Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For centuries now, countless inventors and  innovators have tried to harness the power of the  

    何世紀も前から、数え切れないほどの発明家や革新者が、その力を利用しようと試みてきました。

  • Sun. Some time in the next century, solar energy  might make a large contribution to energy needs.  

    太陽。次の世紀には、太陽エネルギーがエネルギー需要に大きく貢献するようになるかもしれません。

  • And today, the dream of using solar energy  to power transportation is pushing automotive  

    そして今日、太陽エネルギーを輸送手段に利用するという夢が、自動車を後押ししています。

  • technology to its limits. It was right around  late 2005 where I became obsessed with the very  

    テクノロジーの限界に挑戦に夢中になったのは、ちょうど2005年後半のことでした。

  • idea of this vehicle. By building a solar caryou'll get this constraint that you're limited  

    この車のアイデア。ソーラーカーを作ることで、この制約を受けることで

  • in the amount of energy you have. But buildingpractical solar car--one that can actually compete  

    エネルギーの量を増やすことができる。しかし、実用的なソーラーカーを作る--実際に競争できるような

  • with fossil fuel vehicles and today's EVs--has  never really seemed possible. Until now.

    化石燃料車と現在の電気自動車では、その可能性は決して高くありませんでした。これまでは。

  • So it started out of my garage like lots of  Southern California companies do. Aptera  

    南カリフォルニアの多くの企業がそうであるように、この会社も私のガレージから始まりました。アプテラ

  • was really started, based on obsession with efficiency.  

    は、効率性へのこだわりから始まったものだ。

  • Yeah, so actually it all started back in 2012 when  the CEO of--of Lightyear  

    そもそもの始まりは、2012年にライトイヤー社のCEOが

  • gave me a call and then he told me, yeah we're  going to participate in the World Solar Challenge.  

    そして、「ワールド・ソーラー・チャレンジに参加するよ」と言ってくれました。

  • For years now, these two have been driven to  build the world's first commercial solar-powered car.  

    世界初の商用ソーラーカーを作るために、2人は何年も前から動いていました。

  • Yeah, so I'm Arjo van der Ham, co-founder and  chief technology officer at LightyearMy name is  

    私はライトイヤーの共同設立者であり、最高技術責任者のアルヨ・ヴァン・デル・ハムです。私の名前は

  • Steve Fambro, and I'm the co-CEO of Aptera MotorsWhat Aptera and Lightyear are working on could  

    スティーブ・ファンブロと、アプテラ・モーターズの共同CEOです。 Aptera社とLightyear社が取り組んでいることは、次のようなことです。

  • revolutionize the auto industry and transform  transportation. The Lightyear One is a solar  

    は、自動車業界に革命を起こし、交通手段を変えます。ライトイヤー・ワンは、ソーラー

  • powered family car. It has five seats. It hasfive square meter solar panel. Aptera is a solar  

    を搭載したファミリーカー。5人乗りです。5平方メートルのソーラーパネルを搭載しています。Apteraはソーラー

  • electric vehicle that has solar cells on virtually  every square meter surface of the vehicle.  

    車体のほぼすべての面に太陽電池を搭載した電気自動車。

  • Now, you may have already seen solar cars with  similar out-of-this-world designs beforeBut  

    これまでにも、この世のものとは思えないようなデザインのソーラーカーを目にしたことがあるかもしれません。しかし

  • these vehicles aren't just attention-grabbing  concept cars or experimental solar racers built  

    これらの車両は、単に注目を集めるコンセプトカーや実験的なソーラーレーサーとして作られたものではありません。

  • for competitionThese cars are designed and  engineered for the everyday commute.  

    競争のために。これらの車は、毎日の通勤のためにデザインされ、設計されています。

  • Having the solar cells on the vehicle lets us park it  in the Sun and charge it while you're at work,  

    車両に太陽電池を搭載することで、太陽の下に駐車し、お客様が仕事をしている間に充電することができます。

  • while you're shopping, or whateverSo, if you drive 12,000 miles per year, something like that like most people do.

