Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I'm Neil.

  • And I'm Georgina.

    そして私はジョージナ。

  • Georgina and I have got to know each other very well after working together for so long.

    ジョージーナと私は互いのことをよく知るために 一緒に働いてみて のようになっていた。

  • I know what sandwiches Neil has for lunch. Egg and tomato, right, Neil?

    サンドウィッチを知っているNeilはランチに卵と トマトはいいよね、ニール

  • Right! And I know it really annoys Georgina when people don't wash up their cups in the staff kitchen.

    そうですね。そして私はそれを知っているジョージーナを悩ませる 人が洗わないと でカップをアップします。 スタッフ用のキッチンです。

  • So unhygienic!

    とても不衛生です。

  • But just as important as getting to know someone, socially or at work, is getting on with people.

    しかし、それと同じくらい重要なのが知ることで 誰かを、社会的に、あるいは の仕事をしています。

  • To get on with someone is a useful phrasal verb, meaning to like someone and enjoy a friendly relationship with them.

    人と乗るためには誰かと一緒に行動することは phrasal verb, meaning 誰かを好きになったり を楽しむことができます。 との関係があります。

  • Which is really important if you work with them every day!

    どれが本当に重要なのかを使って仕事をする場合 毎日のように使っています。

  • And there's another word to describe the good understanding and communication between two friends: rapport.

    そして、もうひとつの言葉があります。を表現しています。 理解と の間のコミュニケーション two friends: rapport.

  • Yes, how you build rapport and get on with people has been the subject of many self-help books over the years, and is the topic of this programme.

    そう、ラポールの築き方人と仲良くするために が話題になりました。 多くの自己啓発書 長年にわたって、そして 今回のプログラムのテーマです。

  • Well, you and I must have great rapport, Georgina, because that leads perfectly into my quiz question.

    さて、あなたと私はは、素晴らしいラポールを持っています。 ジョージナ、なぜならその は、完全に私の

  • In 1936, American writer Dale Carnegie wrote a famous self-help book on building rapport.

    のクイズ問題です。1936年のことです。アメリカの作家Dale カーネギーが書いた有名な 建物の自己啓発書

  • It sold over 30 million copies, making it one of the best-selling books of all time - but what was it called?

    ラポール。以上を販売しました。3,000万部を突破した ベストセラーとなった 歴代の本の中でも それは何と呼ばれていましたか?それは

  • Is it: a) How to get rich quick?, b) How to stop worrying and make friends?, or c) How to win friends and influence people?

    a) 一攫千金を狙うには?b) 止める方法 悩んだり、作ったり 友達? c) 友人を獲得する方法 と人に影響を与えることができますか?

  • I think I know this, Neil.

    私はこれを知っていると思います、ニール。

  • I'm going to say, c) How to win friends and influence people.

    と言いたいところですが、c) How友達を獲得したり 人に影響を与える。

  • OK, Georgina, we'll find out if that's right at the end of the programme.

    OK, Georgina, we'll findが正しいかどうかをチェックします。 答えは最後に プログラムの

  • When it comes to getting on with people, psychologist Emily Alison has a few ideas.

    になると人との付き合い方 心理学者 エミリー・アリソン

  • She's built a career working with the police as they build rapport with criminal suspects.

    は、いくつかのアイデアを持っています。彼女が作ったの仕事をしています。 警察が作った 容疑者との信頼関係

  • Emily is the author of a new book "Rapport: the four ways to read people", and she told BBC Radio 4 programme "All In The Mind" it isn't easy to get along with everyone:

    エミリーは新刊の著者です。'Rapport: the four ways to 人を読む」と言って、彼女は がBBC Radio 4に語った。 プログラム All In The マインド......それは簡単なことではありません。 誰とでも仲良くなれる。

  • I often describe rapport-building in relationships as like walking a tightrope.

