Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • guys, this is memories, You're really digging up some stuff right now.

    みんな、これは思い出だよ、君は今、本当にいろいろなものを掘り起こしている。

  • Home.

    ホーム

  • Hi, teen vogue.

    こんにちは、teen vogueです。

  • I'm Dove Cameron and today I'm going to be sharing something like bursts.

    私はダブ・キャメロンです。今日はバーストのようなものをご紹介します。

  • I first thought when I woke up this morning, probably like a nonverbal anger because I think I woke up to the, whenever someone rings the bell outside my house, we have a like an old fashioned phone that rings upstairs and it's so loud and it woke me up because my boyfriend is getting picked up to go to the airport and I was so mad.

    朝起きて最初に思ったのは、おそらく非言語的な怒りだったと思います。家の外で誰かがベルを鳴らすと、昔ながらの電話が2階で鳴って、それがとてもうるさくて、彼氏が空港に行くために迎えに来ていたので、それで目が覚めてしまいました。

  • That's usually my first thought in the morning is just like mad about being awake.

    朝一番に思うことは、目が覚めたことに狂喜することです。

  • I feel like I turned that around by making sure I have two hours before I have to go anywhere, which never happens.

    私は、どこかに行かなければならない時には、2時間前には必ず行動するようにして、それを覆した気がします。

  • But if I, if I happen to be jet lagged and I wake up two hours early, I have time to like have my coffee and listen to music.

    しかし、もし私が時差ぼけで2時間早く目が覚めたとしたら、コーヒーを飲んだり音楽を聴いたりする時間があります。

  • Music usually does it for me journaling to intentionally journaling.

    音楽があれば、ジャーナリングを意図的に行うことができます。

  • The first app I check when I wake up is I have to alarm apps because I always sleep through my alarm.

    目覚めて最初にチェックするアプリは、私はいつも目覚ましをかけずに寝てしまうので、目覚ましアプリにしています。

  • So that's, that's the first one.

    それが、最初の一枚です。

  • I check I'm 100% nightowl.

    私は100%夜行性であることを確認します。

  • I like the morning though.

    でも朝は好きです。

  • And so if I had my druthers, I would only sleep for like three hours a night and be able to function because I like the night and the morning and I resent that I have to choose.

    私は夜も朝も好きなので、選択しなければならないことに憤りを感じていますから、もし私に選択権があるとしたら、夜は3時間くらいしか寝ないで機能するようにします。

  • My first cd was Elvis greatest hits, john dabbled in this guy.

    私の最初のCDはエルビスのベストヒットで、ジョンはこの人に手を出しました。

  • Like that was my still my, still my stuff.

    あれは私の、まだ私の、まだ私のものだったような。

  • I love Elvis.

    私はエルビスが大好きです。

  • I remember the look of it.

    その様子は覚えています。

  • It was gold with little white dots writing out the word Elvis and I had a little portable walkman because I was still just a few years before this generation had a little portable walkman and that like little like foam ear headphone and I used to sit on the top bunk in my bed and Elvis was my boyfriend.

    金色で小さな白い点がElvisと書かれていて、私は小さなポータブルウォークマンを持っていました。私はまだこの世代の数年前に小さなポータブルウォークマンを持っていたので、小さな泡のようなイヤーヘッドフォンを持っていました。

  • The first vacation I ever went on.

    私が初めて行った休暇。

  • That's hard because vacation probably somewhere in India.

    それは難しいですね、休暇はおそらくインドのどこかにあるでしょうから。

  • I was always traveling.

    私はいつも旅をしていました。

  • I was traveling at like the very first time that you can bring someone on a plane.

    私が旅をしていたのは、飛行機に誰かを乗せることができるようになった最初の時期でした。

  • I was on a plane.

    私は飛行機に乗っていました。

  • We went to like Corolla, which is a beachy part of India.

    私たちはインドのビーチのようなCorollaに行きました。

  • Um, not like a big main city, but I honestly don't know like that's a question for my mom.

    大きな都市ではありませんが、正直なところ、母に聞いてもよくわかりません。

  • I think my first word was dad, my mom's at home.

    私の最初の言葉は、お父さん、お母さんは家にいるよ、だったと思います。

  • Like what I mean?

    私が言いたいことは?

  • I feel like that's pretty basic.

