Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to another episode of CNBC s Beyond the Valley, I m Arjun Kharpal in

    こんにちは、CNBCのBeyond the Valleyの別のエピソードにようこそ。

  • Guangzhou China

    広州 中国

  • Ralph how are you, thanks for joining us on CNBC s Beyond the Valley.

    ラルフさん、お元気ですか?CNBCの「Beyond the Valley」にご出演いただきありがとうございます。

  • RALPH: Happy to be with you.

    RALPH:あなたと一緒にいられることを嬉しく思います。

  • ARJ Q1: So let's kick off the conversation.

    ARJ Q1:では、話を始めましょう。

  • In a recent report, you guys noted that the electric vehicle market will start rapidly

    あなた方は最近のレポートで、電気自動車市場が急速にスタートすると指摘しました。

  • scaling around the year 2024.

    2024年頃にスケールアップします。

  • So what's happening now and until then, what's going to be driving that?

    では、今、そしてそれまでの間、何がその原動力になるのでしょうか。

  • RALPH A1: now a lot of plans that have been issued, the years before are materializing.

    RALPH A1: 今、数年前に出された多くの計画が実現しつつあります。

  • The products are coming to the market.

    製品が市場に出てくる。

  • is the number of vehicles electric vehicles, which are available for customers are quickly

    は電気自動車の台数で、お客様がすぐに利用できるものは

  • racing in between 2022 and 2025, from 100 to 200.

    2022年から2025年の間に、100から200へと変化しています。

  • And there are more plans to come.

    また、今後も様々な企画が予定されています。

  • And we see that also on the very top.

    そして、それは一番上にも表示されています。

  • Mercedes, for example, just launched the EQ s, the electric s class we saw from Porsche

    例えば、メルセデスは、ポルシェで見た電気自動車のSクラスであるEQ sを発売したばかりです。

  • they take on Audi is launching.

    彼らは、アウディの発売を受けています。

  • So as cars, GM is coming.

    だから車としてはGMが来る。

  • The Japanese Nissan is strengthening their plans, Toyota is doing a lot QIA has introduced

    日本の日産は計画を強化しており、トヨタは多くのことをやっている QIAは導入した

  • an entire verity of electric cars.

    電気自動車のすべての種類を網羅しています。

  • Car producers, car manufacturers, you have now a bundle of different cars to be purchased.

    車の生産者、自動車メーカー、あなたは今、さまざまな車を束ねて購入しています。

  • So that we have, let's say, first time, a situation where we are not just discussing

    このようにして、私たちは、初めてと言っていいほど、ただ議論するだけでなく

  • electromobility.

    electromobility.

  • it is reality.

    それが現実です。

  • ARJ Q2: And are consumers ready for electric vehicles at this point, and has the COVID

    ARJ Q2: また、現時点で消費者が電気自動車を受け入れる準備ができているかどうか、COVID

  • pandemic accelerated that in any way?

    パンデミックが何かを加速させたのでしょうか?

  • RALPH A2: Yeah, we do believe they are ready.

    RALPH A2:ええ、私たちは彼らが準備できていると信じています。

  • in the beginning, there was a lot of uncertainty in terms of mileage, of battery costs, recycling

    当初は、走行距離やバッテリーのコスト、リサイクルなど、不確定要素が多くありました。

  • topics, charging, etc.

    トピック、充電など。

  • It's getting now more and more clear to customers how to deal with these things, we see that

    このような事態にどのように対処すればよいのか、お客様にも理解していただけるようになってきました。

  • leverage ranges 300 to 400 kilometers, you can drive those cars with a high level of

    レバレッジが300~400kmの範囲であれば、それらの車を高いレベルで運転することができます。

  • reliability, you can charge them, it's not a significant problem anymore.

    信頼性を高めるためには、充電すればいいのですから、もう大きな問題ではありません。

  • And we see that during the COVID pandemic, there was a lot of stimulation programs being

    COVIDパンデミックの際には、多くの刺激的なプログラムが実施されました。

  • issued by different governments, for example, in Europe, if you take Germany, it's 10 or

    例えば、ヨーロッパでは、ドイツを例にとると、10か国の政府が発行しています。

  • more 1000 euros, direct subsidization for purchasing an electric car and hybrid plug

    1,000ユーロ以上の場合、電気自動車およびハイブリッド・プラグの購入に直接補助金を支給

  • in hybrid.

    をハイブリッドにしました。

  • So that this is a simulation, for sure.

