Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In a perfect world, when it came to choosing an occupation, we would have only two priorities in mind:

    理想的な世界では、職業を選択する際には、2つの優先事項しか考えないでしょう。

  • Firstly, to find a job that we enjoyed, and secondly, to find a job that paid us enough to cover reasonable material needs.

    まず第一に楽しい仕事を見つけること、そして第二に合理的な物質な要求を満たすだけの給料を得ることです。

  • But in order to think so freely, we would have to be emotionally balanced in a way that few of us actually are.

    しかし、そのような自由な発想をするためには、実際にはほとんどの私たちができてはいない方法で、感情のバランスを取らなければなりません。

  • In reality, when it comes to choosing an occupation, we tend to be haunted by three additional priorities.

    現実では、職業を選択する際には、さらに3つの優先順位に悩まされることが多いでしょう。

  • We need to find a job that will pay not just enough to cover reasonable material expenses, but a lot more besides, enough to impress other peopleeven other people we don't like very much.

    私たちは、妥当な生活費を賄うだけでなく、他の人々、さらには私たちがあまり好きではない他の人々までを関心させるために、それ以上の報酬を得られる仕事を見つけなければならない。

  • We also crave to find a job that will allow us not to be at the mercy of other people, whom we may deep down fear and distrust.

    また私たちは、恐れや不信を深める可能性のある他人に翻弄されないような仕事を見つけたいと切望しています。

  • And we hope for a job that will make us known, esteemed, honored and perhaps, famous, so that we will never again have to feel small or neglected.

    そして、自分の存在が知られ、尊敬され、名誉を与えられ、おそらくは有名になるような仕事を希望します。自分が小さな存在だとか無視されていると感じることが二度とないようにするために。

  • Needless to say, these three additional requirements make working life hugely more complicated and unhappy than it would otherwise have needed to be.

    言うまでもなく、この3つの追加の要求が加わることで、社会人生活は必要以上に複雑で不幸なものになります。

  • No wonder we may get stuck choosing what to do.

    これでは、何をすべきか迷ってしまうのも無理はありません。

  • Rather than being able to focus on the jobs that we are passionate about and that we would intrinsically enjoy, we have to twist our natures to appease extrinsic imperatives.

    自分が情熱を持って、本当に楽しいと思える仕事に集中するのではなく、外在的な必要性を満たすために、自分の性質を捻じ曲げなければならないでしょう。

  • There is no way that we could, for example, work as a kindergarten teacher, a psychotherapist, a carpenter or a cook.

    例えば、幼稚園の先生、心理療法士、大工、料理人などの仕事ができるはずもありません。

  • Our psychological drive to impress, to have power over others, and to be known to strangers preclude such relatively modest choices from the outset.

    人に好かれたい、人に強い印象を与えたい、知らない人にも知られたいという心理から、このような比較的控えめな選択は最初からできません。

  • The state of our psyches means that we have to aim for far more stellar careers, even in fields we don't really much like and we may have to work much harder than is good for our health or our families.

    私たちの精神状態が意味するのは、たとえ好きではない分野であっても、はるかに優れたキャリアを目指さなければならず、健康や家族にとって良いことよりもはるかにハードに働く必要があるかもしれないということです。

  • We're prone to be constantly panickedbecause the bar for "failing" is so much higher.

    「失敗」のハードルが高くなっているので、常にパニックになりがちです。

  • A slight wind of disapproval from the public might be experienced as appalling; a bit less money than the astronomical sum we made last year will register as fateful.

    少しでも世間の風当たりが強ければ、ぞっとするような経験になるかもしれませんし、昨年の天文学的な額よりも少しでも少ない金額であれば、運命的だと感じます。

  • Under pressure, we may make unwise and hasty moves, we might cut corners, involve ourselves in risky schemes and not give our work the time and calm it needs.

    プレッシャーがかかると、賢くない早合点をしたり、手抜きをしたり、危険な計画に参加したり、仕事に必要な時間と落ち着きを与えなかったりすることがあります。

  • What would enable us to make the right career choices is something that seems, on the face of it, to have nothing to do with work at all: love, a profound experience of love in both childhood and adulthood.

    正しいキャリア選択を可能にするのは、一見すると仕事とは全く関係のないもの。つまり愛、子供の頃と大人になってからの深い愛の経験です。

  • A child who is properly loved is a creature who doesn't need to prove itself in any significant way.

    きちんと愛されている子は、自分の存在を大きくアピールする必要がない生き物です。

  • It doesn't have to excel at school, dazzle acquaintances, or shore up a parent's fragile sense of esteem.

    学校で優秀な成績を収める必要も、知人を魅了する必要も、親の壊れやすい自尊心を支える必要もありません。

  • It may do well at school anyway, but because it enjoys the work, not because it has to boost a parent.

