Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For anyone with a tendency to blush,

    顔が赤くなりがちな人に。

  • the idea that there might be something positive about going uncontrollably red in front of other people can sound absurd.

    人前で本を読みふけってしまうことで何かプラスになることがあるかもしれないという考えは、馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、いくら赤面するのが嫌だからといっても。

  • But, however uncomfortable it may be to blush, doing so indicates a range of admirable character traits that we should honor in ourselves and welcome in other people.

    これは、私たちが自分自身を尊重し、他の人々を歓迎すべき、さまざまな立派な特性を示しています。

  • Far from a disability, blushing is a sign of virtue.

    赤面症は障害ではなく、美徳の表れです。

  • It is strong evidence that one is, almost certainly, rather a nice person.

    それは、その人がどちらかというといい人であることを示す強い証拠です。

  • We tend to blush, first and foremost, from a fear that something about us might bother or prove unacceptable to other people.

    私たちが顔を赤らめるのは、まず第一に、自分の何かが他の人に迷惑をかけたり、受け入れられないのではないかという恐れからです。

  • We blush after we've told a joke in company and worry that it might have come across as inappropriate or offensive.

    私たちは、会社で冗談を言った後に顔を赤らめ、それが不適切または不快に思われたのではないかと心配します。

  • We blush when we abruptly realize that we may have arrived at someone's house half an hour too early for dinner, even if they are doing their kindly best to disguise the fact. We blush when we're concerned that something we said sounded boastful.

    私たちは、誰かの家に30分早く着いてしまったことに急に気づくと、たとえ相手がその事実を隠そうと最善を尽くしていたとしても、顔を赤らめます。

  • We blush because we told a little untruth, feel ashamed, and fear that others will immediately see through us.

    ちょっとした嘘をついただけで赤面したり、恥ずかしくなったり、すぐに見抜かれてしまうのではないかと不安になったりします。

  • In other words, blushing is powered by an unusually strong ethical sense.

    つまり、赤面症は異常に強い倫理観に支えられているのです。

  • It's generated by a terror of making other people uncomfortable.

    それは、人を不快にさせることへの恐怖心から生まれるものです。

  • A horror of inconveniencing them, a distaste for seeming arrogant or entitled, and an overwhelming qualm about saying anything untrue.

    相手に迷惑をかけることを恐れ、傲慢や権利を主張しているように見えることを嫌がり、事実と異なることを言うことに圧倒的な抵抗を感じます。

  • These may be hugely inconvenient feelings to experience, but they are very nice ones to harbor, because they almost guarantee that one won't in fact turn into the unpleasant person.

    これらの感情は、経験するには非常に不便なものかもしれませんが、抱いておくには非常に良いものです。なぜなら、実際に嫌な人間にならないことがほとんど保証されているからです。

  • One is so acutely sensitive to the dangers of being. Blushing is a guarantee of a fundamental, unbudgeable, involuntary honesty, a reminder to ourselves and to the world that something deep within us is offended by and won't tolerate fraudulence or arrogance.

    顔を赤らめることの危険性に敏感な人は、基本的な、予算のない無意識の正直さを保証するものであり、私たちの心の奥底にある何かが不正行為や傲慢さを不快に思い、それを許さないことを自分自身と世界に思い出させるものです。

  • Not coincidentally, we may fall particularly pray to blushing at the start of relationships.

    偶然ではありませんが、私たちは恋愛の最初の段階で、特に赤面しやすいのです。

  • As we sit in someone's living room late at night, wondering whether they might want to kiss us or we them, we may feel our faces redden deeply.

    夜遅くに誰かの家のリビングに座って、相手がキスしたいと思っているのか、自分がキスしたいと思っているのかを考えているうちに、自分の顔が赤くなって、深くなってしまうことがあります。

  • This too, is a high ethical achievement, born out of a kindly and sometimes rightful sense that we may be unwelcome.

    歓迎されないかもしれないという、親切で時には正しい感覚から生まれた、これも高い倫理観の賜物です。

  • The blushing seducer is profoundly aware of the dangers of being a nuisance.

    赤面症の誘惑者は、迷惑をかけることの危険性を深く認識しています。

  • Someone with no capacity to blush is, for this reason, a scary possibility, for they must implicitly operate with a dismaying attitude of entitlement.

    赤面する能力のない人は、だからこそ怖い存在で、暗黙のうちに呆れた権利意識を持っているはずです。

  • They can be so composed and so sure only because they haven't taken on board the crucial possibility of their unenchanting nature.

    彼らは、自分が魅力的ではないという重大な可能性を考慮していないために、とても落ち着いていて、確信を持っていることがありますが、過剰な自己疑念は、もちろん私たちの人生を台無しにします。

  • Excessive self doubt can, of course, blight our lives, but blushing seems on the edge of something properly worth celebrating.

    しかし、赤面することは、きちんとした祝福に値することの端緒であるように思われます。

  • A high degree of self knowledge and an awareness just how disturbing we can sometimes be to others.

    高度な自己認識と、自分が時として他人に迷惑をかけてしまうことを自覚していること。

For anyone with a tendency to blush,

顔が赤くなりがちな人に。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 傲慢 相手 倫理 キス 自己 意識

In Praise of Blushing (In Praise of Blushing)

  • 5281 268
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 16 日
動画の中の単語