    それはとても基本的なことだと感じています。

  • My sister's first word was flower, which I think is so much cooler.

    妹の最初の言葉は「花」でしたが、そちらの方がかっこいいと思います。

  • But also it's sweet.

    しかし、それだけではなく、甘いのです。

  • I love my dad.

    私は父を愛しています。

  • My first best friend was a girl named Haley Burns.

    私の最初の親友はヘイリー・バーンズという女の子でした。

  • We met when we were in preschool and we were like inseparable, we lived with each other.

    保育園の頃に出会ったのですが、切っても切れない関係で、一緒に暮らしていました。

  • You know, it's like that time when you don't have memories, but we must have just like bonded so hard because in all of my childhood pictures, I'm always holding hands with this little girl Hayley.

    思い出のない時代のようなものですが、私たちはとても強く結ばれていたに違いありません。というのも、私の子供時代の写真には、いつもこの小さな女の子ヘイリーと手をつないでいるからです。

  • First time I was on a film set as a lead role was this really early Disney channel movie I did called Cloud Nine and I was 16 when we filmed it, which like, that sounds like a normal age for Disney, but it's really quite young to be a lead in anything.

    初めて主役として映画のセットに参加したのは、ディズニー・チャンネルの初期に出演した『クラウドナイン』という映画で、撮影したときは16歳でした。

  • It was bizarre.

    奇妙だった。

  • I mean, it felt comfortable, like I've always felt like a very social person.

    つまり、私はもともととても社交的な人間だと感じていたので、居心地が良かったのです。

  • I made so many friends.

    たくさんの友達ができました。

  • Like it was such a bonding like summer camp, the experience.

    サマーキャンプのような、絆を深めるような体験をしました。

  • So yeah, I didn't really think much of it.

    そうそう、あまり気にしていませんでした。

  • I feel like I'm much more self conscious now than I ever was in the beginning because now I'm like, oh, I don't know if something happens where you're like, I have to keep this up versus like here I am just doing my thing.

    今では、最初の頃よりもずっと自意識過剰になっているような気がします。というのも、何かあったときに、「このまま続けなければならない」と思うのと、「ただ自分のことをやっているだけ」と思うのとでは、違いますからね。

  • You know, I should try to get back to that.

    戻ろうとすると

  • Other people who know this better than me are going to know this better.

    私よりもこのことをよく知っている他の人たちが

  • But I think the first ever carpet I attended was the Monsters university carpet.

    しかし、私が初めて参加したカーペットは、モンスターズ大学のカーペットだったと思います。

  • That sounds wrong to me.

    私にはそれが間違っているように聞こえます。

  • But maybe it could be the first time I was recognized in public was at the grove.

    でも、人前で認められたのは木立の中が初めてだったからかもしれません。

  • Um, and it was the day after my first red carpet and it was this man who had followed me there and brought like a stack of glossies of pictures of me that he found on the internet for me to sign to go from like being the day before.

    初めてのレッドカーペットの翌日だったのですが、私を追いかけてきた男性が、インターネットで見つけた私の写真を山ほど持ってきて、私にサインをしてくれたのが前日だったのです。

  • Like totally shy, unknown, never imagining you just like your whole life just like normal, normal, normal.

    全くの恥ずかしがり屋で、未知の人で、あなたのことを想像したこともないような、普通の、普通の、普通の人生を送ってきました。

  • And then all of a sudden this guy came up to me, it was like, can you sign the and I had like a weird reaction.

    そうしたら突然、男の人が近づいてきて、「サインしてくれないか」と言われて、変な反応をしてしまいました。

  • I had like a full blown panic attack.

    本格的なパニック障害のようになってしまいました。

  • I was like, I'm seeing, I'm too known.

    私は、見ていて、知られすぎているなと思いました。

  • I don't want people knowing me, which is weird, but you don't know how it feels until you get there.

    人に知られたくない、というのは変な話ですが、実際に行ってみないとその気持ちはわかりません。

  • And then I ran into a Nordstrom and I cried and I came out, he was gone the first time I ever heard my voice in something on tv was I did a song for Disney Channel called Future Sounds like Us for a shake it up episode before I even started living matty or cloud nine Disney pics girls, right?

