Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Nischal Shetty has made a name for himself in India.

    インドで名を馳せたNischal Shetty氏。

  • I'm probably one of those first-generation entrepreneurs in crypto.

    私はおそらく、暗号の第一世代の起業家の一人です。

  • In the first half of 2021 alone, his crypto business has grown more than 12x to become

    2021年の上半期だけで、彼の暗号ビジネスは12倍以上に成長し、次のようになりました。

  • the country's largest digital currency exchange.

    は、国内最大のデジタル通貨取引所です。

  • If you were to consider the beginning of 2020, it would be, I think, 15-18 times.

    2020年の初めに考えるとしたら、15~18回になると思います。

  • Sending his crypto token soaring.

    彼のcrypto tokenを急上昇させる。

  • 1x to 2x growth I was expecting.

    期待していた1倍から2倍の成長。

  • But I think it grew by 7, 8x or 10x at one point.

    しかし、一時は7倍、8倍、10倍と伸びたと思います。

  • That was crazy.

    あれはクレイジーだった。

  • Now he's set his sights on making WazirX India's first billion-dollar crypto unicorn.

    今、彼はWazirXをインド初の10億ドル規模のクリプトユニコーンにすることを目標にしています。

  • So how does a coder from Mumbai do it?

    では、ムンバイのコーダーはどのようにしてそれを行うのでしょうか?

  • WazirX is a cryptocurrency platform from India that allows users to buy, sell and trade popular

    WazirXは、インド発の暗号通貨プラットフォームで、ユーザーは人気のある暗号通貨を購入、販売、取引することができます。

  • virtual coins such as Bitcoin, Ethereum, Ripple and Litecoin.

    Bitcoin、Ethereum、Ripple、Litecoinなどの仮想コイン。

  • Founded in March 2018 by then 32-year-old coder Nischal Shetty, the company has capitalized

    2018年3月に当時32歳のコーダー、Nischal Shetty氏によって設立された同社は、資本金

  • on the rising tide of retail traders investing in cryptocurrencies.

    暗号通貨に投資する個人トレーダーが増えてきていることについて

  • Less than two years after its launch, WazirX was acquired by Binance, the world's largest

    WazirXは立ち上げから2年も経たないうちに、世界最大のBinanceに買収されました。

  • crypto exchange, for an estimated $5-10 million.

    推定500万ドルから1000万ドルで、暗号化された取引所を設立しました。

  • Then, in April 2021, the WRX crypto token temporarily reached a billion-dollar valuation.

    そして2021年4月、WRX暗号トークンは一時的に10億ドルの評価額に達しました。

  • But while Nischal is a tech entrepreneur through and through, the millennial's foray into

    しかし、ニシャルは根っからのハイテク企業家ですが、このミレニアル世代が進出したのは

  • cryptocurrency was initially inspired by a rebellion against big tech.

    暗号通貨は当初、ビッグテックへの反発から始まった。

  • There's always a reason why someone gets into crypto.

    誰かが暗号に手を出すのには、必ず理由があります。

  • As a young boy growing up in Mumbai, Nischal was fascinated by computers.

    ムンバイで育った少年時代のニシャルは、コンピュータに魅了されていた。

  • He went on to study computer science in Mangalore city in the southwestern region of India.

    その後、インド南西部のマンガロール市でコンピューターサイエンスを学びました。

  • But when he began experimenting with coding alongside his day job as a software engineer,

    しかし、ソフトウェアエンジニアとしての本業の傍ら、コーディングの実験を始めたときのことです。

  • he quickly became frustrated with the dominance of western tech giants.

    彼はすぐに欧米の巨大企業の支配力に不満を抱くようになりました。

  • My first start-up was all about social media management.

    私の最初のスタートアップは、ソーシャルメディアの管理が目的でした。

  • So, if you had your Twitter account, your Instagram account, you could manage it from

    そのため、TwitterやInstagramのアカウントがあれば、それらを

  • a single place.

    一箇所に集中しています。

  • While the app, later renamed Crowdfire, took off, Nischal and his co-founders Sameer Mhatre

    後にCrowdfireと改名されたこのアプリが軌道に乗る一方で、Nischalと共同設立者のSameer Mhatreは

  • and Siddharth Menon, could see the landscape was changing.

