Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 3. How Dorothy Saved the Scarecrow

    第3章。ドロシーは、かかしの保存方法

  • When Dorothy was left alone she began to feel hungry.

    ドロシーが放っておかれたとき、彼女は空腹を感じ始めた。

  • So she went to the cupboard and cut herself some bread, which she spread with butter.

    そこで彼女は戸棚に行き、彼女自身、彼女はバターをパンを、カット。

  • She gave some to Toto, and taking a pail from the shelf she carried it down to the

    彼女はトトに、いくつかを与えた、と棚からバケツを取って、彼女はそれを実施

  • little brook and filled it with clear, sparkling water.

    小川は、クリア、スパークリングウォーターでそれを満たしました。

  • Toto ran over to the trees and began to bark at the birds sitting there.

    トトは、木々に上に走り、そこに座って鳥で吠えるようになった。

  • Dorothy went to get him, and saw such delicious fruit hanging from the branches

    ドロシーは彼を得るに行き、そして枝からぶら下がってそのようなおいしい果物を見た

  • that she gathered some of it, finding it just what she wanted to help out her

    彼女は彼女が彼女を助けるために何を望むかちょうどそれを見つけ、それのいくつかを集めている

  • breakfast.

    朝食。

  • Then she went back to the house, and having helped herself and Toto to a good drink of

    それから彼女は家に戻った、との良いドリンクに自分自身とトトのに関わってきた

  • the cool, clear water, she set about making ready for the journey to the City of

    冷たい、澄んだ水、彼女は都市のへの旅の準備することについて設定します。

  • Emeralds.

    エメラルド。

  • Dorothy had only one other dress, but that happened to be clean and was hanging on a

    ドロシーは1つだけ、他のドレスを持っていたが、それはきれいであることを起こったとでハングしていた

  • peg beside her bed.

    彼女のベッドの横にペグ。

  • It was gingham, with checks of white and blue; and although the blue was somewhat

    それは白と青のチェックと、ギンガムいた、そして青は多少あったものの、

  • faded with many washings, it was still a pretty frock.

    多くの洗浄液で色あせた、それはまだかなりフロックだった。

  • The girl washed herself carefully, dressed herself in the clean gingham, and tied her

    女の子は、慎重に自分自身を洗浄し清潔なギンガムの彼女自身の服を着、そして彼女を縛ら

  • pink sunbonnet on her head.

    彼女の頭の上にピンクのサンボネット。

  • She took a little basket and filled it with bread from the cupboard, laying a white

    彼女は少しバスケットを取り、食器棚からパンでそれを埋め、白を敷設

  • cloth over the top. Then she looked down at her feet and

    トップ上に布。それから彼女は彼女の足を見下ろして

  • noticed how old and worn her shoes were.

    彼女の靴がどれ古いと着用に気づいた。

  • "They surely will never do for a long journey, Toto," she said.

    "彼らは確かに長い道のり、トトのために行うことは決してありません"と彼女は言った。

  • And Toto looked up into her face with his little black eyes and wagged his tail to

    とトトは、彼の小さな黒い目で彼女の顔に見上げると、彼の尾を振った

  • show he knew what she meant.

    彼は彼女が何を意味するか知って示す。

  • At that moment Dorothy saw lying on the table the silver shoes that had belonged to

    その瞬間、ドロシーは、テーブルの上に属していた銀の靴を横たわっていた

  • the Witch of the East. "I wonder if they will fit me," she said to

    東の魔女。 "彼らが私に合うかどうかは疑問"と彼女は言った

  • Toto.

    トト。

  • "They would be just the thing to take a long walk in, for they could not wear out."

    "彼らは、磨耗ができなかったため、に長い散歩をするだけのものだろう。"

  • She took off her old leather shoes and tried on the silver ones, which fitted her

    彼女は古い革の靴を脱いで彼女を装着した銀のもの、にしようとした

  • as well as if they had been made for her.

    だけでなく、それらが彼女のために作られていた場合。

  • Finally she picked up her basket. "Come along, Toto," she said.

    最後に、彼女は彼女のバスケットを拾いました。 "、トトが一緒に来る、"と彼女は言った。

  • "We will go to the Emerald City and ask the Great Oz how to get back to Kansas again."

    "我々は、エメラルドシティに移動し、再びカンザスに戻る方法大オズを尋ねます。"

  • She closed the door, locked it, and put the key carefully in the pocket of her dress.

