Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You told me you want to study English with moviesAnd a lot of you suggested a Will Smith movie,  

    映画で英語を勉強したいとおっしゃっていましたよね。 そして、多くの方がウィル・スミスの映画を提案してくれました。

  • The Pursuit of Happyness”. By the waythe title of this film is intentionally  

    "The Pursuit of Happyness"(幸せの追求)。ちなみに、この映画のタイトルは意図的に

  • misspelled. If you're going to write this  word, you definitely want to use an I. 

    misspellingです。この言葉を書くなら、絶対にIを使いたいものです。

  • We'll do a full pronunciation  study of his job interview.  

    彼の就職面接では、完全な発音の研究をします。

  • So if you're going to have a job interview in  English anytime soon, this could be great for you.  

    そのため、近々英語での面接を受ける予定のある方には、最適な教材となるでしょう。

  • We'll study reductions, linking, stressAll the things that make up the character  

    リダクション、リンキング、ストレスを勉強します。 キャラクターを構成するすべてのものが

  • of spoken American English. You'll  be surprised what you'll learn

    アメリカで話されている英語の驚くようなことが学べますよ。

  • As always, if you like this  video or you learn something new,  

    いつものように、このビデオが気に入ったり、何か新しいことを学んだりしたら

  • please give it a thumbs up and subscribe and  don't forget to click that notification bell.

    読者の皆様におかれましては、ぜひとも親指を立ててご購読いただき、通知ベルをクリックすることをお忘れなく。

  • Let's watch the clips we'll study together.

    これから勉強するクリップを一緒に見てみましょう。

  • Chris, what would you say if a guy walked  in for an interview without a shirt on

    クリスさん、もし男の人がシャツを着ずに面接に来たら何と言いますか?

  • And I hired him. What would you say?

    そして、彼を採用した。あなたならどうしますか?

  • He must've on some really nice pants.

    きっと素敵なパンツを履いていたのでしょう。

  • (laughing)

    笑)。

  • Chris

    クリス

  • You really pulled it off in there. Thank you very much Mr. Twistle

    あなたは本当にそれをやり遂げました。ありがとうございました、Mr.

  • Hey, now you can call me Jay. Will talk to you soon.

    おい、これからはJayと呼んでくれ。近いうちに話そう。

  • And now the analysis.

    そして、いよいよ分析です。

  • Chris

    クリス。

  • Chris, He's saying his name and that's got a big  up-down shape of stress. So that's the shape of a  

    クリス、彼は自分の名前を言っていて、それはストレスの大きな上下の形をしています。の形になっているんですね。

  • stressed syllable in American English. Chris 

    アメリカ英語の強調された音節クリス

  • We don't have flat pitches for  our stressed syllables. They  

    強調された音節にはフラットなピッチはありません。彼らは

  • have change in direction. Usually, it goes up  and then down every once in a while it goes  

    は、方向性が変わります。通常は上昇してから下降しますが、たまに下降することもあります。

  • down and comes back up. But what's importantit's not flat. Chris, Chris, Chris. Chris.

    沈んでは立ち上がってくる。でも重要なのは、平らではないということです。クリス、クリス、クリス。クリス

  • Chris

    クリス

  • And the CH letters there are making a K  sound. CH in American English can be the  

    そして、そこにあるCHの文字はKの音を出しています。アメリカ英語でのCHは、以下のようになります。

  • SH sounds like in chef or Chicagoit can be K sounds like Chris  

    SHはchefやchicagoのように、KはChrisのように聞こえます。

  • or choir and of course it  can be a CH sound like in choose

    のようにCHの音にすることもできますし、クワイアもできます。

  • Chris

    クリス

  • What would you say

    あなたは何と言いますか?

