Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Five languages, but seven countries.

    5つの言語、しかし7つの国。

  • What words have you picked up while reporting at the G7, Steve?

    G7を取材する中で、どのような言葉を拾ってきましたか?

  • I speak fluently French, Italian, all kinds of languages, so very few.

    私はフランス語、イタリア語、あらゆる言語を流暢に話すので、とても少ないです。

  • No that's a lie. Experiences rather than words,

    いいえ、それは嘘です。言葉よりも体験を。

  • I've got to be honest with you Silvia.

    シルビアさんには正直に話しておきます。

  • The G7, or Group of Seven, is an organization made up

    G7(グループ・オブ・セブン)とは、世界の主要都市で構成される組織です。

  • of the world's quotemost influentialandadvancedeconomies.

    世界の「最も影響力のある」「先進国」と称される国々の

  • Every year, the leaders of the United States, United Kingdom,

    毎年、アメリカ、イギリスの首脳陣が

  • Canada, France, Germany, Italy and Japan gather in a fancy location to talk global affairs.

    カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本が豪華な場所に集まり、世界情勢を語り合う。

  • But how did this group come together and what do they do?

    しかし、このグループはどのようにして集まり、何をしているのでしょうか?

  • To learn more, I caught up with CNBC anchor Steve Sedgwick.

    CNBCのキャスター、スティーブ・セジウィックに話を聞いてみた。

  • Steve has interviewed countless international leaders, including at the G7 summits.

    スティーブは、G7サミットをはじめとする数多くの国際的なリーダーにインタビューしてきました。

  • A lot of issues being discussed, some they don't seem to want to discuss

    多くの問題が議論されているが、中には議論したくないと思われるものもある

  • and others I'm not sure that they're going to get anywhere on as well.

    他にも、どこにも行けないのではないかと思うものもあります。

  • 2009, where I went to the G7 meeting in a place called L'Aquila in Abruzzo in Italy,

    2009年、イタリアのアブルッツォ州ラクイラという場所で開催されたG7会議に参加しました。

  • which was held by Silvio Berlusconni, which was originally supposed to be in Sardinia,

    本来であればサルデーニャにあるはずの、シルビオ・ベルルスコンニ氏が保有していた「ベルルスコンニ」。

  • then we had devastating earthquakes in Italy so he moved it to L'Aquila

    その後、イタリアで壊滅的な地震が発生したため、ラクイラに移転しました。

  • so there I was on the edge of an earthquake zone with military and fire personnel everywhere,

    私がいたのは地震の発生している地域の端で、そこには軍人や消防士がいた。

  • on the outskirts of a G-meeting. That was extraordinary.

    G-meetingのはずれにある。あれは異常だった。

  • The G7 originates from an informal meeting of finance ministers from the U.S., West Germany, France and the U.K.

    G7は、米国、西ドイツ、フランス、英国の財務大臣による非公式な会合が起源となっています。

  • Held in the White House's library, they became known as theLibrary Group.”

    ホワイトハウスの図書館で開催された彼らは、「ライブラリー・グループ」と呼ばれるようになった。

  • The G number is something almost not worth getting worked up about, because it started off as a G4.

    G番号は、最初はG4だったので、ほとんど気にしなくてもいいと思います。

  • Then it became G5 with Japan coming on board, then Italy G6.

    その後、日本が入ってG5になり、イタリアが入ってG6になった。

  • In 1975, they made it official. France and Germany invited the heads of government

    1975年、彼らはそれを公式に発表した。フランスとドイツは政府首脳を招待し

  • for the six nations to the Chateau de Rambouillet, 30 miles southwest of Paris, for a meeting.

    パリの南西30マイルにあるランブイエ城で、6カ国の代表者が集まりました。

  • The next year, Canada joined the Group, rounding it out to what we now know as the G7.

    翌年にはカナダが加わり、現在のG7になりました。

  • This was a coordinated response from some of the biggest nations on the planet

    これは、地球上で最も大きな国のいくつかが協調して対応したものです。

  • to what were enormous macroeconomic challenges. We had a devastating oil shock

    膨大なマクロ経済的課題に直面していました。壊滅的なオイルショックがありました

  • and of course a huge recession and inflation problems in the 70s.