    これがシミュレーションであることは間違いありません。

  • And this is helping the car manufacturers introduce those electric cars, despite the

    そして、このことは、自動車メーカーが電気自動車を導入するのに役立っています。

  • fact that the cost for those cars are still higher than for producing combustion engine

    内燃機関の生産に比べてコストが高いという事実があります。

  • cars.

    の車です。

  • ARJ Q3: Let's talk about the position of traditional automakers in this market at the moment, because

    ARJ Q3:現在、この市場における伝統的な自動車メーカーのポジションについてお話しましょう。

  • one thing we have seen is a number of technology companies jump into the electric vehicle market

    1つだけ言えることは、多くのテクノロジー企業が電気自動車市場に参入しているということです。

  • in the smart car market, or should the automakers the traditional automakers be worried?

    スマートカー市場で、従来の自動車メーカーが心配すべきことは何でしょうか?

  • RALPH A3: if a fundamental transformation is happening, this is less not less than a

    RALPH A3:根本的な変革が起きているのであれば、これは少なくてもいい。

  • disruption to the industry, which has been in stability for 100 plus years.

    100年以上も安定している業界に混乱をもたらしています。

  • You need to be careful.

    気をつけないといけません。

  • And for the moment, we do believe that traditional automakers have understood that they need

    今のところ、伝統的な自動車メーカーは、自分たちが必要としていることを理解していると信じています。

  • to change and transforms themselves fundamentally.

    を変化させ、自分自身を根本的に変えていきます。

  • Volkswagen, for example, they have separated the abilities of software competence center,

    例えば、フォルクスワーゲンでは、ソフトウェア・コンピテンス・センターの能力を分離しています。

  • they've separated it, they are aiming for 10,000 software engineers.

    彼らはそれを分離し、1万人のソフトウェアエンジニアを目指している。

  • They have introduced plans to build a range of six battery factories across the world,

    世界各地に6つのバッテリー工場を建設する計画を発表しました。

  • etc.

    などです。

  • So they have understood what does it take to really be successful and come up with totally

    そこで彼らは、本当に成功するためには何が必要かを理解し、完全な

  • independent electric vehicle architectures for those new cars.

    これらの新型車のための独立した電気自動車のアーキテクチャ。

  • It's not compromise.

    妥協ではありません。

  • So put all in and have sent finally something.

    それで、すべてを投入して、ようやく何かを送ることができました。

  • They have learned their lessons they have understood, what does it take, and they can

    彼らは教訓を学び、何が必要なのかを理解し、それができるようになりました。

  • now play their strengths.

    は、それぞれの強みを発揮しています。

  • And their fundamental strengths are they have a big customer base, they have a solid, aftermarket

    そして、彼らの基本的な強みは、大きな顧客基盤を持ち、強固なアフターマーケットの

  • business contributing cash wise, they have access to a lot of customers effort, they

    貢献しています。また、多くの顧客を抱えています。

  • have a brand which normally gives them reputation in front of customers, they have a financing

    は、通常、顧客の前で評判となるブランドを持っています。

  • branch, which allows them to make, let's say, cost affordable by putting together the right

    支店では、適切な組み合わせにより、例えば、コストを手頃にすることができます。

  • deals.

    のお得な情報です。

  • So there is a lot on the other end, there's heritage, there's a lot of infrastructure

    一方では、遺産やインフラなど、多くのものがあります。

  • plants, you may not need it in the future anymore.

    植物は、将来的にはもう必要ないかもしれません。

  • So this is a challenge for them.

    これは、彼らにとっての挑戦です。

  • ARJ Q5: Let's talk a bit about electric vehicle adoption, what would you say are the biggest

    ARJ Q5: 電気自動車の普及について少しお話を伺いたいのですが、最大の課題は何だと思われますか?

  • challenges at this point to electric vehicle adoption.

    現在、電気自動車の普及には様々な課題があります。

  • RALPH A5: And we see that they are out of the studies we made is four or five criteria

    RALPH A5:そして、私たちが行った研究のうち、4つまたは5つの基準を満たしていることがわかりました。

  • that drives customer decisions.

    は、お客様の意思決定を促すものです。

  • First, it's uncertainty about, let's say the reliability and let's say usability of those

    第一に、これらの製品の信頼性や使いやすさについての不確実性です。

  • cars.

    の車です。

  • I think you said it earlier as this could be solved or is already solved as a problem.

    これは問題として解決できる、あるいはすでに解決していると、先ほどおっしゃっていたと思います。

  • Second is charging.