  • What would you say. Then he puts a little breakSo, when we have little breaks, that means the  

    なんて言ってみたりして。そして、少し休憩を入れます。 つまり、小休止があるということは

  • words aren't linking together, there's a little  pause but aside from that break everything does  

    言葉が繋がらず、少し間が空いてしまいますが、それを除けば全てが繋がっています。

  • link together and we call that a thought group. So  he puts a break after Chris. He puts a break after  

    思考グループと呼んでいます。だから彼はChrisの後に休憩を入れます。の後にブレイクを入れています。

  • say. So these four words linked together smoothly  and we don't want a feeling of choppiness.  

    と言います。この4つの言葉がスムーズにつながって、ちぐはぐな感じにならないようにするわけです。

  • Words within a thought group should be very  smooth and the melody should be smooth as well,  

    思考グループ内の言葉は非常に滑らかであるべきで、メロディも滑らかであるべきです。

  • no jumps or skips in the melody. So let's  listen to the melody of this phrase.

    メロディにジャンプやスキップはありません。では、このフレーズのメロディを聴いてみましょう。

  • What would you say--

    何と言うか...。

  • What would you say. What would you say. So would  unstressed but what, some of that length and  

    What would you say.あなたは何と言うでしょうか。強調されていないが、何か、その長さの一部と

  • the up-down shape, you also has some of the  up-down shape and then I think say actually  

    アップダウンのある形状で、あなたもアップダウンのある形状をしていて、そして実際に言うと

  • goes the opposite way, starts going back up. So  when we make the melody of our voice go up at  

    は、逆に上がり始めます。ですから、私たちの声のメロディーをで上に行くようにすると

  • the end of a phrase that means that we're going to  continue. It's a signal that we have more to say.  

    は、これから続けることを意味するフレーズの終わりです。まだまだ言いたいことがあるという合図です。

  • What, what would. What would. The T here is  a stop T unreleased, it's not T, what would,  

    What, what would.What wouldですね。ここでのTは停止したTの未発表のもので、Tではなく、What wouldです。

  • what would but what would, what wouldIt's also not dropped. It's not wha would,  

    what wouldが、what wouldが、what wouldが。 また、ドロップではありません。wha wouldではありません。

  • wha would. We have that little  skip that little lift. What would.

    wha would.あの小さなスキップ、小さなリフトがあります。What would.

  • What would--

    何のために...

  • The D sound in you also not releasedIt's not would you but would you.  

    youのD音も出ません。 would youではなく、would youです。

  • Right from that vibration  of the vocal cords of the D  

    Dの声帯のその振動から右

  • into the Y consonant. Now the letterin would isn't pronounced. What would.

    をYの子音に変換します。さて、wouldのLという文字は発音されません。What would.

  • What would

    何のために

  • What would you say,

    なんて言ってみたりして。

  • What would you say. Smoothly connected, no skips  and if you're practicing just those first two  

    何と言うか。スムーズにつながり、スキップもなく、最初の2つだけを練習するなら

  • words what and would, make sure you're feeling  a difference there. What is stressed, would is  

    の言葉は、whatとwould、そこに違いを感じているかどうかを確認します。whatは強調され、wouldは

  • unstressed, it shouldn't feel the same. It's  not what, would but it's what would, what would.

    ストレスのない状態では、同じようには感じられないはずです。What, wouldではなく、What would, what wouldです。

  • What would

    何のために

  • What would you say if a guy walked in  for an interview without a shirt on.

    もし、シャツを着ずに面接に来た人がいたら、どう思いますか?

  • And now he finishes his thought group.

    そして今、彼は思想家集団を終えた。

  • if a guy walked in for an  interview without a shirt on.

    シャツを着ないで面接に来た人がいたとします。

  • Really this is a question isn't it? He's saying  what, what would you say. His intonation does  

    本当にこれは質問ですよね?彼が言っているのは、「あなたなら何と言うか」ということです。彼のイントネーションは

  • go down at the end. So sometimes people think  for questions, intonation always goes up. But  

    は最後に下がります。ですから、質問の場合、イントネーションは必ず上がると思われることがあります。しかし

  • that's now actually true. Definitely for yes no  questions it's true but questions that cannot be  

    が実際に当てはまるようになりました。イエス・ノーの質問は間違いなく真実ですが、できない質問は

  • answered by yes or no usually the pitch goes  down at the end which is what happens here.

