Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - When people think about seafood in Japan,

    - 日本でシーフードといえば

  • more often than not they think about sushi, but not me.

    彼らは寿司のことを考えることが多いのですが、私は違います。

  • Whenever I leave Japan what I crave the most

    日本を離れるたびに一番欲しくなるのは

  • is without a doubt unagi.

    は、間違いなくウナギです。

  • (lively hip hop music)

    賑やかなヒップホップ音楽

  • So please imagine my excitement

    だから、私の興奮を想像してください。

  • now that we have traveled down to what I am calling

    今、私たちは、私が呼んでいるところまで旅してきました。

  • the unagi capital of Japan, Nagoya.

    日本のうなぎの都、名古屋。

  • - If you ask anybody living in Japan

    - 日本に住んでいる人に聞いてみると

  • where the best eel is,

    最高のウナギが食べられる場所

  • they're absolutely gonna say Nagoya.

    彼らは絶対に名古屋と言うでしょう。

  • And it's literally an hour and a half away by train.

    しかも、文字通り電車で1時間半の距離です。

  • Every time we've come to Nagoya

    名古屋に来るたびに

  • we've actually had Una Dong

    ウナ・ドンを実際に体験してみました

  • and we've smashed their specialty Hitsumabushi.

    と、名物のひつまぶしを潰してしまいました。

  • - Hitsumabushi! - And we've just never

    - ひつまぶし!?- そして、私たちは今まで一度も

  • ever shared it with you guys.

    これまでに皆さんと共有したことがあります。

  • - We're gonna do this professionally

    - プロとしてやっていくために

  • because we're professionals-- - Yes, calm.

    私たちはプロですから... - はい、落ち着いてください。

  • - And I'm gonna contain my excitement as much as I can.

    - そして、その興奮をできる限り抑えたいと思います。

  • (lively techno music)

    賑やかなテクノミュージック

  • (lively upbeat music)

    (賑やかなアップビートの音楽)

  • - Okay, we just left Nagoya station

    - 今、名古屋駅を出発しました。

  • and we're headed to a fishmonger called Nakasho

    向かった先は「中庄」という魚屋さんです。

  • and they've been in the business for over 90 years;

    と、90年以上の歴史を持つ企業です。

  • which is a crazy amount of time to be mongering things.

    という、とんでもない時間がかかってしまいました。

  • And the question we have,

    そして、私たちが持つ疑問。

  • the very professional foodie question we have

    私たちが持っている非常に専門的な食の質問

  • is can you monger other things?

    は、他のものをモンハンできるのか?

  • Like can you be a octopus monger?

    タコ焼き屋さんになれるかどうか、みたいな。

  • - Is there an apple monger?

    - りんごもどきはありますか?

  • - A berry monger? - How do I start

    - ベリーモンガー?- どうやって始めるの?

  • monging things? - Money monger.

    monging things?- マネーモンガーです。

  • - Like what does it mean to mong?

    - モングとはどういう意味なのか、とか。

  • - To monger-- - Have I ever monged

    - To monger... - Have I ever monged

  • anything in my life?

    私の人生には何があるのか?

  • - Can now I mong?

    - 今の私にできることは?

  • These are the important questions, we'll contemplate them.

    これらは重要な質問であり、私たちはそれらを熟考します。

  • (peaceful techno music)

    (平和なテクノミュージック)

  • - My name is Higashl. (speaking in foreign language)

    - 私の名前はHigashlです。(外国語で話す)

  • - Wow. - That's a big boy.

    - わぁー。- 大きな男の子ですね。

  • - Oh my gosh, wow. - Big boy.

    - オーマイガー、ワオ。- 大きな男の子。

  • (speaking in foreign language)

    (外国語で話す)

  • - Okay, are these the blue ones?

    - よし、これが青のやつか?

  • - The blue ones are the good ones.

    - 青いものが良いものです。

  • (muffled talking)

    (Muffled talking)

  • - Oh, yeah.

    - ああ、そうか。

  • Oh yeah, yeah.

    そうそう、そうなんです。

  • Oh totally, moshi moshi, I got it, yeah.

    ああ、まったく、もしもし、私はそれを得た、ええ。

  • (peaceful techno music)

    (平和なテクノミュージック)

  • (loud water splashing)

    大きな水しぶき

  • (speaking in foreign language)

    (外国語で話す)

  • (peaceful techno music)

    (平和なテクノミュージック)

  • - I'm feeling very happy.