    彼女は、ドアを閉じてロックされ、そして彼女の服のポケットに慎重にキーを置く。

  • And so, with Toto trotting along soberly behind her, she started on her journey.

    そしてそう、トトは彼女の背後にまじめに沿って小走りで、彼女は旅に始めた。

  • There were several roads near by, but it did not take her long to find the one paved

    そこから近くにいくつかの道路があったが、それは舗装されたものを見つけるために長い彼女はかからなかった

  • with yellow bricks.

    黄色のレンガで。

  • Within a short time she was walking briskly toward the Emerald City, her silver shoes

    短い時間内に彼女は銀の靴は、エメラルドシティに向かって活発に歩いていた

  • tinkling merrily on the hard, yellow road- bed.

    ハード、黄色の道 - ベッドの上で陽気にチリンチリンと鳴る。

  • The sun shone bright and the birds sang sweetly, and Dorothy did not feel nearly so

    太陽が明るく輝いていたと鳥は甘く歌い、そしてドロシーはそれに近い感じはなかった

  • bad as you might think a little girl would who had been suddenly whisked away from her

    あなたは、小さな女の子が突然彼女から泡立てたされていたという人と思うかもしれない悪いとして

  • own country and set down in the midst of a strange land.

    自国と奇妙な土地の真っ只中にダウン設定。

  • She was surprised, as she walked along, to see how pretty the country was about her.

    彼女は国が彼女についてあったかかなり見て、一緒に歩いている彼女は、驚いた。

  • There were neat fences at the sides of the road, painted a dainty blue color, and

    そこにきちんとフェンスは、道路の両側にあった可憐な青い色を塗り、

  • beyond them were fields of grain and vegetables in abundance.

    それらを越えて豊かさの穀物と野菜のフィールドがあった。

  • Evidently the Munchkins were good farmers and able to raise large crops.

    明らかにマンチキンは良い農家や大規模な作物を上げることができた。

  • Once in a while she would pass a house, and the people came out to look at her and bow

    たまには彼女が家を渡して、そして人々は彼女を見て出てきたと弓

  • low as she went by; for everyone knew she had been the means of destroying the Wicked

    彼女が経って低く、誰にとっても彼女はウィキッドを破壊する手段となっていた知っていた

  • Witch and setting them free from bondage.

    魔女と束縛からの自由、それらを設定する。

  • The houses of the Munchkins were odd- looking dwellings, for each was round, with

    それぞれのラウンドだったためマンチキンの家はと、、奇妙な住居であった

  • a big dome for a roof. All were painted blue, for in this country

    屋根の大きなドーム。すべてはこの国のために、青い塗られた

  • of the East blue was the favorite color.

    東青の好きな色だった。

  • Toward evening, when Dorothy was tired with her long walk and began to wonder where she

    夜に向かって、ドロシーは彼女の長い散歩に疲れていたし、どこに彼女が疑問に思い始めたとき

  • should pass the night, she came to a house rather larger than the rest.

    夜を渡す必要があります、彼女は残りの部分よりもむしろ大きい家に来た。

  • On the green lawn before it many men and women were dancing.

    緑の芝生の上にそれの前に多くの男性と女性が踊っていた。

  • Five little fiddlers played as loudly as possible, and the people were laughing and

    五少しフィドラーは、大声で可能な限り再生され、人々は笑っていた

  • singing, while a big table near by was loaded with delicious fruits and nuts, pies

    近くに大きなテーブルがおいしいフルーツ、ナッツ、パイにロードされたまま、歌う

  • and cakes, and many other good things to eat.

    とケーキ、そして食べるために他の多くの良いもの。

  • The people greeted Dorothy kindly, and invited her to supper and to pass the night

    人々はドロシー親切に挨拶し、夕食に彼女を招待し、夜を渡すために

  • with them; for this was the home of one of the richest Munchkins in the land, and his

    彼らと、このための土地で最も豊かなマンチキンの一つの家だった、と彼の

  • friends were gathered with him to celebrate

    友人が祝うために彼と一緒に集めていた

  • their freedom from the bondage of the Wicked Witch.

    悪い魔女の束縛から自由。

  • Dorothy ate a hearty supper and was waited upon by the rich Munchkin himself, whose

    ドロシーは、心のこもった夕食を食べ、豊かなマンチキン自身によって待たれた、その

  • name was Boq.

    名前はBoqいました。

  • Then she sat upon a settee and watched the people dance.

    それから彼女は長椅子上に座って人々の踊りを見た。

  • When Boq saw her silver shoes he said, "You must be a great sorceress."

