Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When I first started taking birth control at 17, it actually wasn't to avoid pregnancy. It was to treat my teen acne.

    私が17歳で初めて避妊を始めたとき、実は妊娠を避けるためではありませんでした。10代の頃にできたニキビを治すためだったのです。

  • But as I grew up, started using the pill as a contraceptive, and became a scientist myself,

    しかし、大人になってピルを避妊具として使うようになり、自分も科学者になった。

  • I started asking more questions about what exactly the pill is doing in our bodies. Because not only do I take it, but millions of other people around the world do too.

    私は、ピルが私たちの体の中で何をしているのか、より多くの疑問を持つようになりました。なぜなら、私だけでなく、世界中の何百万人もの人々がピルを飲んでいるからです。

  • Now, there are a ton of different methods of birth control out there. We've got the hormonal ones, like the pill, IUDs, shots, implants,

    さて、世の中には様々な避妊法があります。ピルのようなホルモン剤、IUD、注射、インプラントなどがあります。

  • and then the physical barriers like condoms and diaphragms. The list of choices is growing and frankly, it's kind of overwhelming.

    そして、コンドームやダイアフラムなどの物理的なバリアもあります。選択肢はどんどん増えていて、正直言って圧倒されます。

  • So I figured we could focus on two of the most popular ones: the pill and the hormonal IUD,

    そこで、最もポピュラーなものとして、ピルとホルモンIUDの2つに焦点を当てることにしました。

  • both of which have a ton of interesting effects on the bodies of people who menstruate, some of which we're still figuring out.

    どちらも月経のある人の体に多くの興味深い影響を与えていますが、そのいくつかはまだ解明されていません。

  • Sometimes I think birth control can be a little bit of a mystery to some people.

    避妊具は、人によってはちょっとしたことでも気になることがあると思います。

  • About half of people who are on a birth control pill are on it for things other than pregnancy prevention.

    避妊薬を服用している人の約半数は、妊娠予防以外の目的で服用しています。

  • When the birth control pill was first invented, part of its purpose was to be able to give the person

    避妊用ピルが発明されたとき、その目的の一つは、人に

  • who was ovulating the power to decide what they wanted to do independent of their partner.

    排卵している人は、パートナーから独立して自分の行動を決める力を持っていました。

  • Dr. Stacy T. is right, this tiny but mighty pill prevents pregnancy, but it can also help the person taking it have more control over

    Stacy T.博士の言うとおり、この小さくて強力なピルは妊娠を防ぐだけでなく、服用者がより多くのことをコントロールできるようにしてくれます。

  • lots of other things to do with their sexual and reproductive health. So how exactly does it work?

    他にも性と生殖に関する健康に関わる様々なことをしています。では、具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか?

  • There are lots of different formulations of the pill, but the most common is the combination pill. If you've watched my video on menstrual cycles,

    ピルには様々な種類がありますが、最も一般的なのはコンビネーションピルです。月経サイクルのビデオをご覧になった方は、ぜひご覧ください。

  • which you can check out now, you'll remember that two of the important sex hormones that influence fertility are estrogen and progesterone.

    妊活に影響を与える重要な性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあることを覚えておいてください。

  • The combination pill contains synthetic versions of both of those hormones: those are called ethinyl estradiol and progestin.

    混合ピルは、エチニルエストラジオールとプロゲスチンという2つのホルモンを合成したものです。

  • When you take both of these together, what it does is it suppresses ovulation.

    この2つを同時に摂取すると、排卵を抑制する効果があります。

  • There's a couple of other secondary factors that it does as well, it might alter motility of the tubes themselves, and it might thin out the lining of the uterus.

    他にもいくつかの副次的な要因があり、卵管自体の運動性を変化させたり、子宮内膜を薄くしたりする可能性があります。

  • Basically the pill makes it so no baby-making equipment is up and running. On top of that, the progestin in the pill thickens the mucus of the cervix.

    基本的にピルは、赤ちゃんを作る装置が稼働しないようにします。それに加えて、ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮頸管の粘液を濃くします。

  • And yes, your cervix naturally produces mucus, it's totally normal and healthy and cool, and by making that thicker, it acts as a 'no sperm allowed' zone.

    そして、子宮頸管は自然に粘液を分泌します。それは全く正常で健康的でクールなことですが、その粘液を濃くすることで、「精子を許さない」ゾーンとして機能します。

  • So even if a sperm manages to get to the cervix, it would get stuck, kind of like a sticky trap for insects.

    そのため、仮に精子が子宮頸部に到達したとしても、昆虫の粘着性のある罠のように引っかかってしまいます。

  • And yes. The pill does prevent pregnancy, but there are lots of other reasons to take the pill.

