Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For years, Jagar wanted to be a successful writer, but he felt his life was too disordered.

    ジャガーは長年、成功した作家になりたいと思っていましたが、自分の生活があまりにも乱れていると感じていました。

  • I need to get it together, he thought.

    整理しなければならない、と思った。

  • One day, he stumbled across some videos on Youtube talking aboutmillionaire morning

    ある日、彼はYoutubeで「大富豪の朝」をテーマにした動画を偶然見つけました。

  • routines”.

    ルーチン」と呼ばれています。

  • These people are successful, he thought, let me see how they do it.

    この人たちは成功している、どうやってやっているのか見てみよう、と。

  • And each video showed a lot of the same actions: wake up at 5AM, make your bed, exercise, take

    そして、それぞれのビデオには、朝5時に起きて、ベッドメイキングをして、運動をして、食事をとって、と同じような行動がたくさん映し出されていました。

  • a cold shower, meditate, journal, and make a to-do list for the day.

    冷たいシャワーを浴びて、瞑想して、日記を書いて、その日のToDoリストを作る。

  • Every video said it was important to generate positive momentum early on in the day that

    どのビデオも、その日の早い段階でポジティブなモメンタムを生み出すことが重要だと述べています。

  • would carry forward.

    が引き継がれます。

  • And each video made the subtle implication that the right routines lead to success.

    そして、それぞれのビデオには、正しいルーティンが成功につながるという微妙な意味合いが込められていました。

  • So Jagar began executing a routine each morning, leading him to feel more productive.

    そこでジャガーは、毎朝のルーティンワークを実行することで、生産性を高めることに成功したのです。

  • And after making his to-do list each day, he wrote for an hour.

    そして、毎日To-Doリストを作った後、1時間ほど書き続けた。

  • And subconsciously, because he believed in the power of routines and formulas, Jagar

    そして、無意識のうちに、日課や公式の力を信じていたので、Jagarは

  • worked on a three-act story which faithfully followed The Hero's Journey—a supposed

    は、「英雄の旅」を忠実に再現した3幕構成の物語を制作しました。

  • formula for crafting a great story.

    物語を作るための公式

  • After several months of this routine, Jagar finished his book and sent it off to his friend

    数ヶ月後、Jagarは自分の本を完成させ、友人に送りました。

  • Tony, a literary agent.

    リテラリー・エージェントのトニー。

  • He wanted honest feedback, and a few weeks later, he received an e-mail from Tony.

    正直な感想を求めていた彼は、数週間後、トニーからメールを受け取った。

  • Jagar, I'm going to be brutally honest with you because you're my friend.

    "ジャガー、君は友人だからこそ、残酷なまでに正直に話そうと思う。

  • Sorry to say this, but your story is derivative and painfully mediocre.

    言い方が悪いですが、あなたの話は二次創作で痛々しいほどの凡庸さです。

  • It's nothing I haven't seen before.

    これまでに見たことのないものはありません。

  • I can tell you worked hard on this.

    苦労して作ったことが伝わってきます。

  • Your good at the craft, but I think you need to take a break from writing.

    あなたは技術的には優れていますが、文章を書くことから一度離れた方がいいと思います。

  • Live life.

    人生を生きる。

  • Find something you care for deeply and write about that.

    あなたが心の底から大切に思っていることを見つけて、それについて書きましょう。

  • It takes more than craft, routine, and habit to be a great storyteller Jagar.

    偉大なストーリーテラーになるためには、技術や習慣、癖以上のものが必要です。

  • You need something that feels alive, that resonates, that feels like you and only you

    生きていると感じるもの、共鳴するもの、自分だけのものが必要です。

  • could write it.

    が書けるようになりました。

  • This feels like a mechanical formula, a pale imitation of everything else that exists.

    これは機械的な公式のように感じられ、存在するすべてのものの淡い模倣のようです。

  • We can talk about it in detail over some drinks.

    お酒でも飲みながら詳しくお話しましょう。

  • Your friend, Tony.

    あなたの友人、トニー。

  • "

  • Meanwhile, Rubi lived in a multi-generational, 12-person household with only three bed rooms.

    一方、Rubiさんは多世代の12人家族で、ベッドルームが3つしかない家に住んでいました。

  • Her mom and dad in one, her grandma and grandpa in another, and her and her seven siblings

    お母さんとお父さん、おばあちゃんとおじいちゃん、そして自分と7人の兄弟。

  • in the other.

    もう一方では

  • Her family lived on a farm which was an hour drive from the nearest major city.

    彼女の家族は、一番近い大都市から車で1時間のところにある農場に住んでいました。

  • They had no TV, and so Rubi, the oldest of all her siblings, wrote stories to keep her

    テレビがなかったので、兄弟の中で一番年上のルビちゃんは、物語を書いていました。

  • family entertained in the evenings.