    とSiddharth Menonは、景色が変わっていくのを感じていた。

  • By 2017, social media companies were becoming more restrictive with their APIs, or

    2017年になると、ソーシャルメディア企業がAPIの制限を厳しくしたり

  • application programming interfaces, making it harder for third-party developers to synch up their apps.

    アプリケーション・プログラミング・インターフェースを使用しているため、サードパーティの開発者が自分のアプリケーションを同期させることが難しくなっています。

  • Nischal decided it was time to change tact.

    ニシャルは、そろそろ戦術を変えるべきだと考えた。

  • Twitter, Instagram, Facebook, they started monetizing.

    Twitter、Instagram、Facebook、彼らはマネタイズを始めました。

  • And they decided to change the rules of their development ecosystem and that affected my

    そして、彼らは開発エコシステムのルールを変更することを決め、それが私に影響を与えました。

  • start-up because you had to cut down quite a few features that were creating revenues

    のスタートアップでは、収益を生み出していたいくつかの機能を削減しなければなりませんでした。

  • for us but that was not seen as the right features by these networks.

    しかし、それはネットワークからは正しい機能とは見なされませんでした。

  • And this is what led me to the whole decentralized ecosystem.

    そして、これが私を分散型エコシステム全体に導いたのです。

  • Because if you look at crypto and blockchain, as a developer when you build something,

    というのも、暗号やブロックチェーンを見てみると、開発者として何かを作るときには

  • no-one's going to come and tell you you cannot do something.

    誰も、あなたが何かをすることができないとは言わないでしょう。

  • It's a decentralized ecosystem, there's no owner behind it.

    これは分散型のエコシステムで、背後にオーナーはいません。

  • The timing coincided with a boon in cryptocurrencies, in particular bitcoin.

    そのタイミングは、暗号通貨、特にビットコインのブームと重なりました。

  • So, in 2018, he created WazirX as a platform to make digital currency trading more accessible.

    そこで2018年、デジタル通貨取引をより身近にするためのプラットフォームとしてWazirXを作った。

  • I tried to buy bitcoin myself in India and I realized there was a large gap in the way

    私はインドで自分でビットコインを買おうとしましたが、その方法には大きなギャップがあることに気づきました。

  • international exchanges operated versus the way Indian exchanges operated.

    国際的な取引所の運営と、インドの取引所の運営を比較してみました。

  • It took me about a week to buy my first bitcoin in 2017, and by the time I bought that,

    2017年に最初のビットコインを購入するのに1週間ほどかかりましたが、それを購入する頃には

  • the price had already shot up. And that was frustrating.

    の価格はすでに高騰していました。それが悔しかった。

  • And I realized that while I could build a blockchain project, someone has to first solve

    そして、私はブロックチェーンプロジェクトを構築することはできても、誰かがまず解決しなければならないことに気づきました。

  • the problem of onboarding people onto the decentralized ecosystem.

    分散型エコシステムへの人々の導入という問題を解決します。

  • The crypto exchanges are the gateway or the ramps.

    暗号化された取引所は、ゲートウェイやランプのようなものです。

  • And, with that, we decided we should build an exchange focused on the Indian ecosystem.

    そして、インドのエコシステムに特化した取引所を作るべきだと考えたのです。

  • Where other platforms faltered under a ban by the Reserve Bank of India on crypto-related

    インド準備銀行による暗号関連の禁止で、他のプラットフォームが苦戦したのに対し

  • payments, WazirX quickly pivoted, acting as a third-party custodian between buyers and sellers.

    WazirXは、買い手と売り手の間の第三者的なカストディアンとしての役割を果たすことで、支払いに迅速に対応しました。

  • That savvy shift paid off and the following year, in November 2019, the company was acquired

    その精通したシフトが功を奏し、翌年の2019年11月に買収されました

  • by Binance, the world's largest crypto exchange, as it made its first foray into the Indian market.

    世界最大の暗号取引所であるBinance(バイナンス)が、インド市場に初めて進出しました。

  • While it started as an investment discussion, we soon realized that our goals aligned.

    最初は投資の話だったのですが、すぐに目的が一致しました。

  • Binance is that one company which has grown really fast in a very short period of time,

    Binanceは非常に短期間で急成長した企業です。

  • despite all the regulatory uncertainties globally.

