Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hi, this is Kate from MinuteEarth with, uh, hands.

    こんにちは、ミニット・アースのケイトです。私には手がありますね。

  • Anyway, when I want to write, flip a pancake, or take adorable hyena pictures, like most people, I use my right hand.

    書いたり、パンケーキをひっくり返したり、かわいいハイエナの写真を撮ったりする時には、大半の人と同様、右手を使います。

  • Because despite being a near-mirror image of my right, my left hand is *terrible* at this stuff.

    左手は、右手を鏡に映したのとほぼ同じですが、このようなことをするのはすごく下手だからです。

  • Lots of other animals also have a so-called "preferred" side.

    他の多くの動物にも、いわゆる「利き手」があります。

  • Gorillas generally use their right hand for tasks requiring dexterity, while orangutans use their left.

    器用さが必要なことをするのに、ゴリラは通常右手を使い、オランウータンは左手を使います。

  • Many parrots hold seeds with their left foot.

    オウムの多くは、左足で種をつかみます。

  • And Brazilian spitting spiders tend to favor their left fore-legs while hunting.

    ヤマシログモは、左前足で狩りをする傾向にあります。

  • And sure, it's weird that some animals prefer their left and some their right, but what's even weirder is why we have a preferred side at all.

    左側を好む動物、右側を好む動物がいるのは変ですが、さらに奇妙なのは、なぜ、そのように好む側があるのかということです。

  • Perhaps a hand-ier way to think about it is if having one "good" side is good, why don't we have two?

    分かりやすい考え方としては、利き手が1つあるのが良いなら、なぜ2つないの?ということですね。

  • It likely comes down to efficiency.

    結局は、効率性が理由でしょう。

  • Most animals have brains with two largely-independent sides that perform somewhat different functions and control different - and, weirdly - opposite sides of our bodies.

    大半の動物の脳には、ほぼ独立した2つの部分があり、いくらか異なる役割を担っていて、体の別々の側を―それも奇妙なことに、体の反対側をコントロールします。

  • Like, when I write my name, neurons in the left side of my brain send electrical signals to neurons in my right hand to tell it what to do.

    私が名前を書く時には、左脳のニューロンが右手に電気信号を送り、何をすべきか命令しているのです。

  • But building and operating that neural circuit takes a lot of time and a lot of energy - and training that limb to write decently takes even more.

    しかし、神経回路を作り、作動させるのには、多くの時間とエネルギーが必要です。そして、その手で上手く書けるようになるまでには、さらに多くが必要になります。

  • To write decently with my left hand, because of the quirky two-sidedness of our brains, I'd need an entirely different circuit, which would take a ton more time and energy to build, operate, and train.

    脳が、奇妙にも2つの部分でできているため、左手で上手く書くためには、全く異なる回路が必要になります。それを作り上げ、操り、トレーニングするには、ずっと多くの時間とエネルギーを要するのです。

  • Instead, it's much more efficient to rely on a single circuit for writing.

    そうではなく、1つの回路に頼って書いた方がずっと効率的です。

  • What's more, the more I use that circuit, the more I reinforce the neural connections from the brain to my right hand, making that hand even... well... handier, and the more likely I am to use it for other jobs.

    さらに、その回路を使えば使うほど、脳と右手の神経連絡を強化でき、その手はより便利になって、他のタスクにも使う傾向が高まります。

  • Voilà - handedness.

    さあ、これが利き手です。

  • This efficiency explanation is still somewhat theoretical, but evidence from all sorts of animals shows that having a preferred side can provide an advantage.

    この効率性に関する説明は、まだいくらか理論的ではありますが、様々な動物から得られた証拠を元に、利き手があると有利だということが分かっています。

  • When scientists gave a food-finding test to parrots, some of whom had a strong side preference and some didn't - the strongly-sided birds did twice as well.

    科学者がオウムに対し、食べ物を見つけるテストを行いました。どちらか一方の足を使うことを強く好むものもいれば、そうでないものもいました。前者の方が、結果が2倍良かったのです。

  • What's more, when the task got harder and the birds had to use a series of coordinated motions to get a snack hanging from a string, the strongly-sided birds were way better at figuring out a clever solution.

