Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Seventy-seven Benevolent Elephants

    七十七匹の善良な象

  • I can't do this one. Why practice tongue  twisters? My students who have problems  

    これはできませんね。なぜ舌打ちの練習をするのですか?問題を抱えている私の生徒は

  • with some of the sounds in American English  need to train their mind to guide their mouth,  

    アメリカ英語のいくつかの音に対応するためには、心を鍛えて口を誘導する必要があります。

  • to effortlessly go through the positions for these sounds. Tongue twisters can help with  

    を使って、これらの音の位置を楽に確認することができます。同音異義語は以下のことに役立ちます。

  • this. they can help build the brain connectionThis is a T-H thhhh so that your body can do it  

    これは、脳のつながりを作ってくれるのです。 これは、あなたの体ができるように、T-H thhhh

  • on its own, without thinking of it, without the  mind having to guide the tongue through the position. And  

    意識しなくても、心が舌の位置を誘導しなくても、勝手に。そして

  • that's what we want of course. We want the habitWe want to take the sounds that are hardest,  

    もちろん、それが私たちの望みです。私たちは習慣を求めています。 一番難しい音を取るようにしたいのです。

  • and make them effortless. So today we're going  to go over some tongue twisters to untwist  

    そして、それらを楽にすることができます。そこで今日は、tongue twister to untwistをご紹介します。

  • your tongue and help you master some of the  trickiest consonant sounds of American English.  

    アメリカ英語の子音の中でも特に難しい音をマスターすることができます。

  • As always, if you like this video or you learn something new, please give it a thumbs  

    いつものように、このビデオが気に入ったり、新しいことを学んだりしたら、親指を立ててください。

  • up and subscribe with notifications, and  come join us Tuesdays for new videos.

    また、毎週火曜日には新しいビデオをお届けします。

  • Today we're training 3 super-tricky tongue  twisters. First, Seventy-seven benevolent  

    今日は3つの超トリッキーな tongue twister をトレーニングします。まずは、「七十七人の篤志家」。

  • elephants. This is going to help with your V. My  students from India and Germany tend to sometimes  

    ゾウです。インドやドイツから来た生徒たちは、ときには

  • switch V and W, and these can be tricky  sounds for other language groups as well.  

    スイッチVとW、これらは他の言語グループにとってもトリッキーな音になります。

  • Mastering this tongue twister will help  your brain really get that V is vvv.

    このtongue twisterをマスターすれば、脳がV is vvvを真に受けてくれます。

  • We're also to dowhich wristwatches are Swiss  wristwatches?” Hitting the W hard, also the  

    "スイス製の腕時計はどれ?"というのもやることになりました。Wを強く打ち出し、また

  • R. That's because the W is silent in the word  'wrist'. Look out, this one is really tricky.

    R.それは、「手首」という言葉の中でWが無音だからです。気をつけて、これは本当に難しいですよ。

  • And I'm not going to forget  that ever important TH.  

    そして、その永遠に大切なTHを忘れないようにしています。

  • He threw three free throws” – you'll  get to work on R with that one too.  

    "He thrown free throws" - これもRに取り組んでもらいます。

  • What other tongue twisters do you knowPut them in the comments below.

    他にどんなtongue twisterを知っていますか? 下のコメント欄に書き込んでください。

  • Let's look at our first one, seventy-seven  benevolent elephants. That's a lot of elephants.  

    最初に見てみましょう、77匹の善意の象です。象の数が多いですね。

  • Benevolent means kind, expressing goodwillhelping others. You usually don't think of  

    Benevolent(ベネボレント)とは、親切、善意を表す、人を助けるという意味です。通常、あなたはこのようなことを考えません。

  • an elephant as being benevolent, but it does makegood tongue twister. This one is tricky. Too fast,  

    象は善良な存在ですが、これは良い舌打ちになります。これは難しいですね。速すぎる。

  • and it even native speakers mess it up. This  is my friend Ginny and her daughter Natalie.

