Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I'm fortunate enough to say that I scored in the 99.9th percentile on the MCAT. It was

    幸運なことに、私はMCATで99.9%のスコアを獲得しました。でした。

  • a grueling 10 weeks of preparation, with 10 hours of studying 6 days per week, and minimal

    10週間という過酷な準備期間の中で、週6日10時間の学習を行い、最小限の

  • time off on the weekends. There were certain things I did correct, but several things that

    週末には休みが取れるようになりました。私が正しかった点もありましたが、いくつかの点では

  • made the journey much more painful than it needed to be. Had I resolved some of these

    は、その旅を必要以上に苦しいものにしてしまいました。これらのうちのいくつかを解決していたら

  • issues, I would have been able to secure the same score, but without such a struggle. Here's

    の問題があれば、同じスコアを確保できたはずですが、このような苦労はありませんでした。これは

  • what you can learn from my MCAT journey. Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

    私のMCATの旅からあなたが学べること。ジュバル先生、MedSchoolInsiders.com。

  • There were a handful of things I did right that facilitated rapid knowledge acquisition

    迅速な知識の習得を可能にするために、私が行ったいくつかの方法があります。

  • and score improvement. While this isn't a comprehensive list, these are the key factors

    とスコアの向上を目指しています。これは包括的なリストではありませんが、次のような重要な要素があります。

  • I urge other MCAT examinees to prioritize in their own study approach.

    他のMCAT受験者にも、ぜひ自分の勉強方法に優先順位をつけてほしいと思います。

  • The Critical Analysis and Reasoning Section, or CARS, is unique from the other sections

    CARS(Critical Analysis and Reasoning Section)は、他のセクションとは異なる特徴を持っています。

  • and therefore requires a unique study approach to perform best. Unlike the other sections

    のため、最高のパフォーマンスを発揮するためには、独自の研究アプローチが必要となります。他のセクションとは異なり

  • of the MCAT, it requires no outside knowledge to answer any of the questions. The test makers

    MCATでは、質問に答えるために外部の知識を必要としません。テストメーカーは

  • want to assess your ability to comprehend, analyze, and reason through material that

    を理解し、分析し、推論する能力を評価したいと考えています。

  • you read. For many, including me, it's the least favorite

    を読みました。私を含めた多くの人にとって、それは最も好きではない

  • section of the MCAT. It feels tedious, boring, and more of a formality than a true assessment

    MCATのセクション。退屈でつまらない、真の評価というよりは形式的なものだと感じています。

  • of skills necessary to become a competent future physician. While it's not a perfect

    将来、有能な医師になるために必要なスキルの完全なものではありませんが

  • assessment, it turns out CARS is indeed relevant, but that's a story told another time.

    評価の結果、CARSは確かに関係していることがわかりましたが、それはまた別の機会にお話します。

  • The key in dominating your CARS section comes down to regular practicethink low duration

    CARSセクションを制する鍵は、定期的な練習にあります - 低持続時間を考える

  • but high frequency. For the MCAT science sections, you do the oppositehigher duration in

    しかし、頻度は高いです。MCATの科学セクションでは、その逆のことをします - 高い持続時間で

  • a single sitting, but lower frequency. With CARS, I did at least 30 minutes every

    しかし、その頻度は低いものでした。CARSでは、最低でも30分毎に行いました。

  • day, 5 days per week, for close to 2 months straight. This was the key element in slowly

    日、週5日、2ヶ月近く続けました。このことが、ゆっくりと

  • but surely driving up my score. Sure, at the beginning I focused a bit on techniques and

    しかし、確実にスコアを伸ばすことができました。確かに、最初の頃はテクニックにばかり気を取られていて

  • strategies with CARS, but ultimately the biggest driver of my score improvement came down to

    CARSでの戦略もさることながら、最終的にはスコアアップの最大の要因となったのは

  • getting the reps in – a little bit every day.

    毎日、少しずつ練習を重ねています。

  • I often compare CARS to training your abs in the gym. The abs are a unique muscle group

    私はよくCARSをジムでの腹筋トレーニングに例えます。腹筋はユニークな筋肉群で

  • in that you can train them quite frequently, at relatively lower intensity compared to

    に比べて比較的低い強度で、かなり頻繁にトレーニングできるという点です。

  • other muscle groups, yet see hypertrophy and strength improvements without overtraining.