    イエスかノーで答えると、通常は最後にピッチが下がりますが、今回はそれが起きています。

  • if a guy walked in for an  interview without a shirt on.

    シャツを着ないで面接に来た人がいたとします。

  • So let's just look at this thought group  again. We have a lot of words but no breaks.  

    では、もう一度この思考グループを見てみましょう。たくさんの言葉がありますが、区切りはありません。

  • It's not if a guy walked in. But it's ifguy walked in. Ahhuauh. Smooth connection.

    男が入ってきたかどうかではない。でも、男の人が入ってきた場合です。アワアワ。スムーズな接続。

  • if a guy walked in

    男が入ってきたら

  • Let's listen to it, see if you can identify. What  are our longer syllables with a change in pitch?

    聴いてみて、わかるかな?音程が変化する長い音節は何でしょう?

  • if a guy walked in

    男が入ってきたら

  • If a guy walked in. if a guy walked, a little  bit on guy but really the peak of stress there  

    もしも男が歩いてきたら。もしも男が歩いてきたら、男には少しだけですが、本当にそこがストレスのピークになります。

  • is walked. If and a, they're just sort  of part of the melody going up. If a,  

    は歩いています。ifとaは、上昇するメロディの一部のようなものです。If a,

  • if a, if a, if a. It's not if a but they're said  quickly, they're unstressed. If a guy walked in.

    if a, if a, if a. if aではなく、素早く、強調せずに言います。もし男が入ってきたら。

  • if a guy walked in

    男が入ってきたら

  • Walked. This is another word with a silent L just like  would. Now the ED ending in the word walked is  

    Walkedです。これもwouldと同じようにサイレントLを持つ単語です。さて、walkedという単語で終わるEDは

  • pronounced as a T. And we have three different  pronunciations for the ED ending. I do have a  

    EDの発音は3種類ありますが、私はTと発音します。を持っています。

  • playlist on those ED endings so you can click  here or see the link in the video description.

    これらのEDエンディングに関するプレイリストは、こちらをクリックするか、ビデオの説明にあるリンクをご覧ください。

  • Walked in

    ウォークイン

  • Walked in, walked in.  

    歩いてきた、歩いてきた。

  • The T is just now released by itselfIt's released into the next word in.  

    Tは今、自分自身でリリースされています。 次の単語inにリリースされています。

  • Walked in, walked in. So it's not quite as strongit's subtle but this kind of linking is important.  

    Walked in, walked in.このように、それほど強くはなく、微妙ですが、このようなリンクは重要です。

  • Because within thought groups we  want to sounds to flow continuously.

    なぜなら、思考グループの中では、音が継続的に流れて欲しいからです。

  • Walked in

    ウォークイン

  • For an interview without a shirt on.

    シャツを着ていない状態でのインタビューに

  • Walked in for an interview, an interviewmore stress there without a shirt on.  

    面接のために歩いてきて、面接、シャツを着ないでそこにもっとストレスを感じた。

  • So walked in and stress, I'm sorry, and shirt are  our most stressed syllables there. After walked,  

    そのため、stalked in and stress, I'm sorry, and shirt が最も強調される音節です。walkedの後。

  • we have some unstressed syllables in, for, an  and they're not fully pronounced like that,  

    in, for, anなどの非ストレスの音節がありますが、完全にはそのように発音されません。

  • are they? In for an, in for an, in  for an, in for an, in for an. Can you  

    のようなものでしょうか?In for an, in for an, in for an, in for an, in for an.あなたは

  • understand that I'm saying those three words? In for an. And they're all linked together,  

