Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Millions of years before industry, agriculture, and civilization the world stage was set for one creature's unprecedented rise.

    産業革命や農業、都市化の何百年も前、世界は1つの生命体による未曽有の進化の舞台をと問えていました。

  • [Prehistory 101 {Human origins}.]

    [Prehistory 101 {人類の起源}.]

  • The story of humanity's evolution began about seven million years ago when the human lineage broke away from that of chimpanzees.

    人類の進化の物語はチンパンジー類かた人類の系統が離れた700万年前にさかのぼります。

  • Over time, an ensemble cast of over 20 early humans species, or hominids, came to the fore.

    これまでに、初期人類から類人猿など20種類以上の進化の過程を経てきました。

  • Most became extinct while others might have been ancestors to today's humans.

    大半が絶滅しましたが、中には現在の人類の祖先とも言える動物が存在します。

  • Each species exhibited varying degrees of human-like physical and behavioral traits such as large brains, small teeth, bipedality, and tool use.

    各動物とも、人類に似た身体的行動的特徴を持ち、大きな脳や小さな歯、2足歩行や道具の使用などがそれに当たります。

  • These hominins fell into three major groups:

    これらの類人猿は3つの主要グループにカテゴリー分けされます。

  • Early hominins, australopithecines, and homo genus.

    初期類人猿、猿人、ヒト族です。

  • Humanity's earliest relatives lived between seven and 4.4 million years ago in Africa.

    人類の最古の親戚は700~440万年前にアフリカに生息していました。

  • Having most recently shared a common ancestor with chimpanzees, they had many ape-like traits such as a small cranial capacity.

    最も新しいところでチンパンジーと系統を共有し、猿のような小さな脳のサイズなどの特徴をもっていました。

  • However fossils show that some ancient hominins were also beginning to show human-like characteristics, such as small canines that were likely used more for eating and not for hunting or fighting.

    しかし、化石を見る限り類人猿の中には人間のような特徴を示すものもあり、狩猟や戦いのためではなく食べるために小さな犬歯が発達していたりします。

  • The next phase of hominid evolution involved primates called australopithecines.

    類人猿の次の段階は、猿人と呼ばれるサル目でした。

  • They lived between 4.4 and 1.4 million years ago across the African continent.

    アフリカ大陸で440~140万年前に生息し、

  • Like their ancient brethren, australopithecines had some ape-like traits.

    同胞祖先同様、猿のような特徴を有していました。

  • However, changes in the skull, spine and legs indicate a notable shift toward a very human-like trait:

    しかし、頭蓋骨や脊椎、足の部分に見られる変化はかなり目に見えて人間らしくなってきています。

  • Consistent bipedal locomotion.

    一貫した2足歩行がそれです。

  • The third and current phase of human evolution involves members of the genus homo.

    人類の進化における3番目の現在の段階がヒト族です。

  • The earliest homo species likely date to more than two million years ago, making them a contemporary of some australopithecines.

    最古のヒト族種は200万年くらいに登場し、現代版猿人と言えるものです。

  • But unlike earlier hominins who exhibited a mosaic of ape and human-like traits, Homo species were becoming distinctly more human.

    しかし猿と人間の両方の特徴を持っていた初期猿人とは異なり、ここではよりハッキリと人間に見える特徴を持ってきています。

  • Their cranial capacity was growing larger than any other hominins.

    脳の大きさは他の猿人よりも大きく成長しています。

  • They developed sophisticated stone tool technology, and they became the first to control fire.

    洗練された石器技術を発達させ、初めて火を管理できるようになりました。

  • These physical and behavioral adaptations, along with advancements in technology, allowed some homo species to be the first to migrate out of Africa and explore the rest of the world.

    身体的・行動的な適応と技術革新によって、ヒト族の中にはアフリカを初めて出て世界を見て回ろうとするグループも出てきたのです。

  • While a cast of over 20 hominin species have walked this Earth, only one remains.

    この地球上には20以上のヒト族が存在しましたが、今ではたった1種しか残されていません。

  • Homo sapiens shaped by millions of years of evolution embarked on a journey of exploration and industry its ancestors could have only dreamed.

    何百年もの進化を遂げて探検の旅を経て、祖先が考えもしなかった形で産業進化を遂げたホモサピアンがそれです。

Millions of years before industry, agriculture, and civilization the world stage was set for one creature's unprecedented rise.

産業革命や農業、都市化の何百年も前、世界は1つの生命体による未曽有の進化の舞台をと問えていました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ヒト 人類 進化 祖先 歩行 チンパンジー

ナショナルジオグラフィックで英語:人間の起源

  • 855 46
    Elise Chuang に公開 2021 年 07 月 30 日
動画の中の単語