    私が初めてテレビで自分の声を聞いたのは、ディズニー・チャンネルの「フューチャー・サウンズ・ライク・ユーズ」という曲で、まだマティやクラウドナインのディズニー・ピクサーズ・ガールズとの生活を始める前のシェイク・イット・アップ・エピソードで歌った時でしたね。

  • We all know this And then they like Sprinkle them into everything and then they become like, they become like a channel entity and that was like one of the first things they want, I think they wanted to see if I could sing.

    そして、彼らはあらゆるものにそれを振りかけて、まるでチャンネルのような存在になるのです。

  • And so they gave me a song on somebody else's show and then everything else happened.

    そして、他の人の番組で私に曲を提供してくれて、それからすべてが始まったのです。

  • That was my very first song I ever professionally recorded.

    この曲は、私がプロとして録音した最初の曲です。

  • Remember Bella thorne reached out to me on twitter, Something was like, Love Your Song and I was like, whoa, this is weird.

    ベラ・ソーンがツイッターで私に連絡してきたのを覚えています。「Love Your Song」のような内容で、私は「おっ、これは変だな」と思いました。

  • And I heard it back and I remember thinking like, is that what I sound like recorded?

    そして、それを聞き返してみて、「これが私の録音した音なのか」と思ったことを覚えています。

  • I sound so different.

    私の声はとても変わっています。

  • The first time I was ever embarrassed was in my house, basically my sister was doing this thing, I don't even know what this project was called.

    私が初めて恥ずかしい思いをしたのは、家の中で姉がやっていた、何ていうプロジェクトだったかな。

  • But they would take kids from very different parts of cities, like kids that would never mixed together, kids that were maybe like different backgrounds and different walks of life and then they would put them together and they would show them how similar they really were.

    しかし、彼らは都市の様々な地域から、普段は混ざり合うことのないような子供たちを連れてきて、バックグラウンドや生活環境が異なる子供たちを一緒にして、本当は似ていることを教えてくれたのです。

  • It was this really cool project actually, but I was so little when it was happening, that's why I'm having a hard time describing it.

    これはとてもクールなプロジェクトだったのですが、当時はまだ小さかったので、説明するのに苦労しました。

  • There was this gorgeous guy, he was like so tall and I remember like, he was so like um like cheeky and he was one of the boys that came from the city and we came from not the city, they were doing this project together and I had such a big crush on him.

    彼はとても背が高く、とても生意気で、彼は都会から来た男の子の一人で、私たちは都会ではないところから来たのですが、彼らは一緒にこのプロジェクトをやっていて、私は彼にとても夢中になりました。

  • When I was like five, my dad told the whole room, he was like, sorry, I have to go, my real name's Chloe, and he was like, I have to go get Chloe.

    私が5歳くらいの時、父が部屋中に、ごめんね、行かなきゃ、僕の本名はクロエなんだ、と言ったんです。

  • Like she won't get off of Jack.

    彼女がジャックから離れないように。

  • His name was Jack, his name was Jack, Jack, I love you wherever you are in the world.

    彼の名前はジャック、彼の名前はジャック、ジャック、世界中どこにいても愛しています。

  • I still love you and I'm sorry to my real life boyfriend that I have now.

    私はまだあなたを愛しているし、今いる現実の彼氏にも申し訳ないと思っています。

  • I was so mad at my dad.

    私は父に腹を立てていた。

  • I'll never forget the first rap song and memorize all the words to.

    私は最初のラップソングを忘れないし、すべての言葉を覚えています。

  • I feel like was Eminem shake that and I feel like I burned it on a cd and I played it in the car and my mom, I remember my mom specifically turning around and being like, do you know what this means?

    エミネムが振っていたような気がします。CDに焼いて車の中でかけていたら、母が振り返って、「この意味がわかる?

  • Me being like, yes, like so mad at her.

    私は、そう、彼女にすごく怒っていました。

  • I can't say the lyrics here because they're wildly inappropriate.

    歌詞をここで言うのは野暮なのでやめておきます。

  • But like I I still know them.

    しかし、私のようにまだ彼らを知っています。

  • I just, I just sang them all over again to stay in there man.

    私はただ、そこに留まるために繰り返し歌っていただけです。

  • I have no idea where I was fighting these things when I was that age.

    私がその年齢の頃、どこでこんなことを戦っていたのか、さっぱりわかりません。

  • This was right, when this is wild, I feel old all of them.

    これは正しかった、これがワイルドだと、どれもこれも老けた感じがする。

  • But this was right when Itunes was new.