    世界的に規制の不確実性があるにもかかわらず

  • So apart from money, what I saw was how do you learn how to hyperscale, especially in crypto.

    お金のことはさておき、私が見たのは、特に暗号において、ハイパースケールの方法をどう学ぶかということでした。

  • That was the biggest highlight that led this discussion from financing to acquisition.

    これが、今回の議論を資金調達から買収へと導く最大のハイライトでした。

  • Today, WazirX claims its registered users have quadrupled in the 2nd quarter of 2021

    今日、WazirXは2021年の第2四半期に登録ユーザーが4倍になったと発表しました。

  • to hit 6.5 million users while trading volume in June reached $6.2 billion.

    のユーザー数は650万人に達し、6月の取引量は62億ドルに達しました。

  • This explosive growth comes as retail and institutional investors piled in.

    このような爆発的な成長は、個人投資家や機関投資家からの出資があってこそ。

  • We've signed up more users in the last four, five months than we have in the last three years.

    この4、5ヵ月間で、過去3年間よりも多くのユーザーと契約しました。

  • That's been how rapid the growth has been.

    それだけ急成長してきたということです。

  • Cryptocurrencies have recorded a meteoric rise over the past year, capping out

    暗号通貨は、過去1年間で急激な上昇を記録し、その上限は

  • at a total market capitalization of over $2.5 trillion in May.

    で、5月には時価総額が2.5兆ドルを超えました。

  • In India, it is predominantly led by the retail investors, and it contributes to

    インドでは、主に個人投資家が主導しており、それが貢献しています。

  • close to 5 to 6 percent of overall market capitalization.

    市場全体の時価総額の5~6%に近い。

  • That's Ganesh Vasudevan, research director at IDC Financial Insights.

    IDC Financial Insightsのリサーチディレクター、Ganesh Vasudevan氏です。

  • He explained more.

    さらに説明がありました。

  • There is a novelty and a fad associated with it, and that is quite tempting for investors.

    そこには目新しさや流行があり、投資家にとってはかなり魅力的なものです。

  • There is a convenience involved in it.

    そこには利便性が伴います。

  • The exchange platforms which have come out with the applications seem to be extremely

    アプリケーションを提供している取引所のプラットフォームは、非常に優れているようです。

  • convenient and super-efficient.

    便利で超効率的。

  • Nevertheless, the industry has been facing increasing pressure internationally as authorities

    とはいえ、国際的には当局からの圧力が強まっています。

  • weigh concerns that it could be aiding tax evasion and criminal activity.

    そのため、脱税や犯罪行為を助長するのではないかという懸念がありました。

  • In June, WazirX owner Binance was banned from undertaking any regulated activity in the

    6月には、WazirXを所有するBinanceが、日本での規制された活動を行うことを禁止されました。

  • U.K. in the latest sign of a growing crackdown on the global cryptocurrency market.

    英国では、世界の暗号通貨市場に対する取り締まりが強化されていることを示しています。

  • They're indecisive how to treat this asset, whether it is a currency or a commodity or

    彼らはこの資産をどのように扱うか優柔不断で、それが通貨であろうと商品であろうと

  • any other asset category.

    他のどの資産カテゴリーよりも

  • WazirX, for its part, has been caught in the midst of a continuing crypto debate among

    WazirXは、その一方で、以下のような暗号化に関する議論の中に巻き込まれています。

  • Indian authorities, leading Nischal to team up with other exchanges to jointly engage

    インド当局は、ニシャルが他の取引所と協力して、共同で活動することを提案した。

  • the country's top financial decision makers.

    は、米国のトップレベルの財務意思決定者である。

  • Where is regulation headed, only time will tell us.

    レギュレーションがどこへ向かうのかは、時間が解決してくれるでしょう。

  • But the good thing is India usually follows what most of the large economies globally

    しかし、良いことに、インドは通常、世界のほとんどの大国が行っていることを踏襲しています。

  • follow.

    をフォローしています。

  • And when we look at the U.S., the EU region, the kind of direction they're taking, which

    また、米国やEU地域を見ると、彼らがどのような方向性を持っているのか、どのようにして

  • is one of regulation rather than a ban, I think that makes us more hopeful that India

    が禁止ではなく規制であるということは、インドに期待が持てると思います。

  • will follow a similar approach.