    は、私がその3つの言葉を言っていることを理解していますか?in for an.そして、それらはすべてつながっている。

  • the word for reduces. For, for. You can almost  think of it as not having any vowel at all. It's  

    の言葉が軽減されます。フォー、フォー。母音が全くないと考えてもいいくらいです。It's

  • the schwa R sound. And the R links right into  the schwa for our article an. For an for an,  

    シュワのRの音です。そしてRは、記事のanのシュワにすぐリンクします。for an for anです。

  • for an. In for an, in for an, in for anReally unclear. And that's what we want in  

    for anのことです。In for an, in for an, in for an. 本当に不明瞭です。そして、それは私たちが

  • our unstressed syllables. We have walked and  interview. But in for an becomes in for an.  

    私たちの強調されていない音節。walkedとinterviewがあります。しかし、in for anはin for anになります。

  • in for an. in for an. We need that contrast of  clear and less clear. Now you may have noticed  

    in for an. in for an.明確なものとそうでないものの対比が必要です。さて、あなたは気づいたかもしれませんが

  • in the word interview he dropped the T soundThat's really common. T after N especially in the  

    インタビューという言葉の中で、彼はTの音を落とした。 これは本当によくあることです。特にNの後のTは

  • word part inter. Interview, internetinternational. Really really common to drop the T.

    word part inter.インタビュー、インターネット、インターナショナル。Tを落とすことは本当によくあります。

  • Walked in for an interview without a shirt on

    シャツを着ずに面接を受けたこと

  • A little bit of stress on out. Withoutwithout, without a, without (flap).  

    ちょっとしたストレスをアウトに。なしで、なしで、aなしで、(はたき)なしで。

  • What's happening to that T? That becomes a flap T.  I write that with the letter D. Because it sounds  

    そのTはどうなっているの?それはフラップTになります。私はそれをDという文字で書きますが、それが聞こえるからです。

  • like the D between vowels in American EnglishBut it's coming between two vowel diphthong  

    アメリカ英語の母音の間のDのように。 しかし、それは2つの母音の間に来る二重母音

  • sounds. We have the OU diphthong in the  word out. And we have the schwa and so a T  

    の音があります。outという単語にはOUの二重音があります。また、シュワもあるので、a T

  • between those two sounds is just (flap) going to  flap against the tongue. Without a, without a.

    この2つの音の間は、ちょうど(flap)が舌に当たってバタバタするんです。aなしで、aなしで。

  • Without a --

    なくても--。

  • And there's no break between interview  and without either. Interview with, view  

    そして、インタビューとウィズアウトの間にも区切りがありません。インタビューウィズ、ビュー

  • with. Keep that sound going  continuously, no choppiness.

    を使っています。その音を継続して、途切れることなく。

  • Interview without a

    のないインタビュー。

  • Interview without a shirt on.

    シャツを着ていない状態でのインタビュー。

  • Without a shirt on. Now what's happening with this  T? Shirt on. (flap). It's another flap T, why? It  

    シャツを着ていない状態。さて、このTはどうなっているのでしょうか?シャツを着る。(フラップ)。これもフラップTですね、なぜ?それは

  • doesn't come between two vowel of diphthong sounds  because this is an R. Well the rules for flap T  

    は2つの母音の間には入らないので、これはRになります。

  • include after an R before a vowel or diphthongSo like in the word party, that's a flap T,  

    母音や二重母音の前のRの後に含まれます。 つまり、Partyという単語のように、flap Tとなります。

  • it comes after an R before a vowel or diphthong. In the phrase shirt on. Shirt (flap) on.Flap T.

    母音や二重唱の前のRの後に来ます。フレーズではshirt on.シャツ(フラップ)オン.フラップT.

  • without a shirt on.

    シャツを着ていません。

  • Let's listen just to without a shirt on in slow  motion so you can really focus in on those flaps,  

    シャツを着ていない状態をスローモーションで聞いてみると、フラップの部分に集中できます。

  • You're not hearing ttt, that true T.

    tttを聞いていない、その真のT。

  • without a shirt on.