    そして、はい。ピルは妊娠を防ぐものですが、ピルを飲む理由は他にもたくさんあります。

  • There are some other benefits and pleasant side effects that the pill can sometimes offer,

    この他にも、ピルにはいくつかの利点や嬉しい副作用があります。

  • such as decreased bleeding with periods, decreased cramping with periods.

    生理時の出血量の減少、生理時の痙攣の減少など。

  • It can help treat acne, as my teenage self discovered, and in the long-term, research is also telling us that taking the pill can reduce our risk of

    10代の私が発見したように、ニキビの治療にも効果がありますし、長期的には、ピルを服用することで、以下のリスクを減らすことができるという研究結果も出ています。

  • uterine, colon and ovarian cancers. And for those suffering from endometriosis or fibroids, conditions that cause really painful and really heavy periods,

    子宮がん、大腸がん、卵巣がん。また、子宮内膜症や子宮筋腫など、生理痛や生理の量が非常に多くなる病気に悩まされている方にもおすすめです。

  • the pill can provide relief by alleviating some of those symptoms.

    ピルは、そのような症状を緩和することで、安心感を与えることができます。

  • Now, obviously, the birth control pill is not curing any of these conditions per se. It's meant to control symptoms.

    さて、当然のことながら、避妊用ピルはこれらの症状そのものを治すものではありません。症状を抑えるためのものです。

  • Meaning, birth control isn't necessarily treating the root cause of an issue. And everyone is different.

    つまり、避妊具は必ずしも問題の根本原因を治療するものではないのです。そして、人はそれぞれ違います。

  • So, while some people do get huge benefits out of taking it, the crappy side effects of birth control aren't talked about as much.

    そのため、避妊具を使うことで大きな効果が得られる人がいる一方で、避妊具の副作用についてはあまり語られていません。

  • Things like headaches, breast tenderness, or nausea. And one reason why these side effects happen is the hormones in the medication are synthetic.

    頭痛、乳房の圧痛、吐き気などです。このような副作用が起こる理由の一つは、薬に含まれるホルモンが合成物質であることです。

  • They mimic your natural ones, but they don't 100 percent match them. And that's why the pill's side effects are a little different

    あなたの自然なものを模倣していますが、100%一致しているわけではありません。そのため、ピルの副作用は少し異なります。

  • from the effects of, say, just the natural progesterone that your body produces.

    例えば、体内で生成される天然のプロゲステロンだけの効果とは異なります。

  • And just by taking these synthetic hormones, the symptoms of your menstrual cycle may be amplified.

    また、これらの合成ホルモンを服用するだけで、月経周期の症状が増幅されることがあります。

  • And in the long term, there are still some unanswered questions about birth control. Like what effect can these hormones have on mental health?

    また、長期的に見ると、避妊についてはまだ答えの出ていない問題があります。例えば、これらのホルモンが精神的な健康にどのような影響を与えるのか?

  • What effect does the pill have on our vaginal microbiome? And some of the side effects we do understand relatively well can be really serious,

    ピルは私たちの膣内細菌叢にどのような影響を与えるのでしょうか?また、比較的よくわかっている副作用の中には、本当に深刻なものもあります。

  • like the increased risk of blood clots, but we'll get more into that later.

    血栓のリスクが高まるなどの問題がありますが、これについては後ほど詳しく説明します。

  • Because, to be most effective, the pill has to be taken daily around the same time so that the levels of these hormones in your body are kept nice and steady.

    ピルを効果的に使うためには、毎日同じ時間に服用して、体内のホルモン濃度を安定させる必要があるからです。

  • So what about the other popular contraceptive we mentioned?

    では、もう一つの人気避妊具についてはどうでしょうか。

  • The intrauterine device, or the IUD, is implanted directly into the uterus, which sounds a little intimidating

    子宮内避妊具(IUD)は、子宮の中に直接埋め込むもので、少し怖い感じがします。

  • but IUDs fall under the category of LARCs, or Long-Acting Reversible Contraceptives. These little “t” shaped devices come in two main flavors: hormonal and copper.

    しかし、IUDはLARCs(Long-Acting Reversible Contraceptives)のカテゴリーに属します。これらの小さな "T "字型の器具には、大きく分けてホルモン剤と銅剤の2種類があります。

  • And it's a favorite for those who want a more low maintenance option. Because once it's in the uterus, you can keep it there for years,

    そして、よりメンテナンスの少ない方法を望む人たちにも好評です。一度子宮に入れてしまえば、何年もそこに置いておけるからです。

  • depending on which one you get, and you don't really have to give it much thought. The hormonal IUD's lifespan can be anywhere from 3 to 7 years,

    IUDの寿命は3年から7年。ホルモンIUDの寿命は、3年から7年と言われています。

  • depending on the brand. And apart from abstinence, LARCs are one of your best non-permanent bets to avoid pregnancy,

    はブランドによって異なります。そして、禁欲を除けば、LARCsは妊娠を避けるための永続的でない最善の賭けの一つです。

  • because they have more than 99% efficacy rate.

