Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES by SIR ARTHUR CONAN DOYLE

    コナンドイルによるシャーロックホームズの冒険

  • Adventure IX. THE ADVENTURE OF THE ENGINEER'S THUMB

    冒険IX。 ENGINEERの親指のアドベンチャー

  • Of all the problems which have been submitted to my friend, Mr. Sherlock

    私の友人、ミスターシャーロックに提出されているすべての問題の

  • Holmes, for solution during the years of our intimacy, there were only two which I

    ホームズは、私たちの親密な年の間に解決のため、2つだけあったどのI

  • was the means of introducing to his notice-

    HISに導入する手段だったの通知は、

  • -that of Mr. Hatherley's thumb, and that of Colonel Warburton's madness.

    氏ハザレイマナーの親指の、つまり、そして大佐ウォーバートンの狂気のそれ。

  • Of these the latter may have afforded a finer field for an acute and original

    このうち後者は急性とオリジナルのため、細かいフィールドが得られたかもしれない

  • observer, but the other was so strange in its inception and so dramatic in its

    観察者が、他はその年の創業のSO奇妙なので、劇的なものではなかった

  • details that it may be the more worthy of

    ITは、より価値があるかもしれない詳細

  • being placed upon record, even if it gave my friend fewer openings for those

    それはそれらのための私の友人が少ない開口部を与えた場合でも、記録時に置かれて

  • deductive methods of reasoning by which he achieved such remarkable results.

    彼はそのような顕著な成果を達成したことにより推論の演繹的方法。

  • The story has, I believe, been told more than once in the newspapers, but, like all

    物語は、私は信じて、新聞に何度も言った、しかし、すべて同じようにされています

  • such narratives, its effect is much less striking when set forth en bloc in a single

    そのような物語は、その効果は単一のはるか​​に少ない印象一括して記載されたときです

  • half-column of print than when the facts

    事実ときよりも印刷の半列

  • slowly evolve before your own eyes, and the mystery clears gradually away as each new

    あなた自身の目の前でゆっくりと進化し、そして謎は、各新規として離れて徐々に消去されます

  • discovery furnishes a step which leads on to the complete truth.

    検出が完了真実に導くステップをお付けしています。

  • At the time the circumstances made a deep impression upon me, and the lapse of two

    時の状況は私に深い印象を与え、そして両者の経過

  • years has hardly served to weaken the effect.

    年にはほとんど効果を弱めるために提供していない。

  • It was in the summer of '89, not long after my marriage, that the events occurred which

    それはイベントがどのが発生したことはなく、長い間私の結婚後、'89年の夏にあった

  • I am now about to summarise.

    私は今要約することについてです。

  • I had returned to civil practice and had finally abandoned Holmes in his Baker

    私は民事練習に戻っていた、最終的に彼のベイカーinホームズを放棄していた

  • Street rooms, although I continually visited him and occasionally even persuaded

    私は絶えず彼を訪問しが、通りの部屋には、時折さえ説得

  • him to forgo his Bohemian habits so far as to come and visit us.

    是非、私たちを訪問するとして彼は、これまでの彼の自由奔放な習慣をあきらめるに。

  • My practice had steadily increased, and as I happened to live at no very great

    私の練習は着実に増加し、私は非常に大きいに住むことが起こったとして持っていた

  • distance from Paddington Station, I got a few patients from among the officials.

    パディントン駅からの距離は、私は職員の中から少数の患者を得た。

  • One of these, whom I had cured of a painful and lingering disease, was never weary of

    私は痛みや長引く病気が治癒していたこれらの一つは、の疲れはなかった

  • advertising my virtues and of endeavouring to send me on every sufferer over whom he

    私の美徳を通知し、彼人を介してすべての患者に私を送信するために努めから

  • might have any influence.

    どんな影響があるかもしれない。

  • One morning, at a little before seven o'clock, I was awakened by the maid tapping

    ある朝は、七時少し前で、私はタッピングメイドによって起こされた

  • at the door to announce that two men had come from Paddington and were waiting in

    入り口で二人はパディントンから来て持っていたで待機していたことを発表する

  • the consulting-room.