    さらにタスクが難しくなり、糸からぶら下がっているおやつを食べるのに、一連の協調的な運動をしないといけなくなった時には、「利き足」を持つオウムの方が、賢明な解決策をずっと上手く思いつくことができました。

  • And look, during this more complicated task, the "un-preferred" side had something important to do too, just like how my left hand holds and steadies the paper when I'm writing, or the camera when I'm snapping a picture.

    そして、このより複雑なタスクを行う最中、利き足ではない側の足も、重要なことをしていたのです。ちょうど、私が何かを書く時に、左手で紙を固定したり、写真を撮る時にカメラを固定したりするように。

  • These jobs are often - literally - supporting roles, but they, too, require circuitry to perform, and training to perform well.

    こういったタスクは、文字通り、サポート役ですが、それをするのにも回路が必要で、上手くするにはトレーニングが必要なのです。

  • So, maybe our so-called "weaker" side isn't actually weak after all; it's just optimized for different jobs.

    いわゆる利き手でない「弱い」側も、実は弱くなどありません。ただ、異なるタスクに最適化されているだけです。

  • Without it, we wouldn't be able to hammer in a nail, play the guitar, catch and throw a baseball, perform heart surgery, or deftly wield a sword and shield.

    それなしでは、釘を打つことも、ギターを弾くことも、キャッチボールをすることも、心臓手術をすることも、剣や盾を巧みに振るうこともできません。

  • Of course, there's that question of why I - along with most humans - would swing a sword with my right hand, while far fewer would choose their left.

    もちろん、私も含め大半の人間が、なぜ右手で剣を振り、そこで左手を選ぶ人がほとんどいない理由はなぜか、疑問はあります。

  • But that's a question for another video, as this one is already out of hand.

    でもそれは、別のビデオでの質問にしましょう。今回の問題が、もう手に負えないですからね。

  • The human body is really strange - we could go on and on about it.

    人の体というのは本当に奇妙なもので、ずっと話し続けられます。

  • And we actually have: We made MinuteBody, an entire series of videos about the weird workings of, well, us.

    そして実際、私たちは話し続けました。ミニット・ボディは、私たちが持つ奇妙な仕組みについてのビデオシリーズです。

  • You can check out the first season exclusively on Nebula, a platform built by independent education-y creators like us as a place to experiment and try out new ideas.

    第1シーズンを、ネブラだけでチェックできますよ。ネブラは、私たちのような独立した教育系クリエーターたちが生み出した、実験したり、新しいアイデアを試したりする場です。

  • And now CuriosityStream - a documentary streaming service that loves supporting creators - has teamed up with Nebula to launch the second season of MinuteBody.

    それから、クリエーターたちを喜んでサポートしてくれる、ドキュメンタリーのストリーミングサービス、キュリオシティー・ストリームが、ネブラと手を組み、ミニット・ボディの第2シーズンを作りあげました。

  • The newest episode comes out today!

    最新のエピソードは、今日公開されます!

  • As part of our partnership, when you sign up for CuriosityStream at curiositystream.com/MinuteEarth, you'll also get Nebula for free.

    私たちのパートナーシップの一環として、curiositystream.com/MinuteEarth からキュリオシティー・ストリームに登録すると、ネブラにも無料でアクセスできますよ。

  • So, for just fifteen bucks a year, you'll not only get access to CuriosityStream's huge library of high-quality content like "What Animals See," you'll also get free access to tons of creative stuff on Nebula from the folks behind Real Engineering, Wendover, Tom Scott - and all new episodes of MinuteBody.

    1年にたった$15で、「動物が見ているもの」のような高品質なコンテンツなど、キュリオシティー・ストリームが誇る膨大なコレクションにアクセスできるだけはありません。リアル・エンジニアリング、ウェンドーバー、トム・スコットの仲間たちが生み出す、ネブラで公開されている多くのクリエイティブな作品、さらに、ミニット・ボディの新エピソードも全て、無料でアクセスできます。

  • Come check it out!

    チェックしてみてください!

Hi, this is Kate from MinuteEarth with, uh, hands.

こんにちは、ミニット・アースのケイトです。私には手がありますね。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 minuteearth ケイト

【驚き】なぜ?両利きの人が稀な理由

  • 615 32
    nao に公開 2021 年 07 月 13 日
動画の中の単語