    なぜなら、99%以上の有効率があるからです。

  • So how exactly does it work? The hormonal IUD is constantly releasing a small amount of progestin into the uterus

    では、具体的にどのように作用するのでしょうか?ホルモンIUDは、少量のプロゲスチンを常に子宮内に放出しています。

  • while it's chillin' up there, so it's a localized hormone delivery as opposed to the pill, which is releasing its hormones system-wide via your bloodstream.

    ピルが血流に乗って全身にホルモンを放出するのとは対照的に、局所的にホルモンを放出するのです。

  • And like the pill, the IUD's progestin thickens the mucus of the cervix. The hormonal IUD does also come with a “funarray of side effects:

    また、ピルと同様に、IUDのプロゲスチンは子宮頸部の粘液を濃くします。ホルモンIUDには、"楽しい "副作用があります。

  • things like irregular bleeding patterns, headaches, cramping, bloating

    不規則な出血パターン、頭痛、けいれん、腹部膨満感などがあります。

  • but typically, these are supposed to go away about 3-6 months after insertion.

    が、一般的には、挿入後3~6ヶ月程度で解消されると言われています。

  • There are also very rare cases of complications, like the device causing damage to the uterus, or your body can choose to just expel the IUD entirely

    また、非常に稀なケースですが、デバイスが子宮を傷つけるなどの合併症が発生したり、体がIUDを完全に除去することを選択したりすることもあります。

  • like, just yeet it out of your uterus, but again, these are very rare.

    子宮の外に出してしまうようなものですが、これも非常に稀なケースです。

  • So as you can see, these two popular choices, the IUD and the pill, are far from perfect.

    このように、IUDとピルという2つの人気のある選択肢は、完璧ではありません。

  • And remember that increased risk of blood clots? Here's the sitch on that.

    また、血栓症のリスクが高まることを覚えていますか?それについての見解は以下の通りです。

  • We know that the increased risk of blood clotting is mostly from the estrogen components, because estrogen is thought to be what we call pro-thrombotic.

    血液凝固のリスクが高まるのは、ほとんどがエストロゲン成分によるものであることがわかっています。エストロゲンは、いわゆる血栓促進作用があると考えられているからです。

  • That essentially means that your blood is more likely to clump together into clots. And these can be dangerous because

    つまり、血液が固まって血栓ができやすくなるのです。そして、これらは以下の理由で危険です。

  • they can block blood flow to other parts of your body. Research suggests that the synthetic estrogen in the pill is what's increasing

    体内の他の部位への血流を阻害する可能性があります。研究によると、ピルに含まれる合成エストロゲンが増加させているのは

  • certain blood clotting factors, while also decreasing anticoagulants, or the substances that can thin out your blood,

    ある血液凝固因子を減少させると同時に、抗凝固剤(血液をサラサラにする物質)も減少させます。

  • all of which together makes a big, blood, roadblock more likely.

    これらの要素が相まって、大きな血の通った障害が発生する可能性が高くなります。

  • So the higher estrogen state, the higher that risk is. So when birth control pills were first invented, and the dosages were significantly higher,

    エストロゲンの状態が高ければ高いほど、そのリスクは高くなるわけです。ですから、避妊薬が発明された当初は、投与量がかなり多かったのです。

  • that risk was much higher. And as we've moved down those dosages, that risk has become lower.

    そのリスクははるかに高いものでした。投与量が下がるにつれ、そのリスクは低くなっています。

  • There are also cases where some kinds of progestin have been linked to blood clots, but we still need more research into that.

    また、ある種のプロゲスチンが血栓と関連しているケースもありますが、これについてはまだ研究が必要です。

  • Like Dr. Staci said, those cases are rare, but this is why it's really important to be aware of the risks before choosing a birth control method,

    ドクター・ステイシーが言ったように、そのようなケースは稀ですが、だからこそ、避妊法を選ぶ前にリスクを認識することが本当に重要なのです。

  • especially within the context of your personal health history, because some individuals may have a higher baseline risk to begin with.

    特に、個人の健康歴との関連では、もともとベースラインのリスクが高い人もいるからです。

  • And how about the long-term impact of taking synthetic hormones?

    また、合成ホルモンを摂取することによる長期的な影響についてはどうでしょうか?

  • I think a common misconception about birth control pills, in general, is that it can affect long term health overall.

    一般的に、避妊薬に関するよくある誤解は、長期的な健康全体に影響を与えるというものだと思います。

  • Most of the risks and side effects involved are more immediate when you're taking it and for some of them, for the short period after you're taking it.