    - 私はとても幸せな気分です。

  • We right now are at Unagi Yondaime Kikukawa.

    今、「うなぎ四代目菊川」にいます。

  • And that's a very hard word for me to remember, but I did it

    そして、それは私にとって非常に難しい言葉ですが、私はそれをしました。

  • because, unagi. - Unagi.

    なぜなら、うなぎ。- うなぎ。

  • 10 points to Gryffindor if anybody knows what that's from.

    誰かこの言葉を知っていたら、グリフィンドールに10点。

  • Speaking of which, don't I look so Gryffindorian today?

    そういえば、今日の私はグリフィンドールっぽくないですか?

  • - You look like a very stern teacher.

    - とても厳しい先生のように見えます。

  • - I'm here to learn and teach

    - 私はここで学び、教えるために

  • and to spread the word of unagi.

    と、うなぎの魅力を伝えるために

  • - I feel like a little intimidated,

    - ちょっとした脅迫観念のようなものを感じます。

  • like you're gonna walk around with like a ruler stick

    あなたが定規のような棒を持って歩くように

  • and I'm gonna get smacked if I get a fact incorrectly.

    で、事実を間違えたら叩かれそうです。

  • - Well, I mean that could happen,

    - まあ、そういうこともあるだろうということです。

  • I could just start eating your unagi instead.

    代わりにあなたのウナギを食べることにしましょうか。

  • - I don't have to worry about it because I know so much

    - 沢山知っているからこそ、悩まずに済む

  • about unagi now.

    今はウナギのことで頭がいっぱいです。

  • I am the one that is hyper informed.

    私こそがハイパーインフォーメーションです。

  • - Okay, let me hear about this.

    - よし、聞いてみよう。

  • - I read Kafka on the Shore.

    - 岸辺のカフカ」を読みました。

  • I don't remember that much about it,

    それほど覚えていません。

  • except for three things. - Okay.

    3つのことを除いて。- そうか。

  • - One, Johnny Walker kills a lot of cats.

    - 一つは、ジョニー・ウォーカーがたくさんの猫を殺すこと。

  • - Okay. - Two, they have to flip

    - 2つ目は、反転させることです。

  • a really heavy stone. - Okay.

    重い石を使って- なるほど。

  • - And number three, the main character really likes to eat

    - そして3つ目は、主人公が本当に食べることが好きだということ。

  • unagi once a month as a treat.

    月に一度、ご褒美にうなぎを食べます。

  • And that part resonated with me so much.

    その部分がとても心に響きました。

  • - 'Cause you wanted to have it once a month as a treat?

    - 月に一度はご褒美に食べたいと思っていたから?

  • - The rest of the plot, I don't know what happens,

    - 残りのプロットは、私は何が起こるかわからない。

  • how it ends, I don't remember.

    どうやって終わるのか、覚えていません。

  • But the unagi I remember.

    でも、うなぎは覚えています。

  • - Excuse me, I thought I was suppose to be learning

    - 失礼ですが、私は勉強していると思っていました。

  • facts about unagi but all I'm learning is that--

    うなぎについての情報を得ることができました。

  • - Cultural references, cultural references.

    - 文化的参照、文化的参照。

  • - Okay. - So this is the culture

    - なるほど、これが文化なのか

  • first, you'll get the facts next.

    まず最初に、次は事実を知ってください。

  • Unagi facts. - Yes, you remember

    うなぎの事実。- はい、覚えていますか?

  • at the beginning I was talking about,

    のことを話していました。

  • can you say it for me?

    あなたは私のためにそれを言うことができますか?

  • - Hitsumabushi. - It feels different

    - ひつまぶし。- 違和感がある

  • when you say it somehow.

    何となく言ってみると

  • - It's not hitsayobushi, it's Hitsumabushi.

    - ひつまぶし」ではなく、「ひつまぶし」です。

  • - So hitsumabushi is Nagoya's jam.

    - だから、ひつまぶしは名古屋のジャム。

  • And basically instead of just serving the eel

    そして、基本的には、うなぎをそのまま出すのではなく

  • on top of the rice with the sauce

    ごはんの上にソースをのせて

  • and just like eating that,

    と言って、それを食べているようなものです。

  • they serve it with all the little sides parts,

    このようにして作られた料理は、すべてのパーツが揃っています。

  • so you can kind of enjoy it in four different ways;

    というように、4つの方法で楽しむことができます。

  • which I really like because sometimes we talk about

    の話をすることがあるので、とても気に入っています。

  • how we get a little bit the same thing

    どのように私たちは同じことを少しずつ得る

  • over and over again.