    2つ目は充電です。

  • So he says sufficient opportunity to charge my car in my surrounding in my environment.

    だから、私の周囲の環境で私の車を充電するための十分な機会と言っています。

  • So governments and industry have understood that they need to speed up and ramp it up

    そのため、政府や産業界は、スピードを上げて強化する必要があることを理解しています。

  • quickly and initiatives are underway.

    を迅速に行い、取り組みを進めています。

  • So we do not see that this is on the long run.

    だから、これが長い目で見たときにどうなのかはわかりません。

  • Because significant hurdle.

    なぜなら、かなりのハードルがあるからです。

  • So that is the cost of cars compared to traditional offers.

    つまりそれは、従来のオファーに比べて車のコストが高いということです。

  • So as I said earlier, as your subsidy programs in place, making up let's say for the price

    ですから、先ほど申し上げたように、補助金制度を導入することで、例えば、価格を補うことができます。

  • difference, you normally have those This is for the moment, not a big deal.

    の違いは、通常、それらを持っています。 これはとりあえず、大したことではありません。

  • And behind this price difference, the major impact is created by battery cost.

    そして、この価格差の背景には、バッテリーのコストが大きく影響しています。

  • And we see that cost of batteries are coming down very quickly.

    また、バッテリーのコストは非常に早く下がっています。

  • And the concepts of let's say, putting, let's say the right size of battery in the cars

    そして、例えば、適切なサイズのバッテリーを車に搭載するというコンセプトは

  • is advancing so that we see that in 2425, there will be a cost parity.

    が進んでいるので、2425年にはコストパリティが発生すると見ています。

  • And finally, it's a cost of ownership.

    そして最後に、所有権のコストです。

  • And there we also see that, let's say electric cars impacted by the cost of purchasing the

    また、例えば電気自動車の場合、その購入費用が影響していることもわかります。

  • car, make up and finally it would be in favor of electric cars and there's Also, let's say

    カー、メイクアップ、そして最後には電気自動車を支持することになり、そこにはまた、例えば

  • from governments, co2 fines, etc, the taxation of combustion engines is handled in a way

    政府やCO2排出量規制など、内燃機関への課税が行われています。

  • that it's getting more expensive.

    高くなっていること。

  • a lot of arguments are playing in favor of EVs.

    EVを支持する多くの議論が展開されています。

  • ARJ Q6: Let's talk a little bit or look a little bit further into the future and talk

    ARJ Q6:少し先の未来を見据えて、話をしてみましょう。

  • about autonomous driving, because this, of course, is something that the automakers are

    自律走行について、これはもちろん自動車メーカーが取り組んでいることなので

  • getting very excited about.

    とても楽しみにしています。

  • But there's also a discrepancy in terms of which markets are ahead in the development

    しかし、どの市場が開発で先行しているかという点では、食い違いがあります。

  • of that, you know, we know the US is pushing quite aggressively in this area in China,

    アメリカがこの分野で中国にかなり積極的に働きかけていることは知っていますよね。

  • of course, as well.

    も、もちろんです。

  • But you know, mass adoption of autonomous driving still feels like a long way off.

    しかし、自律走行の大量導入はまだまだ先のことだと感じています。

  • I mean, in your view, what are the steps to get there, and how far off might we be?

    つまり、あなたの考えでは、そこに到達するためのステップは何で、どのくらいの距離があるのでしょうか?

  • RALPH A6: First, we also thought that autonomous driving would come much earlier, because we

    RALPH A6:まず、私たちは自律走行がもっと早くやってくると考えていました。

  • underestimated the complexity of this technology.

    は、この技術の複雑さを過小評価していました。

  • And it is not about making a car and driving straight in an autonomous mode on motorways,

    また、車を作って、高速道路で自律走行モードでそのまま走ることではありません。

  • without cross traffic.

    クロス・トラフィックのない

  • The problem is coming if you have free flow system, in a in a crowded city, for example,

    問題は、例えば混雑した都市の中で、フリーフローシステムがある場合に起こります。

  • with a lot of unexpected events happening.

    想定外の出来事が次々と起こります。

  • So this was underestimated.

    これは過小評価されていたんですね。

  • And there's consensus in the industry, that in such situations, we will be able from maybe

    業界では、このような状況下では、たぶん次のようなことが可能になるだろうというコンセンサスがあります。

  • 2028 onwards, to have this technology in an affordable way.