    買い物をしている間などに。 例えば、年間12,000マイル(約1,000km)を運転するような人の場合、多くの人がそうだと思います。

  • you might never have to plug it in at  allYou might just drive to work and back,  

    そのためには、プラグを差し込む必要が全くないかもしれません。車で仕事場まで往復することになるかもしれません。

  • and the car pretty much stays full. You can drive  about 10,000 miles a year in the Bay Area on  

    と、かなりの確率で満腹になります。でベイエリアを年間約10,000マイル走ることができます。

  • the power of the Sun. And I think the average  person in that area drives about 13,000 miles  

    太陽の力を利用する。そして、その地域の平均的な人の運転距離は約13,000マイルだと思います

  • a yearThat's already about 70% of the typical  usage. So while you can plug in to recharge these  

    年間の使用量はこれは一般的な使用量の約70%に相当します。つまり、プラグを差し込んで充電することはできても

  • vehicles... you may well not have toWhat excites  me the most about making a commercial solar car  

    しかし、その必要はないかもしれません。市販のソーラーカーを作ることに最も興奮しているのは

  • is showing to the world that we can be much more  efficient with the energy that we have available,  

    は、利用可能なエネルギーをより効率的に利用できることを世界に示しています。

  • without having to compromise on the convenience  you get every dayYou may be thinking - Do  

    毎日の便利さに妥協することなく。と思われるかもしれません。

  • we need a commercial solar carAfter allelectric vehicles are more popular than ever,  

    市販のソーラーカーが必要なのか?何といっても、電気自動車が普及していますからね。

  • with THREE MILLION sold globally in 2020. That's  roughly a 40% increase from the previous year!  

    2020年には全世界で300万台を販売する予定です。これは、前年比で約40%の増加です。

  • Well, unfortunately, due to the lithium-ion  batteries that they rely on and the electric grids  

    しかし、残念ながら、リチウムイオン電池と電力網の関係で、このような状況になってしまいました。

  • they use to recharge, turns out - thesezero  emission vehiclesmay not be as sustainable as  

    このような「ゼロ・エミッション車」は、充電のために使用されていますが、その持続可能性は

  • we need them to be. Another alternative is to have  a solar electric vehicle that reduces a nation's  

    私たちが必要としているものです。もう一つの選択肢は、ソーラー電気自動車が、国家の

  • dependence on the grid, that uses the Sun, which  is 90 million miles away and works every day.  

    そのためには、9,000万マイル離れたところにある太陽を利用したグリッドに依存する必要があり、毎日働いています。

  • So, how are these two automakers able to use  solar as their car's primary power source?  

    では、なぜこの2つの自動車メーカーは、太陽電池を車の主要な動力源とすることができるのでしょうか?

  • According to Arjo, it comes down to  balancing a fundamental equationYeah, so basically  

    アルジョによれば、それは基本的な方程式のバランスをとることだという。そう、つまりは

  • it's the amount of energy you consume  per mile and the amount of energy you  

    それは、1マイルあたりの消費エネルギー量と、あなたが

  • generate each year from the Sun. And if you take  a relatively traditional car, it's like this, so  

    毎年、太陽から生成されています。比較的伝統的な車を例にとると、このようになっていますので

  • energy consumption, energy yield. There's a big  gap. By leveraging the latest advances in solar  

    エネルギー消費量、エネルギー収率。大きなギャップがあります。最新の太陽電池の技術を活用して

  • technology, Lightyear maximizes energy yield. And  by focusing on efficiency in their car's design  

    の技術を用いて、エネルギー収量を最大化しています。また、車のデザインに効率性を重視することで

  • and engineering-- Step by step, you get the  energy consumption down. But it's still not  

    とエンジニアリング -- 一歩一歩、エネルギー消費量を減らしていきます。しかし、それはまだ

  • at the same level as your energy yield. So  you also have to work on the other side.  

    を、エネルギー収量と同じレベルで実現しなければなりません。だから、反対側にも働きかける必要があります。

  • Lightyear focused on three key areas: the  powertrain, rolling resistance and aerodynamics.  

    ライトイヤー社は、パワートレイン、転がり抵抗、空力の3つの重要な分野に焦点を当てました。

  • Focus Number One: The Power Train. So there's  four motors individually in each wheel,  

    その1:パワートレイン。1つのホイールに4つのモーターが搭載されています。

  • which means there's no longer a mechanical  drive shaft or a final driveAnd all of  

    つまり、機械的なドライブシャフトやファイナルドライブがなくなったのです。そして、すべての

  • these mechanical components that of course  generate friction, they add weightYou  

    これらの機械部品は、当然ながら摩擦を発生させ、重量を増加させます。あなたは

  • can get rid of all of that. This lighter,  

    は、そのすべてを解消することができます。このライター。

  • more efficient powertrain of course also  reduces rolling resistance--Focus Number Two.  