    しかし、これはItunesができたばかりの頃の話です。

  • Like the concept of Itunes buying a song and burning it to a disk was like the newest hottest technology.

    例えば、Itunesが曲を買ってディスクに焼くというコンセプトは、最新のホットなテクノロジーのようでした。

  • I was like seven.

    私は7歳でした。

  • Why did I know all these rap songs?

    なぜ私はこのようなラップソングを知っているのでしょうか?

  • I don't know but I've been rapping since I was tiny.

    わからないけど、小さい頃からラップをしていた。

  • I did have an A I am I had an AOL email which I remember picking when I was seven.

    私は、7歳のときにAOLのEメールを使っていたことを覚えています。

  • It was random remark 777 at AOL dot com is very much out of commission so you can feel free to email it.

    それはランダムな発言でした 777 at AOL dot comは非常に故障しているので、気軽にメールしてください。

  • I won't ever see it.

    一生見ることはありません。

  • My first job, my first job that I got paid for was working in my parents warehouse.

    私が初めてお金をもらった仕事は、両親の倉庫で働いたことでした。

  • My parents um they had a wholesale jewelry company.

    私の両親は......ジュエリーの卸売会社を経営していました。

  • So they would design the jewelry, the design will be shipped to suppliers in India.

    つまり、彼らがジュエリーをデザインし、そのデザインがインドのサプライヤーに出荷されるのです。

  • And so they'd make it and then shipped samples back and then we mass produce it.

    そして、彼らが作ったものをサンプルとして送り返し、それを我々が量産するという流れになっています。

  • And so I would work for like $5 every two hours.

    それで、2時間ごとに5ドルくらいで働いていました。

  • I'd like break down boxes or like tape boxes with a big tape gun, which thinking back as a seven year old is probably pretty dangerous.

    箱を壊したり、大きなテープガンで箱にテープを貼ったりしていましたが、7歳の頃を思い出すとかなり危険な状態だったと思います。

  • But shout out to my parents for giving me my money.

    でも、お金を出してくれた両親には感謝しています。

  • I needed, it was seven.

    必要だったのは、7人だった。

  • My first job in entertainment, I guess a job requires money.

    初めての芸能界での仕事、やはり仕事にはお金が必要ですね。

  • Right?

    そうですね。

  • Oh, I played a background member of the local film in a Halloween costume like in like a one Z.

    あ、ワンZみたいにハロウィンの仮装をして地元の映画の背景メンバーを演じました。

  • And pigtails and fake little freckles when I was like nine or something in a movie called a relative thing.

    そして、おさげ髪と偽の小さなそばかすは、9歳かそこらの時に、「相対するもの」という映画に出演した時のものです。

  • I never would have counted that as my first job ever, but I think I got like $20 and it was like for my mom's friend.

    初めての仕事として数えたことはありませんでしたが、20ドルくらいもらったと思いますし、母の友人のための仕事でした。

  • So I don't know, I've never seen it, but I guess that would be my first job, my fault.

    だから、見たことがないからわからないけど、最初の仕事、自分のせいになるんだろうね。

  • My first audition ever was for a foster farms commercial when I was seven.

    私が初めてオーディションを受けたのは、7歳のとき、養護施設のCMでした。

  • I've always wanted to be an actor and I got an agent when I was in Seattle and she started to send me out for commercials because she's like, this is part of it, you have to go up for commercials.

    私はずっと俳優になりたいと思っていて、シアトルにいたときにエージェントを見つけて、彼女は私をコマーシャルに出すようになりました。

  • And I still think I remember the lines, it was like you're like sitting on a front porch, you probably watch the commercial.

    そして、今でもセリフを覚えていると思うのですが、まるで玄関先に座っているような感覚で、おそらくCMを見ているのだと思います。

  • I bet remember watching it being like that girl got it and I didn't know what you eating chicken.

    私はこの番組を見て、あの子は成功したのに、あなたは何のためにチキンを食べているのかわからなかったことを覚えています。

  • Where'd you get it from the store?

    どこのお店で買ったの?

  • Those are my two lines and I didn't get it.

    それが私の2つのラインで、私はそれを得られなかった。

  • So you know, it's funny.

    だからね、面白いんだよ。

  • I feel like when you're little, I've just kind of like, like there are three cameras right now and I probably was lighting like this.