    2028年以降は、この技術を手ごろな価格で手に入れることができる。

  • the different story is Robo caps, where you have, let's say, an autonomous driving mode

    一方、「ロボ・キャップス」は、例えば自律走行モードのようなものです。

  • in a fenced and defined area so that you can make it part of a public transportation system

    公共交通機関の一部として利用できるように、フェンスで囲まれた決められた場所に設置すること。

  • in the city etc.

    in the cityなど。

  • And not just for people but also for for goods delivery.

    また、人だけではなく、物の配送にも利用されています。

  • And we do believe that because technological challenges, not as high as in this free flow

    そして、技術的な課題は、今回のフリーフローほど高くはないと考えています。

  • mode.

    モードになります。

  • And the regulator situation is a different one, this can come earlier.

    そして、レギュレータの状況は別物で、これはもっと早く来ることができます。

  • And say we see that up to mid of this tick 2025, we will have, let's say situations,

    そして、このダニの2025年の半ばまでに、例えばこんな状況になると思います。

  • especially in China, where you have, let's say the government driving this and pushing

    特に中国では、仮に政府がこれを推進しているとしたら、それは

  • this significantly.

    これはかなり大きい。

  • Then we will see and certain areas in US because regulatory situations are different to European

    米国では、規制の状況が欧州とは異なるため、特定の地域を見ることになるでしょう。

  • Union and European Union will be quite often a bit behind because complexity of regulation

    EUと欧州連合は、規制の複雑さから、かなりの確率で遅れをとることになります。

  • is higher than in other areas, because we need to link, let's say the cross country

    は他の分野に比べて高いのですが、それは例えばクロスカントリーのようなリンクが必要だからです。

  • traffic, also in an autonomous way.

    トラフィックを自律的に制御することができます。

  • And there you have, let's say was 28 European countries a different situation.

    そして、ヨーロッパの28カ国では、異なる状況があったとします。

  • ARJ Q7: Now, Ralph, if you then looked on a global landscape about electric vehicles,

    ARJ Q7:さて、ラルフさんはその後、電気自動車についての世界的な状況を見たとします。

  • and you were to use a metaphor of a race to electric vehicle adoption, between the US

    電気自動車の普及に向けた競争に例えれば、米国と日本の間には大きな違いがあります。

  • between Europe and China, I mean, who's ahead right now, then who's going to win?

    ヨーロッパと中国の間で、つまり、今、どちらが先に進んでいるのか、では、どちらが勝つのか。

  • RALPH A7: We have a bit different perspective.

    RALPH A7:ちょっと視点が違いますね。

  • It is not, let's say having a complete country, being front running or running behind, we

    それは、例えば、国が完全に揃っているとか、前を走っているとか、後ろを走っているとか、そういうことではありません。

  • have a situation where we need to compare urban areas, for example, New York can be

    都市部を比較しなければならない状況がありますが、例えば、ニューヨークは

  • compared to Shanghai.

    上海に比べて

  • Because the problems everywhere is the same.

    なぜなら、問題はどこも同じだからです。

  • So we see that from an regulatory aspect.

    そのため、規制面でもそのように考えています。

  • The government need to influence mobility in a way that there's no traffic collapse

    政府は、交通崩壊が起きないようにモビリティに影響を与える必要があります。

  • happening and you need to come up with different solutions for public transportation systems

    起こっているので、公共交通機関のためのさまざまなソリューションを考え出す必要があります。

  • etc.

    などです。

  • Despite this, China in the in the urban dense areas will be first in us and then we have

    しかし、中国の都市部の密集地では、まず私たちが、そして私たちが

  • in Europe or certain areas like Amsterdam, we have let's say half of The population of

    ヨーロッパやアムステルダムのような特定の地域では、例えば、人口の半分が

  • the Netherlands commuting around this area or Berlin or something Paris, London has those

    オランダではこの辺りに通勤していたり、ベルリンやパリ、ロンドンではそのような

  • big areas.

    の大きなエリア。

  • And then you have, let's say the more rural areas, we will see compression engines, quite

    また、例えば地方では、圧縮エンジンが使われています。

  • long as it's the same in China, we will see that in India, Delhi, Mumbai, Bangalore, Chennai,

    中国で同じことが行われている限り、インド、デリー、ムンバイ、バンガロール、チェンナイでも同じことが行われるでしょう」と述べています。

  • etc will have a significant level of electric mobility, but the rest of India will be still

    などはかなりのレベルの電動モビリティを持つようになるでしょうが、インドの他の地域はまだ

  • on combustion engines.