    も同様のアプローチをとります。

  • Especially with the pandemic and the lockdown that has happened here, I think it's going

    特にパンデミックや、ここで起こったロックダウンについては、今後も続くと思います。

  • to take some time.

    には、時間がかかります。

  • But it's definitely going to regulation rather than a complete ban or a negative atmosphere

    しかし、完全な禁止やネガティブな雰囲気ではなく、確実にレギュレーションになっていきます

  • for the product here.

    は、こちらの製品をご覧ください。

  • All this as the environmental impact of cryptocurrency mining comes under renewed scrutiny.

    これは、暗号通貨の採掘による環境への影響が改めて注目されているためです。

  • It is estimated that the mining of bitcoin alone consumes more than 60 terawatt-hours

    ビットコインの採掘だけで60テラワット時以上の電力を消費すると言われています。

  • of electricity per year, more than the annual consumption of electricity in countries such

    のような国の年間電力消費量よりも多いのです。

  • as Switzerland and Singapore.

    スイスやシンガポールのように。

  • Once the focus is brought into the efficiency or the climate impact, there are going to

    効率性や気候への影響に焦点が当てられるようになると、それに伴って

  • be efforts to optimize that space.

    は、その空間を最適化する努力をしています。

  • Still, Nischal says there's plenty of scope for the industry to empower people in countries

    しかし、ニシャルは、この業界が各国の人々をエンパワーメントする余地は十分にあると考えています。

  • like his own.

    彼のように

  • In June, WazirX became South Asia's first marketplace for non-fungible tokens (NFTs)

    6月、WazirXは南アジア初のノンファンジブル・トークン(NFT)のマーケットプレイスとなった

  • in a bid to help creators across India trade digital assets such as artwork and music.

    は、インド国内のクリエイターがアートワークや音楽などのデジタル資産を取引できるようにすることを目的としています。

  • If you look at the history of India, one of the largest reasons for our rapid economic

    インドの歴史を見てみると、急速な経済発展を遂げた最大の理由の一つは

  • progress has been software.

    進捗状況はソフトウェアで確認できます。

  • Now, if you look at crypto, crypto is an extension of that whole software ecosystem, so India

    さて、暗号を見てみると、暗号はソフトウェアのエコシステム全体の延長線上にあるので、インドは

  • completely understands that we cannot miss this opportunity.

    この機会を逃すわけにはいかないと、完全に理解しています。

  • Today, you have investors coming in, you have VC funds, you have start-ups being created,

    今日では、投資家が来て、VCファンドがあり、スタートアップ企業が生まれています。

  • I think all of this is adding to a very positive outlook.

    これらのことが、非常にポジティブな見通しをもたらしているのだと思います。

  • With all that at play, the future path for WazirX, and crypto more broadly, is set to be bumpy.

    このような状況下で、WazirX、そして広くは暗号の将来的な道のりはでこぼこしたものになるでしょう。

  • But after the ups and downs Nischal has weathered over recent years, he says he's ready for an exciting ride.

    しかし、ここ数年の浮き沈みを乗り越えてきたニシャルは、エキサイティングな旅に出る準備ができているという。

  • Our mission has been to make crypto accessible to everyone in India, and I think we are still

    私たちの使命は、インドの誰もが暗号にアクセスできるようにすることであり、今でもそうだと思います。

  • very early in that.

    その中でもかなり早い段階で

  • We've reached six-and-a-half million users, the industry has about 15 million people.

    私たちのユーザー数は650万人に達していますが、業界では1500万人程度です。

  • But I believe India has the potential to get 100 million people into crypto and our journey

    しかし、私はインドには1億人の人々が暗号化に参加する可能性があると信じており、私たちの旅は

  • has just started.

    が始まりました。

Nischal Shetty has made a name for himself in India.

インドで名を馳せたNischal Shetty氏。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 暗号 インド 取引 投資 ユーザー コイン

WazirX:36歳のコーダーがインド最大の暗号取引プラットフォームを構築するまで|CNBC Make It (WazirX: How this 36-year-old coder built India’s biggest crypto trading platform | CNBC Make It)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 06 日
動画の中の単語