    学校での成績は良いかもしれませんが、それは勉強を楽しんでいるからであって、親の後押しが必要だからではありません。

  • It can find its way to its own pleasures, it doesn't need to amaze; because it's special enough just by existing.

    自分なりの楽しみ方を見つけることができるし、驚かせる必要もないのです。なぜなら、そこにいるだけで十分特別だからです。

  • It may end up working extremely hard, but it will do so because it is passionate, not because it craves applause.

    結果的に、非常にハードな仕事をすることになるかもしれませんが、拍手を切望しているからではなく、情熱を持っているからこそそうすることができるのです。

  • It can concentrate on doing a job very well, while unimpeded by any worries as to whether it will be known in 100 years, or to people in another city.

    100年後に知られているかどうか、他の都市の人々に知られているかどうかを気にすることなく、非常に良い仕事をすることに集中できます。

  • It can potter away in obscurity, deriving gratification from the business at hand.

    目の前の仕事に満足して、ひっそりとしていることができます。

  • An experience of adult love further enhances the sense of security we need.

    大人の愛を体験することで、さらに安心感を得ることができます。

  • When someone properly loves us, their patience, concern and tenderness make us feel rooted and welcome on the earth.

    誰かが私たちをきちんと愛してくれると、その忍耐力、心配り、優しさが、私たちを地球に根付かせ、歓迎してくれるのです。

  • It doesn't really matter if no one knows who we are, and if there is very little left over at the end of the month.

    誰も私たちのことを知らなくても、月末にほとんどお金が残らなくても、関係ありません。

  • "Two people who are in love will be happy to sleep on a park bench," wrote D. H. Lawrence, an idea which may not be literally true, but which conveys well enough what room for maneuver love gives us in relation to our material priorities.

    D.H.ローレンスが書いた「恋する二人は、公園のベンチで寝るのが幸せだ」という言葉は、文字通りの意味ではないでしょう。しかし、物質的な優先事項に関連して、恋が与えてくれる余地を十分に伝えています。

  • It follows that when people crave power, fortune and fame, it isn't greed that is driving them, but an anguished feeling of being unloved, for which we can feel enormous compassion.

    つまり、人が権力や富、名声を求めるのは、欲ではなく、愛されていないという苦悩であり、私たちはそれに大きな慈悲心を抱くことができるのです。

  • They may look like winners, they are in reality unhappy victims.

    勝利者のように見える人も、実際には不幸な犠牲者なのです。

  • Excessive achievements are the legacy of an emotionally damaged sense that it isn't enough just to be.

    過剰な達成感は、ただ存在するだけでは十分ではないという感情的に傷ついた感覚の遺産です。

  • It may have become second nature to us to try to fix emotional wounds through our career choices and exploits.

    私たちは、心の傷をキャリアの選択や活躍によって癒そうとすることが当たり前になっているのかもしれません。

  • We may not even realize what we are up to.

    私たちは、自分が何をしようとしているのか気づいていないかもしれません。

  • We should dare to ask: What might I have done with my life if I had felt properly loved from the start?

    「もし、最初からきちんと愛されていると感じていたら、私はどんな人生を歩んでいただろうか」と、あえて自分に問いかけてみましょう。

  • And we may have to acknowledge, with tears in our eyes, how different our path would have been?

    そして、私たちは涙を流しながら、自分の道がどれほど違っていたかを認めなければならないかもしれません。

  • How many genuine ambitions we sacrificed in the name of shoring up a sense of acceptability we should have had from infancy?

    幼い頃から持っていたはずの受容感を高めるために犠牲にした、本物の野心はいくつあるでしょうか。

  • The most astonishing career achievements will never compensate anyone for the lack of love they have suffered: work cannot fix a deficit of love.

    どんなに素晴らしいキャリアを積んでも、愛の欠如を補うことはできません。愛の欠如は仕事では解決できないのです。

  • We should enjoy work on its own terms, and in another part of our lives, mourn and seek redemptive substitutes for the love we originally we lacked.

    私たちは自分の条件で仕事を楽しむべきであり、人生の別の部分では、元々欠けていた愛の代わりを悼み、贖いを求めるべきです。

  • How to Get On With Your Colleagues provides a guide to the most difficult aspect to the workplace: creating harmonious working relationships.

    「同僚との付き合い方」は、職場にとって最も難しい側面、つまり調和のとれた仕事上の関係を築くためのガイドを提供します。

In a perfect world, when it came to choosing an occupation, we would have only two priorities in mind:

理想的な世界では、職業を選択する際には、2つの優先事項しか考えないでしょう。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 仕事 愛さ 見つける 必要 優先 しれ

自分の仕事を心から好きなる方法

  • 9207 548
    Summer に公開 2021 年 10 月 19 日
動画の中の単語