    小さい頃は、カメラが3台あって、こんな風にライティングしていたのかなという気がします。

  • Like I think I just felt, I've always felt friendly towards a camera.

    思うに、私はいつもカメラに親しみを感じていたのです。

  • I never felt like I was trying to do something bad or still myself.

    何か悪いことをしようとしているとか、まだ自分が残っているとか、そういうことはありませんでした。

  • Like I always was just kind of chill.

    私はいつも何となく冷静だったような気がします。

  • I was chilled with people looking at me, I was chill with adults.

    人に見られても冷ややか、大人に見られても冷ややかでした。

  • I just didn't feel like it was any different, it's like talking to people and then there were cameras there the first time I was really star struck.

    違和感なく、人と話しているような感覚で、しかもカメラがあって......初めての時は本当にびっくりしました。

  • I I think I actually went to go see this one woman play in like a local play in this place called Chinachem, which is like a few hours away from my hometown.

    私の故郷から数時間の距離にあるチナケムという場所で行われた地方公演のようなもので、ある女性の劇を実際に見に行ったことがあると思います。

  • There was a girl who did a one woman play called, my name is Rachel, Corrie and I think it was written by somebody local and she did the whole play like three hours by herself and she was so phenomenal that I had to go up to her afterward and tell her how much I married her when I was eight years old and I got so nervous that I just burst into tears and tried to like hug her and she was like, I don't know whose child this is.

    私の名前はレイチェル、コリー」という一人芝居をした女の子がいました。地元の誰かが書いたものだと思いますが、彼女は3時間ほどの芝居を一人でやり遂げました。彼女はとても素晴らしかったので、終わった後に彼女のところに行って、私が8歳のときにどれだけ彼女と結婚したかを伝えなければなりませんでした。

  • I don't know, I don't really get star struck by actual celebrities because I feel like now once you know that it's just like not a thing, you're like, oh, I'm a celebrity that's kind of boring.

    というのも、実際の有名人にはあまり興味がありません。というのも、今では有名人の存在を知ってしまうと、「ああ、私は有名人だからつまらない」と思ってしまうからです。

  • Like you're like, oh we're all just the same.

    みんな同じようなものだと思っていました。

  • I mean I wouldn't call myself that, but like it's just once you, once you're in Hollywood, I feel like it kind of dissolves.

    自分ではそうは思っていませんが、一度ハリウッドに入ってしまうと、それが解消されてしまうような気がするんです。

  • My first time on stage was as a red hot candy in the nutcracker when I was seven.

    私が初めて舞台に立ったのは、7歳のときに「くるみ割り人形」の赤い飴の役でした。

  • I think a lot happened when I was seven.

    7歳の時にはいろいろなことがあったと思います。

  • I wanted to do theater.

    私は演劇をやりたかったのです。

  • I had a lot of energy.

    私はエネルギーを持っていました。

  • I was very emotional, I hated soccer and ballet and whatever else my parents tried to get me involved in.

    私はとても感情的で、サッカーやバレエなど、両親が私を参加させようとするものはすべて嫌いでした。

  • I only wanted to do acting and that was my very first thing and I wanted to be the rat king more than anything.

    私は演技をすることしか考えていませんでしたし、何よりもネズミの王様になりたかったのです。

  • But they gave it to an older girl and I was heartbroken.

    でも、年上の女の子に渡されてしまい、心が折れてしまいました。

  • I got to wear a big red wig and I liked that.

    私は大きな赤いかつらを被ることができ、それが好きでした。

  • I do find stage more nerve wrecking now more than film and tv because there is something I know this sounds so weird because cameras are so invasive and I will say if someone is like taking a photo of me without my permission, I have this weird reaction.

    今では映画やテレビよりも舞台の方が神経質になっています。というのも、変な言い方かもしれませんが、カメラはとても侵入的で、誰かが私の許可なく私の写真を撮っていたりすると、変な反応をしてしまうのです。

  • Like it's super invasive because I am still really shy but when I know I am about to be on camera, I'm comfortable.

    私はまだ恥ずかしがり屋ですが、カメラに映ることがわかっていると安心できるので、超積極的です。

  • There's like a trust I know that we're capturing something and that's what I'm here to do and I feel relaxed.

