Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Take this pill, don't ask questions. Buy this product, and you'll be better.

    この薬を飲めば、質問はしないでください。この製品を買えば、あなたは良くなる。

  • Your body does this naturally, but that's gross, so change it. I feel like my whole life I've

    あなたの体は自然にそうなっていますが、それは気持ち悪いので、変えてください。私は人生の中で

  • been trying to see these messages for what they are and unlearn what they've taught me...

    私はこれらのメッセージをありのままに見て、それらが私に教えてくれたことを学び直そうとしてきました...。

  • and yet here I am, two master's degrees deep into adulthood, still feeling like so

    しかし、私は今、2つの修士号を取得して大人になり、まだそのように感じています。

  • much of what happens to my body is out of my control. And when I ask the question, which

    私の体に起こることの多くは、自分ではコントロールできません。そして、私が質問すると、どの

  • I always do: 'isn't it just supposed to do that?', or 'Why is THIS the way it

    いつもそうなんですが、「こうするのが当たり前じゃないのか」とか、「どうしてこうなんだ」とか。

  • is?'...The answer, most of the time, is…'we don't know.'

    と聞かれても、ほとんどの場合、答えは「わかりません」です。

  • So, hi. I'm Maren. This is Body Language, and we're gonna talk about all the stuff

    こんにちは、私はマレンです。こちらは「ボディランゲージ」で、いろいろなことについてお話します。

  • the world usually tells us not to. Because the truth is, what we don't know

    世の中の人はたいてい、そうするなと言います。なぜなら、真実は、私たちが知らないことは

  • far outweighs what we do.

    私たちがすることよりもはるかに多いのです。

  • I mean, we know so little about female reproductive

    つまり、女性の生殖についてはほとんど知られていないのです。

  • system in the first place that things like ovarian, uterine and cervical cancers can

    そもそも、卵巣がん、子宮がん、子宮頸がんなどが発生するようなシステムは

  • go undiagnosed for way longer than they would if we like...actually understood what 'normal'

    が診断されずにいる期間が非常に長くなっています。

  • is supposed to feel like, or felt more comfortable talking about the fact that, 'hey, something kind of

    のように感じられるはずです。あるいは、「ちょっと、何かがあったんだ」という事実をより安心して話すことができます。

  • weird is happening with my vagina. Maybe I need to get that checked out.'

    私のアソコに変なことが起こっている。検査を受けた方がいいかもしれませんね』。

  • So, there's a gap between our common understanding of 'health', and what that means

    つまり、「健康」についての一般的な理解と、その意味するところにギャップがあるのです。

  • for bodies that aren't, wellmale.

    男性ではない身体のために。

  • And this gap isn't exactly something new.

    また、このギャップは決して新しいものではありません。

  • -We have historically considered men and male

    -私たちは歴史的に、男性と男性の間には

  • animals and even male cells as the default for clinical research. And that's really limited

    臨床研究では、動物や男性の細胞を使うのが基本です。そして、それは本当に限られた

  • our ability in terms of research understanding for everybody. When we talk to you about the

    私たちの能力は、すべての人のための研究の理解という点で、私たちの能力です。の話をすると

  • difference between women and men, it's not just the cells in our body and how our

    女性と男性の違いは、体の中の細胞や体の使い方だけでなく

  • organs interact with each other, our systems work together within our bodies, but it's

    臓器が相互に影響し合い、体内でシステムが機能していますが、それは

  • also about how we experience the environment.

