹介しています。

  • In some cases, it's only names that can offer clues to the past.

    また、名前だけで過去を知ることができる場合もあります。

  • There are threads that are connected to places and to place names.

    場所や地名と結びついた糸があります。

  • Why a plantation in Eastern Jamaica

    なぜジャマイカ東部のプランテーションなのか

  • shares the name of a location in London,

    は、ロンドンの地名を共有しています。

  • but there are also threads that are connected to people.

    が、人とつながっている糸もあります。

  • Why someone in Bridgetown, Barbados,

    なぜ、バルバドスのブリッジタウンで誰か。

  • shares the name of somebody in Liverpool

    リバプールの誰かの名前を共有する

  • even though they have never met.

    一度も会ったことのない二人が

  • They are tied to that history

    その歴史に縛られている

  • through the history of slavery and colonialism,

    奴隷制と植民地主義の歴史を通して

  • and it is something that we cannot ignore.

    それは、私たちが無視できないことです。

  • As for Jen, although she knows the names of her family's enslaver,

    ジェンはというと、家族を奴隷にした人の名前は知っているものの

  • she still doesn't know her ancestor Sylvia's real name,

    祖先であるシルビアの本名をまだ知らない。

  • or anything about her origins in Africa.

    また、彼女がアフリカで生まれたことについても

  • I want to know what tribe I belong to,

    自分がどの部族に属しているのかを知りたい。

  • I imagine my tribe to be fearless because I am fearless,

    私が恐れを知らないから、私の部族も恐れを知らないと想像する。

  • and I am powerful,

    そして、私はパワフルです。

  • and I imagine my ancestors to be exactly the same.

    そして、私の祖先も全く同じであると想像しています。

My history is your history,

私の歴史はあなたの歴史です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ジェン エドワード イギリス 制度 商人 ジャマイカ

盗まれた我が家の先祖を辿る|BBC Ideas (Tracing my family’s stolen ancestors | BBC Ideas)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 15 日
動画の中の単語