    何かを撮影しているという信頼感があり、そのために私はここにいるのだと思うと、リラックスできます。

  • I don't know.

    わからないですね。

  • My first crush was named Dane Wisner and I have mentioned him so much.

    私の初恋の人はDane Wisnerという名前で、私は彼のことをとてもよく話しています。

  • I really hope he's seen any of them and he's laughing but he was so during the I remember thinking he looked like the lead singer of Green Day at the time because you know how some boys have that permanent like their dark eyelashes make them look like they have guy liner.

    当時、彼はグリーン・デイのリード・ボーカルに似ていると思っていました。

  • He had that when we were like really little and he was so dreaming.

    私たちが本当に小さい頃、彼はそれを持っていて、彼はとても夢を見ていました。

  • He was also my first kiss by the way.

    ちなみに、彼は私のファーストキスでもあります。

  • So it ended well I knew what I wanted and I got it my first celebrity crush.

    結局、自分の欲しいものはわかっていて、それを手に入れることができました。

  • My first like I saw something on the tv and I liked it was Jack's Killington in Nightmare before christmas, we'll call that my first celebrity crush.

    私が最初に好きになったのは、テレビで何かを見て好きになった、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのジャックのキリングトンで、これを私の最初のセレブリティ・クラッシュと呼ぶことにします。

  • My first on screen kiss was Wouk Ben Word in Cloud nine and they actually had his practice in the audition room to see if we had chemistry.

    私がスクリーン上で初めてキスをしたのは、『Cloud nine』のウーク・ベン・ワードで、相性を確かめるために、実際にオーディションルームで彼の練習をさせられました。

  • They were like kiss, and it was like a bunch of executives and it was so scary, that was one of the first times, I was like, wait, what, what do you do, you need a mint?

    彼らはキスのようなもので、重役たちのようなもので、とても怖かったです。私はその時初めて、待って、何、何をするのか、ミントが必要なのか?

  • And I was like, yeah, I'd love one, and they were like, we're joking, just kiss.

    そして、私は「ああ、私も欲しい」と思ったのですが、彼らは「冗談だよ、キスして」と言いました。

  • And I was like okay, and we did, we kissed and they were like, there you have it, there are leads, it was the weirdest like twilight zone thing, but he's such a I love luke, it was like my big brother forever.

    そして、私はOKしました。そして、私たちはキスをしました。そして、彼らは、「そうだよ、リードがあるんだよ」と言いました。それはトワイライトゾーンのような奇妙なものでしたが、彼は私が大好きなルークで、永遠のお兄さんのようでした。

  • But yeah, we had to kiss a lot.

    でも、そうですね、何度もキスをしなければなりませんでした。

  • It's like one of my ever first kisses ever.

    今までのファーストキスの一つのようなものです。

  • I think the first person I followed on instagram must have been my best friend veronica because she was the one who made me get instagram in high school.

    私が初めてインスタグラムをフォローしたのは、親友のベロニカだったと思います。

  • She's like, this is going to be the new thing, it's like the new facebook.

    彼女は「これは新しいものになるだろう、新しいフェイスブックのようなものだ」と言っていました。

  • And I was like, no.

    そして、私は「ダメだ」と思いました。

  • And she was like, everybody has one and you're totally gonna get left behind if you don't get one.

    そして、彼女は「みんなが持っているから、買わないと絶対に取り残されるわよ」と言っていました。

  • And so we got one because we went on vacation to Hawaii and she was like, you need a place to put all your photos.

    ハワイに旅行に行ったときに、彼女が「写真を全部入れる場所が必要だね」と言ったので、買ったんです。

  • And I was like, fair enough, if I want a billion dollars, the very first thing I would do with that money is give it to a number of charities of my choice.

    10億ドルが欲しければ、そのお金で最初にすることは、自分が選んだいくつかの慈善団体に寄付することだと思いました。

  • First of all, I would donate to the NRDC because I'm a big environmental junkie.

    まず第一に、私は大の環境ジャンキーなので、NRDCに寄付します。

  • Um, I would also donate to planned parenthood Because I'm a big planned parenthood advocate.

    私は計画的子育てを支持しているので、計画的子育てにも寄付したいと思います。

  • I mean I would, I would attempt to give money to the rain forest.

    つまり、私は熱帯雨林にお金を与えようとしているのです。

  • No joke.