    シャツを着ていません。

  • And I hired him.

    そして、彼を採用した。

  • Okay and he has one more thought group  here. Everything links together. And I  

    オーケー、そして彼はここにもう一つの思考グループを持っています。すべてがリンクしています。そして私は

  • hired him. Everything is going up towards  the peak of stress on our verb. And I,  

    彼を雇った。すべてが、私たちの動詞のストレスのピークに向かって上がっています。そして私。

  • and I is just on the way to that peak of stressAnd I hired him. One line, smoothly connected.

    そして、私はちょうどそのストレスのピークに向かっていた。 そして私は彼を雇った。一本の線で、スムーズにつながっている。

  • And I hired him.

    そして、彼を採用した。

  • We have a couple reductions. We have and,  

    私たちは、いくつかの削減を行っています。私たちはアンドを持っています。

  • D is dropped. And I, and I. And that N consonant  links right into the I diphthong. And I hired him.

    Dを落とす。そして、I、I、I。そして、そのN子音はIの二重唱にぴったりとつながる。そして私は彼を雇った。

  • And I hired him.

    そして、彼を採用した。

  • Hired him. Hired him. Can you tell that  there's no H there. He's not saying hired him.  

    彼を雇った。彼を雇った。ここにはHがないのがわかりますか?彼は彼を雇ったとは言っていません。

  • He's saying hired him. Dropping the H, it's  pretty common to drop the H in the word him,  

    彼はhired himと言っています。Hを落とすと、himという単語にHを落とすのはよくあることです。

  • her, his, he. Definitely something  that we do. And then we just link it  

    her, his, he.間違いなく私たちがやっていることです。そして、それをリンクさせます。

  • on the word before. So here the ED ending  makes a D sound. Hired him. Hired him.

    の前の単語である。つまり、ここではEDの語尾がDの音になります。彼を雇った。彼を雇いました

  • Hired him.

    彼を雇った。

  • What would you say

    あなたならどうしますか?

  • We have a four word thought group here. One word  is the most stressed. Let's listen to it three  

    ここには4つの単語の思考グループがあります。1つの単語が最も強調されています。それを3つ聞いてみましょう。

  • times. You tell me where your body wants to movewhere do you feel the most stress is. If you were  

    回です。体が動きたがっている場所、最もストレスを感じる場所を教えてくれます。もしあなたが

  • going to move your head once or move your hand  once on the stress. Where would your body do that?

    は、ストレスで頭を1回動かしたり、手を1回動かしたりします。それを体のどこでやるのか?

  • What would you say?

    あなたならどうしますか?

  • What would you say? Ahuhauh. I definitely  hear that you is our one stress word,  

    あなたなら何と言いますか?Ahuhauh.私たちの1つのストレスワードは「あなた」だと聞いています。

  • what and would lead up to it  and then say falls away from it.

    何をどうすればいいのか、そこに至るまでの過程を説明し、そこから離れていくことを言う。

  • What would you say?

    あなたならどうしますか?

  • What. Stop T again not released. I should say  with the Wh words, there is a pronunciation that  

    何を。ストップTがまた出ない。Whの言葉で言うと、発音があるので

  • has an escape of air before what, whatwhite, why. Have you ever noticed that?  

    は、what、what、white、whyの前に空気の逃げ場があります。それに気づいたことはありますか?

  • It's not very common anymore and he doesn't do  that escape of air. It's just a clean W sound.

    もうあまり一般的ではありませんし、あの空気の逃げ方もしません。ただ、きれいなWの音です。

  • What would---

    何をするか---。

  • What would, What would. Now we have a word  ending in D, the next word is you, something  

    What would, What would.さて、Dで終わる単語が出てきましたが、次の単語はyou, something

  • interesting happening with the pronunciationListen three times and see if you can hear it.