    より効率的なパワートレインは、もちろん転がり抵抗の低減にもつながります。

  • Lightyear One's body and chassis are also made  of lightweight materials, like aluminum and  

    ライトイヤー・ワンのボディやシャーシには、アルミニウムなどの軽量素材や

  • carbon fiber allowing the five -seat, family  car to tip the scales at an estimated fourteen  

    カーボンファイバーの採用により、5人乗りのファミリーカーでありながら、推定14kgの軽量化を実現。

  • to fifteen hundred kilograms. Many EVs currently  on the market are nearly twice as heavy. Finally,  

    から1500キログラム。現在販売されている多くのEVは、この2倍近い重さがあります。最後に。

  • there's aerodynamics. Lightyear One has a drag  coefficient of less than 0.2. So it's really,  

    それは空力です。ライトイヤー・ワンの抗力係数は0.2以下です。だから、本当に

  • really low compared to five seater production  cars today on the market. Keep in mind that in  

    現在市販されている5人乗りの市販車と比べても、本当に低い。念頭に置くのは

  • coming up with this aerodynamic design, Lightyear  also had to make room for solar panels, seats and  

    この空力的なデザインを実現するために、ライトイヤーはソーラーパネルやシート、そして

  • take driver and passenger comfort into accountNot the most aerodynamic shape, not the biggest  

    は、ドライバーとパッセンジャーの快適性を考慮しています。 最も空気力学的に優れた形状ではなく、最も大きな

  • solar panel area. So it's not the best in  one category, but the balance across all of them.  

    ソーラーパネルのエリアです。そのため、一つのカテゴリーで最高というわけではなく、すべてのカテゴリーでバランスが取れています。

  • Of course, Aptera faced the same design  and engineering challenges.  

    もちろん、Aptera社も同じようにデザインや技術面での課題を抱えていました。

  • Challenges they've been able to overcome thanks to the  latest advances in solar technology.  

    最新の太陽電池技術を駆使して乗り越えてきた課題。

  • One of the things thats' changed is  the efficiency of new solar cells.   

    その一つが、新しい太陽電池の効率の変化です。

  • And the new solar cells that are  available, like the ones we use,  

    そして、私たちが使っているような新しい太陽電池が登場します。

  • are so efficient, they allow us to do things now  that we couldn't do 10 years ago. Like covering  

    は非常に効率的で、10年前にはできなかったことができるようになっています。例えば、カバー

  • nearly every meter of their car's surface in solar  cells. But Aptera also focused on efficiency. An  

    車体表面のほぼすべての面に太陽電池を設置しています。しかし、Apteraは効率性にも着目しました。それは

  • approach perhaps best exemplified by their car's  aerodynamic design. It's really the result of  

    彼らのアプローチは、車の空力デザインに象徴されています。それは、まさに

  • asking, what's the most aerodynamic shape that  you could put around two people side-by-side?  

    という質問に対して、2人の人間を横に並べたときに、最も空気力学的に優れた形状は何か?

  • And when I started thinking about buildingcar and how it would look, and how we designed,  

    そして、車を作ることを考え始めたとき、どのような形になるのか、どのようにデザインするのかを考えました。

  • this sort of epiphany of being stuck  on the freeway and looking at all the  

    高速道路で立ち往生しているときに、すべての人々を見ているうちに、ある種の啓示を受けました。

  • vehicles surrounding me -- trucks, and cars, and  station wagons, and everything just looked like  

    トラックや車、ステーションワゴンなどの車両が私の周りを取り囲んでいて、すべてがまるで

  • big bricks to me. And so getting into, why  are cars boxy? Why are they styled that way?  

    私にとっては大きなレンガのようなものです。ここで、なぜ車は箱型なのか?なぜそのようなスタイルになっているのでしょうか?

  • And then, why is it necessary to do  something different if you really  

    その上で、どうしても違うことをしなければならないのは、本当に

  • want to make an efficient vehicleSteve and his  team came up with a radically different design,  

    効率の良い車を作りたい」。スティーブと彼のチームは、根本的に異なるデザインを考えました。

  • inspired in part by the solar  racers they saw in competition.  

    競走中に見たソーラーレーサーに触発されたこともある。

  • What we did is take that way of thinking asstarting point and then bring it on automotive  

    私たちが行ったのは、そのような考え方を出発点として、それを自動車に持ち込むことです。

  • design and say, how do we retain the  -- technical roots and the efficiencies  

    技術的なルーツや効率性をいかにして維持するか、ということです。

  • but yet make it a commercially viable vehicleThe result: a three-wheel, two-seater car with the  

    しかし、それは商業的に成立する車ではありません。 その結果、3輪2人乗りの車でありながら

  • drag coefficient of zero-point-one-three, one that  the Washington Post compared to the BatmobileThe  

    ワシントンポスト紙がバットモービルと比較した、ゼロポイント-1-3の抗力係数を持つ製品です。と評しました。

  • side view mirror--the square side view mirror  on a Ford F-150 has about the same amount of  

    サイドビューミラー--Ford F-150の四角いサイドビューミラーは、ほぼ同じ量の

  • drag as our entire vehicle. Aptera's solar  electric vehicle also uses in-wheel motors  