    また、私たちがどのように環境を体験するかについても

  • -See, medicine has historically seen women

    -ほら、医学は歴史的に女性を見てきたじゃないですか。

  • as reproductive bodies more than anything else, this is a phenomenon sometimes called

    これは、何よりも生殖器としての体であるため、時にはこう呼ばれる現象です。

  • 'bikini medicine'. It essentially reduces women's health to just the body parts that are different from

    ビキニ医学」。それは本質的に、女性の健康を、以下のように異なる体の部分だけに還元するものです。

  • men: mostly the breasts and reproductive organs. And back before our modern understanding of

    男性の場合は、主に乳房と生殖器です。そして、現代のように理解される前には

  • anatomy, ye olde doctors of yore actually thought the womb would just like...detach

    アナトミー、昔の医者は実際に子宮がちょうど...剥離すると考えていた。

  • itself and wander around the body. And that's what caused illness in women? Really scientific

    が体の中をさまよっています。それが女性の病気の原因だったのか?本当に科学的

  • thinking there, guys. But seriously, medical misinformation like

    と思っている人もいるでしょう。しかし、真面目な話、医学的な誤報のような

  • that was used for centuries to support the idea that things like menstruation and pregnancy

    これは、月経や妊娠などを裏付けるために何世紀にもわたって使われてきたものです。

  • made women the weaker, inferior sex, things that were reflected in society.

    女性が弱い、劣った性であることは、社会に反映されていました。

  • Can you imagine?! Making a whole human being and then

    想像できますか?完全な人間を作って、そして

  • pushing it out of a tiny hole in your body making you the weaker sex?! Yeah, ok, sure.

    体の小さな穴からそれを押し出すことで、あなたは弱い性になるのですか?うん、わかった、確かに。

  • I mean, just having a female body in itself was basically considered an illness.

    つまり、女性の体を持っているだけで、基本的には病気だと思われていたのです。

  • Take the term 'hysteria; It first appeared about 4,000 years ago in Ancient Egypt, and

    例えば、「ヒステリー」という言葉は、約4,000年前の古代エジプトで初めて登場して

  • over the centuries, it became a catch-all term for women's pain that doctors couldn't

    何世紀にもわたって、医者にもできない女性の痛みの総称となったのです。

  • diagnose medically. And in the 19th century, it gained that notorious meaning

    を医学的に診断する。そして19世紀には、その悪名高い意味を持つようになりました

  • we know today, used in psychiatry to describe 'women who couldn't control their emotions'.

    今日では、精神医学で「感情をコントロールできない女性」を表現するために使われています。

  • -The surgical removal of the uterus was considered a procedure that was performed

    -子宮の外科的除去は、実行された処置とみなされました。

  • for the purpose of improving women's mental health. And by the way, it didn't work. However,

    女性のメンタルヘルスを改善する目的で。ちなみに、効果はありませんでした。しかし。

  • the word for surgical removal of the uterus today is still hysterectomy. And it comes

    子宮を摘出する手術のことを、今日でも「子宮摘出術」と言います。そして、それは

  • from that, that idea of hysteria being related to women's reproductive organs.

    そこから、ヒステリーは女性の生殖器に関係しているという考えが生まれたのです。

  • And while the term hysteria is rarely used in medical settings today, we do still see

    また、ヒステリーという言葉は現在の医療現場ではほとんど使われていませんが、それでも

  • the echoes of it. This bias is maybe most obvious in how clinical

    その反響の大きさを表しています。このような偏りは、もしかしたら、臨床的には最も明らかかもしれません。

  • trials have typically been conducted. Clinical trials are where we get our most important

    は、通常、臨床試験が行われています。臨床試験は、私たちが最も重要な

  • scientific knowledge about how medicines or surgeries will affect the human body. And

    薬や手術が人体にどのような影響を与えるかについての科学的知識。また

  • for most of medical history, researchers... only ever tested stuff on men. Which, once again, seems

    医学の歴史の中で、研究者は...男性でしか実験しなかった。もう一度言いますが、これは

  • like the opposite of scientific thinking, but go off, I guess.