    を何度も何度も繰り返しました。

  • - For real, it's exciting

    - 本当は、ワクワクしている

  • because when you get, in Tokyo, eel,

    なぜなら、東京では「うなぎ」を手に入れることができるからです。

  • then it'll just be sauce and rice, eat it.

    となると、ソースとご飯だけになってしまうので、それを食べる。

  • When you're halfway through, you still know

    中途半端な状態では、まだ分からないことがあります。

  • what the rest of the meal is gonna taste like,

    食事の残りの部分がどんな味になるのか。

  • but here they keep on changing things up

    しかし、ここではどんどん変化していく。

  • and keeping you so excited, like I am, for all the eel.

    そして、私のように、すべてのウナギに興奮しています。

  • Unagi fact, another thing that makes Nagoya style unagi

    うなぎの事実、名古屋風うなぎのもう一つのポイント

  • unique is that they don't steam it before grilling.

    ユニークなのは、焼く前に蒸したりしないこと。

  • Usually in Tokyo, they will steam it first

    通常、東京では最初に蒸し焼きにします。

  • and then finish it on the grill, not here,

    と言って、ここではなくグリルで仕上げます。

  • straight up grill, just like a pro.

    プロのようにストレートに焼き上げます。

  • Not that you're not a pro in Tokyo,

    東京ではプロではないというわけではない。

  • but this is...

    が、これは...。

  • - I'm gonna let you keep circling your way out of this.

    - 私は、あなたがこの状況から抜け出すために、あなたの周りをぐるぐる回るのを許します。

  • The other thing that I find exciting

    他にも、私がワクワクするような

  • is that every place has their own tare, their own sauce.

    は、それぞれの場所にそれぞれのタレがあるということです。

  • The kind of way they go for yakitori

    焼き鳥を食べに行くような感覚

  • and we have different sauce or salt to choose from,

    また、ソースや塩の種類も選べるようになっています。

  • it's never the same in every place,

    どの場所でも同じということはありません。

  • there is like a huge ginormous vat of sauce back there

    後ろには巨大なソースの桶のようなものがあります。

  • that's just kind of like gathering flavor

    それは、ただ単にフレーバーを集めるようなものだ。

  • and getting more delicious

    さらに美味しくなる

  • as time goes on. - Oh my gosh.

    時間が経つにつれて- 驚いたな。

  • (lively funk music)

    賑やかなファンクミュージック

  • It smells delicious.

    美味しそうな香りがします。

  • I gotta laugh.

    笑わなきゃ。

  • One person laughed at my joke,

    一人の人が私のジョークに笑ってくれました。

  • one person laughed at my joke.

    私のジョークに笑ってくれた人が一人いました。

  • I have a feeling I'm gonna be scolded by the teacher

    先生に叱られそうな予感。

  • for talking too much in class.

    授業中にしゃべりすぎて

  • Pick me, I have so much more to say.

    私を選んでください、私にはまだ言いたいことがたくさんあります。

  • (smooth jazz techno music)

    (スムース・ジャズ・テクノ・ミュージック)

  • Oh baby, I'm so ready.

    Oh Baby, I'm so ready.

  • (speaking in foreign language)

    (外国語で話す)

  • Wow. - Yes, yeah.

    わーい。- はい、そうです。

  • - This is amazing. (speaking in foreign language)

    - これはすごいですね。(外国語で話す)

  • - You know what we have to do, right?

    - 何をしなければならないか、わかっていますよね?

  • - Oh please. - We have to hold back.

    - 頼むよ。- 抑えなければならない。

  • And we have to take 1,000 sexy food porn shots of this.

    そして、このセクシーなフードポルノの写真を1,000枚も撮らなければなりません。

  • Brace yourself Simon, no bad Simon.

    覚悟を決めたサイモン、悪いサイモンではない。

  • (smooth jazz funk techno music)

    (スムース・ジャズ・ファンク・テクノ・ミュージック)

  • - Oh my gosh, what a beautiful beautiful bowl.

    - おやおや、なんて美しい美しい器なんでしょう。

  • (speaking in foreign language)

    (外国語で話す)

  • So there's a specific way you're suppose to eat this.