    と、ネイティブスピーカーでも失敗してしまいます。これは私の友人のジニーと彼女の娘のナタリーです。

  • Seventy-seven Benevolent Elephants

    七十七匹の善良な象

  • And this is my sister-in-law Audrey.

    そしてこちらは義理の妹のオードリー。

  • Seventy-seven Benevolent Elephants

    七十七匹の善良な象

  • We'll focus on the word 'benevolent'. First,  

    今回は、「benevolent」という言葉に注目してみましょう。最初は

  • it helps so much with a longer words to focus  on stress. The second syllable here is stressed,  

    長い言葉では、ストレスに集中することがとても役に立ちます。ここでは第2音節が強調されています。

  • let's practice just that. Nev. Nev. It's like  a hill. Nev. Nev. It has our tricky V sound. V,  

    それを実践していきましょう。ネブ。ネブ。丘のようですね。ネブ。ネブ。厄介なVの音があります。V,

  • not a W, no lip rounding. Nev, vvv. Nextunstressed. The first syllable is just 'be,be'.  

    not a W, no lip rounding.ネブ、ヴヴヴ。次はアンストレス。第1音節はただの「be,be」です。

  • Very simple, very fast. Let's put it  with the stressed syllable. Benev. Benev.  

    とてもシンプルで、とても速い。強調された音節に合わせましょう。Benev。ベネブ

  • Remember, these two syllables should feel totally  different. One is stressed, one is unstressed.  

    覚えておいてほしいのは、この2つの音節は全く違うものだということです。一方はストレスがあり、一方はストレスがありません。

  • The first one is very fast, the second one is  longer, it has that hill shape. Benev. Benev.  

    最初のものはとても速く、2番目のものは長く、丘のような形をしています。ベネブベネブ

  • Our other two syllables, -olent, -olent.  

    私たちの他の2つの音節、-olent、-olent。

  • All three of our unstressed syllables here  have the schwa, pronounced like this 'uh'.  

    ここでは、3つの非ストレス音節すべてにシュワがあり、この「uh」のように発音されます。

  • Can you believe that? Almost no jaw drop, totally  relaxed face. It almost doesn't even look like  

    信じられますか?アゴをほとんど下げず、完全にリラックスした顔。にも見えないほどです。

  • I'm not even talking. -olent, -olent,  -olent. Benev - -olent. Benevolent.  

    喋ってもいないのに。-olent, -olent, -olent.Benev - -olentBenevolent(ベネボレント)。

  • Put them together but don't slow down  those fast syllables. Keep them fast, keep  

    それらを組み合わせるが、速い音節を遅くしてはいけない。速くして、キープ

  • it simple. Benevolent. Seventy-seven benevolent  elephants, Seventy-seven benevolent elephants.

    シンプルであること。benevolent(慈悲深い)。慈悲深い七つの象、七つの慈悲深い象。

  • The next word, elephants,that first syllable has  the hill shape, the stress. Practice with me. El-.  

    次の単語、elephantsは、最初の音節が丘の形をしていて、ストレスがあります。私と一緒に練習しましょう。El-。

  • El-. The other two syllables, schwas, said more  quickly. Ephant. Ephant. Ephant. Put it together,  

    エル-。他の2つの音節、シュワスはもっと早く言っていました。Ephant.Ephant.Ephant.まとめて言ってください。

  • elephant. The PH makes an F sound. Did you knowand V have the same mouth position? F is unvoiced,  

    象です。PHはFの音を出します。FとVの口の位置が同じだと知っていましたか?Fは無声音です。

  • meaning just air makes the sound, ffff, andIs voiced, meaning your vocal cords are engaged,  

    は空気だけで音を出すという意味で、ffff、Vは声帯を使うという意味でvoicedです。

  • making a sound. Vvvv. I'll alternate. See that  nothing in my mouth changes. Ff, vv, ff, vv.  