    診察室。

  • I dressed hurriedly, for I knew by experience that railway cases were seldom

    私は鉄道のケースがほとんどなかったことを経験によって知っていたために私は、急いで服を着て

  • trivial, and hastened downstairs.

    些細な、そして階下に急いだ。

  • As I descended, my old ally, the guard, came out of the room and closed the door

    私が降りたように、私の古い同盟国、ガードは、部屋を出て来て、ドアを閉め

  • tightly behind him.

    しっかりと彼の後ろ。

  • "I've got him here," he whispered, jerking his thumb over his shoulder; "he's all

    彼は彼の肩越しに彼の親指をけいれん、ささやいた"私は、彼をここに持っている"、"彼はすべてのもの

  • right." "What is it, then?"

    右の""し、それは何ですか?"

  • I asked, for his manner suggested that it was some strange creature which he had

    彼の態度は、それは彼が持っていたいくつかの奇妙な生き物であることを示唆するため私は、尋ねた

  • caged up in my room. "It's a new patient," he whispered.

    私の部屋にまでケージに入れ。 "新しい患者をIt'sa、"彼はささやいた。

  • "I thought I'd bring him round myself; then he couldn't slip away.

    "私は彼が自分を丸めるもたらすだろうと思って、その後、彼は静かに立ち去ることができなかった。

  • There he is, all safe and sound. I must go now, Doctor; I have my dooties,

    そこに彼は、安全かつ健全なすべてです。私は、今医者に行く必要があります。私はdootiesを持って、

  • just the same as you."

    あなたとまったく同じ。"

  • And off he went, this trusty tout, without even giving me time to thank him.

    とから、彼も私に彼に感謝する時間を与えることなく、この信頼できる宣伝、行きました。

  • I entered my consulting-room and found a gentleman seated by the table.

    私は診察室に入り、テーブルで座って紳士を発見した。

  • He was quietly dressed in a suit of heather tweed with a soft cloth cap which he had

    彼は静かに彼が持っていた柔らかい布キャップでヒースツイードのスーツを着ていた

  • laid down upon my books.

    私の本によって起工。

  • Round one of his hands he had a handkerchief wrapped, which was mottled all

    彼がまだらにすべてだったハンカチのラップを、持っていた彼の手のラウンドワン

  • over with bloodstains.

    血痕による過。

  • He was young, not more than five-and- twenty, I should say, with a strong,

    彼は、強力な、より以上の安物20、私は言うべきである、、若くはなかった

  • masculine face; but he was exceedingly pale and gave me the impression of a man who was

    男性の顔は、しかし、彼は非常に薄いであり、私だった人の印象を与えた

  • suffering from some strong agitation, which

    いくつかの強力な撹拌に苦しんで、どの

  • it took all his strength of mind to control.

    それは制御するための心のすべての彼の強さを取った。

  • "I am sorry to knock you up so early, Doctor," said he, "but I have had a very

    "私はこれほど早く、医者をあなたをノックして申し訳ありません"と彼は"と言ったが、私は非常にあった

  • serious accident during the night.

    夜の間に重大な事故。

  • I came in by train this morning, and on inquiring at Paddington as to where I might

    今朝は電車で入って来た、そしてどこに私がかもしれないとしてはパディントンの探究on

  • find a doctor, a worthy fellow very kindly escorted me here.

    医者を見つけ、立派な仲間は非常に親切にここに私を護衛した。

  • I gave the maid a card, but I see that she has left it upon the side-table."

    私がメイドのカードを与えたが、私は彼女はサイドテーブルがあるときは、これを残していることがわかります。"

  • I took it up and glanced at it. "Mr. Victor Hatherley, hydraulic engineer,

    私はそれを取り上げ、それをちらっと見た。 "氏ビクターハザレイマナー、河川工学の専門家、

  • 16A, Victoria Street (3rd floor)."

    16A、ビクトリアストリート(3階)。"

  • That was the name, style, and abode of my morning visitor.

    それは名前、スタイル、そして私の朝の訪問者のすみかだった。

  • "I regret that I have kept you waiting," said I, sitting down in my library-chair.