    Boqが彼女の銀の靴を見たとき、彼は"あなたは偉大な魔術師でなければならない"と述べた。

  • "Why?" asked the girl.

    "なぜ?"少女は尋ねた。

  • "Because you wear silver shoes and have killed the Wicked Witch.

    "あなたは銀の靴を着用し、邪悪な魔女を殺しているので。

  • Besides, you have white in your frock, and only witches and sorceresses wear white."

    その上、あなたのフロックで白があり、唯一の魔女とソーサレスが白着る。"

  • "My dress is blue and white checked," said Dorothy, smoothing out the wrinkles in it.

    "私のドレスは青と白のチェックされ、"ドロシーはそれでしわを滑らかに、言った。

  • "It is kind of you to wear that," said Boq. "Blue is the color of the Munchkins, and

    "それはそれを身に着けることの一種である、"Boqは言った。 "ブルーは、マンチキンの色であり、

  • white is the witch color.

    白は、魔女の色です。

  • So we know you are a friendly witch."

    だから我々はあなたが優しい魔女ことを知っている。"

  • Dorothy did not know what to say to this, for all the people seemed to think her a

    すべての人々が彼女の思うように見えたためにドロシーは、このために言って何を知りませんでした

  • witch, and she knew very well she was only an ordinary little girl who had come by the

    魔女、そして彼女は彼女だけで来ていた普通の女の子だった非常によく知っていた

  • chance of a cyclone into a strange land.

    見知らぬ土地へのサイクロンのチャンス。

  • When she had tired watching the dancing, Boq led her into the house, where he gave

    彼が与えたところ、彼女はダンスを見て疲れていたときは、Boqは、家に彼女を導いた

  • her a room with a pretty bed in it.

    彼女のそれに非常にベッド付きの部屋。

  • The sheets were made of blue cloth, and Dorothy slept soundly in them till morning,

    シートは、青い布で作られ、そしてドロシーは、朝までそれでぐっすり眠っていた

  • with Toto curled up on the blue rug beside her.

    トトと彼女の横にある青い絨毯の上を丸め。

  • She ate a hearty breakfast, and watched a wee Munchkin baby, who played with Toto and

    彼女は心のこもった朝食を食べ、おしっこマンチカンの赤ちゃんを見て、トトと共演者と

  • pulled his tail and crowed and laughed in a way that greatly amused Dorothy.

    彼の尾を引っ張り、鳴いたと大幅にドロシーを面白がっように笑った。

  • Toto was a fine curiosity to all the people, for they had never seen a dog

    彼らは犬を見たことがなかったためにトトは、すべての人々に細かい好奇心だった

  • before. "How far is it to the Emerald City?" the

    前。 "それはエメラルドシティにどのくらいの距離ですか?"

  • girl asked.

    少女は尋ねた。

  • "I do not know," answered Boq gravely, "for I have never been there.

    "私はわからない、"Boqが私はあったことがないため"、重々しく答えた。

  • It is better for people to keep away from Oz, unless they have business with him.

    彼らは彼とのビジネスを持っていない限り、それは、人々がオズから離れて維持するためにより良いです。

  • But it is a long way to the Emerald City, and it will take you many days.

    しかし、それは、エメラルドシティへの長い道のりであり、そしてそれは多くの日行くことができます。

  • The country here is rich and pleasant, but you must pass through rough and dangerous

    ここで国は豊かで楽しいですが、ラフや危険を通過しなければならない

  • places before you reach the end of your journey."

    あなたの旅の終わりに到達する場所の前に。"

  • This worried Dorothy a little, but she knew that only the Great Oz could help her get

    これはドロシー少し心配して、彼女は唯一の大オズは彼女を助けることができることを知っていた

  • to Kansas again, so she bravely resolved not to turn back.

    カンザス州に再び、彼女は勇敢に戻って有効にしない解決さそう。

  • She bade her friends good-bye, and again started along the road of yellow brick.

    彼女はさようなら彼女の友人を命じた、と再び黄色いレンガの道に沿って始まった。

  • When she had gone several miles she thought she would stop to rest, and so climbed to

    彼女はいくつかのマイルを行っていたときに彼女は彼女が他の部分に停止すると思った、というように上昇

  • the top of the fence beside the road and sat down.

    道路の横フェンスの上部と腰を下ろした。

  • There was a great cornfield beyond the fence, and not far away she saw a

    そこにフェンスを超えた偉大な畑だった、とそう遠く、彼女が見た

  • Scarecrow, placed high on a pole to keep the birds from the ripe corn.

