Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the most striking features of relationships  is that, after a while, if things are going well,  

    人間関係の最大の特徴は、しばらくすると、うまくいっていても

  • one or both partners will almost naturally  start to refer to the other as 'baby'.  

    パートナーのどちらか、または両方が、ほぼ自然に相手のことを「赤ちゃん」と呼ぶようになります。

  • They might, alternatively or in additionstick a diminutive on to the end of their name  

    彼らは、代わりに、あるいは追加で、自分の名前の最後に小柄な言葉を付けることがあります。

  • ('-ie'), buy them a teddy (or  show them their own from way back)  

    ('-ie')、テディを買ってあげる(または昔の自分のテディを見せてあげる)。

  • and late at night speak to them in an unusually  high pitched, soothing and sing-songy way.

    と、夜遅くに異常に高い声で、なだめるように、歌うように話しかけてきます。

  • We all invest a considerable part of our energy  and our pride in growing up, in ensuring that we  

    私たちは皆、大人になることにエネルギーと誇りのかなりの部分を費やしています。

  • no longer need help in tying up our shoelacesdon't need to be reminded to wrap up warm on  

    靴紐の結び方を教えてもらう必要もなく、「今日は暖かくしてね」と言われる必要もない。

  • cold days and can take care of combing our own  hair. In short, we try very hard to be adults.

    寒い日には、自分の髪の毛を梳くこともできます。つまり、私たちは大人になろうと一生懸命なのです。

  • But successful grown up relationships  demand something rather peculiar of us:  

    しかし、大人の恋愛を成功させるためには、私たちにちょっとした特殊性が求められます。

  • while we are rewarded for the overall maturity  of our characters and way of life, we are also  

    キャラクターや生き方が全体的に成熟していることで報われる一方で、私たちは

  • invited - when striving properly to be close to  someone - to access the less developed, and more  

    招かれた-誰かに近づこうと適切に努力しているときに-開発されていない、より多くのものにアクセスするために。

  • puerile sides of us. It belongs to authentic  adulthood to be able, at points in an intimate  

    私たちの中の下品な部分。本物の大人になるためには、親密な関係の中で、時として

  • relationship, to curl up like a small child and  seek to be 'babied' as one might have been many  

    人間関係の中で、子供のように丸くなって「子守」を求めるのは、昔からあることかもしれません。

  • decades before, when we wore pyjamas with elephant  prints on them and had a lisp and a small gap in  

    数十年前、私たちは象のプリントが入ったパジャマを着て、舌足らずで小さな隙間があった。

  • our front teeth. It belongs to health, rather  than pathology, to realise how much one might  

    私たちの前歯。病理学というよりは健康学に属するもので、人がどれだけ

  • at difficult moments want to be 'mummied' or  'daddied' by a partner and to connect for a time  

    困難な時には、パートナーに「ママ」や「パパ」になってもらい、一時的につながりたいと思う

  • with the helpless, frightened, dependent child  one once was and at some level always remain.

    かつては無力で怯えた依存心の強い子供であり、あるレベルでは常にそうである。

  • Sadly though, this selective regression is no easy  or charming journey back for those whose childhood  

    しかし、悲しいことに、この選択的退行は、子供時代を過ごした人にとっては、簡単で魅力的な旅ではありません。

  • involved them in scenes of petrifying suffering  and humiliation. For them, growing up has  

    彼らは、石化するような苦しみと屈辱のシーンに巻き込まれました。彼らにとって大人になることは

  • involved a superhuman effort never again to place  themselves at the mercy of those who might take  

    そのためには、二度と人の心を奪うようなことをしないよう、超人的な努力が必要だった。

  • advantage of their vulnerabilities. Returning into  imaginative contact with 'mummies' and 'daddies'  

    彼らの弱点を利用する。ママ」や「パパ」との想像力豊かな触れ合いを取り戻す

  • therefore holds no particular charm; their  teddies will not be having a picnic any time soon.  

    そのため、特別な魅力はありません。彼らのテディがすぐにピクニックに行くことはありません。

  • These bulletproof characters are likely to walk  through the world with defiance and strength.  

    このような防弾少年団のキャラクターは、反抗心と強さを持って世界を歩いているのでしょう。

  • They will have built a heavy shield  of irony around their hearts.  

    彼らは心の中に鉄の重い盾を築いていることでしょう。

  • Sarcasm may be their favorite mode of defence  - and they will have ensured in a thousand ways  

    皮肉は彼らのお気に入りの防衛手段かもしれませんが、彼らは千差万別に確保しているでしょう。

  • that no one would ever attempt to  ask them, even in the briefest,  

    誰にも聞けないようなことを、ほんの少しでもいいから聞いてみたい。

  • most lighthearted and humorous wayto 'come to mummy or daddy' for a hug.

    ママやパパのところに来て、ハグしてもらう」という、最も軽やかでユーモラスな方法です。

  • The defensiveness is hugely understandablebut it is not necessarily aligned with the  

    防御的な態度は大いに理解できますが、それは必ずしも一致するものではありません。

  • real requirements of maturity. True health would  mean recovering an easy and informal contact  

    成熟の本当の要件。真の健康とは、簡単でインフォーマルな接触を回復することであり

  • with one's less robust dimensions; it  would mean being able to play the child  

    それは、自分のあまり強くない次元と一緒に、子供を演じることができるということです。

  • because one knew one was resolutely the adultit would mean being able to be 'baby' because  

    自分が絶対に大人であることを知っているからこそ、「赤ちゃん」でいられるということになるのです。

  • one was in no doubt that one had safely overcome  the fears and traumas of the defenceless past.

    その時、自分は無防備な過去の恐怖やトラウマを無事に克服したと確信していた。

  • The more difficult the early years have been, the  more of our undeveloped self must be disavowed,  

    幼少期が困難であればあるほど、未発達な自分を否定しなければなりません。

  • the more we must appear grandioseimpregnable and daunting. Nevertheless,  

    壮大で、難攻不落で、手ごわい存在に見えなければならないのです。それにもかかわらずです。

  • we will know we have acceded to genuine adulthood  when we can hold out a protective hand to our  

    に保護の手を差し伸べることができたとき、私たちは本物の大人になったと言えるでしょう。

  • frail younger self - and reassure them that we  will from now on be their reliable guardians and  

    そして、これからは私たちが彼らの信頼できる保護者となり、彼らを安心させるのです。

  • protectors and allow them to visit us for  a cuddle and a play whenever they need to.

    そして、彼らはいつでも私たちのところに来て、抱っこしたり遊んだりすることができます。

One of the most striking features of relationships  is that, after a while, if things are going well,  

人間関係の最大の特徴は、しばらくすると、うまくいっていても

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 大人 テディ パパ ママ 成熟 子供

私たちがパートナーを「baby」と呼ぶ理由 (Why We Call Our Partners 'baby')

  • 69 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 23 日
動画の中の単語