    内燃機関の

  • ARJ: Ralph, great conversation.

    ARJ:ラルフ、素晴らしい会話だ。

  • Thanks so much for joining me.

    参加してくれて本当にありがとう。

  • RALPH: Appreciate.

    RALPH:ありがとうございます。

  • Thank you.

    ありがとうございました。

  • ARJUN LINKS 2

    ARJUN LINKS 2

  • ARJUN: Let s just turn our attention to China I m pleased to introduce brian Gu, whos the

    ARJUN:中国に目を向けてみましょう。

  • president of the company.

    の社長です。

  • Good to see you

    お会いできて嬉しいです

  • Brian how are you?

    Brian お元気ですか?

  • GUEST 2- Brian Gu

    GUEST 2- ブライアン・グー

  • BRIAN: Great to see you Arjun

    BRIAN: お会いできて嬉しいです、Arjun。

  • ARJUN: So let's kick off the conversation.

    ARJUN:では、さっそく話を始めましょう。

  • Of course with the China market.

    もちろん、中国市場でも。

  • This is where you're operating quite heavily So, as you look forward now, and what we've

    これは、あなたがかなりの重荷を背負って活動しているところです。 ですから、今を振り返ってみて、私たちがこれまでやってきたことは

  • seen the start of 2021, what's your outlook for the China market over the coming years?

    2021年のスタートを見て、今後の中国市場をどのように見ていますか?

  • BRIAN: Well, I think the China Evie market continue to have a very robust growth momentum.

    BRIAN:そうですね、中国のEvie市場は引き続き非常に力強い成長モメンタムを保っていると思います。

  • So I think the growth in the next few years, will probably be ahead of the government's

    ですから、今後数年間の成長は、おそらく政府の計画を上回るものになると思います。

  • prediction of 20% by 2025.

    は、2025年までに20%になると予測しています。

  • So that's very exciting for all of us.

    これは私たち全員にとって非常にエキサイティングなことです。

  • ARJUN: One thing that's been really interesting in the China market is the increasing number

    ARJUN:中国市場で非常に興味深いことのひとつは、中国国内での販売台数が増加していることです。

  • of players of course, in the electric vehicle space from from startups to the traditional

    電気自動車の分野では、新興企業から伝統的な企業まで、さまざまなプレイヤーが活躍しています。

  • automakers.

    自動車メーカー。

  • But more recently, we've seen a number of large technology giants also enter this this

    しかし最近では、大手テクノロジー企業もこの分野に参入してきています。

  • automotive space.

    オートモーティブ・スペース。

  • Does that concern you at all in terms of competition?

    競争という意味では、それは全く気になりませんか?

  • And how do you plan to navigate that?

    また、それをどのように乗り越えるつもりですか?

  • BRIAN: Yeah, I think you're right.

    BRIAN: ええ、その通りだと思います。

  • I mean, I think the waves of competitors are now changing, right?

    つまり、今は競合他社の波が変わってきているのではないでしょうか?

  • So I think it would be actually quite interesting at that time to see, you know, the competitive

    ですから、その時に、競争力のある

  • dynamic shift towards technology players.

    テクノロジープレイヤーへのダイナミックなシフト。

  • And I think we really welcome that.

    私たちはそれをとても歓迎しています。

  • ARJUN: Now you have your own autonomous driving system as well called x pilot, which has some,

    ARJUN:今、あなたは「x pilot」という独自の自律走行システムを持っていますが、これにはいくつかの特徴があります。

  • you know, autonomous assisted features for the drivers as well How do you see this playing

    ドライバーのための自律支援機能もあると思いますが、これをどのように捉えていますか?

  • out in China?

    中国では?

  • And what what do you see as the road to to where we get full autonomy for these cars?

    また、これらの自動車が完全に自律的に動くようになるまでの道のりをどのように考えていますか?

  • BRIAN: Well, I think China is probably one of the more advanced and aggressive countries

    BRIAN:中国は、おそらくより先進的で攻撃的な国のひとつだと思います。

  • that to experiment, autonomous driving And with that data, we can actually continue to

    そのデータを使って、自律走行の実験をしています。

  • progress towards full autonomy.

    完全な自律性に向けて前進しています。

  • I think that gradual sort of approach is what we think is more practical.