    発音で面白いことが起こる。 3回聞いて確認してみてください。

  • What would you--

    あなたは何を...

  • What would you, dyou, dyou, do you hear thatIt's a really clear J sound. Ju, ju. When a word  

    あなたなら、dyou、dyou、聞こえますか? 本当にはっきりとしたJの音です。Ju, ju.単語が

  • ends in a D and the next word is you or yourit's not uncommon to hear it turn it into a J,  

    がDで終わり、次の単語がyouやyourの場合、それがJになることも珍しくありません。

  • I think it sorts of helps smoothly link the  two words together. We'd love smoothness in  

    2つの単語をスムーズに結びつけるためのものだと思います。私たちは、スムーズさを

  • American English. What would you say? And then the  voice falls down in pitch, everything connected.

    アメリカ英語です。あなたなら何と言いますか?そして、声の高さが下がり、すべてがつながっていくのです。

  • What would you--

    あなたは何を...

  • What would you say?

    あなたならどうしますか?

  • He must've had on some really nice pants.

    きっと素敵なパンツを履いていたのでしょう。

  • He must've had on some. So in this thought  group we have a first word stressed.  

    彼は何かを身につけていたに違いない。この思考グループでは、最初の単語が強調されていますね。

  • He must've had on some. And then we have  a bunch of words that are less stressed,  

    彼は何かを身につけていたのでしょう。そして、あまりストレスを感じないような言葉が並んでいます。

  • flatter in pitch than our last three  words stressed, longer. Really nice pants.

    最後の3つの単語が強調されているよりもピッチが平坦で、長い。本当に素敵なパンツですね。

  • He must've had on some really nice pants.

    きっと素敵なパンツを履いていたのでしょう。

  • Make sure everything is connected and  smooth but also make sure you have rhythmic  

    すべてがつながっていること、スムーズであることはもちろん、リズミカルであることも大切です。

  • contrast. Speed up these words, make them less  clear, we need that. He must've had on some.  

    コントラストをつける。この言葉をスピードアップして、はっきりしないようにする、それが必要なのです。彼は何かを着ていたに違いない。

  • Do you notice must've. What's happening thereThe word have is being reduced all the way down  

    Do you notice must've.そこで何が起こっているかというと haveという単語が一気に減っています

  • to a single sound. The schwa, must've. Must've  had on some. The D flaps as it links had and on.  

    を一つの音にしてみました。シュワ、must've。Must've had on some.Dはhadとonにリンクするようにフラップします。

  • Must've had on some

    をつけていたに違いない。

  • He must've had on some--

    彼は何かを身につけていたに違いない...

  • And the word some. Not really fully pronounced.  I would write that with a schwa instead of  

    そして、someという言葉。本当に完全には発音されていません。 の代わりにシュワを使って書きます。

  • the UH as in butter sound. Some, some. He  must've had on some. He must've had on some.

    バターの音のようなUH。少し、少し。He must've had on some.彼は何かをつけていたに違いない。

  • He must've had on some---

    彼は何かを身につけていたに違いない。

  • And then our last three words clearerlonger, up-down shape of stress.

    そして、最後の3つの言葉は、より明確に、より長く、ストレスのアップダウンの形をしています。

  • Really nice pants.

    本当に素敵なパンツです。

  • Really nice pants. The word pants. The vowel  there is a little tricky, it's the AH vowel  

    本当に素敵なパンツです。パンツという言葉。ここの母音は少し厄介で、AHの母音です。

  • as in bat but when it's followed by N like it is  here, we make a sound in between. It's like the UH  

    のように「バット」と呼ばれることもありますが、今回のように「N」が続く場合は、その間に「音」を入れます。UHのようなものです。

  • as in butter vowel, back of the tongue relaxesSo it's not ah, pa, pants. But it's pae, ae,  

    バターの母音のように、舌の奥がリラックスします。 ですから、ah, pa, pantsではありません。でも、pae, aeです。

  • things relaxed and it changes the soundPae, pants. Pants, pants not pants.