    決まった食べ方があるんですね。

  • You're suppose to divide it into four.

    それを4つに分けることになります。

  • The first time, you're just suppose to try it on it's own

    最初は単体で試してみるのがいいと思います。

  • to see what it tastes like.

    をクリックして、どんな味がするのか見てみましょう。

  • So you're gonna use your little tiny wooden paddle

    そこで、小さな小さな木のパドルを使います。

  • to kinda scoop out a little bit of it.

    を使って、ちょっとだけすくい取ってみました。

  • And then the second time around

    そして、2回目には

  • is when you can kinda start changing the flavor

    その時に、味を変えることができるのです。

  • a little bit, but we're gonna get there.

    少しずつですが、必ずたどり着きます。

  • First, we're just gonna try it in its purest form.

    まずは、純粋な状態で試してみます。

  • - Just try it in its pure form.

    - ピュアな状態で試してみてください。

  • (peaceful classic music)

    (平和なクラシック音楽)

  • It's my favorite seafood in the world.

    世界で一番好きなシーフードです。

  • - It's so so fluffy and nothing about this is fishy.

    - とてもとてもフワフワしていて、何もかもがうさんくさいです。

  • I think that can be intimidating for people

    それは人々にとって威圧的なことだと思います。

  • because they feel like it's a type

    タイプだと感じているからです。

  • of an ocean taste, it's not.

    海の味の、それはない。

  • - No, this is the meatiest seafood.

    - いや、これは肉のシーフードだ。

  • It tastes more like meat than it does like seafood.

    魚介類というよりも、肉のような味がします。

  • - It does for sure.

    - 確かにそうですね。

  • - It's so soft, it's got a little bit of crisp on it,

    - 柔らかくて、ちょっとしたシャリ感があるんですよ。

  • kinda like a really good crispy chicken wing.

    クリスピーな手羽先のようなものです。

  • - I think Nagoya has gt that down

    - 名古屋はその点をクリアしていると思います。

  • because they've got the crispy chicken wing jam

    クリスピー・チキン・ウィング・ジャムを持っているからです。

  • and they know how to keep it moist on the inside

    そして、内側に潤いを持たせる方法を知っています。

  • and crispy on the outside.

    外側はカリッとしています。

  • That's the real tough part

    そこが本当に難しいところです。

  • because eel is such a thin piece of meat once you filet it.

    なぜなら、うなぎはフィレにするととても薄い肉になるからです。

  • Once you start grilling it on that high heat,

    その強火で焼き始めると

  • you could just use up all the fat,

    脂分を使い切ってしまうこともあるでしょう。

  • crisp it up and it could be nothing.

    パッと見、何でもないかもしれません。

  • But wow, its just got such a nice color to it.

    しかし、この色はとてもいい色です。

  • How do you feel about the tare as well?

    風袋も含めてどうですか?

  • - It's not over powering.

    - 力強さはありません。

  • - And not too sweet, right?

    - そして、甘すぎないことですね。

  • - Yeah, that's exactly it.

    - ええ、まさにその通りです。

  • You go to some places and it's just so very very sweet

    いくつかの場所に行ってみると、それはとてもとても優しいものでした。

  • and kind of like the stickiness of the crunch

    と、なんだか歯ごたえのある粘り気が好きです。

  • kind of makes it taste like candy a bit.

    ちょっとしたお菓子のような味がします。

  • This does not have that, just so savory.

    これにはそれがなく、ただただ香ばしい。

  • And light, and so light.

    そして光、そしてとても光。

  • Like I'm just like, oops, I've already finished

    おっと、もう終わってしまった、という感じですね。

  • and you're behind me, oopsie.

    と、私の後ろにいる方、おっと。

  • My gosh Simon, you're moving so slowly,

    あらら、Simonさん、動きが鈍いですね。

  • it's like you don't even like eel.

    うなぎが好きではないようですね。

  • It really seems to me like if you continue this way,

    このままでは、本当に大丈夫なのかと思ってしまいます。

  • I'll just have to eat both of our meals.

    2人で食事をすることになるので

  • (loud bell ringing)

    (大きな鐘の音)

  • - Round two. - Round two.

    - 第2ラウンド- 第2ラウンド

  • I'll be honest I put some wasabi on

    正直に言うと、私はワサビを塗った。

  • and then I lost it somewhere so we're gonna go for it.

