Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

    こんにちは、BBC Learning EnglishのNews Reviewへようこそ。

  • I'm Neil and joining me today is Catherine. Hello Catherine.

    私はニールで、今日参加するのはキャサリンです。こんにちは、キャサリン。

  • Hello Neil. Hello everybody. Yes, today we are joining Harry

    こんにちは、ニールです。皆さん、こんにちは。はい、今日はハリーに参加します。

  • and Meghan to say welcome to their new daughter, who they have named

    メーガン夫妻は、新しい娘の誕生を歓迎しました。

  • Lilibet Diana in recognition of Harry's grandmother and his mother.

    リリベット・ダイアナは、ハリーの祖母と母を記念しています。

  • If you want to test yourself on any of the vocabulary you hear in this

    ここで出てきた語彙を自分で試してみたい方は

  • programme, there's a quiz on our website at bbclearningenglish.com.

    番組では、bbclearningenglish.comというウェブサイトでクイズをやっています。

  • Now, let's find out some more about the story from this BBC News report:

    では、このBBCニュースの報道から、もう少し話を聞いてみましょう。

  • So, the Duke and Duchess of Sussex, better known as Harry and Meghan,

    つまり、ハリーとメーガンとして知られているサセックス公爵と公爵夫人です。

  • have welcomed their second child.

    が第二子を出産しました。

  • Now, they have a daughter, who will be called Lilibet Diana. Now,

    現在、二人の間には娘がいて、リリベット・ダイアナと呼ばれることになっています。今は

  • Lilibet is the nickname given to the Queen when she was a child and Diana,

    リリベットとは、女王が幼少の頃につけられたダイアナの愛称です。

  • of course, is the name of Princess Diana, who was Harry's mother.

    はもちろん、ハリーの母親であるダイアナ妃の名前です。

  • You have been scanning the world's media for this story, haven't you

    あなたはこの記事のために世界中のメディアをチェックしていたのではないでしょうか?

  • Catherine? You've picked out three really useful expressions this time,

    キャサリン?今回は本当に便利な表現を3つ選んでいただきました。

  • which can be used to talk about the story. What have you got?

    といったように、ストーリーを語るのに使えるものがあります。何を手に入れたの?

  • Yes, we have: 'a nod to', 'what's in a name?' and 'bumped down the line'.

    はい、あります。a nod to」「what's in a name?」「bumped down the line」です。

  • 'A nod to', 'what's in a name?' and 'bumped down the line'.

    A nod to」「what's in a name?」「bumped down the line」。

  • OK. Well, let's start with your first headline please.

    OKです。では、まず最初のヘッドラインをお願いします。

  • Yes, we're starting in the United States with CNNthe headline:

    はい、アメリカではCNNからスタートしています-ヘッドラインです。

  • 'A nod to' – a reference to.

    'a nod to' - a reference to.

  • Yes, we've got a three-word expression.

    はい、3つの言葉で表現しています。

  • The first word is 'a'. Second word: 'nod' – N-O-D. And the third...

    第一の単語は『a』。2つ目の単語は「nod」-N-O-D。そして3つ目は...

  • the third word is 'to' – T-O. So, we get 'a nod to'.

    3つ目の単語は「to」-T-Oです。つまり、「a nod to」となるわけです。

  • Yeah. So, Catherine, what is 'a nod' actually?

    そうですね。では、キャサリンさん、「うなずき」とは実際には何なのでしょうか?

  • A 'nod' is a movement: a gesture that you do with your head.

    うなずき」とは、頭を使って行う動作、ジェスチャーのことです。

  • So, in a lot of cultures, if we want to indicate yes,

    だから、多くの文化では、「はい」と表示したい場合は

  • we nod our head up and down.

    私たちは首を縦に振ったり、横に振ったりします。

  • We do. We do, yes.

    私たちはそうします。そうですね。

  • There's other things we can do when we 'nod':

    うなずく」ことでできることは他にもあります。

  • we can reference something...

    何か参考になることはないかな...。

  • if we want to, sort of, say 'over there', we could do that with our head:

    もし、「あそこ」と言いたいなら、頭を使ってそうすることができます。

  • move our head to the side, indicating the direction.