    冗談ではありません。

  • First thing I would do if I had the day off actually, I think I'd probably wake up really early and like be out in the world, I like to be up before everybody is up and then I would probably go wherever the wind takes me.

    休みの日に最初にすることは、おそらくすごく早く起きて、世界に出て行くことだと思います。

  • That that's what I did the other day in London.

    それが、先日ロンドンで行ったことです。

  • My very first tattoo was a capricorn side when I was 14 on my hip.

    私の一番最初のタトゥーは、14歳のときに腰に入れた山羊座の横顔でした。

  • Very much not legally, but it always makes me laugh when people are like, you've changed so much, you used to be so cute and now you're full these tattoos because I've always had tattoos like long before I was ever on Tv.

    法的には全く問題ありませんが、人から「ずいぶん変わったね」「前は可愛かったのに、今はタトゥーだらけだね」と言われると、いつも笑ってしまいます。

  • You just never saw them.

    見たことがないだけです。

  • My first big splurge, I bought a wig in new york when I was 10, when my sister was looking for colleges, I saved up my money to buy a wig in new york as though that's the only place you can get wigs.

    10歳の時にニューヨークでウィッグを買ったのが最初の大きな出費でした。姉が大学を探している時に、ニューヨークでウィッグを買うためにお金を貯めていました。

  • I was like, when we go to new york, I'm saving up my money buying a wig, it was big and curly, tiny little pin curls and blonde.

    私は、ニューヨークに行くときに、お金を貯めてウィッグを買うようにしていました。

  • I don't remember why I wanted to be claudia from interview with the Vampire.

    なぜ「interview with the Vampire」のクラウディアになりたかったのかは覚えていません。

  • That was my dream was to be her.

    私の夢は彼女になることでした。

  • Didn't look like that.

    そんな風には見えませんでした。

  • I was so hungry.

    とてもお腹が空いていました。

  • Oh good.

    よかった。

  • The first movie I ever saw him, I would have been like pre verbal status, probably something really inappropriate for my age.

    私が初めて彼を見た映画では、私は言葉を発する前の状態で、おそらく私の年齢には本当に不適切なものだったでしょう。

  • My dad was always like films or art and Children will be adults one day.

    私の父はいつも、映画やアート、そして子供たちはいつか大人になる、というようなことを言っていました。

  • The first role model was probably my dad or my mom or my big sister.

    最初のロールモデルは、おそらく父か母か姉だと思います。

  • I feel like everybody's family is their first role model.

    誰でも家族が最初のお手本だと思います。

  • My first pet I was born in my family already had a cat named cause, but the first pet that we got was a cat named Maple.

    初めてのペット 私の生まれた家には、すでに原因という猫がいましたが、初めて飼ったペットはメープルという猫でした。

  • She's a little short haired calico cat.

    彼女は小さな短毛の三毛猫です。

  • This is weird, but I had a wooden ladder leading up to my room in my house that my parents built.

    変な話ですが、親が建てた家には、自分の部屋につながる木製のハシゴがありました。

  • There's like a little hole in my room that you'd climb up and Maple because it was a wooden ladder.

    私の部屋には小さな穴のようなものがあって、木のはしごだったので、そこから登ってMapleを作っていました。

  • She could climb it because you know how cats can climb trees.

    猫が木に登れることを知っているから、彼女は木に登れる。

  • She could put her claws into the wood and she'd climb the ladder to come up and see me.

    彼女は木に爪を立てることができ、梯子を登って私に会いに来てくれました。

  • How weird is that?

    何か変じゃない?

  • Thank you guys so much for watching.

    皆さん、ご覧いただきありがとうございました。

  • I hope you will turn into a little about me maybe more than you ever wanted to.

    あなたが望んでいた以上に、私のことを少しでも知っていただければ幸いです。

  • Don't forget to subscribe to teen vogue.

    teen vogueの購読をお忘れなく。

  • I love you.

    I love you.

guys, this is memories, You're really digging up some stuff right now.

みんな、これは思い出だよ、君は今、本当にいろいろなものを掘り起こしている。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 最初 思い キス 覚え ジャック 映画

ダブ・キャメロンが明かす、29個の "初めて "のエピソード。|VOGUE JAPAN (ダヴ・キャメロンが明かす、29個の"初めて"エピソード。| VOGUE JAPAN)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 07 月 14 日
動画の中の単語