    科学的思考とは真逆のような気がしますが、まあいいでしょう。

  • See, in 1977, the FDA passed a policy that banned women ofchildbearing agefrom

    ほら、1977年にFDAが「出産可能な年齢」の女性を禁止する方針を出した。

  • Phase 1 and Phase 2 clinical trials. And in case you're wondering, that range usually

    フェーズ1とフェーズ2の臨床試験。因みに、この範囲は通常

  • means women between the ages of 15 and 52. Though women in this age range were allowed

    とは、15歳から52歳までの女性のこと。この年齢層の女性は許されていましたが

  • to participate in later trial phases, some argue that the policy still discouraged women

    しかし、この政策は、女性の参加を妨げるものであったという指摘もあります。

  • from participating at all. The policy was put in place following a few high profile

    このポリシーは、いくつかの有名な事件を受けて導入されました。このポリシーは、いくつかの注目すべき事件を受けて導入されたものです。

  • cases of drugs that did cause severe birth defects, but it meant that we just didn't get to learn

    重度の先天性異常を引き起こす薬のケースもありましたが、それは私たちが学ぶことができなかったことを意味します。

  • about how so many drugs affected female bodies. Even though women were eventually

    多くの薬物が女性の身体にどのような影響を与えたかについて。 最終的に女性は

  • going to be prescribed those drugs if they passed clinical trial.

    臨床試験に合格すれば、その薬が処方されることになります。

  • Now luckily, in the mid-1980s, a National Institutes of Health policy did encourage more

    幸いなことに、1980年代半ば、米国国立衛生研究所の方針により、より多くの人々に

  • inclusion of women and other minorities in clinical research for exactly this reason,

    このような理由で、女性やその他のマイノリティを臨床研究に参加させることができました。

  • and later in 1993 the FDA did reverse the ban. But even after that, many studies still

    その後、1993年にFDAは禁止を撤回しました。しかし、その後も多くの研究では

  • didn't include women. This is because the scientific community has long-considered the

    には女性が含まれていませんでした。というのも、科学界では長年にわたり

  • menstrual cycle and female hormones as variables that would throw their trial data out of whack,

    月経周期や女性ホルモンなどの変数は、試験データを狂わせる要因となります。

  • and would make the study more complicated and therefore, more expensive.

    となると、研究が複雑になり、結果的にコストも高くなってしまいます。

  • And as you can imagine, this has led to some problems.

    そして、想像通り、これはいくつかの問題を引き起こしました。

  • -We know that mice are not small humans, and women are not small men. So women and men may

    -マウスは小さい人間ではないし、女性は小さい男性ではないことがわかっています。ですから、女性と男性は

  • metabolize drugs in different fashions, and drugs may be metabolized differently, depending

    は異なる様式で薬を代謝し、薬の代謝が異なる場合があります。

  • on the hormonal environment in which the drugs are taken. And so if we haven't studied the

    薬を服用する際のホルモン環境にも影響を与えます。それで、もし私たちが研究していない

  • drugs on women and men, we may not be applying the right doses.

    女性と男性の医薬品を比較すると、適切な量を投与していない可能性があります。

  • -And it's not just about drugs. It's also about how healthcare treats women...literally.

    -そして、それは薬のことだけではありません。医療が女性をどのように扱うかについても...文字通りです。

  • Women are more likely to experience delays between the onset of symptoms and a diagnosis.

    女性は、症状が出てから診断されるまでに時間がかかる傾向があります。

  • That's for all kinds of issues, including many kinds of cancers, and is in part because

    これは、多くの種類のがんを含むあらゆる種類の問題に対するもので、その理由の一つは

  • their symptoms are still being attributed to 'stress'...sounds a lot like a modern-day

    彼らの症状は、いまだに「ストレス」が原因とされているのです。

  • hysteria.

    ヒステリア。

  • -The thing that's really dangerous about this

    -この件で本当に危険なのは

  • idea that mental health in women is is somehow related to their anatomy, is that it's, it's

    女性の精神的な健康が解剖学的に何らかの関係があるという考えは、それは

  • led to the dismissal of women's health conditions. When we've gone back and looked in more depth

    は、女性の健康状態を否定するものでした。遡ってより深く調べてみると

  • at some of the conditions that have been traditionally thought of as in women's heads. There's

    従来、女性の頭の中にあると思われていた状態をいくつか紹介します。それは

  • actually a physiologic basis for many of these conditions.