    のものがリラックスして、音が変わります。 ペー、パンツ。パンツ、パンツじゃない。

  • Pants.

    パンツです。

  • (laughing)

    笑)。

  • Chris..

    クリス...

  • Chris. Chris. Again, just like in the  beginning we have a name a proper noun,  

    クリスクリスです。繰り返しになりますが、最初と同じように、名前......固有名詞があります。

  • stressed word, a single syllable so it  has that up-down shape. Chris. Chris.

    強調された単語、一音節のため、上下の形をしています。クリスです。クリスです。

  • Chris.

    クリス。

  • You really pulled it off in there.

    あなたはそこで見事に成功しました。

  • You really pulled it off in there. So we have  a little bit of stress on really. You really  

    あなたはそこで見事に成功しました。だから私たちは本当にちょっとしたストレスを抱えています。あなたは本当に

  • pulled it. But most of on off in there. Most  of it on off. Pull off. This is a phrasal verb.

    を引いてみました。しかし、そこにはほとんどのオンオフがあります。そのほとんどがオフになっています。プルオフ。これは句動詞です。

  • You really pulled it off in there.

    あなたはそこで見事に成功しました。

  • And it has a couple of different meanings. In  this case it means to succeed at something,  

    この言葉にはいくつかの異なる意味があります。この場合は「何かに成功する」という意味です。

  • to achieve something. He had an interview  

    何かを成し遂げるために彼はインタビューを受け

  • and they loved him. He succeeded at  that interview, he really pulled it off.

    そして、彼らは彼を愛した。彼はそのインタビューを成功させました、本当に成功させたのです。

  • You really pulled it off in there.

    あなたはそこで見事に成功しました。

  • The ed ending in pulled is just the D sound  and that links right into the e vowel,  

    edの末尾がpullになっているのは、ちょうどDの音で、eの母音につながっています。

  • for smoothness. Pulled it, pulled itYou really pulled it off. Now we have a T  

    滑らかさを求めて引っ張った、引っ張った。 本当に引きましたね。今では、T

  • between vowels. Let's listen for that.

    母音の間。それを聞いてみよう。

  • It off--

    それはオフ--。

  • It off, it off (flap). Yup, definitely a flap.  

    It off, it off (flap).うん、確かにフラップだね。

  • You know we don't have many rules in American  English pronunciation that people follow but flap  

    アメリカ英語の発音には、人々が従うようなルールはあまりないのですが、flap

  • T, we follow that pretty well. Between two vowels  or diphthong sounds or after an R before a vowel  

    T、それによく従います。2つの母音の間、2重音の間、または母音の前のRの後

  • or diphthong sound we flap it. Pulled it offIt off, it off, it off. Pulled it off in there.

    や二重唱の音を叩きます。それを引き剥がす。 取った、取った、取ったそこから引き剥がします。

  • Pulled it off in there.

    そこに引っ張られてきました。

  • If it helps you to link more smoothly, think  of the ending consonant as beginning the next  

    よりスムーズにつなげるためには、末尾の子音を次の子音の始まりと考えるとよいでしょう。

  • word. So rather than thinking off in, you can  think off-in. Off in, off in, off in there.

    という言葉があります。ですから、off inと考えるよりも、off-inと考えればいいのです。オフ・イン、オフ・イン、そこのオフ・イン。

  • off in there.

    そこにはオフがある。

  • Thank you very much Mr. Twistle.

    トイスルさん、どうもありがとうございました。

  • So he stresses the word much and thank younot very clear as in thank you very much Mr.  