    かかしは、熟したトウモロコシから鳥を保つためにポールに高く配置されます。

  • Dorothy leaned her chin upon her hand and gazed thoughtfully at the Scarecrow.

    ドロシーは彼女の手によって彼女のあごを突いたとスケアクロウで考え込むようにじっと見つめた。

  • Its head was a small sack stuffed with straw, with eyes, nose, and mouth painted

    その頭には小さな袋が目、鼻、口の塗装で、わらを詰めていた

  • on it to represent a face.

    その上に顔を表現する。

  • An old, pointed blue hat, that had belonged to some Munchkin, was perched on his head,

    いくつかマンチキンに属していた古い、尖った青い帽子は、、、彼の頭の上に腰掛けていた

  • and the rest of the figure was a blue suit of clothes, worn and faded, which had also

    と図の残りの部分も持っていた服のブルーのスーツ、着用や色あせたであった

  • been stuffed with straw.

    わらを詰めて。

  • On the feet were some old boots with blue tops, such as every man wore in this

    足の上にそのようなすべての人のよ​​うな青いトップス、といくつかの古いブーツはこので着ていた

  • country, and the figure was raised above the stalks of corn by means of the pole

    国、そしてポールによってトウモロコシの茎の上に発生した数字

  • stuck up its back.

    そのバックアップを立ち往生。

  • While Dorothy was looking earnestly into the queer, painted face of the Scarecrow,

    ドロシーは、かかしの奇妙な、塗装面に真剣に探していた一方で、

  • she was surprised to see one of the eyes slowly wink at her.

    彼女は目の一つは、ゆっくりと彼女の見て見ぬふりをするのには驚いた。

  • She thought she must have been mistaken at first, for none of the scarecrows in Kansas

    彼女はカンザスのかかしの皆無のため、最初は誤解されている必要があります考えた

  • ever wink; but presently the figure nodded its head to her in a friendly way.

    これまでにウィンク;が、現在の図は、フレンドリーな方法で彼女にその首を縦に振った。

  • Then she climbed down from the fence and walked up to it, while Toto ran around the

    それから彼女はフェンスから降りて、それまで歩いて、トトは、周りに走っている間

  • pole and barked. "Good day," said the Scarecrow, in a rather

    ポールと吠えた。 "良い​​一日、"スケアクロウはむしろで、述べて

  • husky voice.

    ハスキーな声。

  • "Did you speak?" asked the girl, in wonder. "Certainly," answered the Scarecrow.

    "あなたが話せない?"不思議そうに、少女に尋ねた。 "確かに、"スケアクロウは答えた。

  • "How do you do?" "I'm pretty well, thank you," replied

    "初めまして""私はかなりよくよ、ありがとう、"答えた

  • Dorothy politely.

    丁寧にドロシー。

  • "How do you do?" "I'm not feeling well," said the Scarecrow,

    "どのようにすればよいですか?""私はよく感じていないよ、"スケアクロウは言った、

  • with a smile, "for it is very tedious being perched up here night and day to scare away

    笑顔で、"それは非常に面倒であるために追い払うためにここに夜と昼までに腰掛けている

  • crows."

    カラス。"

  • "Can't you get down?" asked Dorothy. "No, for this pole is stuck up my back.

    "あなたがダウンして得ることができますか?"ドロシーは尋ねた。 "いいえ、このポールのために私の背中をスタックしています。

  • If you will please take away the pole I shall be greatly obliged to you."

    あなたがポールを奪う喜ばれるなら、私は大幅にする義務を負う。"

  • Dorothy reached up both arms and lifted the figure off the pole, for, being stuffed

    ドロシーは、両腕を上に達したとのために、ポールからの図を持ち上げ、詰めされている

  • with straw, it was quite light. "Thank you very much," said the Scarecrow,

    わらで、それはかなり軽かった。 "どうもありがとう、"スケアクロウは言った、

  • when he had been set down on the ground.

    彼は地面に設定されていた時。

  • "I feel like a new man." Dorothy was puzzled at this, for it sounded

    それが聞こえたのために"私は新しい人のように感じる。"ドロシーは、この時に困惑した

  • queer to hear a stuffed man speak, and to see him bow and walk along beside her.

    ぬいぐるみの人が話す、と彼は弓と彼女の横に沿って歩いて見て聞いて奇妙。

  • "Who are you?" asked the Scarecrow when he had stretched himself and yawned.