    他の筋群に比べて、オーバートレーニングをせずに筋肥大と筋力の向上を実現します。

  • Similarly, CARS is best approached with shorter, intense study bouts every day, rather than

    同様に、CARSは、より短い時間で集中して学習することで、毎日のように

  • dedicating a singleCARS dayonce per week. If you attempt to sit down and work

    週に一度、「CARS DAY」を設けています。座って仕事をしようとすると

  • on CARS for hours on end, you'll quickly find yourself burned out and experience a

    CARSを何時間もやり続けていると、すぐに燃え尽きてしまいます。

  • rapidly diminishing quality of your studying. In MCAT circles, practice questions and tests

    勉強の質がどんどん落ちていくMCATの世界では、練習問題やテストは

  • are primarily saved in the latter half of a student's MCAT prep. The line of reasoning

    は、主に学生のMCAT準備の後半に保存されます。推論のライン

  • being that you need to first learn the content through content review resources, and then

    というのは、まずコンテンツレビューの資料でコンテンツを学んでから

  • do testing later to understand question styles and timing for the test.

    後日テストを行い、問題のスタイルやテストのタイミングを把握する。

  • This strategy is suboptimal and leaves several points on the table. In my own MCAT prep,

    この戦略は最適ではなく、いくつかのポイントをテーブルの上に置いておくことになります。私自身のMCAT準備の中で

  • I focused on a higher than normal volume of practice questions and practice tests. Within

    通常よりも多い量の練習問題と模擬試験に集中しました。以内です。

  • the first 2 weeks, I took one full length practice test. In hindsight, I should have

    最初の2週間は、1回のフルレングスの模擬試験を受けました。今にして思えば、私は

  • started even sooner. Every 1-2 weeks after that, I was consistent in taking another.

    はさらに早く始めました。その後、1-2週間ごとに、もう1回、一貫して飲んでいました。

  • In the final month prior to my exam, I did at minimum 3 full length practice tests every

    試験前の最後の1ヶ月間は、最低でも3回のフルレングスの模擬試験を毎回行いました。

  • week. The key isn't just to get through the practice

    の週になりました。肝心なのは、ただ練習をこなすことではなく

  • test, but also review all the questions appropriately. Only if I was very confident in knowing a

    テストだけでなく、すべての問題を適切に復習することができます。を知っているという強い自信がある場合にのみ、私は

  • question and all its answer choices did I breeze through it. Every incorrect answer

    問題とその答えの選択肢がすべて揃っていたので、私は楽勝でした。すべての不正解は

  • had to be thoroughly reviewed, as did every question I got correct by guessing or getting

    徹底的に見直さなければなりませんでしたし、私が当てずっぽうで正解した問題や

  • lucky. Practice testing is useful not only later

    ラッキーでした。模擬試験は、後々まで有効です。

  • in the study period, but is also a highly effective way of learning content early on.

    は、学習期間中だけでなく、早期にコンテンツを学習するためにも非常に有効な手段です。

  • I focused on CARS practice passages daily, and the occasional full length practice test

    CARSの練習問題を毎日解いて、たまに本番さながらの練習問題を解いていました。

  • every week or so. In hindsight, it would have been even more effective to purchase a question

    を1週間に1回くらいの割合で購入しています。今にして思えば、質問を購入した方がさらに効果的だったかもしれません。

  • bank subscription, such as one with UWorld, and get through additional practice questions

    UWorldのような銀行契約を結び、追加の練習問題を解くことができます。

  • several days per week from the beginning. We tend to focus on the strategies during

    最初から週に数日のペースで行います。の間は戦略に集中する傾向があります。

  • the MCAT study period, but the importance of the preceding coursework is often overlooked.

    しかし、その前のコースワークの重要性は見落とされがちです。

  • When I took my first practice test 2 weeks into studying, I hit a 67th percentile. This

    勉強を始めて2週間後に初めて模擬試験を受けたとき、67パーセンタイルを叩き出しました。これは

  • was approximately 2 months out from my test date, giving me plenty of time to build and

    は試験日から約2ヶ月後だったので、余裕を持って製作していました。

  • improve upon this foundation. Having a strong foundation from college coursework

    この基礎をさらに向上させるために大学の授業でしっかりとした基礎を身につける

  • elevates the starting point when you begin your dedicated MCAT prep. In doing so, you

    は、専用のMCAT準備を始める際の出発点を高めてくれます。そうすることで、あなたは

  • raise the ceiling for your ultimate score. Had I goofed off in my first two years and

    最終的なスコアの天井を上げる。最初の2年間でグダグダになっていたら

  • scored a 20th percentile on my first practice test, there would be a much larger gap to

    最初の模擬試験で20%のスコアを取ったとしても、その先にはもっと大きなギャップがあります。

  • fill in order to get a satisfactory score. In my first two years of college, during which