    "私はお待たせしたことを後悔し、"私は私のライブラリの椅子に座って、言った。

  • "You are fresh from a night journey, I understand, which is in itself a monotonous

    "あなたは夜の旅から新鮮な、私は理解し、これはそれ自体が単調

  • occupation." "Oh, my night could not be called

    職業は""ああ、私の夜を呼び出すことができませんでした

  • monotonous," said he, and laughed.

    単調な、"と彼は言った、と笑った。

  • He laughed very heartily, with a high, ringing note, leaning back in his chair and

    彼は椅子にもたれて、高い、リンギングノートと、非常に心から笑った

  • shaking his sides. All my medical instincts rose up against

    彼の側面を握手。すべての私の医療本能が直面してバラ

  • that laugh.

    that笑い。

  • "Stop it!" I cried; "pull yourself together!" and I

    "!やめて"私は叫んだ。"!あなた自身をまとめる"と私

  • poured out some water from a caraffe. It was useless, however.

    caraffeからいくつかの水を注いだ。それはしかし、無駄だった。

  • He was off in one of those hysterical outbursts which come upon a strong nature

    彼は強い性質に来てそれらのヒステリックな爆発のいずれかでオフになっていました

  • when some great crisis is over and gone. Presently he came to himself once more,

    いくつかの大きな危機は、上と消えて時。現在彼は、もう一度自分自身に来た

  • very weary and pale-looking.

    非常に疲れたと薄いに見える。

  • "I have been making a fool of myself," he gasped.

    "私は自分自身の馬鹿を作っている、"彼は息を呑んだ。

  • "Not at all. Drink this."

    "そんなことはありません。これを飲む。"

  • I dashed some brandy into the water, and the colour began to come back to his

    私は水の中にいくつかブランデーを打ち砕いた、そして色は彼に戻って来るようになった

  • bloodless cheeks. "That's better!" said he.

    無血の頬。 "それは良いです!"と彼は言った。

  • "And now, Doctor, perhaps you would kindly attend to my thumb, or rather to the place

    "そして今、医師は、おそらくあなたは親切に私の親指に、というか場所に出席する

  • where my thumb used to be." He unwound the handkerchief and held out

    私の親指がために使用している"彼はハンカチを巻き出入り開催

  • his hand.

    彼の手。

  • It gave even my hardened nerves a shudder to look at it.

    それも、私の硬化神経がそれを見て身震いしました。

  • There were four protruding fingers and a horrid red, spongy surface where the thumb

    four突出指と親指恐ろしい赤、スポンジ状の表面があった

  • should have been.

    されているはず。

  • It had been hacked or torn right out from the roots.

    それが根からハッキングまたはすぐに引き裂かれていた。

  • "Good heavens!" I cried, "this is a terrible injury.

    "グッド天は!"私は、これはひどい怪我です"と叫んだ。

  • It must have bled considerably."

    それはかなり出血している必要があります。"

  • "Yes, it did. I fainted when it was done, and I think

    "はい、そうしました。私はそれが行われた時に気絶、と私は思う

  • that I must have been senseless for a long time.

    私は長い間、無意味されている必要が。

  • When I came to I found that it was still bleeding, so I tied one end of my

    私がに来たとき、私はそれがまだ出血されたことが分かったので、私は自分の一方の端を結んだ

  • handkerchief very tightly round the wrist and braced it up with a twig."

    ハンカチは非常にしっかりと手首を丸めながら枝でそれをブレース。"

  • "Excellent!

    "エクセレント!

  • You should have been a surgeon." "It is a question of hydraulics, you see,

    あなたが外科医になるはずだった。""これは油圧の質問です、あなたが見る、

  • and came within my own province."

    と自分自身の地域内に来た。"

  • "This has been done," said I, examining the wound, "by a very heavy and sharp

    "これが行われている、"私は非常に重く、シャープで"、傷を調べ、述べて

  • instrument." "A thing like a cleaver," said he.

    楽器。""包丁のようなもの、"と彼は言った。

  • "An accident, I presume?"

    "事​​故は、私が想定して?"

  • "By no means." "What! a murderous attack?"

    "決して""何!残忍な攻撃?"

  • "Very murderous indeed." "You horrify me."