    彼は自分自身を伸ばし、あくびしていたときに"あなたは誰ですか?"スケアクロウは尋ねた。

  • "And where are you going?"

    "そして、どこ行くの?"

  • "My name is Dorothy," said the girl, "and I am going to the Emerald City, to ask the

    "私の名前はドロシーであり、"女の子は言った、"私が聞いて、エメラルドシティーするつもりです

  • Great Oz to send me back to Kansas." "Where is the Emerald City?" he inquired.

    カンザス州に私に戻って送信するために偉大なオズ。""エメラルドシティですか?どこに"と彼は訊ねた。

  • "And who is Oz?"

    "誰がオズですか?"

  • "Why, don't you know?" she returned, in surprise.

    "なぜ、あなたがわからない?"彼女は驚きで、返される。

  • "No, indeed. I don't know anything.

    "いや、確かに。私は何も知りません。

  • You see, I am stuffed, so I have no brains at all," he answered sadly.

    あなたが見る、私は詰め物をしていますので、私はまったくの頭脳を持っていない、"彼は悲しそうに答えた。

  • "Oh," said Dorothy, "I'm awfully sorry for you."

    "ああ、"ドロシーは"私はあなたのためにひどく申し訳ない"と述べた。

  • "Do you think," he asked, "if I go to the Emerald City with you, that Oz would give

    私はあなたとエメラルドシティに行けばオズは与えることを、"彼は尋ねた、"あなたは、と思いますか"

  • me some brains?" "I cannot tell," she returned, "but you may

    私いくつかの脳?"彼女が返される、"私は、伝えることができない""しかし、使用するおそれのある

  • come with me, if you like.

    好めば、私と一緒に来る。

  • If Oz will not give you any brains you will be no worse off than you are now."

    オズはあなたにどんな頭脳を与えていない場合はあなたが今より悪くオフできなくなります。"

  • "That is true," said the Scarecrow.

    "真つまり、"スケアクロウは言った。

  • "You see," he continued confidentially, "I don't mind my legs and arms and body being

    私は私の足と腕と体の健康を気にしない"と彼は秘密裏に続けて、"あなたは、参照してください"

  • stuffed, because I cannot get hurt.

    私はけがをすることができないため、剥製。

  • If anyone treads on my toes or sticks a pin into me, it doesn't matter, for I can't

    私のつま先や私にスティックピンの誰もトレッドが、それは問題ではない場合、私ができないため

  • feel it.

    それを感じる。

  • But I do not want people to call me a fool, and if my head stays stuffed with straw

    しかし、私は人々が私ばか呼び出すにしたくない、と私の頭は藁を詰めた変わらない場合

  • instead of with brains, as yours is, how am I ever to know anything?"

    代わりに、脳とは、あなたはそのまま、どのように私は何を知っているこれまでのですか?"

  • "I understand how you feel," said the little girl, who was truly sorry for him.

    "私はあなたが感じる方法を理解し、"彼のために本当に残念だった少女は言った。

  • "If you will come with me I'll ask Oz to do all he can for you."

    "あなたは私と一緒に来るのなら私はあなたのために彼ができるすべてを行うにはオズを頼むよ。"

  • "Thank you," he answered gratefully.

    "ありがとう"と彼は喜んで答えた。

  • They walked back to the road. Dorothy helped him over the fence, and they

    彼らは道に戻って歩いた。ドロシーは、フェンスを越えて彼を助け、そしてそれら

  • started along the path of yellow brick for the Emerald City.

    エメラルドシティのための黄色いレンガの道に沿って始まった。

  • Toto did not like this addition to the party at first.

    トトは、最初はパーティーにこの追加を好きではなかった。

  • He smelled around the stuffed man as if he suspected there might be a nest of rats in

    彼がラットの巣がある可能性が疑われるかのように彼のぬいぐるみの男の周りに臭い

  • the straw, and he often growled in an unfriendly way at the Scarecrow.

    わらは、と彼はしばしばスケアクロウで非友好的な方法でうなった。

  • "Don't mind Toto," said Dorothy to her new friend.

    "トトを気にしない、"ドロシーは彼女の新しい友人に言った。

  • "He never bites." "Oh, I'm not afraid," replied the

    "、"ああ、私は恐れていないよ"彼は。かむことはない"と答えた

  • Scarecrow.

    かかし。

  • "He can't hurt the straw. Do let me carry that basket for you.

    "彼はわらを傷つけることはできない。私はあなたのためにそのバスケットを運ぶせてください。