    車体全体でドラッグをしています。Aptera社のソーラー電気自動車にもインホイールモーターが採用されている

  • as well as lightweight, composite materials  like carbon fiber and a type of fiberglass  

    また、カーボンファイバーやグラスファイバーのような軽量な複合素材も使用されています。

  • called E-Glass. Composites let you put more  structure, and more safe structure with less  

    E-Glassと呼ばれています。複合材を使うことで、より多くの構造、より安全な構造を、より少ないコストで実現することができます。

  • weight and cost than steel. The sleek designefficient powertrain, and use of lightweight  

    スチールよりも軽量でコストも抑えられます。洗練されたデザイン、効率的なパワートレイン、軽量な素材の使用などにより

  • materials allows for Aptera's base model to weigh  just 800 kilogramsCompared to EVs, I mean--it's  

    の素材を使用することで、アプテラのベースモデルの重量はわずか800kgです。EVと比べても、つまり

  • fractional. One of the EVs we drove the  other day I think weighs over 6,000 pounds.  

    フラクショナルです。先日運転したEVの1台は、6,000ポンドを超えていると思います。

  • To give you an example. I mean that's a tremendous amount of weight.

    一例を挙げるととてつもない重さがあるということです。

  • A lighter, more aerodynamic car means  less energy needed to move the vehicle.  

    軽くて空気力学的に優れた車は、車を動かすのに必要なエネルギーが少なくて済みます。

  • We burn about a hundred watt-hours per  mile. And -- to put that in perspective,  

    1マイルあたりの消費電力は約100W/hです。そして -- 視点を変えてみると

  • it's-- much less than a motorcycleSoby starting with a clean sheet of paper  

    モーターサイクルよりもはるかに少ない。だから、まっさらな紙から始めることで

  • and making something that's efficient from day  one. And making something that's powered by the  

    そして、初日から効率の良いものを作ること。を使ったものを作っています。

  • Sun-- it felt like it was a way to differentiate  ourselves from anything that's out there.  

    日......それは、他のものとの差別化を図るための手段だと感じました。

  • Everyone else is making electric vehicleswe're making solar electric vehicles.  

    他の会社は電気自動車を作っているが、我々はソーラー電気自動車を作っている。

  • The need for clean, sustainable transportation  has never been more urgent. And with the  

    クリーンで持続可能な輸送手段の必要性は、かつてないほど切実なものとなっています。そして、これまでの

  • growing realization that today's EVs  may not get us to Net Zero fast enough,  

    現在のEVでは、ネット・ゼロを達成するのに十分ではないという認識が広がっています。

  • maybe it's time to explore alternative solutions  to sustainable transportationShould it be  

    持続可能な輸送のための代替手段を模索する時期に来ているのかもしれません。はたしてそれは

  • something that harnesses the energy directly  from the Sun? Should it reduce our use of the  

    太陽からのエネルギーを直接利用するもの?太陽のエネルギーを直接利用することで

  • grid? Should it give us more freedom and more  autonomy? That's the direction I'd like to see  

    のグリッドを提供するのか?もっと自由に、もっと自治権を与えるべきなのか?それが私の望む方向性です

  • it go. So I do think that in the long term solar  cars will be accessible to everyone. And that's  

    そのため、長期的には誰もがソーラーカーを利用できるようになると思います。ですから、長期的にはソーラーカーは誰にでも手が届くものになると思います。そしてそれは

  • where our mission statement comes from: "Clean  mobility for everyone everywhere". That's what  

    私たちのミッションステートメントは、「Clean mobility for everyone everywhere」から来ています。それは

  • we want to achieve, and we see the solar car  as the opportunity to make that happen.  

    私たちが実現したいこと、それを実現するためのチャンスがソーラーカーだと考えています。

  • For a deeper dive into solar cars, check  out Light Speed: Powered by the Sun,  

    ソーラーカーをより深く知りたい方は、「Light Speed」をご覧ください。Powered by the Sun」をご覧ください。

  • Seeker's 8 chapter learning playlist on the  technology behind the 2019 World Solar Challenge

    2019年のワールド・ソーラー・チャレンジを支える技術について、Seekerの8章の学習プレイリストを紹介します。

For centuries now, countless inventors and  innovators have tried to harness the power of the  

何世紀も前から、数え切れないほどの発明家や革新者が、その力を利用しようと試みてきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ソーラー 太陽 カー エネルギー 電池 イヤー

電気自動車ではなく、ソーラーカーの登場です。 (Forget EVs, Solar Powered Cars Are Here)

  • 10 0
    Summer に公開 2021 年 06 月 20 日
動画の中の単語