    と言っていたが、どこかで紛失してしまったので、それを取りに行くことにした。

  • - You're gonna get a wasabi bomb.

    - ワサビ爆弾が出てきますね。

  • So for the second dish,

    では、2皿目。

  • first time you're suppose to have it pure.

    初めての時は、純粋な状態でなければなりません。

  • Second time, this is where you could add the toppings

    2回目は、ここにトッピングを追加することができました。

  • like the wasabi and the seaweed and the green onion.

    わさびや海苔やネギのように。

  • It doesn't need it,

    それは必要ありません。

  • but it just gives you a little bit of variety

    しかし、それはあなたにちょっとしたバラエティーを与えます。

  • if you want some.

    欲しい人は

  • - I mean if you think about it,

    - 考えてみればわかることですが

  • it's not like you can go to a place in North America,

    は、北米のある場所に行けばいいというものではありません。

  • order a hamburger and ask for it four different ways,

    ハンバーガーを注文して、4通りの頼み方をする。

  • it's pretty unique, right.

    かなりユニークですよね。

  • - That is a very good analogy,

    - とても良い例えですね。

  • unless you get four different burgers.

    4種類のハンバーガーを食べなければならない。

  • - I actually think the seaweed is incredibly mashing

    - 実際、海苔はものすごくマッシュアップされていると思うのですが

  • with this right now.

    今はこれで

  • The toasted nuttiness of the nori on the outside,

    外側の海苔のトーストしたようなナッツ感。

  • it's actually mega-enhancing all the flavors

    全ての味をメガ盛りにしています。

  • of the eel right now.

    今のウナギの

  • - I do feel like this is a very different bowl now.

    - 今までとは全く違うボウルになったと感じています。

  • Before, I tasted a lot more of the smoke and the char.

    以前は、煙や焦げの味が強かった。

  • Here, I have so many more things popping around.

    ここでは、もっとたくさんのものが飛び出してきます。

  • - I felt like the sweetness was nearly muted.

    - 甘さがほぼ抑えられているように感じました。

  • The green onions and a little tiny kick of the wasabi;

    ネギとワサビが効いています。

  • which you could barely taste by the way, it wasn't hot.

    と言っても、ほとんど味がしないし、熱くもない。

  • - No. - And then for me,

    - いいえ - そして、私にとっては

  • like I said, I feel like the nori was the winner.

    先ほども言いましたが、私は海苔に軍配が上がりました。

  • It just made all the crispy edges kinda pop out

    それだけで、パリッとしたエッジが飛び出してきます。

  • and taste more nutty.

    で、よりナッツの味がする。

  • Like when you have that kind of crispy nut flavor

    ナッツのサクサクとした食感を楽しむことができます。

  • rather than having like a sweet

    甘いものが好きというよりは

  • saucy flavor. - Exactly.

    saucy flavor。- その通り。

  • - Oh my gosh, and we still have a third way to try it.

    - なんと、まだ3つ目の方法で試すことができるのです。

  • And then we have whatever way we want after that.

    そして、その後はどんな方法でも良いと思います。

  • - We're not even halfway done.

    - まだ半分も終わっていません。

  • - I know, are you happy with our journey to Nagoya?

    - そうですね、名古屋までの道のりに満足していますか?

  • For you to be trying your most favorite thing ever?

    今までで一番好きなことに挑戦しているのに?

  • - I'm happy with my journey to Japan,

    - 私は日本への旅に満足しています。

  • with my journey in life.

    私の人生の旅と

  • - Oh, I know what's happening right now.

    - ああ、今、何が起きているか知っているよ。

  • We all know what's happening right now.

    今、何が起きているのか、みんな知っている。

  • So many times you can question yourself.

    だからこそ、何度も自分に問いかけることができる。

  • Have I made the right choices in life?

    自分の人生の選択は正しかったのか?

  • Have I, should I have done this?

    私は、こうすべきだったのか?

  • - Continue on. - Should I have done that?

    - 続きを読む- そうすべきだったのでしょうか?

  • But when you have something this good,

    でも、これだけのものがあれば

  • then you realize every one of your memories is footsteps

    そして、自分の記憶の一つ一つが足音であることに気づく。

  • leading up to here, realize you've done the right thing.

    ここに至るまでの過程で、正しいことをしたと実感しています。

  • Please, don't you.

    頼むからやめてくれ。