    ほとんどのリスクや副作用は、服用しているときにすぐに現れ、一部のものは服用後しばらくの間に現れます。

  • I think it's important to take a minute here and recognize that while birth control has changed the world and so many individual lives for the better

    避妊具が世界を、そして多くの個人の生活をより良いものに変えてきたことを、ここで少し認識することが重要だと思います。

  • it's not as good as it could be. And yes, it lets those of us who ovulate have more bodily autonomy. We get to decide if and when we get pregnant

    それは良いことではありません。また、排卵があった場合には、身体的な自律性を高めることができます。妊娠するかどうか、いつ妊娠するかを決めることができます

  • which is arguably one of the most important decisions for our lives and our health, and one that used to be much more out of our hands.

    これは間違いなく、私たちの人生と健康にとって最も重要な決定の一つであり、以前はもっと私たちの手から離れていたものです。

  • But the burden of birth control, the cost, the responsibility, and certainly the health risks, still mostly rests on the shoulders of the person

    しかし、バースコントロールの負担、コスト、責任、そして確かに健康上のリスクは、まだほとんどが本人の肩にかかっています。

  • who can get pregnant, and they might be left with lots of questions, or stuck between choices that may not be quite right for them.

    妊娠できる人は誰なのか、たくさんの疑問を抱えていたり、自分に合っていない選択肢の中で迷っていたりするかもしれません。

  • Because aside from the pill and the IUD, there are a ton of other options out there, and each comes with their own pros and cons.

    ピルやIUD以外にも、様々な選択肢があり、それぞれに長所と短所があるからです。

  • One of the most common questions that I get all the time, is what is the best form of birth control?

    私がいつも受ける質問の中で最も多いのが、「どのような避妊法がベストなのか」というものです。

  • And that question is really difficult because it's different for each individual person, because everyone has different priorities.

    この質問は、人によって優先順位が異なるため、とても難しいものです。

  • Everyone has a different health background.

    健康の背景は人それぞれ。

  • Everyone has different ideas of if they want to prevent pregnancy, or if they want to treat symptoms of something else.

    妊娠を防ぎたいのか、それとも何かの症状を治したいのか、人によって考え方は様々です。

  • So best is not really a generalizable thing. It is what is best for you and your personal priorities.

    ですから、ベストというのは一般化できるものではありません。あなたとあなたの個人的な優先順位にとって何がベストなのかということです。

  • My hope is that the more we talk about our existing birth control options, like which parts work and which parts don't,

    私の望みは、既存の避妊具の選択肢について、どの部分が効いてどの部分が効かないのか、といった話が増えることです。

  • and ask for more research into some of the side effects we still don't have a clear picture on, then the science world may be motivated

    そして、まだはっきりしていない副作用について、もっと研究してほしいとお願いすれば、科学の世界もやる気になるかもしれません。

  • to come up with better and better options. And who knows, male birth control may become a reality sooner rather than later, and that would be rad!

    は、より良い選択肢を考えています。そして、男性用避妊具が早々に現実のものとなるかもしれません。

  • The upshot is, I hope learning more about the ins and outs of your own bodily cycles and how birth control works within those

    要するに、自分の体のサイクルとその中での避妊方法を知ることができればいいのです。

  • can give you the power to take your time. Talk to your healthcare provider, ask questions, do your own research, and make informed decisions

    は、自分の時間を大切にする力を与えてくれます。医療従事者に相談し、質問し、自分で調べて、十分な情報に基づいて決断してください。

  • about what's best for you and your goals. Good luck out there.

    自分にとって何がベストなのか、自分の目標は何なのか。頑張ってください。

  • I know it's tough but now at least you have some info to get you started.

    大変だとは思いますが、少なくとも情報は得られたのではないでしょうか。

  • Thanks for watching Seeker's new series Body Language. I hope you've enjoyed this video.

    Seekerの新シリーズ「Body Language」をご覧いただきありがとうございます。このビデオを楽しんでいただけましたでしょうか。

  • And if there's another women's health topic you want us to cover, leave us a comment. I'll see you next time!

    また、他にも女性の健康に関するトピックで取り上げてほしいものがあれば、コメントをお寄せください。それでは、また次回お会いしましょう

When I first started taking birth control at 17, it actually wasn't to avoid pregnancy. It was to treat my teen acne.

私が17歳で初めて避妊を始めたとき、実は妊娠を避けるためではありませんでした。10代の頃にできたニキビを治すためだったのです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 避妊 ホルモン 子宮 服用 作用 リスク

避妊具は体に何をもたらすか? (What Does Birth Control Do To The Body?)

  • 11 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 13 日
動画の中の単語