    "確かに非常に残忍な。""あなたは私を恐がらせる。"

  • I sponged the wound, cleaned it, dressed it, and finally covered it over with cotton

    私は、傷をスポンジをきれいに、それを着て、最後に綿でそれをオーバーカバー

  • wadding and carbolised bandages. He lay back without wincing, though he bit

    詰め物and carbolised包帯。彼は少しも、たじろぐことなく、レイバック

  • his lip from time to time.

    時々彼の唇。

  • "How is that?" I asked when I had finished.

    私が終わったときに"それはどうですか?"私は尋ねた。

  • "Capital! Between your brandy and your bandage, I

    "資本! yourブランデーや包帯、私との間

  • feel a new man.

    新しい男を感じる。

  • I was very weak, but I have had a good deal to go through."

    私は非常に弱かったが、私は通過する良い取引があった。"

  • "Perhaps you had better not speak of the matter.

    "おそらくあなたは、この問題に話さない方が良いでしょう。

  • It is evidently trying to your nerves."

    それは明らかにあなたの神経しようとしています。"

  • "Oh, no, not now.

    "あら、今ではない。

  • I shall have to tell my tale to the police; but, between ourselves, if it were not for

    それがなければ、しかし、私達自身の間に、私は警察に私の物語を伝えるために有するものと

  • the convincing evidence of this wound of mine, I should be surprised if they

    私のこの傷の説得力のある証拠が、彼らなら、私は驚かないしてください

  • believed my statement, for it is a very

    それは非常にであるために、私の文を信じて

  • extraordinary one, and I have not much in the way of proof with which to back it up;

    臨時一つであり、私は証明の方法で多くを持っていないそれをバックアップするために使用する。

  • and, even if they believe me, the clues which I can give them are so vague that it

    そして、彼らは私を信じていても、私がそれらを与えることができる手がかりは、それように曖昧です。

  • is a question whether justice will be done."

    正義が行われるかどうか疑問です。"

  • "Ha!" cried I, "if it is anything in the nature of a problem which you desire to see

    それはあなたが見ることを望む問題の性質に何かある場合、"ハ!"私は"、叫んだ

  • solved, I should strongly recommend you to come to my friend, Mr. Sherlock Holmes,

    解決、私は強くあなたが私の友人、シャーロックホームズ、に来て使用されることを推奨します

  • before you go to the official police."

    あなたは、公式の警察に行く前に。"

  • "Oh, I have heard of that fellow," answered my visitor, "and I should be very glad if

    "ああ、私はその仲間を耳にした、"、私の訪問者に答えて"と場合、私は非常に嬉しいはず

  • he would take the matter up, though of course I must use the official police as

    もちろん、私は公式の警察として使用する必要がありますけれども、彼は、問題を占有します

  • well.

    うまく。

  • Would you give me an introduction to him?" "I'll do better.

    あなたは私に彼の紹介を与えるか?""私は良くやる。

  • I'll take you round to him myself." "I should be immensely obliged to you."

    私はあなたが彼に自分自身を丸めるみましょう。""私は非常にあなたが義務付けされるべきである。"

  • "We'll call a cab and go together.

    "我々はタクシーを呼び出して、一緒に行くよ。

  • We shall just be in time to have a little breakfast with him.

    私達はちょうど彼と少し朝食を持っている時間にしなければならない。

  • Do you feel equal to it?" "Yes; I shall not feel easy until I have

    あなたはそれに等しいと思いますか""はい、?私が持っているまで、私は簡単に感じてはならない。

  • told my story."

    私の話​​をした。"

  • "Then my servant will call a cab, and I shall be with you in an instant."

    "その後、私のしもべは、タクシーを呼ぶだろう、と私は一瞬のうちにあなたと一緒でなければならない。"

  • I rushed upstairs, explained the matter shortly to my wife, and in five minutes was

    私は、二階に急いだ私の妻にすぐに問題を説明し、5分にあった

  • inside a hansom, driving with my new acquaintance to Baker Street.