    音を出すヴヴヴ、交互にする。口の中が何も変わらないことを確認する。ff, vv, ff, vv.

  • Let's put the two words together. It's going  to be common to make the ending T a stop T.  

    2つの単語を並べてみましょう。語尾のTをストップTにするのが一般的になりそうですね。

  • Stop the air in your throat, but don't  release tt, the T sound. Benevolent,  

    喉の空気を止めて、でもTの音は出さないようにしましょう。慈悲深い。

  • benevolent. Benevolent elephants. Move your arm on  those stressed syllables. Benevolent, benevolent,  

    benevolent慈悲深いゾウ。強調された音節で腕を動かす。慈悲深い、慈悲深い。

  • benevolent elephants. Okay, move your arm  on those stressed syllables. Benevolent  

    慈悲深いゾウよし、強調された音節の上で腕を動かしてみよう。慈悲深い

  • elephants, Benevolent elephants. Benevolent  elephants. Do it as slowly as you need to,  

    elephants, Benevolent elephants.慈悲深い象さんたち。必要なだけゆっくりやってください。

  • to make sure you're doing it correctly. Rememberwe want to train the right positions.

    をしているかどうかを確認してください。覚えておいてほしいのは、正しいポジションをトレーニングすることです。

  • Seventy-seven. This is going to help us  train that V sound some more. Both parts  

    七転八倒します。これでさらにVの音を鍛えることができそうです。両方のパート

  • of the word have first syllable stressSeventy-seven. Seventy-seven. Notice I'm  

    の単語は、第一音節が強調されています。 Seventy-seven.Seventy-sevenです。気がつくと私は

  • making that T more of a D, or a Flap T soundThis is an exception. Usually after N it's  

    Tの音がDになったり、フラップTになったりします。 これは例外です。通常、Nの後は

  • either dropped or a True T. But here it's  a Flap T. Seventy-seven (flap). Seventy.  

    落とされたのか、真のTなのか。しかし、ここではフラップTで、七七(フラップ)です。七十です。

  • Seventy-seven. Seventy-seven. Okay I'm going to  try it now. Seventy-seven benevolent elephants.  

    Seventy-seven.77ですね。よし、今からやってみよう。七十七匹の善良な象たち。

  • Seventy-seven benevolent elephantsIf V is at all tricky sound for you,  

    77匹の善良な象。 Vが少しでもトリッキーな音であれば

  • do this over and over. Slowly. Get it down  good. This will help. Don't go so fast that  

    これを何度も何度も繰り返します。ゆっくりと。よく覚えておいてください。これが役に立つ。速くしすぎないように

  • you're doing it incorrectly. You want to practice  doing it right, then you can speed it up.

    あなたのやり方は間違っています。正しい方法で練習してから、スピードを上げることができます。

  • Our second tongue twister today iswhich  wristwatches are swiss wristwatches”.  

    今日の舌打ち第2弾は「スイス製の腕時計はどれか」です。

  • This one is so hard.

    これはとても難しいですね。

  • which wristwatches are swiss wristwatches”.

    "which wristwatches are swiss wristwatches"。

  • I cannot do it quickly at all. Look at all these  W and R sounds. W are in red, R in blue.  

    全然早くできません。このWとRの音を見てください。Wは赤で、Rは青です。

  • Beginning R and W actually look a lotlike from the outside. Watch: rrrrrr, wwwww.  

    始まりのRとWは、実は外から見るとよく似ています。時計:rrrrr、wwww。

  • Lots of lip rounding. But what's  happening inside is pretty different.