    は、満足のいくスコアを得るために記入します。大学の最初の2年間では

  • premeds focus on their medical school prerequisite courses, I made it a point to apply myself

    プレミードは医学部の前提科目に集中しますが、私は自分を活かすことを大切にしました。

  • fully in every course. Rather than cramming last minute, I made it a point to study at

    すべてのコースをフルに活用しました。直前になって詰め込むのではなく、私の場合は

  • least a little bit 5 days per week. Spreading out the studying in this manner not only helped

    週に5日、少しずつでも勉強する。このように勉強を分散させることは、ただ単に

  • me achieve straight A's in these classes, but also consolidated the facts to my long

    私はこれらのクラスでストレートAを達成しただけでなく、私の長年の経験に事実を集約しました。

  • term memory. Had I crammed, much of the information wouldn't have stuck around to MCAT prep

    の長期記憶が必要です。詰め込んでいたら、多くの情報がMCAT準備にまで行き渡らなかっただろう

  • time. Although I'm happy with my score, there

    の時間です。自分のスコアには満足していますが、そこには

  • were several possible points of improvement in my study approach. Had I implemented these

    は、私の学習方法にいくつかの改善点がありました。もし私がこれらを実行していたら

  • changes, I would have been able to achieve the same score with less effort, less time,

    が変わっても、より少ない努力、より少ない時間で同じスコアを出すことができたはずです。

  • and less pain. It wasn't until medical school that I learned

    と痛みが軽減されました。を知ったのは、医学部に入ってからでした。

  • about proper implementation of active learning, which is far more effective and efficient

    遥かに効果的かつ効率的なアクティブ・ラーニングの適切な実施について

  • that passive means. When I was studying for the MCAT, I primarily relied on passive learning

    パッシブが意味するもの私がMCATの勉強をしていたときは、主に受動的な学習に頼っていました

  • techniquespassively reading content review books, highlighting, and rereading those highlights.

    のテクニックは、内容紹介の本を受動的に読み、ハイライトを付け、そのハイライトを再読することです。

  • In doing so, it took me longer to learn and consolidate key facts to my long term memory

    そうすることで、重要な事実を学び、長期的な記憶に定着させるのに時間がかかりました。

  • for test day. I only occasionally incorporated active methods.

    テストの日のために。たまにアクティブな方法を取り入れる程度でした。

  • Since my two roommates were also studying for the MCAT simultaneously, we made it a

    ルームメイト2人も同時にMCATの勉強をしていたので、私たちはそれを

  • point to use the Feynman technique occasionally, particularly when we were facing a difficult

    難しい問題に直面したときなどに、ファインマンのテクニックを使うことがありました。

  • concept or getting tired studying on our own. My use of practice tests, with in depth review,

    概念を理解したり、自分で勉強することに疲れてしまったり。模擬試験を利用して、徹底的に復習しています。

  • was also an active learning method. My mindset in preparing for the MCAT was to

    もアクティブラーニングの手法でした。MCATの準備における私の心構えは

  • learn too much information rather than too little. I acknowledged that it would require

    情報が少なすぎるのではなく、多すぎるのです。が必要であることを認めました。

  • more time and effort on my part, but I figured it was a price I was willing to pay to achieve

    私にとっては時間と手間がかかりますが、達成するためには仕方のないことだと思っています。

  • a top score. After all, it's better to be over-prepared than under-prepared.

    トップスコアを目指します。結局のところ、準備不足よりも準備過剰の方がいいのです。

  • I remember spending a full evening memorizing every step of the sound conduction pathway

    一晩中、音の伝導経路をすべて覚えていたことを覚えています。

  • from the pinna, or external ear, all the way to the cochlear nerve. This was not something

    外耳(ピンナ)から蝸牛(かぎゅう)神経に至るまで、すべての神経がつながっています。これは、何か

  • I needed to know for the MCAT based on how it tests these concepts. However, it was in

    MCATではこれらの概念をどのようにテストするのか、知っておく必要がありました。しかし、それは

  • my content review book, and I figured I should know everything within it cold.

    私はコンテンツレビューの本を読んで、その中のすべてのことを冷静に知っておくべきだと思いました。

  • This may seem harmless at first, but this approach leads to massive opportunity cost.

    一見、何の問題もないように見えますが、この方法は膨大な機会損失につながります。

  • That full evening could have been better spent focused on reviewing content that would show

    その日の夜は、次のようなコンテンツの検討に充てることができました。

  • up on the test, practicing CARS, or even relaxing and recharging.