    実際、これらの症状の多くには生理学的根拠があります。

  • -One of those conditions Dr. Temkin is talking about is endometriosis. That's when the

    -テムキン博士が話しているその症状の一つが子宮内膜症です。それは、子宮内膜症が

  • lining of the uterus, or the endometrium, grows outside the uterus, into the pelvis

    子宮内膜が子宮の外、骨盤の中で成長する

  • and abdomen, which can cause a lot of pain. Even though 1 in 10 people with a uterus struggle

    と腹部を痛めることになります。子宮を持つ人の10人に1人は苦労しているにもかかわらず

  • with this condition, we don't know what causes it or really, how we can treat it effectively.

    このような状態では、何が原因なのか、どのようにすれば効果的な治療ができるのか、よくわかりません。

  • In fact, women seeking treatment for abdominal pain are much less likely to be prescribed

    実際、腹痛で治療を受ける女性は、処方される可能性が非常に低い。

  • pain medication than male patients presenting with the same level of pain.

    同じレベルの痛みを持つ男性患者に比べて、痛み止めの薬を使用しています。

  • -They often go from provider to provider and wait years to get a diagnosis or treatment

    -医療機関を転々とし、診断や治療を受けるまでに何年も待たされることが多い。

  • because their physical symptoms of pain are dismissed as in their heads.

    痛みという身体的症状を「気のせい」と片付けられてしまうからです。

  • And this is an even bigger problem for those from minority groups. Like one study found

    そしてこれは、マイノリティグループの人々にとってはさらに大きな問題です。ある研究では

  • that Black women have an even more difficult time getting diagnosed with endometriosis

    黒人女性は子宮内膜症の診断を受けるのがさらに困難であること。

  • than their white peers. Lower income women have less access to health care in the

    白人の同世代の女性よりも低所得の女性は、医療機関へのアクセスが少なく

  • first place, and studies show that they are less likely to receive important preventative

    そもそも、彼らは重要な予防措置を受ける機会が少ないという研究結果もあります。

  • care, like mammograms.

    マンモグラフィーなどのケア

  • Trans women and non-straight women are less likely to receive the care they need because

    トランスジェンダーの女性やノンストレートの女性は、以下の理由で必要なケアを受ける機会が少ないと言われています。

  • providers don't receive training on how to properly treat them.

    業者は適切な治療方法のトレーニングを受けていません。

  • -The way that we interact with the healthcare system can be different based upon some of

    -医療システムとの関わり方は、次のような点で異なる場合があります。

  • our social conditions, such as gender, age, race, ethnicity, ability,

    性別、年齢、人種、民族、能力など、私たちの社会的条件。

  • your socioeconomic status, all of these things really intersect with our communities, our

    あなたの社会経済的地位、これらのすべてが、私たちのコミュニティ、私たちの

  • environment and the healthcare system, to determine how we, how we respond to interventions

    環境や医療システムにどのように介入し、どのように対応するかを判断するために

  • and how we respond to treatments and how and how well we live,

    そして、治療にどのように反応するか、どのように、どのように生きていくかを考えます。

  • and how we experience side effects.

    そして、どのようにして副作用を経験するのか。

  • -BUT...things are getting better. With improved

    -しかし...事態は好転しています。改善されたことで

  • policies and laws, women now represent about half of the participants in NIH-funded trials.