    頭を横に動かして方向を示す。

  • I'm doing it now. So am I.

    今やっています。私もそうです。

  • So, a head movement is a 'nod'.

    つまり、頭の動きは「うなずき」なのです。

  • Yeah. And that's the sense we've got here, isn't it?

    そうですね。そして、それがここでの感覚なのですね。

  • That we are indicating something.

    私たちが何かを示していること。

  • Yesthe Queen! An indication is...

    そう、女王です。表示は

  • so, when you do something to indicate, to acknowledge,

    ということは、何かをするときには、そのことを示す、認める、ということになります。

  • to recognise something else, we can say 'it's a nod to.' So, the choice

    を、他の何かを認識するために、「It's a nod to」と言うことができます。つまり、選択肢は

  • of name Lilibet, which was Harry's grandmother's nickname when she was

    リリベットという名前は、ハリーの祖母が子供の頃につけていたニックネームです。

  • a child, is a kind of recognition of this child's great grandmother.

    その子の曾祖母を認識しているかのようです。

  • So, the name is a recognition, it's an acknowledgement,

    だから、名前は認識であり、謝意である。

  • it's 'a nod to' the Queen.

    それは女王への "敬意 "です。

  • Yeah, and if we want to turn that

    ああ、それを変えたいなら

  • into a verb phrase, we can use 'give'.

    を動詞句に変えれば、「give」を使うことができます。

  • Yes, you can 'give a nod to' and it means to recognise something: to do

    そうですね、「give a nod to」で、何かを認識する:するという意味になります。

  • something which shows you're aware of something, as an acknowledgement.

    あなたが何かを認識していることを示す、謝意を表すようなもの。

  • It's often a very positive thing; when we 'give a nod to' something

    それはとてもポジティブなことで、何かに「うなずく」ということは

  • we acknowledge or recognise or indicate it in a very positive way.

    私たちは、非常にポジティブな方法でそれを認め、認識し、表示します。

  • Yeah. You may have noticed,

    うん。気づいているかもしれませんが

  • Catherine, that occasionally I wear a maple-leaf T-shirt.

    キャサリン、たまにはもみじのTシャツを着ることもあります。

  • You do wear a T-shirt with a – it's a red leaf, isn't it?

    赤色の葉っぱのTシャツを着ていますね。

  • That's right, yeah. And that's because I grew up

    そうなんですよ。そしてそれは、私が育った

  • in Canada and my T-shirt is 'a nod to' my Canadian childhood.

    私のTシャツは、私のカナダでの子供時代にちなんだものです。

  • I see. That's very interesting. Yes, 'a nod to' your childhood.

    なるほどね。それはとても興味深いですね。そう、あなたの子供時代を「なぞって」いるのです。

  • Now, there is another meaning and another expression, which is very

    さて、もう一つの意味と表現がありますが、それはとても

  • similar, with a different meaning: 'to give someone the nod'.

    に似ていますが、違う意味で「誰かにうなずく」という意味があります。

  • Yes. If you 'give someone the nod', you basically say: 'Yes.

    そうですね。"give the nod "であれば、基本的には "Yes "です。

  • Go ahead. It's your turn. It's your time.' So, it's a...

    どうぞ。It's your turn.あなたの時間です』。だから、それは...

  • 'to give someone the nod' is to say, 'Yeah, do it. You can do this now.'

    to give someone the nod」は、「うん、やってみて。あなたは今、これをすることができます』。

  • Yeah, often used in reference to selecting a player in a sports team.

    ああ、スポーツチームの選手を選ぶときによく使われる言葉だ。

  • Yes, absolutely. Yes, if one player is unwell and cannot compete, then

    はい、その通りです。はい、もし一人のプレーヤーが体調不良で出場できない場合は

  • the manager will 'give the nod to' the substitute player to say:

    監督は、代役の選手に「指示を出す」。

  • 'Right. It's your turn now.'

    「そうですね。今度はあなたの番です』。

  • OK. Let's get a summary:

    OKです。要約してみましょう。

  • If you would like to watch another story about Harry and Meghan,

    よろしければ、ハリーとメーガンの別のストーリーをご覧ください。

  • we have one about the time they decided and announced that they

    と決めて発表した時のものがあります。

  • were going to stand down from their official royal duties.