    ハンサム内側、ベーカーストリートまで私の新しい知人と運転。

  • Sherlock Holmes was, as I expected, lounging about his sitting-room in his

    私は彼の彼の居間おろちょろ、期待通りにシャーロックホームズのであった

  • dressing-gown, reading the agony column of The Times and smoking his before-breakfast

    ドレッシングガウン、タイムズの苦悶のコラムを読んで、彼の前に、朝食を吸っ

  • pipe, which was composed of all the plugs

    すべてのプラグで構成されていたパイプ、

  • and dottles left from his smokes of the day before, all carefully dried and collected

    すべて慎重に乾燥し、収集した、前日の彼の煙から離れ、dottles

  • on the corner of the mantelpiece.

    マントルピースの角にある。

  • He received us in his quietly genial fashion, ordered fresh rashers and eggs,

    彼は、彼の静か温和な方法で連絡を受けた新鮮なrashersと卵を注文

  • and joined us in a hearty meal.

    と心のこもった食事で私たちに参加しました。

  • When it was concluded he settled our new acquaintance upon the sofa, placed a pillow

    それは彼がソファに基づい新しい知人を定住締結されたときに、枕を置く

  • beneath his head, and laid a glass of brandy and water within his reach.

    彼の頭の下に、そして彼の手の届くところにブランデーと水のグラスを置いた。

  • "It is easy to see that your experience has been no common one, Mr. Hatherley," said

    "それはあなたの経験がない一般的なもの、氏ハザレイマナーを行われていないことを確認するのは簡単です、"だ

  • he. "Pray, lie down there and make yourself

    彼。 "そこに横たわり、自分で作る、祈り

  • absolutely at home.

    絶対に自宅で。

  • Tell us what you can, but stop when you are tired and keep up your strength with a

    私たちに何をすることができますが、疲れているときに停止し、管理ステーションの強さを維持して言う

  • little stimulant."

    ちょっと興奮剤。"

  • "Thank you," said my patient, "but I have felt another man since the doctor bandaged

    "ありがとう、"私の患者は、"しかし医師は包帯を巻いて以来、私は別の男を感じている

  • me, and I think that your breakfast has completed the cure.

    私と、私はあなたの朝食は治療を完了したことを考える。

  • I shall take up as little of your valuable time as possible, so I shall start at once

    私はできるだけあなたの貴重​​な時間のほとんどを占有しなければならないので、私は一度に開始するものとする

  • upon my peculiar experiences."

    私の独特の経験に基づいて。"

  • Holmes sat in his big armchair with the weary, heavy-lidded expression which veiled

    ホームズはベールに包ま疲れた、重い蓋式で彼の大きな肘掛け椅子に座っていた

  • his keen and eager nature, while I sat opposite to him, and we listened in silence

    彼の鋭い、熱心な自然、私は彼に反対座って、そして我々は無言で聞いている間

  • to the strange story which our visitor detailed to us.

    私たちの訪問者が私たちに詳述奇妙な物語に。

  • "You must know," said he, "that I am an orphan and a bachelor, residing alone in

    "あなたは知っている必要があります、"彼は単独で常駐している、私は孤児and独身だということ"と言った。

  • lodgings in London.

    ロンドンの下宿。

  • By profession I am a hydraulic engineer, and I have had considerable experience of

    職業によって私は河川工学の専門家だ、と私はかなりの経験がある

  • my work during the seven years that I was apprenticed to Venner & Matheson, the well-

    私はベナー&マセソンの見習いされていることを7年間私の仕事、よく

  • known firm, of Greenwich.

    グリニッジの知られている会社、。

  • Two years ago, having served my time, and having also come into a fair sum of money

    二年前、私の時間を提供したし、またお金の公正な和に来ること

  • through my poor father's death, I determined to start in business for myself

    私の貧しい父の死を通して、私は自分のためにビジネスで起動するように決定さ

  • and took professional chambers in Victoria Street.

    とビクトリアストリートの専門家の部屋を取った。

  • "I suppose that everyone finds his first independent start in business a dreary

    "私は、誰もがビジネスの退屈な日の彼の最初の独立したスタートを見つけたとします

  • experience.

    経験。

  • To me it has been exceptionally so. During two years I have had three

    私には非常にそうなっている。二年間の間に私は3つあった

  • consultations and one small job, and that is absolutely all that my profession has

    協議と小さな仕事、それは絶対にすべての私の職業があることです

  • brought me.

    私をもたらした。