    唇の丸みが多い。しかし、内部で起きていることはかなり違う。

  • For R, the middle part of the tongue lifts towards  the roof of the mouth, the tip is back and up,  

    Rの場合は、舌の中央部は口の中の屋根に向かって持ち上げ、先端は後ろから上に向かっています。

  • not touching anything. For the W, the tongue  tip touches the back of the bottom front teeth,  

    は何も触れない。Wの場合は、舌先が下の前歯の裏に触れます。

  • then the back stretches up, and we have a little  something extra in the throat. Wwww, just a little  

    で、背中が伸びて、喉にちょっとしたものが入っています。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • bit of a narrowing here. Wwww, Wwww wRrrrrist  wwwwwatch. If R is at all a problem for you, or W,  

    ちょっとここは狭くなっていますね。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwRが少しでも気になったら、あるいはw。

  • then nailing the tongue twister, slowing it downgetting it right, is going to help you out.

    舌打ちをして、ゆっくりとしたスピードで、正しい表現をすることが、あなたの助けになるでしょう。

  • Let's do just the first two words: which wristwhich wrist. Both have the IH as in SIT vowel.  

    最初の2つの単語、which wrist, which wristだけをやってみましょう。どちらもIH as in SITの母音があります。

  • Which wrist, and the both have that hill  shape, they're both stressed. Which wrist,  

    どちらの手首か、どちらもあの丘の形をしているので、どちらもストレスがかかっています。どちらの手首か。

  • which wrist, which wrist, which  wrist. Do that with me slowly: which  

    どっちの手首、どっちの手首、どっちの手首。ゆっくりと私と一緒にやってみてください:どの

  • wrist, which wrist. Let's put in the  second half of our compound word,  

    wrist, which wrist.複合語の後半部分を入れてみましょう。

  • 'watches'. IN a compound word, the first word  is stressed. So Watches is unstressed, watches,  

    'watches' です。複合語の場合、最初の単語が強調されます。ですから、Watchesはストレスのないwatchesです。

  • watches, watches. It doesn't have that hill  shape, it's flatter. Wrist watches. Wrist watches.  

    時計、時計。あの丘のような形ではなく、平べったいですね。手首の時計。腕時計。

  • Say that with me. Wrist watches, wrist watchesWhich wrist watches, which wristwatches.

    私と一緒に言ってください。リストウォッチ、リストウォッチ。 どのリストウォッチ、どのリストウォッチ。

  • By the way, this reminds me  

    ところで、これで思い出したのですが

  • of another terribly hard tongue twister,  “I wish to wash my Irish wristwatch.”  

    また、"I wish to wash my Irish wristwatch"(アイルランド製の腕時計を洗いたい)という、ひどく難しい舌打ちもありました。

  • I made my nieces and my niece's fiancée try that  one a couple of years ago, it was not pretty.

    数年前に姪っ子と姪っ子の婚約者にあれを試させたが、きれいじゃなかった。

  • But this one, I think, is slightly easier. By  the way, I'll put the link to that other tongue  

    でも、こっちの方が、若干簡単だと思います。ところで、その別の舌にリンクを貼ると

  • twister video in my video descriptionOur next word is 'are'. This word won't  

    twisterのビデオは、私のビデオの説明にあります。 次の単語は「are」です。この単語はウォンツ

  • be stressed. In fact in lots of sentencesnative speaker would just say 'er'. “Where  

    が強調されます。実際、多くの文章でネイティブスピーカーは「er」と言います。"「どこで

  • are the kids?” Where are, er, er, er. For examplelet's try that. Just 'er' on the end of 'watches.  

    are the kids?"Where are, er, er, er.例えば、それを試してみましょう。watches」の最後に「er」をつけるだけ。

  • Which wrist watches are. Which wrist watches areWatches are, watches are, watches are. Reducing  

    どのリストウォッチがどのような腕時計ですか? 腕時計は、腕時計は、腕時計は。削減

  • are. Next, Swiss, we have another W.  Lip rounding. Swiss, swiss. This is also  

    があります。次はスイス、またまたW.リップ丸出しです。スイス、スイス。これはまた

  • stressed with that hill shape. A little bit  longer. Swiss. Which wrist watches are Swiss.  

    その丘の形にストレスを感じていました。少し長めですね。スイス。スイス製の腕時計は?