    方針や法律に基づいて、現在ではNIHが資金提供する試験の参加者の約半数が女性となっています。

  • I mean, it's a step in the right direction. And this is why more support and funding for

    つまり、正しい方向への一歩なのです。そして、このような理由で、より多くのサポートと資金提供を

  • women's healtheverything from menopause to nutrition to gynecological cancers

    女性の健康(更年期障害、栄養、婦人科がんなどすべて)について

  • is so necessary. We need to fill that gap that's been developing for centuries. It's actually

    がとても必要です。何世紀にもわたって発展してきたギャップを埋める必要があるのです。それは実際に

  • one of the reasons I went back to graduate school for medical microbiology. Beacuse I have questions,

    私が大学院に戻って医療微生物学を専攻した理由の一つです。疑問があるからです。

  • I'm frustrated with how few answers we have, and I want to be part of finding some of those

    答えが少ないことに不満を感じ、その答えを見つけることに参加したいと思っています。

  • answers, which is why I'm studying the vaginal microbiome.

    そのため、私は膣内のマイクロバイオームを研究しています。

  • -It's important that women engage in their

    -女性が自分に関わることは重要です。

  • own health care. So it can be something as simple as asking your doctor whether a medication

    自分の健康管理のためにそのため、医師に薬が効くかどうかを尋ねるような簡単なこともあります。

  • that's prescribed has been tested in women or not. We also encourage women to participate

    処方されたものが女性でテストされているかどうか。また、女性にも参加を呼びかけています。

  • in clinical trials whenever they're available, you don't have to be sick to participate in

    臨床試験があればいつでも参加できますし、病気でなくても臨床試験に参加できます。

  • a clinical trial. And, that's a way that everybody can contribute.

    臨床試験を行うことができます。そして、それは誰もが貢献できる方法なのです。

  • Information is power.

    情報は力です。

  • And for too long, women's bodies have been so shrouded in shame and repression that we've

    そして、あまりにも長い間、女性の身体は恥と抑圧に覆われていたため、私たちは

  • been left out of so much of medicine's progress because our bodies aren't considered the

    私たちの体は、私たちの体にはないと考えられていたため、医学の進歩から取り残されていました。

  • 'norm', or even just for convenience's sake.

    規範」というか、便宜的なものですね。

  • But the more data we have, the more we'll understand about all these essential questions.

    しかし、データが増えれば増えるほど、これらの本質的な疑問について理解できるようになります。

  • Like what kind of birth control do you need, how is it going to affect your specific body,

    どのような避妊具が必要なのか、それが自分の体にどのような影響を与えるのかなど。

  • or how can you understand your own menstrual cycle to take more control of your health?

    とか、自分の月経サイクルを理解して、健康をよりコントロールするにはどうしたらいいか?

  • So in this new series I hope we can all get a little more comfy with asking some of those

    今回の新シリーズでは、皆さんにこのような質問をもっと気軽にしていただきたいと思っています。

  • questions, and I'm so excited that you're along for the ride as we explore the answers

    その答えを探るために、皆さんにもご協力いただきたいと思っています。

  • we do have, and highlight the places where we need a little more work .

    そして、もう少し頑張らないといけないところを浮き彫りにします。

  • Our bodies are awesome. And I hope you think so too.

    私たちの体は素晴らしい。そして、あなたにもそう思ってほしい。

  • Thank you so much for watching Seeker's new series Body Language.

    いつもSeekerの新シリーズ「Body Language」をご覧いただき、ありがとうございます。

  • I hope you've enjoyed this video.

    このビデオを楽しんでいただけましたか?

  • If there's another women's health topic you want us to cover, leave it for us a comment.

    その他、女性の健康に関するトピックで取り上げてほしいものがありましたら、コメント欄にご記入ください。

  • I'll see you next time!

    次の機会にお会いしましょう

Take this pill, don't ask questions. Buy this product, and you'll be better.

この薬を飲めば、質問はしないでください。この製品を買えば、あなたは良くなる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 女性 子宮 臨床 試験 男性 研究

女性のカラダについて知らないことが多い理由 (Why We Know So Little About Women’s Bodies)

  • 17 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 29 日
動画の中の単語