    は、王室の公務から身を引くことになりました。

  • What do our viewers have to do?

    視聴者は何をしなければならないのか?

  • You just have to click the link and you can watch the story.

    リンクをクリックするだけで、ストーリーを見ることができます。

  • Brilliant. OK. Let's have a look at our next headline, please.

    Brilliant.よし。次のヘッドラインを見てみましょう。

  • Yes, we're now in the UK with the Guardian:

    そう、今はイギリスの「ガーディアン」になっています。

  • 'What's in a name?' – is what we call something important?

    'What's in a name?' - 何かを呼ぶことが重要なのか?

  • Yes. Today's expression is a question: what's in a name?

    はい。今日の表現は、「名前には何が込められているのか?

  • Four words. The first word: 'what's' – W-H-A-T– apostrophe –S.

    4つの単語。最初の単語:「what's」-W-H-A-T-アポストロフィー-S。

  • Second word: 'in' – I-N. Third word: 'a'.

    2語目:「in」-I-N。三つ目の単語:「a」。

  • And the fourth word: 'name' – N-A-M-E – with a question mark.

    そして4つ目の単語:「名前」-N-A-M-E-にクエスチョンマークをつけたもの。

  • Now, 'what's in a name?'.

    さて、『What's in a name?

  • You know your Shakespeare, don't you Neil?

    あなたはシェイクスピアを知っていますよね、ニール?

  • Well, I think if...

    思うに、もし...

  • I think everyone in the world knows this particular Shakespeare.

    世界中の誰もが知っているシェイクスピアだと思います。

  • It's from Romeo and Juliet.

    ロミオとジュリエット」からです。

  • Yes, that's right. Now, Romeo and Juliet: the star-crossed lovers.

    そうなんです。さて、ロミオとジュリエット:星になった恋人たち。

  • So, Juliet was in love with Romeo, who was from a different family,

    つまり、ジュリエットは家柄の違うロミオに恋をしていたのです。

  • and their two families were enemies.

    と、両家は敵同士でした。

  • So, Juliet is complaining that he has the wrong name and she's saying:

    だから、ジュリエットは名前が違うと文句を言っているのに

  • it's only a name – 'what's in a name?' Your name is Montague;

    It's only a name - 'What's in a name?あなたの名前はモンタギューです。

  • it doesn't matter. Why is your name important?

    は重要ではありません。なぜ自分の名前が重要なのか?

  • She compares Romeo's name, or Romeo, to a rose.

    ロミオの名前、つまりロミオを薔薇に例えている。

  • She said if you take a rosethe flowerand it isn't called a rose,

    彼女は、もしバラの花がバラと呼ばれていないとしたら、と言った。

  • it still smells beautiful. Why is the name important?

    今でも美しい香りがします。なぜ名前が重要なのか?

  • Yeah. And that's what this is about.

    そうですね。そして、これはそのためのものなのです。

  • It's an expression that we use to, sort of,

    という表現で、なんとなく使っています。

  • debate whether or not something – a name is important to something.

    何か、つまり名前が何かにとって重要であるかどうかを議論する。

  • Yes. Now, in this newspaper article, they're analysing the name

    はい。さて、この新聞記事では、名前を分析しています。

  • this name: there's four parts to this child's name.

    - this name: この子の名前には4つの部分があります。

  • We've talked about Lilibet and Diana and we've said...

    リリベットとダイアナの話をしてきましたが、私たちは

  • the article is saying why these names are significant

    この記事では、なぜこれらの名前が重要なのかを述べています。

  • and the headline is saying, yeah,

    と見出しで言っていますが、そうなんです。

  • 'are names significant?' In this case they probably are.

    名前に意味があるのか」この場合は、おそらく意味があるでしょう。

  • Now, Catherine, you're really into your mobile phones, aren't you?

    さて、キャサリンさんは携帯電話に夢中ですよね?

  • It's got to be a good one for you.

    あなたにとっていいものになるはずです。

  • Yes. I do like to buy one that I... a trusted brand, yes.

    信頼できるブランドのものを買いたいと思っています。

  • Yeah. Whereas for me, you know, I don't really care.