    テストのアップ、CARSの練習、そしてリラックスして充電すること。

  • One common misconception amongst premeds, including my former self, is the importance

    以前の私も含めて、プレミードにありがちな誤解は、その重要性です。

  • of low yield information. I thought that knowing these low-yield details would be the difference

    の低歩留まり情報。このような低収率の情報を知っているかどうかが分かれ目になると思いました

  • between a good and exceptional MCAT score. In reality, this is not at all the case. Much

    MCATのスコアは、良いものと例外的なものの間にあります。実際のところ、これは全くの事実無根です。多くの

  • of thelow-yieldinformation in review books is beyond the scope of the MCAT and

    の、レビューブックに載っている「歩留まりの悪い」情報は、MCATの範囲を超えており

  • contributes zero to scoring higher, which is tremendously costly. Additionally, the

    は、高得点を取るための貢献度はゼロで、途方もないコストがかかります。さらに、その

  • main differentiating factor for top percentile scorers is almost always their in-depth mastery

    パーセンタイルスコア上位者の主な差別化要因は、ほとんどの場合、徹底したマスターである。

  • and precise recall of medium-yield concepts rather than their ability to remember some

    を覚えているかどうかよりも、中程度の利回りの概念を正確に覚えているかどうかの方が重要です。

  • esoteric piece of information. When I took the MCAT, there weren't YouTubers focused

    難解な情報の一部です。私がMCATを受験した時には YouTuberが焦点を当てていませんでした

  • on teaching evidence-based study principles to future doctors. In fact, it wasn't until

    根拠に基づいた研究の原則を将来の医師に教えるために。実際には、次のようなことがありました。

  • I got to medical school and was forced to drink from the proverbial fire hydrant of

    私は医学部に入って、の消火栓から飲むことを余儀なくされました。

  • medical knowledge that I was forced to learn a better way to study. Had I implemented those

    医療知識があったからこそ、より良い勉強方法を学ばざるを得なかった。私がそれらを実行していたら

  • evidence-based learning principles in college, I would have been able to get stellar results

    エビデンスに基づいた学習原理を大学で学んでいれば、私は輝かしい結果を得ることができていたでしょう。

  • in class and on the MCAT, but with far less time and effort.

    クラスでもMCATでも、はるかに少ない時間と労力で済む。

  • In short, the two primary evidence-based study principles you should focus on are (1) practice

    つまり、あなたが重視すべきエビデンスに基づく研究の2大原則は、(1)実践

  • questions and practice tests and (2) spaced repetition with active recall. These are the

    問題集や模擬試験、(2)能動的に思い出しながらのペースドリピート。これらは

  • two most effective methods in not only memorizing information, but also learning them deeply

    情報を記憶するだけでなく、深く学ぶために最も効果的な2つの方法。

  • such that you can apply that knowledge effectively on test day.

    試験当日にその知識を効果的に活用できるように。

  • If I could do it all over again, I would focus on four key principles:

    もし、もう一度やり直せるとしたら、4つのキーポイントに集中したいと思います。

  • Focus on only the necessary content – some people say to focus only on high-yield content,

    必要なコンテンツだけに集中する - 収穫率の高いコンテンツだけに集中する、という意見もあります。

  • which isn't exactly best practice. There is some medium and rarely some low yield content

    これはベスト・プラクティスとは言えません。中程度の歩留まりのコンテンツもあれば、まれに低歩留まりのコンテンツもある

  • that you will be tested on. Since you won't know what will and will not be tested on the

    のテストを受けることになります。何がテストされて、何がテストされないのかわからないので

  • MCAT, it's critical to find high yield resources that have done the heavy lifting for you,

    MCATは、あなたのために重労働をしてくれた高利回りのリソースを見つけることが重要です。

  • so that you don't over- or under-prepare. Incorporate active learning methods – the

    過剰な準備も不足な準備もしないように。能動的な学習方法を取り入れる - その

  • bulk of your time spent studying should be spent on (1) practice questions and (2) spaced

    勉強時間の大半は、(1)練習問題、(2)間隔を空けた学習に費やすべきです。

  • repetition with active recall. Content review resources are useful to first learn and understand

    積極的に思い出しながら反復すること。コンテンツレビューのリソースは、まず学び、理解するのに有効です

  • the information, but after that, save them as a reference for when you don't understand

    情報は、わからないときの参考にするために保存しておきましょう。

  • something that comes up in your practice questions or flashcards. You should not do multiple

    練習問題やフラッシュカードで出てきたものをあなたは、複数の

  • front-to-back passes of your content review resources as a study technique. This is a

    勉強法として、コンテンツレビューの資料を前から後ろに渡すことがあります。これは

  • highly time consuming and inefficient way to strive for content mastery.