  • Do it slowly and accurately. Which wristwatches  are Swiss. Notice even when I'm going slowly,  

    ゆっくりと正確に行ってください。どの腕時計がスイス製か。ゆっくり進んでいても気づく。

  • I'm still connecting all the words in that  line. We want that. No breaks, no separation.  

    私はまだそのラインのすべての言葉をつなげています。それが欲しいのです。切れ目なく、離れ目なく。

  • All smoothly linked. That's something we just  love in English. Which wristwatches are Swiss.  

    すべてがスムーズにつながっている。それが英語の醍醐味でもあります。どの腕時計がスイス製か。

  • Now all we need is 'wristwatches' againWhich wristwatches are Swiss wrist watches?  

    あとは、また「腕時計」だけですね。 スイス製の腕時計はどれ?

  • Which wristwatches are Swiss wristwatches? Have  you got that? Take your time, do it daily.

    スイス製の腕時計はどれですか?あなたはそれを手に入れましたか?時間をかけて、毎日やってみてください。

  • Okay, our third and final tongue  twister that we're practicing today  

    さて、3つ目の、そして最後の舌打ちの練習です。

  • is pretty tough. My sister-in-law  and niece could not get it.

    はかなり厳しいですね。義理の姉と姪は手に入れることができませんでした。

  • He threw three free throws.

    彼は3本のフリースローを投げた。

  • He threw three free throwsNatalie couldn't get it either.

    フリースローを3本投げた。 ナタリーも取れなかった。

  • He threw three free throws.

    彼は3本のフリースローを投げた。

  • Not quite. Julia, nope.

    ちょっと違うかな。ジュリア、ダメです。

  • He threw three free throws.

    彼は3本のフリースローを投げた。

  • Let's give Ginny a try.

    ジニーに試してみよう。

  • He threw three free throws.

    彼は3本のフリースローを投げた。

  • (lauging) I'm so sorry.

    (笑) 申し訳ありません。

  • She says no, she can't do it. But you can  do it. We can do it if we slow it down,  

    彼女はダメだ、できないと言う。でも、あなたはできます。スピードを落とせばできるのです。

  • get it good, and then speed  up. And if you master this,  

    それをうまく利用して、スピードアップする。そして、これをマスターすれば

  • your TH is going to be a lot clearer  and THR would be way less intimidating.

    あなたのTHは、より明確になり、THRはより威圧感のないものになるでしょう。

  • This one is extra tough because  we're dealing not just with TH and F,  

    これは、THとFだけではなく、特に難しい問題です。

  • but with clusters with R. THREE, FREE.  A lot of little kids can't even say TH  

    しかし、Rの付いたクラスターでは、THREE、FREE。 多くの小さな子供たちは、THを言うことさえできません。

  • actually. They say F instead. I  remember when my son Stoney did that.

    実際には彼らは代わりにFと言います。私の息子のストーニーがそうだったのを覚えています。

  • Marf..

    Marf.

  • So you're going Marf. You're using your  lip but we want to use your tongue.

    マーフになるんですね。あなたは唇を使っていますが、私たちは舌を使いたいのです。

  • No almost. Bring your tongue.

    ほとんどありません。舌を持ってきてください。

  • He wasn't very interested in learning that dayWas he? To make the unvoiced TH like threw,  

    その日、彼はあまり勉強に興味がなかった。 そうですか?unvoiced THをthrewのようにするために。

  • three, and throws, your tongue tip  has to come through the teeth. Th, th,  

    three, and throws, 舌先が歯を通過しなければなりません。ス、ス。

  • just air. No tension, no holding, no stopping,  

    ただの空気。緊張も、保持も、停止もない。

  • th. Easy sound. Let's alternate between three and free.  I'll zoom in.

    thです。簡単な音。スリーとフリーを交互に使ってみよう。 ズームインしてみる。

  • Three, free, three, free,  

    3、フリー、3、フリー

  • three, free. You can do it. It takes practicebut you can get it. He threw. Let's just do that.  