    そうですね。一方、私はというと、あまり気にしていません。

  • I could spend a lot of money on something expensive with a really

    のある高価なものに大金を使うことができました。

  • well known name, but I've got this one here and it does everything I

    よく知られた名前ですが、私が持っているこれは、私が持っているすべての機能を備えています。

  • need to do: 'what's in a name?' Come on – 'what's in a name?'

    need to do: 「What's in a name?さあ-「名前の中には何がある?

  • Well, quite a lot I think, but you think differently. You don't

    私はたくさんのことを考えていますが、あなたは違うことを考えています。あなたには

  • care about the name, so that's fair enough, if you've got what you want.

    は名前を気にするので、欲しいものがあればそれはそれでいいと思います。

  • Yeah, but that's an example of how we can use this expression:

    ええ、でもこれは、この表現をどのように使うかの一例です。

  • when you're discussing whether or not a brand,

    ブランドの良し悪しを議論するときには

  • or a particular name, or a label is in fact important or not.

    や、特定の名前やラベルが実際に重要であるかどうか。

  • OK. Let's get a summary:

    OKです。要約してみましょう。

  • We have a programme we know you're going to love, because it's got Rob

    私たちは、あなたが好きになるであろうプログラムを用意しています。

  • in it talking about biscuits, and how important the names of biscuits are.

    その中で、ビスケットの話が出てきて、ビスケットの名前がいかに重要かということが書かれています。

  • What do our viewers have to do?

    視聴者は何をしなければならないのか?

  • Just click the link!

    リンクをクリックするだけです。

  • OK. Let's have a look at our next headline.

    OKです。次のヘッドラインを見てみましょう。

  • And we're still in the UK, this time with Sky:

    そして、私たちはまだイギリスにいて、今度はSkyを使っています。

  • 'Bumped down the line' – lowered in importance or position.

    Bumped down the line」-重要性や地位が下がる。

  • Yes, we have another four-word expression:

    はい、また四字熟語の表現が出てきました。

  • first word is 'bumped' – B-U-M-P-E-D.

    最初の単語は "bumped" - B-U-M-P-E-Dです。

  • The second word: 'down' – D-O-W-N.

    2つ目の単語:「ダウン」-D-O-W-N。

  • The third word: 'the' – T-H-E. And the final word is 'line' – L-I-N-E.

    3つ目の単語:「the」-T-H-E。そして最後の言葉は「ライン」-L-I-N-Eです。

  • Now, pronunciation-wise, the first word is 'bumped',

    さて、発音的には、最初の単語は「bumped」です。

  • but because the next word starts with a 'd' – 'down' – we lose the

    しかし、次の単語が'd'-'down'で始まるため、その部分を失います。

  • 'teh' of the end of 'bumped', so we get this, Neil:

    bumped」の最後に「teh」をつけることで、「Neil」となります。

  • 'Bump(ed) down'. Yes, 'bump(ed) down' the line:

    Bump(ed) down」。そう、「バンプ(ED)ダウン」というのは、ラインのことです。

  • we don't use the 'd' – 'bumped': we just say 'bump(ed) down the line'.

    私たちは、「bumped」の「d」を使わずに、「bump(ed) down the line」と言います。

  • It's easier to pronounce, but it's still a past tense.

    発音はしやすくなりましたが、やはり過去形です。

  • Absolutely, yes. So, the key word here is 'bump'.

    絶対に、そうです。ですから、ここでのキーワードは「バンプ」です。

  • 'To bump' something is to, sort of, move it with force.

    何かを「ぶつける」というのは、ある意味、力を入れて動かすことです。

  • Yes. Generally, yes. If I... if you bump something,

    はい。一般的にはそうですね。もし、私が...あなたが何かにぶつかったら。

  • you make it change its position by pushing it: by giving it a good,

    押すことによって、その位置を変えさせることができます。

  • kind of, knock or a push to get it out of the way, out of...

    邪魔にならないように、ノックしたり、押したりして...。

  • so that something else can take its place.

    そのためには、何か別のものが必要になります。

  • And that's what this expression is all about.