    コンテンツのマスターを目指すには、非常に時間のかかる非効率的な方法です。

  • Follow a sustainable study schedule – I was lucky in that I didn't burn out despite

    持続可能な学習スケジュールを守る - 私は幸運にも、燃え尽きずに済みました。

  • having a grueling 10 week study schedule. Had I pushed my test date back at all, I would

    過酷な10週間の勉強スケジュールをこなす。テストの日を少しでも後ろにずらしていたら、私は

  • have certainly burned out and my score would be compromised. Remember that the quality and

    は確実に燃え尽きてしまい、私のスコアは損なわれてしまうでしょう。忘れてはいけないのは、品質と

  • strategy of your studying is arguably more important than the quantity of your studying.

    そのためには、勉強の量よりも、勉強の方法が重要です。

  • You'll end up with a better score through high intensity, intelligent study approaches

    強度の高い、知的な学習方法によって、最終的にはより良いスコアを得ることができます。

  • for 5 hours per day rather than medium intensity, passive study approaches for 10 hours per

    中強度のパッシブ・スタディ・アプローチではなく、1日5時間の中強度のパッシブ・スタディ・アプローチではなく、1日10時間の中強度のパッシブ・スタディ・アプローチである。

  • day. Use the best quality resources - if the goal

    日です。最高の品質のリソースを使用する - もしゴールが

  • is to get the highest score possible, then it doesn't pay to be overprepared. You want

    最高のスコアを得るためには、過剰な準備をしても意味がありません。あなたは

  • to only study what you need to study, and spend extra time honing your test taking skills.

    勉強しなければならないことだけを勉強し、テストを受けるためのスキルを磨くために特別な時間を過ごすことができます。

  • If I could do it all over again, I'd heavily rely on Memm, an evidence-based and highly

    私がもう一度やり直せるとしたら、エビデンスに基づいた高度な技術を持つMemmに大きく依存するでしょう。

  • effective MCAT study tool I had the pleasure of co-founding.

    私が共同設立したMCAT学習ツールは、効果的なものでした。

  • We've now had enough Memm users take the MCAT that we have data to report, and we were shocked

    これまでにMemmのユーザーがMCATを受験し、そのデータを報告してきましたが、私たちは衝撃を受けました。

  • by the numbers. The average Memm user scored a 514.3 on test day, which is the 90th percentile,

    数字で見るとMemmユーザーの平均的なスコアは、テスト当日に514.3で、これは90%にあたります。

  • and had an average score improvement of close to 12 points! Yeah, we know it's effective,

    で、平均12点近くのスコアアップがありました。ええ、効果があることはわかっています。

  • but even we were surprised by those results. The numbers don't lie, and there's a reason

    しかし、その結果には私たちも驚きました。数字は嘘をつかない、それには理由がある

  • over 95% of our users rate us 5 stars. Memm is an insanely effective MCAT study tool,

    95%以上のユーザーが5つ星の評価をしています。Memmは、非常に効果的なMCAT学習ツールです。

  • and it makes sense. It was designed by two 99.9th percentile MCAT scorers with extensive

    と意味があります。これは、MCATの99.9%のスコアラーである2人が設計したもので、豊富な

  • MCAT tutoring experience, and we leveraged the latest in evidenced based learning science

    MCATの個人指導の経験があり、最新のエビデンスに基づく学習科学を活用しました。

  • in a single, easy-to-use-tool. Sign up for a 7 day free trial at memm.io and use the

    を一つの使いやすいツールにまとめました。memm.ioで7日間の無料トライアルに登録して

  • coupon code CRUSHINGIT for 10% off your subscription. Link in the description.

    クーポンコード「CRUSHINGIT」で購読料が10%オフになります。説明文にリンクがあります。

  • If you enjoyed this video, check out my other MCAT videos, and go check out Memm. You won't

    このビデオを楽しんだ方は、私の他のMCATビデオをチェックして、Memmをチェックしてみてください。あなたには

  • regret it, I promise. Much love, and see you there.

    後悔しないようにします。愛を込めて、現地でお会いしましょう。

I'm fortunate enough to say that I scored in the 99.9th percentile on the MCAT. It was

幸運なことに、私はMCATで99.9%のスコアを獲得しました。でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 mcat スコア 学習 テスト 試験 練習

MCATスコア99.9パーセンタイルの後悔 (Regrets of a 99.9th Percentile MCAT Score)

  • 0 0
    Summer に公開 2021 年 06 月 12 日
動画の中の単語