    もちろん、70年代には大不況とインフレの問題があった。

  • While the group's focus started with the economy, it wasn't long before its scope extended

    最初は経済に焦点を当てていましたが、その範囲はすぐに広がりました。

  • to include foreign policy and security.

    には、外交・安全保障も含まれています。

  • Williamsburg in 1983, Bonne in 1985, at these key summits,

    1983年にはウィリアムズバーグ、1985年にはボンヌと、重要なサミットに参加しています。

  • security and energy security, these were specifically mentioned,

    安全保障、エネルギー安全保障、これらが具体的に挙げられています。

  • and you have got to look at what was going on in the world at that time.

    当時、世界で何が起こっていたかを見なければなりません。

  • You had this devastating war at the center of the Middle East

    中東の中心で壊滅的な戦争が起きていた。

  • between two of the largest oil players in the world: i.e. Iran and Iraq.

    世界最大の石油プレーヤーであるイランとイラク。

  • You had the Soviet invasion of Afghanistan in the 80s as well.

    80年代には、ソ連のアフガニスタン侵攻もありましたね。

  • So there were a whole lot of geopolitical tensions, with the backdrop of course of the Cold War,

    冷戦を背景に、地政学的な緊張感が漂っていたのです。

  • where security and economic policy, they very, very severely overlapped.

    安全保障政策と経済政策は、非常に重なり合っています。

  • Following the dissolution of the Soviet Union in 1991,

    1991年のソビエト連邦の崩壊後。

  • Russia regularly attended G7 meetings. It officially became a member of the group in 1998,

    ロシアはG7に定期的に参加していました。1998年に正式にG7に加盟しました。

  • forming the G8. But the relationship was short-lived.

    G8を結成したのである。しかし、この関係は長くは続かなかった。

  • I remember that very, very well. In 2014, I was down in Ukraine

    それはとてもよく覚えています。2014年、私はウクライナで倒れていました

  • and that was the reason why Russia got booted out,

    そして、それがロシアを追い出した理由である。

  • because of the annexation of Crimea and the invasion of that part of Ukraine.

    クリミアを併合し、ウクライナの一部を侵略したからです。

  • The rest of the group boycotted Russia's G8 meeting in Sochi that year, meeting in Brussels instead.

    他のグループは、ソチで開催されたロシアのG8会合をボイコットし、代わりにブリュッセルで会合を開いた。

  • Do you think that the G7 will ever be the G8 again?

    G7が再びG8になることはないと思いますか?

  • Not with Russia for the foreseeable future,

    ロシアとは当分の間、関係ない。

  • the antagonism between the West and Russia is just too great at the moment,

    現在、西洋とロシアの間の対立はあまりにも大きい。

  • but could it be a G8 with another party? Quite possibly.

    しかし、他の政党とのG8になる可能性は?可能性はあります。

  • What Steve is hinting at here is the notable absence of some major economies from the group, and he's not alone.

    ここでスティーブが示唆しているのは、グループ内に主要な経済圏が存在しないことが顕著であるということだ。

  • There are plenty of questions about who should be in the group moving forward.

    今後、誰がこのグループに入るべきなのか、疑問は尽きません。

  • One study suggests that by 2050, six of the seven

    ある研究によると、2050年には7つのうち6つが

  • largest economies in the world will be countries currently outside the G7,

    世界で最も大きな経済規模を持つのは、現在G7以外の国です。

  • including the rapidly growing nations of China, India and Brazil.

    急速に成長している中国、インド、ブラジルなどの国々を含む。

  • If these growth projections prove right, we could see a transformation

    これらの成長予測が正しければ、私たちは変化を見ることができるでしょう。

  • in either the composition of the G7, or its relevance.

    は、G7の構成やその関連性のいずれにも当てはまりません。

  • The G7 did partially address these concerns by creating the G20 in 1999.

    G7は1999年にG20を設立することで、これらの懸念に部分的に対処しました。

  • The G7 finance ministers decided that they needed more people at the table to discuss the economic crisis at the time.

    G7財務大臣は、当時の経済危機を議論するためには、より多くの人がテーブルにつく必要があると判断しました。

  • Do you think it couldn't work just with the seven? Why did they need more people at the table?

    7人だけではうまくいかなかったと思いますか?なぜ食卓にはもっと多くの人が必要だったのでしょうか?

