Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mhm.

    ムムム。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Over the years I've started to notice something interesting.

    ここ数年、面白いことに気付き始めました。

  • It turns out that several well established series in the social sciences, from psychology, sociology and anthropology to organizational studies political science and policy making well they share similar ways of thinking about basic human needs and social forces.

    心理学、社会学、人類学から組織研究、政治学、政策立案に至るまで、社会科学の分野で確立されたいくつかのシリーズは、人間の基本的な欲求や社会的な力についての考え方を共有していることがわかりました。

  • In essence, these approaches identify core aspects of what motivates us and these motivations are then reflected in the ways we go about organizational and social change and even in our political attitudes.

    要するに、これらのアプローチは、私たちを動かすものの核心的な側面を特定し、その動機が、組織や社会の変革に取り組む方法、さらには政治的な態度に反映されるというものです。

  • But perhaps more than anything, these core motivations underlie the way we act together and the way we think about acting together.

    しかし、何よりも重要なのは、これらの基本的な動機が、私たちが共に行動する方法や、共に行動することについて考える方法の根底にあるということです。

  • So for that reason I call them forms of coordination.

    そのため、私はそれらを「調整の形」と呼んでいます。

  • The first of these forms is based on authority.

    これらの形態の第一は、権威に基づくものです。

  • It's essentially about doing what we're told to do and it's connected to ideas such as leadership, hierarchy, strategy, expertise.

    それは本質的に、言われたことをやるということであり、リーダーシップ、ヒエラルキー、戦略、専門知識などの考え方につながっています。

  • The second is based on values and belonging, doing what we think we ought to do.

    2つ目は、価値観や帰属意識に基づくもので、自分がすべきだと思うことをすることです。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Given the kind of person we think we are and it's linked to ideas like solidarity, social responsibility, the collective, the tribe.

    自分がどのような人間であるかを考えると、それは連帯感や社会的責任、集団、部族といった考え方に結びつきます。

  • And then finally there's the form based on who we are, as unique individuals doing what we want to do for ourselves, connected to ideas like autonomy, freedom, entrepreneurship, ambition, creativity.

    そして最後に、自律性、自由、起業家精神、野心、創造性などのアイデアに関連して、自分自身のためにやりたいことをしているユニークな個人としての自分自身に基づいた形があります。

  • Now, many theories, for example, self determination theory from psychology or the competing values framework from organizational studies or the idea of public value in policy making well, they broadly recognized the need to balance and channel these different motivations and the views and methods of change that flow from them.

    例えば、心理学の自己決定理論、組織研究の競合する価値観の枠組み、政策決定における公共価値の考え方など、多くの理論が、これらの異なる動機と、そこから派生する変化の見解や方法のバランスをとり、それを導く必要性を広く認識しています。

  • But there are two things which tend to often to be left out first that achieving and sustaining balance between those motivations and the forms of change that come with them.

    しかし、第一に、これらの動機とそれに伴う変化の形態との間のバランスを達成し、維持するという、2つのことが忘れられがちである。

  • It's inherently difficult.

    本質的に難しいのです。

  • This is partly because each of the forms of coordination has aspects which are compatible with the other forms but also less benign expressions which are not so individualism, for example, can be about autonomy.

    これは、調整の各形態が、他の形態と互換性のある側面と、そうではない穏やかでない表現を持っていることが理由の一つです。

  • Self expression, creativity, but it could also be about selfishness.

    自己表現、創造性ですが、利己的であることを意味することもあります。

  • Atom is um mindless competition and difficulty also arises because the forms often compete as accounts of why we have social problems and how we have to solve those problems.

    Atomは、無心になって競い合うものですが、なぜ社会問題が起きているのか、その問題をどのように解決しなければならないのか、ということを形にして競い合うことが多いので、難しさも生じます。

  • Indeed each form gained some of its legitimacy from its critique of the others.

    実際、それぞれの形式は、他の形式を批判することで、その正当性の一部を得ている。

  • So, for example, the advocates of value based collectivist solutions will often bolster their case by questioning hierarchical control or the irresponsibility of individualism.

    例えば、価値観に基づく集団主義的な解決策を主張する人は、階層的な管理や個人主義の無責任さを疑問視することで、自分の主張を補強することが多いのです。

  • And finally, even when societies or organizations do achieve some kind of balance of ways of acting and thinking well, the problem is we live in a changing world and change is likely to upset that balance.