    そのような段階的なアプローチがより現実的だと考えています。

  • ARJUN: Brian, I just want to get back to the competition again, because you know, when

    ARJUN:ブライアン、私はもう一度競技の話に戻りたいのですが、ご存知のように、時

  • a lot of people perhaps hear about expert motors, they read about it on new sites but

    多くの人がエキスパート・モーターについて聞いたことがあるかもしれませんし、新しいサイトで読んだことがあるかもしれません。

  • also in terms of Tesla, you know, they have, of course, been around for longer, they're

    また、テスラに関しては、もちろん彼らの方が長い歴史を持っていますし、彼らの方が優れています。

  • delivering more cars than you guys in China, and what are your plans to catch up in this

    中国ではあなた方よりも多くの車を納入していますが、これに追いつくための計画は何ですか?

  • space?

    スペース?

  • BRIAN: Yeah, I think Tesla is a name that you can avoid talking

    BRIAN:そうですね、テスラは話をしないで済むような名前だと思います。

  • about when you do EV, right?

    EVをするときのことを考えてみましょう。

  • So we actually learn from all these different players to really form our own strategy.

    このように、様々なプレイヤーから学び、独自の戦略を構築しています。

  • ARJUN: You mentioned, of course, your focus on the China driving scenario, but also you

    ARJUN:あなたはもちろん、中国のドライブシナリオに注目しているとおっしゃいましたが、同時に

  • have begun to lay the groundwork for for global expansion as well.

    は、グローバル展開のための基盤作りも始めています。

  • So I What are your plans in terms of the international markets?

    では、海外市場についてはどのように考えていますか?

  • I think you've looked at Europe first, but what are some of the markets you see is ripe

    最初にヨーロッパをご覧になったと思いますが、熟していると思われる市場にはどのようなものがありますか?

  • for disruption as it were, and ripe for electric vehicle products that you're bringing into

    混乱を避けるためにも、また、あなたが導入する電気自動車の製品のためにも、熟しています。

  • the market?

    市場は?

  • BRIAN: Well, I think, at the end of the day, a smart Eevee is going to be a global product.

    BRIAN:そうですね、結局のところ、スマートなイーブイは世界的な商品になると思います。

  • I think we want to make sure that we have international growth strategy place where

    私たちは、国際的な成長戦略の場を確保したいと考えています。

  • we actually have our third, fourth fifth models ready.

    私たちは実際に、3番目、4番目、5番目のモデルを用意しています。

  • And those models will be designed with international market in mind as well.

    また、それらのモデルは、海外市場も視野に入れて設計されます。

  • ARJUN: So Brian, just as we wrap up this conversation, you're sat there at the XPeng headquarters

    ARJUN: ブライアン、この会話の最後に、あなたはXPengの本部に座っています。

  • in Guangzhou, with your design team the regulations, everything like that?

    広州では、あなたのデザインチームと一緒にレギュレーションなどを決めたのですか?

  • BRIAN : Well, I think this market will grow faster and

    BRIAN : 私は、この市場はより早く成長して

  • more transforming than people's expected.

    人々の期待以上の変革をもたらした。

  • I think there are a few reasons for that, So

    それにはいくつかの理由があると思います。

  • it will be a very interesting network of autonomous

    自律的なネットワークを構築していくのは非常に興味深いことです。

  • transportation grid in a three dimensional space.

    3次元空間の交通網。

  • ARJUN: great, Brian, thanks so much for taking the time to chat to me on beyond the valley.

    ARJUN: ブライアン、Beyond the valleyに時間を割いていただき、ありがとうございました。

  • It was great to catch up with

    に追いつくことができてよかったです。

  • you again.

    また、あなたは

  • BRIAN: Great to see

    BRIAN: 見事に

  • you again.

    また、あなたは

  • Thank you.

    ありがとうございました。

  • Arjun: So what next?

    アルジュン:では、次は?

  • Clearly

    明確に

  • there s going to be big growth ahead as

    として大きな成長を遂げていくことでしょう。

  • we ve heard from our guest Thanks for listening and

    聴いてくださってありがとうございます。

  • I ll catch you next time.

    次の機会にお会いしましょう。

Hello and welcome to another episode of CNBC s Beyond the Valley, I m Arjun Kharpal in

こんにちは、CNBCのBeyond the Valleyの別のエピソードにようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 自律 電気 市場 コスト メーカー バッテリー

?電気自動車ブームは本物だが、その道のりは容易ではない|Beyond The Valley (? The electric vehicle boom is real — but the road won't be easy | Beyond The Valley)

  • 3 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 01 日
動画の中の単語