  • Absolutely, it couldn't work as well because despite the fact that even to this day

    絶対にうまくいきませんでした。というのも、今日に至るまで

  • the original seven members, plus Russia, represent a vast amount of global wealth,

    当初のメンバーである7カ国とロシアは、世界の膨大な富を代表しています。

  • a vast amount of global GDP, look at where the crises were.

    世界のGDPの膨大な量を占める危機がどこにあったかを見てみましょう。

  • We had a hedge fund collapse for a start, which had global ramifications,

    まずヘッジファンドの破綻がありましたが、これは世界的な影響を及ぼしました。

  • we had a Russian financial crisis in the late 1990s, we had the east Asia crisis

    1990年代後半にはロシアの金融危機があり、東アジアの危機もありました。

  • plus you had a Mexican Peso crisis. So all of these crises had roots

    また、メキシコのペソ危機もありました。これらの危機の根源はすべて

  • in different parts of the world, and it just wasn't feasible

    世界のさまざまな地域で活動しており、実現不可能でした。

  • for the G7 to approach this, and start telling China, India, East Asian countries

    G7はこれに近づき、中国、インド、東アジアの国々に伝え始めるべきです。

  • what they should be doing without their participation as well.

    彼らの参加を得ずに、彼らがすべきことをしている。

  • So absolutely. That's how the G20 was born.

    だから絶対。そうして生まれたのがG20です。

  • This group became even more prominent during the financial crisis of 2008,

    このグループは、2008年の金融危機の際にさらに顕著になりました。

  • when the U.S. suggested the G20 should include heads of state too.

    米国がG20に国家元首も含めるべきだと提案したときのことです。

  • The leaders have met in this format, in addition to the G7, every year since 2010.

    2010年以降、G7に加えて毎年この形式で首脳会談が行われています。

  • Today, the G20 is comprised of 19 countries and the European Union.

    現在、G20は19カ国と欧州連合で構成されています。

  • It accounts for 80% of global GDP and 60% of the world population.

    世界のGDPの80%、世界の人口の60%を占めています。

  • Meanwhile, the G7 accounts for 40% of global GDP and a tenth of the world's population.

    一方、G7は世界のGDPの40%、世界の人口の10分の1を占めています。

  • So, based on that, would you say that the G20

    それを踏まえた上で、G20はというと

  • has become more important and perhaps more efficient than the G7?

    は、G7よりも重要で、おそらく効率的になったのではないでしょうか?

  • Yes and no, there you go, there's my clear answer.

    はい、いいえ、そこに私の明確な答えがあります。

  • London, April 2009 which was just the finest moment for the G20

    2009年4月、ロンドンで開催されたG20は、まさに最高の瞬間でした。

  • when the big powers including Saudi, China, India, stepped up

    サウジ、中国、インドなどの大国が歩み寄ったときには

  • and said we will have a big global coordinated response.

    と、大規模な世界規模の協調対応を行うと述べました。

  • That said, I don't think the G20 has had such a fine moment in the following 12 years,

    とはいえ、その後の12年間、G20にこれほどの晴れ舞台があったとは思えない。

  • and I am not sure that coordination has always seemed possible amongst 20 countries

    また、20カ国の中で常に調整が可能であったとは思えません。

  • with 20 different interests as well. So whilst the G7 is perhaps too small

    そして、20の異なる関心事を持った人々が集まっています。だから、G7は小さすぎるかもしれませんが

  • to make these global decisions, one could argue

    このようなグローバルな意思決定を行うために、一つの論点があります。

  • the efficiency of the G20 is just not there because you've got too many disparate interests.

    あまりにも多くの利害関係者が集まっているため、G20の効率性は低いと言わざるを得ません。

  • And of course now we have transpacific antagonism between China and the U.S.,

    そしてもちろん今、中国とアメリカの間には太平洋を越えた拮抗関係があります。

  • has that devalued the common purpose of the G20? So, it's a very nuanced situation.

    は、G20の共通の目的を切り捨ててしまったのでしょうか?だから、非常に微妙な状況なのです。

  • So, the G7 talks through some of the world's biggest challenges, but have they actually achieved anything?

    では、G7は世界の最大の課題について話し合っていますが、実際に何かを成し遂げたのでしょうか?

  • The group's response to that question would be: absolutely.