    最後に、たとえ社会や組織が、行動や思考の方法のバランスをとったとしても、問題は、私たちが生きているのは変化する世界であり、変化がそのバランスを崩してしまう可能性があるということです。

  • There's also something else that often gets messed out and that's the importance of 1/4 rather different perspective fatalism fatalism is an inherent part of the human condition, probably linked to our awareness of our own mortality, but it's also often simply the most accurate assessment of how likely positive changes to occur in any given social context.

    それは、運命論の重要性です。運命論は、人間の状態に固有のものであり、おそらく自分の死を意識することと関連していますが、それは単に、ある社会的状況においてポジティブな変化が起こる可能性を最も正確に評価しているだけであることが多いのです。

  • Now, given how often versions of this framework, combining ideas of authority, of values and belonging and of individual aspiration, given how often this framework emerges from conceptual and empirical inquiry across a range of disciplines?

    さて、権威、価値観、帰属意識、個人の願望などを組み合わせたこのフレームワークのバージョンが、さまざまな分野の概念的・経験的な調査からどれほど頻繁に生まれているでしょうか。

  • Well, there's a big question, why is it not more widely accepted, understood and applied?

    なぜもっと広く受け入れられ、理解され、適用されないのか、という大きな疑問があります。

  • I think one answer is that social science disciplines tend to offer very different accounts of human nature and of society reflecting their traditions and ideological predispositions.

    一つの答えは、社会科学の分野では、それぞれの伝統やイデオロギーを反映して、人間の性質や社会についての説明が大きく異なる傾向があるということだと思います。

  • Sociologists are generally more left wing than economists.

    社会学者は一般的に、経済学者よりも左翼的です。

  • Social psychologists focus on individual motivation, anthropologists think the group is what matters.

    社会心理学者は個人のモチベーションを重視し、人類学者は集団が重要だと考えます。

  • And these different academic world views may also be a reason why the natural sciences, which agree about much more, have been able to advance and win so much more public trust than the social sciences.

    また、このような学問的な世界観の違いが、多くの意見が一致する自然科学が、社会科学に比べて多くの社会的信頼を得て発展してきた理由でもあるでしょう。

  • Now, what I call coordination theory and the series are similar to it.

    さて、私がコーディネート理論と呼んでいるものと、シリーズはそれに近いものです。

  • Well, they don't offer a slam dunk way of reaching an agreed diagnosis about social or organizational problems.

    しかし、社会や組織の問題を解決するための診断方法としては、必ずしも優れているとは言えません。

  • They don't provide a single prescription about how to achieve progress, but what they do offer, I think is a it's a kind of shared base camp for social scientists to develop richer accounts of the social worlds.

    進歩を達成するための唯一の処方箋を提供しているわけではありませんが、社会科学者が社会的世界についてより豊かな説明をするためのベースキャンプを共有しているという点では、彼らは貢献していると思います。

  • We all live in bringing together the insights offered by different disciplines in a way that makes them more accessible and more useful to a much wider public.

    私たちは、さまざまな分野から提供される洞察を、より多くの人々がアクセスでき、より役立つような方法でまとめることに生きがいを感じています。

  • Let's face it, we can't afford not to bring the best understanding of who we are as humans, to the increasingly complex challenges facing pretty much every community, organization and nation in the world today.

    今日、世界のほとんどすべてのコミュニティ、組織、国家が直面している複雑化した課題に、人間としての私たちを最もよく理解していないわけにはいきません。

  • If social science, with its inherent commitment to human welfare, is not to be entirely sidelined by the juggernaut of Science and technology, well, its proponents need to start emphasizing what they do agree about more often than what they don't.

    人間の福祉に対する本質的なコミットメントを持つ社会科学が、科学技術の巨大な力に完全に埋もれてしまわないようにするためには、社会科学の支持者は、自分たちの意見が一致していることを、一致していないことよりももっと強調する必要があります。

  • After all, if we could agree a bit more about what makes people and what makes society is tick, we might be more able to build a bridge to the future.

    やはり、人を動かすもの、社会を動かすものについて、もう少し合意できれば、未来への架け橋になるかもしれません。

Mhm.

ムムム。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 社会 組織 バランス 変化 価値 方法

RSA Minimate:変革のためのフレームワーク|マシュー・テイラー (RSA Minimate: A framework for change | Matthew Taylor)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 24 日
動画の中の単語