    さん、無料です。あなたはそれをすることができます。練習が必要ですが、できますよ。投げた。やってみよう。

  • Threw is stressed. He threw, he threw. Three is  also stressed, another THR cluster. So for the  

    threwはストレスです。彼は投げた、彼は投げた。3もストレスで、もう一つのTHRクラスタです。だから

  • THR, you go from the tongue tip being out, th to  being pulled back and up a little bit. Thr, thr.  

    THRは、舌先が出ている状態から、少し後ろに引いて上に上げる状態になります。THR、THR。

  • Slow it down, feel that movement  at the tip of your tongue.  

    舌先でその動きを感じながら、ゆっくりとしたスピードで。

  • Thr

    スル

  • He threw three. He threw three. He  threw three. Free is also stressed.  

    彼は3回投げた。彼は3回投げた。彼は3を投げた。Freeも強調されています。

  • Here you do want to use your bottom lipTh, th, three. And then throws, unstressed.  

    ここでは、下唇を使います。 Th、Th、3。そして、ストレスのないThrows。

  • Free throws, free throws, free throws. Do that  with me slowly. Free throws. You can hold out  

    フリースロー、フリースロー、フリースロー。ゆっくりと私と一緒にやってください。フリースロー。あなたは我慢して

  • the consonant, really make sure you're getting the  right mouth position. He threw three free throws.  

    子音の場合は、本当に正しい口の位置を確認してください。フリースローを3本投げた。

  • Practicing slowly gives your mind time to guide  your tongue into the right position. And once your  

    ゆっくり練習することで、頭の中で舌を正しい位置に誘導する時間ができます。そして、一度

  • brain does that enough, you won't have to think  about it anymore. The habit will be made.

    脳はそれを十分に行うので、もう考える必要はありません。習慣は作られます。

  • Our three tongue twisters today are all  training problem consonant sounds in English  

    今日の3つのtongue twisterは、すべて英語の問題となる子音のトレーニングです。

  • for non-native speakers. Take your time. Get  it right. Form the right pathway in the brain.  

    ネイティブでない人のためのじっくりと。正しく理解する。脳内で正しい経路を形成する。

  • You can do it. Seventy-seven benevolent elephantsWhich wrist watches are Swiss wristwatches?  

    あなたならできる。七福神の象さん。 スイス製の腕時計はどれ?

  • He threw three free throws. And as you get more  comfortable, you can increase your speed. Tongue  

    フリースローを3本投げた。そして、慣れてくれば、スピードを上げることができる。舌の動き

  • twisters are actually kind of fun, aren't theyHuge thanks to my friends and family for helping  

    ツイスターは本当に楽しいものですよね。 協力してくれた友人や家族に大感謝

  • me out with this video, they're not afraid of  a few tongue twisters! Audrey, Emily, Molly,  

    このビデオを見て、彼らは少しの舌打ちも怖くないと思いました。オードリー、エミリー、モリー

  • Taylor, Ginny, Natalie, and Julia, thank youKeep your learning going now with this video,  

    テイラーさん、ジニーさん、ナタリーさん、ジュリアさん、ありがとうございました。 このビデオで、今の学習を続けてください。

  • and don't forget to subscribe. I make new  videos every Tuesday and I love being  

    を見て、購読するのを忘れないでください。私は毎週火曜日に新しいビデオを作っていますが、私が好きなのは

  • your English teacher. That's it, and thanks  so much for using Rachel's English.

    あなたの英語の先生以上、レイチェルの英語を使っていただき、本当にありがとうございました。

Seventy-seven Benevolent Elephants

七十七匹の善良な象

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 音節 スイス 慈悲 フリー スロー 投げ

英語のネイティブスピーカーが絶対に正解しない3つのTongue Twisters!| レイチェルの英語 (3 Tongue Twisters Native English Speakers Never Get Right! | Rachel's English)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 06 月 29 日
動画の中の単語