    この質問に対するグループの答えは、「絶対に」です。

  • It takes credit for being behind the Muskoka Initiative, which reduced maternal and infant mortality

    妊産婦や乳幼児の死亡率を低下させた「マスコカ・イニシアティブ」を推進したことが評価されました。

  • and the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria.

    と「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」があります。

  • It also says it supported the implementation of the Paris Climate Deal,

    また、パリ気候協定の実施を支持したとしています。

  • which renewed carbon emission reduction targets in many parts of the world.

    世界の多くの地域で炭素排出削減目標が更新されました。

  • At the end of each meeting, the group signs a communique, which outlines their joint commitments.

    毎回の会議の最後には、共同コミットメントをまとめたコミュニケに署名します。

  • It was not so long ago we saw the G7 reach an agreement over a common statement

    G7が共通の声明で合意したのは、それほど昔のことではありません。

  • and then the then U.S. president Donald Trump decided to revoke his signature essentially.

    と、当時のアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏が署名を基本的に取り消すことを決めたのです。

  • A communique, a common statement, the grand piece at the end of these meetings.

    コミュニケ、共通の声明、これらの会議の最後の大作です。

  • What's it worth sometimes? Sometimes they are so watered down, Silvia,

    時には、何のために?ときには水を差すようなこともある、シルビア。

  • that you wonder what's the worth of it. And so I do actually have

    その価値は何なのかと考えてしまいます。そうして、実際に私は

  • a lot of common understanding with Donald Trump on this issue,

    この問題では、ドナルド・トランプ氏と多くの共通認識を持っています。

  • very often you have a bland statement with grand protestations which potentially

    よくあるのは、大げさに主張するだけの当たり障りのない文章で、潜在的には

  • tie the members into situations that aren't necessarily in their national interest.

    必ずしも国益にかなっていない状況にメンバーを巻き込んでしまう。

  • I have seen communiques in the past where I know for a fact there have been

    私は過去のコミュニケーションを見たことがありますが、そこには確かに

  • transgressors on currency issues, where people have really wanted to name names,

    通貨問題では、人々が本当に名前を挙げたいと思っていたトランスグレッサー。

  • but they refused to name names because they don't want to upset anyone as well.

    しかし、彼らは誰も怒らせたくないので、名前を挙げることを拒否しました。

  • So the statement at the end of it is very often watered down and actually very meaningless.

    そのため、最後の声明は水増しされていることが非常に多く、実際には非常に意味のないものになっています。

  • So, what is next for the G7?

    では、G7の次の展開は?

  • Now, this is very interesting because don't forget that the G7 doesn't have a secretariat.

    さて、これは非常に興味深いことですが、G7には事務局がないことを忘れてはいけません。

  • It doesn't have a big ongoing body to talk about these issues on a multi-year basis.

    このような問題を数年単位で話し合う継続的な大きな組織はありません。

  • And so the G7 is very much about the agenda of the day and the agenda of the host government as well.

    そのため、G7はその日のアジェンダとホスト国政府のアジェンダが非常に重要になります。

  • If Brazil does join the G7, do you want to know a few words in Portuguese, just in case?

    もしブラジルがG7に参加することになったら、念のためにポルトガル語の単語をいくつか知っておきたいですか?

  • Absolutely, yeah!

    絶対に、そうだ。

  • I mean Portuguese is a big gulf in my knowledge, so fire away Silvia.

    ポルトガル語は私の知識に大きな隔たりがありますので、シルビアさんにお願いします。

  • I will just teach you two very simple ones. 'Obrigado' for 'thank you' and 'por favor' for 'please'.

    ここでは、とても簡単な2つの言葉を紹介します。Obrigado」は「ありがとう」、「por favor」は「お願いします」です。

  • Por favor, that sounds like many other Latin languages I think, I think I can get that one.

    Por favor、それは他の多くのラテン語に似ていると思うよ。

  • And the first one again?

    また、1枚目は?

  • Obrigado.

    Obrigado。

  • Obrigado.

    Obrigado。

  • Very good. There you go!

    とてもいいですね。そうです。

Five languages, but seven countries.

5つの言語、しかし7つの国。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 世界 危機 ロシア グループ イタリア カ国

G7とは何か?| CNBCが解説 (What is the G7? | CNBC Explains)

  • 17 4
    Summer に公開 2021 年 06 月 10 日
動画の中の単語