    夕方には家族を楽しませてくれました。

  • There was no room for routine in Rubi's life.

    ルビの人生には、日常的なものは存在しない。

  • She's constantly cycled between working on the farm, taking her grandparents into

    彼女は、農場で働くことと、祖父母を連れて行くことを常に繰り返しています。

  • the city for medical visits, cooking dinner, doing laundry, playing with her siblings,

    診察、夕食作り、洗濯、兄弟との遊びなどのために街に出ます。

  • and resolving family conflicts.

    そして、家族の対立を解決する。

  • Rubi loved taking care of her family, and she felt like telling stories was a good way

    ルビは家族の世話をするのが大好きで、物語を語ることが良い方法だと感じていました。

  • to help them bond and relax in the evenings.

    絆を深め、夜にはリラックスできるように。

  • So whenever she heard an interesting exchange between her family members, saw an interesting

    そのため、家族の間で面白いやり取りを聞いたり、面白いものを見たりするたびに

  • event, or someone told her an interesting story about their day, she found a little

    イベントに参加したり、誰かがその日の面白い話をしてくれたりすると、彼女は小さな

  • bit of time to capture it in words.

    それを言葉にするには、ちょっとした時間が必要です。

  • Over time, she built up journals full of material which she decided to condense into a collection

    時間をかけて、彼女はたくさんの資料をジャーナルに蓄積し、それをコレクションに凝縮することにしました。

  • of short stories.

    短編小説の

  • One day, while hearing some of her newer work, her dad was stunned by their beauty and insightfulness.

    ある日、彼女の新しい作品を聞いていた父親は、その美しさと洞察力に驚かされました。

  • Secretly, he took her collection and went to the city to meet a literary agent.

    密かに彼女のコレクションを持って、文芸家に会うために都会に出た。

  • The agent turned out to be TonyJagar's friend.

    そのエージェントは、トニー・ジャガーの友人であることがわかった。

  • He told Rubi's dad to leave the collection on his desk, and that he'd review it when

    彼はルビの父親に、コレクションを自分の机の上に置いておくように言い、いつでも見直すようにと言った。

  • he had time.

    彼には時間があった。

  • But to be honest with you,” he said, “don't expect to hear back from me.”

    "でも、正直に言うと、"私からの返事は期待しないでください "と。

  • A few days later, a white car pulled up to Rubi's farm.

    数日後、ルビの農場に一台の白い車がやってきた。

  • It was Tony.

    トニーだった。

  • He asked to speak with Rubi.

    ルビと話がしたいと言ってきた。

  • “I've never read anything like this.

    "こんなの読んだことないよ。

  • Your voice is distinctive, your stories are unique, and your insight into the human condition

    あなたの声は独特で、あなたのストーリーはユニークで、人間の状態に対するあなたの洞察力は

  • is unparalleled.

    は他に類を見ないものです。

  • I even cried a few times.

    何度か泣いたこともあります。

  • Your grammar and sentence structure need some work, but we can help you with that.

    文法や文章の構成には工夫が必要ですが、それは私たちがお手伝いします。

  • Your exactly what the world needs right now.

    あなたはまさに今、世界が必要としている存在です。

  • We'd love to offer you a publishing deal.”

    あなたに出版のオファーをしたいと思っています。"

  • The greatest difference between Jagar and Rubi was routine.

    JagarとRubiの最大の違いは、ルーチンだった。

  • Jagar worshipped routines.

    Jagarはルーチンを崇拝していた。

  • Not only were his mornings filled with routines, but his writing was too.

    彼の朝はルーチンで満たされていただけでなく、彼の文章もそうでした。

  • His life was a mechanical formula.

    彼の人生は、機械的な式であった。

  • He wanted to paint by numbers his way to excellence, but routine was the quickest way to mediocrity.

    彼は、数字を使って卓越性を追求したかったのですが、ルーチンワークは凡庸性への一番の近道でした。

  • Rubi, on the other hand, was inventive, adaptive, and alive, in real life and in her work.

    一方、ルビは、実生活でも仕事でも、創意に富み、適応力があり、生き生きとしていました。

  • Morning routines, like all routines, are great for solving repetitive, mundane problems,

    朝のルーティンは、他のルーティンと同様に、反復的でありふれた問題を解決するのに最適です。

  • like pooping, hygiene, eating, drinking coffee, exercising, or taking medications, but they'll

    ウンチ、衛生管理、食事、コーヒー、運動、薬の服用などのように、彼らは

  • never lead to the excellence they often promise.