    とよく表現します。のラポール・ビルディング のような関係 綱渡り なぜなら、あなたは本当に を維持する必要があります。 存在のバランス 客観的に見て、治療 思いやりのある人 でも、だからと言って 私は共感し、私は 癒着、それは のバランス 判断と を回避することができます。

  • Because you really do need to maintain that balance of being objective, treating people with compassion,

  • but that doesn't mean I'm sympathetic, I'm collusive - it's that balance between judgement and avoidance.

  • Emily describes rapport building as like walking a tightrope, an idiom to describe being in a difficult situation which requires carefully considering what to do.

    エミリーはラポールについて歩くように作る a tightrope, an idiom であることを表現しています。 困難な状況 慎重に行う必要があります。 どうしようかと考えていました。

  • Building rapport with "terrorists" or violent criminals isn't easy.

    とのラポールの構築"テロリスト "や暴力的な

  • Emily doesn't sympathise with what they have done, but she tries to remain objective - to base her judgement on the facts, not personal feelings.

    criminals is not easy.エミリーには共感できません。 彼らがしたことは、しかし 残るようにしています。 目的 - 彼女をベースにする を判断します。 個人的な感情ではなく、事実に基づいています。

  • In her book, Emily identifies four main communication styles which she names after animals.

    エミリーは著書の中で、次のように述べています。四大通信 彼女が名付けたスタイル

  • The best at building rapport is the friendly and cooperative monkey.

    アフターアニマル。最高のラポール(信頼関係)を築くのは 友好的で 協力的な猿。

  • And there's a pair of opposites: the bossy lion, who wants to take charge and control things, and the more passive mouse.

    それから、ペアの対極にあるもの:ボス的なもの を取りたいと思っているライオン チャージ&コントロール ものであり、より パッシブマウス。

  • Here's Emily talking to BBC Radio 4's "All In The Mind" about the fourth animal, the T-Rex.

    エミリーが話しています。をBBC Radio 4のSに変更しました。 All In The Mind, about 4番目の動物である

  • Try to listen out for the communication style of this personality:

    T-Rexです。聴いてみてください。コミュニケーションのための この個性のスタイル。

  • You've got the T-Rex which is conflict - so this is argument, whether you're approaching it from a positive position where you can be direct, frank about your message

    あなたはT-Rexを持っているというのは矛盾しているので、この は論点であっても あなたはそれに近づいている 正位置から あなたがダイレクトになれる場所。 のことを率直に話してください。 メッセージまたはあなた というアプローチをしています。 のようになっています。 攻撃的で判断力に欠ける。 argumentative, sarcastic, そして、それは実際に繁殖します。

  • or you approach that in a negative way by being attacking, judgmental, argumentative, sarcastic, and that actually breeds the same behaviour back.

    同じ行動を繰り返す。

  • So anyone who has teenagers will 100% recognise that - if you meet sarcasm with sarcasm, it's only going to go one way.

    だから、誰でもティーンエイジャーは100 と認識しています。 皮肉には 皮肉、それは唯一の が一方通行になってしまいます。

  • All four communication styles have good and bad points.

    全4回のコミュニケーションスタイルは、良いものと

  • On the positive side, T-Rex type people are frank - they express themselves in an open, honest way.

    悪い点良い点についてサイド、T-Rexタイプの人 は、率直で、表現力があります。 の中で自分自身を オープンで正直な方法です。

  • But T-Rex types can also be sarcastic - say the opposite of what they really mean, in order to hurt someone's feelings or criticise them in a funny way.

    しかし、T-Rexタイプはまた、皮肉な言い方をすることもあります。 の逆を行く。 彼らの本当の意味での 誰かを傷つけるために 感情や批判を 笑)。

  • Yes, sarcasm is a strange thing - like saying, "Oh, I really like your haircut", when in fact you don't!

    そう、皮肉は奇妙なもの-のような と言うと、「ああ、私は本当に好きだ。 your haircut」の時は 実際にはそうではありません。

  • Yes. There's an English saying that sarcasm is the lowest form of humour, but I think British people can be quite sarcastic at times.