    そのため、muchやthank youという言葉を強調し、thank you very much Mr.のようにvery clearではない。

  • Twistle. And then of course, stress on the name as  well. But this is a nice way to show the contrast  

    トイスル。そして、もちろん名前にもストレスを感じます。しかし、これはコントラストを示すのに良い方法です

  • between the stress word much and the unstressed  word thank you. So if all he had said was thank  

    強調語のmuchと非強調語のthank youの間。だから、もし彼がthankとしか言わなかったら

  • you, it probably would have been more clear. Thank  you, thank you. But instead he wanted to stress  

    あなたのおかげで、より明確になったかもしれません。ありがとう、ありがとう」と。しかし、代わりに彼は強調したかった

  • much. So thank you became less clear. Thank  you, thank you, thank you. Thank you very much.

    が多くなりました。だから、サンキューはあまりはっきりしなくなった。ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。どうもありがとうございました。

  • Thank you very much--

    どうもありがとうございました。

  • It's important that we don't have that stress  feel for every word. Thank you very much.  

    言葉の端々にそのようなストレスを感じることがないようにすることが大切ですね。どうもありがとうございました。

  • Thank you very much. That stop sounding natural  

    どうもありがとうございました。自然に聞こえなくなる

  • in American English. We have to have that  contrast of the more clear and the less clear.

    アメリカ英語ではより明確なものとそうでないものの対比が必要なのです。

  • Thank you very much--

    どうもありがとうございました。

  • Thank you very much Mr. Twistle.

    トイスルさん、どうもありがとうございました。

  • So we have a peak of stress on muchMuch Mr. then Mr. becomes a little valley  

    そのため、muchにはストレスのピークがあります。 Much Mr.からMr.が少しずつ谷になっていきます

  • Mr. Twistle before our next peak of stress.

    次のストレスのピークを迎える前に、Mr.Twistleが

  • Much Mr. Twistle.

    多くのMr.Twistle。

  • Hey, now you can call me Jay.

    おい、これからはJayと呼んでくれ。

  • He says hey, hey. Just a little  utterance. Not very clear, not very loud.  

    ヘイ、ヘイと言っている。ちょっとした発声。あまりはっきりしていないし、大きな声でもない。

  • Hey. Now you can call me Jay. And we have the  stress on the first word and the last word there.  

    やあ、今はジェイと呼んでくれていいよ。また、最初の単語と最後の単語にストレスがあります。

  • The words in between, less clear, part  of that valley. Hey, now you can call me.  

    その間にある言葉は、あまりはっきりしないが、その谷間の一部である。ねえ、今、私に電話してみて。

  • And we even have a reduction. How do you think  this word is pronounced? You might think oh, I  

    しかも、リダクションまである。この言葉、どうやって発音すると思いますか?あなたは、ああ、と思うかもしれません。

  • know that word. It's can. But actually most of the  time it's not pronounced that way. Let's listen.

    はその言葉を知っています。それはcanです。しかし、実際にはほとんどの場合、そのようには発音されません。聞いてみましょう。

  • Now you can call me Jay.

    これからは、ジェイと呼んでください。

  • You can call me. You call me. I'm going to  give a little bit of up down on call but can,  

    私に電話してください。私に電話してください。呼び出しにはちょっとしたアップダウンがありますが、できます。

  • what is happening to it? We reduced that and  we have just the schwa instead of the ah vowel.  

    これはどうなっているのでしょうか?それを減らして、ahの母音の代わりにシュワだけにしました。

  • Now schwa mixes with an, we kind of loose it  all together. So it's really just can, can, can  

    今ではシュワがアンと混ざって、一緒になってしまっています。だから、本当にcan, can, canなのです。

  • like there's no vowel at all. Now you  can, now you can. And he even doesn't  

    母音が全くないように。今、あなたはできる、今、あなたはできる。そして、彼はさらに

  • make those consonant sounds very clear does  he? That word is so fast. It almost gets lost.

    彼は子音をはっきりと発音していますか?この単語はとても速いですね。迷子になりそうです。

  • You can call me--

    あなたは私を呼び出すことができます - 。