    しかし、そのようなことをしても、素晴らしい結果を得ることはできません。

  • People engage in new routines with the hopes of inventing a new life for themselves, but

    人は新たな人生の創造を目指して、新しい習慣に取り組むが

  • invention comes from breaking routine.

    発明は日常を壊すことから生まれる。

  • Horse-drawn carriages allowed us to break the routine of walking, cars allowed us to

    馬車があれば歩くという習慣がなくなり、自動車があれば

  • break the routine of horse-drawn carriages, and e-mail broke the routine of sending physical

    馬車を使っていた時代から、電子メールを使っていた時代から、物理的なデータを送ることができるようになりました。

  • letters.

    の文字が表示されます。

  • Each invention gave us new freedoms, but each invention simultaneously became a new routine,

    それぞれの発明は、私たちに新しい自由を与えてくれましたが、同時に新しい日常にもなりました。

  • a new trap.

    新しいトラップです。

  • Even when working out or dieting, it's the subtle breaking and overcoming of routine

    ワークアウトやダイエットでも、ルーチンを微妙に崩したり、乗り越えたりするのは

  • that leads to results.

    は、結果につながる。

  • One has to lift a little heavier or eat a littler more to reinvent their body.

    自分の体を改革するためには、少し重いものを持ち上げたり、少し多くのものを食べたりする必要があります。

  • The greatest fighter isn't one who has a routine in the ring, but one who is completely

    最強のファイターとは、リング上でのルーチンワークをこなす人ではなく、完全に

  • free of all routines.

    すべてのルーティンから解放されます。

  • One who is completely unpredictable, free, and capable of fighting in any way necessary.

    予測不可能で、自由で、どんな方法でも戦うことができる人。

  • The greatest artists haven't mastered a single style of creating, but rather, they've

    偉大なアーティストたちは、ひとつの創作スタイルを極めたのではなく、むしろ

  • transcended all style, so that they can freely and fully express themselves.

    すべてのスタイルを超越して、自由で完全な自己表現ができるようになりました。

  • One might look to Picasso or Joyce as examples.

    ピカソやジョイスを例に挙げることもできるでしょう。

  • The greatest lovers don't fall into routine and complacency.

    最高の恋人たちは、ルーチンワークや自己満足に陥らない。

  • They keep the flame alive in new and interesting ways.

    彼らは新しい、そして面白い方法で炎を維持しています。

  • We put routine breakers on pedestals.

    私たちは日常的なブレーカーを台座に置いています。

  • We worship the inventor who brings us a new way of living, the painter who shows us a

    私たちは、新しい生活様式をもたらしてくれる発明家を崇拝し、絵を見せてくれる画家を崇拝します。

  • new form, the musician who captures sounds we've never heard, or the writer who tells

    新しい形を生み出す音楽家、聞いたことのない音を再現する音楽家、そしてそれを伝える作家。

  • us a new story.

    私たちに新しい物語を提供してくれます。

  • We worship the routine breakers, but ironically, we try to be them by imitating their routines.

    私たちはルーティンブレイカーを崇拝していますが、皮肉なことに、彼らのルーティンを真似して彼らになろうとしています。

  • But what made them them was the breaking of routines in the first place.

    しかし、彼らを作ったのは、そもそも日常を壊すことでした。

  • We try to imitate people whose greatest strength is that they don't imitate others.

    人の真似をしないことが最大の強みである人の真似をしようとする。

  • If one is looking to solve repetitive, mundane problems, a routine is helpful.

    繰り返される平凡な問題を解決しようと思ったら、ルーティンが役に立ちます。

  • But if one is looking to reinvent one's life, then a routine is the greatest trap.

    しかし、人生を改革しようとするならば、ルーティンは最大の罠である。

  • They say necessity is the mother of all invention because only when one becomes truly fed up

    必要性はすべての発明の母であると言われていますが、人は本当にうんざりしたときだけ

  • with a routine, when one can no longer live with the old way of doing things, when change

    ルーチンでは、古いやり方では生きていけなくなったとき、変化が起きたとき

  • becomes absolutely necessary, does one have hope of inventing a completely new life

    どうしても必要になった時に、全く新しい生命を発明する希望が持てるかどうか。

  • for themselves.

    自分のために。

For years, Jagar wanted to be a successful writer, but he felt his life was too disordered.

ジャガーは長年、成功した作家になりたいと思っていましたが、自分の生活があまりにも乱れていると感じていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ルーチン ルーティン トニー ジャガー ワーク 新しい

なぜ「朝の習慣」は時間の無駄なのか (Why "Morning Routines" Are A Waste of Time)

  • 27 4
    Summer に公開 2021 年 06 月 24 日
動画の中の単語