    はい、英語の皮肉を言う は最低の形 のユーモアがありますが、私は イギリス人は は、かなり 時には皮肉なことも。

  • Well, I can't image you'd make many friends being rude to people.

    まあ、イメージできないけどあなたは多くの 失礼な友達

  • Maybe they should read Dale Carnegie's self-help book.

    を人に伝えています。たぶん彼らははデイルと読むべき カーネギーの自己啓発書。

  • Ah yes, your quiz question, Neil. Was my answer right?

    そうそう、あなたのクイズの質問、ニール。でした。 私の答えは正しい?

  • In my quiz question, I asked Georgina for the title of Dale Carnegie's best-selling self-help book about building rapport.

    私のクイズ問題では私はGeorginaさんに デイルのタイトル カーネギーのベストセラーである の自己啓発書 ラポールの構築

  • What did you say?

    何を言ったの?

  • I said the book is called, c) How to win friends and influence people.

    私は、この本がと呼ばれ、c) 勝つための方法 友達や人に影響を与える。

  • Which is the correct answer!

    どちらが正しいのでしょうか?

  • And I guess you've read it, Georgina, because you have lots of friends.

    と答えています。と推測しています。読んでくれたんだね、ジョージーナ。 あなたが持っているので たくさんの友達がいます。

  • I hope you're not being sarcastic, Neil!

    ではないことを願っています。皮肉を込めて、Neil!

  • Absolutely not! I'm not a sarcastic T-Rex type, more of a friendly monkey!

    絶対にダメだ!」と。私は皮肉なT-Rexではなく のタイプで、どちらかというと フレンドリーモンキー

  • OK, well, let's stay friends and recap the vocabulary from this programme, starting with rapport - a good feeling between two people based on understanding and communication.

    OK, well, let's stay友人との再会 のボキャブラリーを使っています。 このプログラムは、スタート ラポール(信頼関係)のある、良い 二人の間の気持ち に基づいて人 理解 とコミュニケーションをとっています。

  • If you get on with someone, you like and enjoy a friendly relationship with them.

    と仲良くなれば誰かが、あなたが好きで を楽しむことができます。 との関係があります。

  • Walking a tightrope means to be in a difficult situation which requires careful consideration of what to do.

    綱渡りであることを意味します。 困難な状況 慎重に行う必要があります。 の検討 をすることです。

  • To be objective is to base your actions on facts rather than personal feelings.

    客観的であるとは自分の行動のベースとなるのは というよりも事実 個人的な感情。

  • When building rapport with someone, it's good to be frank - to express yourself in an open, honest way.

    ラポールを築くとき誰かと一緒にいるのはいいことだ to be frank - to express 自分をオープンにする。 誠実な方法。

  • But not sarcastic - to say the opposite of what you really mean, in order to hurt someone's feelings or criticise them in a humorous way.

    しかし、皮肉ではなく-にの反対を言う。 本当の意味での 傷つけるために 誰かの気持ち で批判したりします。 ユーモアのある表現で

  • Well, Neil, if we run over six minutes we'll break our rapport with the 6 Minute English producer, so that's all for this programme!

    さて、ニール、もし我々が6分以上 私たちの関係が壊れてしまう 6分でわかる 英語のプロデューサー、だから 以上です。

  • Join us again soon for more trending topics and useful vocabulary.

    プログラムに参加しよう参加するまた近いうちにご紹介します。 トレンドの話題や 有用な語彙...

  • And remember to download the BBC Learning English app and stay friends by following us on social media.

    ...を忘れないでください。BBCのダウンロード 英語学習アプリ で友達でいてください。 でフォローしてください。 ソーシャルメディア

  • Bye for now!

    今のところバイバイ

  • Bye!

    じゃあね!(笑

Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I'm Neil.

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 エミリー ニール 友達 英語 コミュニケーション 関係

相手との信頼関係を築く - 6分でわかる英会話 (Building rapport with others - 6 Minute English)

  • 10407 561
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 17 日
動画の中の単語