    そして、この表現はそのためのものです。

  • If you're standing in the queue, Neil, for the coffee machine

    ニールさんがコーヒーマシンの列に並んでいたら

  • and I come along beside you and I give you a good push,

    私はあなたの横についていき、あなたの背中を押します。

  • and I move you and you're standing backwards and I'm now in your place,

    そして、私があなたを動かすと、あなたは後ろ向きに立っていて、私があなたの場所にいることになります。

  • you have been 'bumped down the line'.

    あなたは、「ラインの下にぶち込まれた」のです。

  • Yeah. So, that's a very literal definition or explanation there,

    そうです。それはとても文字通りの定義や説明ですね。

  • but we can use it in a more figurative sense.

    が、もっと比喩的な意味で使うこともできます。

  • And here we're talking about the royal line of succession.

    そして、ここでは王室の後継者の話をしています。

  • Yes, the royal line of succession: who will become king or

    そう、王室の継承ライン:誰が王になるのか、あるいは

  • queen after our present queen, Queen Elizabeth, dies.

    現在の女王であるエリザベス女王が亡くなった後の女王です。

  • Well, there's quite a long list of people: it starts with her son,

    まあ、かなり長いリストがあるのですが、まずは彼女の息子から始まります。

  • then it's her son's son, then it's all the children of the son's son,

    続いて、彼女の息子の息子、そしてその息子の息子の子供たち全員が対象となります。

  • then it's Harry and his children,

    続いて、ハリーとその子供たちです。

  • and after that there are other people who are now one place

    そして、その後、他の人たちが、今、一つの場所で

  • further away from becoming king or queen because of this new arrival.

    この新参者のせいで、王様や女王様になることができなくなってしまいました。

  • Because of Lilibet's birth, some other people are

    リリベットが生まれたことで、他の人たちは

  • further down the line: they've been 'bumped down the line'.

    further down the line: They've been 'bumped down the line'.

  • Yeah. And you might use this expression, for example,

    うん。そして、例えばこんな表現を使うこともあります。

  • in a professional context: maybe you're waiting or expecting a

    プロフェッショナルな場面では、例えば、お客様からの連絡を待っていたり、期待していたりします。

  • promotion, and then somebody else comes in who is more qualified and

    昇進しても、もっと資格のある人が入ってきて

  • experienced than you. You might be 'bumped down the line' in that case.

    あなたよりも経験豊富です。その場合、あなたは「ラインに乗せられる」かもしれません。

  • Yes, absolutely. And if you're 'bumped down the line',

    はい、もちろんです。そして、もしあなたが「下にぶつけられた」としたら。

  • it's usually a negative or a disappointing experience:

    それは、たいていの場合、ネガティブな経験や失望した経験です。

  • you want to be further ahead in the line, you want to be up the line,

    の場合は、さらに列の上の方に行きたいと思っています。

  • but something's happened to make you go down the line

    しかし、何かのきっかけでラインを降りることになりました。

  • you're further away from the thing that you want.

    は、欲しいものから遠ざかってしまう。

  • Absolutely. OK. Let's get a summary of that:

    もちろんです。OKです。では、その概要を説明しましょう。

  • Time now for a recap of our vocabulary please, Catherine.

    それでは、語彙を振り返ってみましょう、キャサリンさん。

  • Yes, we had: 'a nod to' – a reference to.

    はい、ありました。a nod to」-参考にしています。

  • 'What's in a name?' – is what we call something important?

    'What's in a name?' - 何かを呼ぶことが重要なのか?

  • And 'bumped down the line' – lowered in importance or position.

    そして「bumped down the line」-重要性や地位が下がる。

  • If you want to test yourself, there's a quiz

    自分を試してみたい方は、クイズがあります。

  • on our website bbclearningenglish.com

    弊社ウェブサイトbbclearningenglish.comにて

  • and we are all over social media.

    とSNSで話題になっています。

  • Thanks for joining us, take care and see you next time.

    ご参加ありがとうございました。お気をつけて、また次回お会いしましょう。

  • Goodbye. Bye!

    さようなら。さよなら!

Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

こんにちは、BBC Learning EnglishのNews Reviewへようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 名前 単語 キャサリン ロミオ 女王 ハリー

リリベット:ハリーとメーガンの新しい赤ちゃん - ニュース・レビュー (Lilibet: Harry and Meghan's new baby - News Review)

  • 11 2
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 08 日
動画の中の単語