Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A

    A

  • misdirected mind becomes a prison.

    誤った方向にある心は牢獄となる。

  • And I've lived most of my life shackled up by my own mind—a prisoner, a slave, engaged

    そして、私は人生の大半を自分の心に縛られて生きてきました-囚人、奴隷、従事者

  • in a constant battle.

    絶え間ない戦いの中で

  • This became most obvious to me a couple years ago, when I thought I had a heart attack.

    このことは、2年前に心臓発作を起こしたと思ったときに、最も顕著に感じられました。

  • It all started when I took an energy drink before working out.

    きっかけは、ワークアウトの前にエナジードリンクを飲んだことでした。

  • After my first set, I struggled to take full breaths, my heart pounded, and it felt like

    最初のセットの後、私は完全に息を吸うのに苦労し、心臓がドキドキして、まるで

  • oxygen wasn't entering my lungs.

    酸素が肺に入らなかった。

  • I sat down, struggling to breathe properly, and after half an hour, I finally felt normal

    座りながら必死に呼吸を整え、30分後にはようやく正常な状態になりました。

  • again.

    を再度確認しました。

  • That event instilled a new fear within me: a fear of death.

    この出来事は、私に「死」という新たな恐怖を植え付けました。

  • I never thought about Death much before that day.

    あの日までは、死についてあまり考えたことがなかった。

  • It sat way in the back of my mind as an abstraction, as a concept, as something I knew would happen

    それは私の心の奥底に、抽象的な、概念として、起こるであろうこととして存在していました。

  • one day, not as something I felt in my day-to-day life.

    日々の生活の中で感じたものではなく、ある日突然に。

  • But now, in the calendar of my mind, Death no longer sat far off in the future.

    しかし、今、私の心の中のカレンダーには、「死」はもう遠い未来のことではない。

  • I felt like our meeting was soon approaching, and my mind wanted to find Death's number

    もうすぐ出会いがあるような気がして、頭の中ではデスの番号を探していました。

  • to tell him that now was not a good time.

    と言うと、「今はダメだ」と言われた。

  • But everyone know's that the reaper doesn't compromise.

    しかし、死神が妥協しないことは誰もが知っている。

  • His meetings are final.

    彼の会議は最終的なものです。

  • Over the next few weeks, the same symptoms occurred intermittentlyshortness of breath,

    その後、数週間にわたり、同じ症状が断続的に発生し、息苦しさを感じるようになりました。

  • rapid heart rate, and the addition of some chest pain.

    心拍数が上がり、胸の痛みも加わってきます。

  • I became acutely aware of my own heartbeat, noticing when it was fast or slow, uncomfortably

    私は自分の鼓動を強く意識するようになり、速くなったり遅くなったり、違和感があったりと

  • feeling it beat against my chest when I slept.

    寝ているときに胸に響いてくるのを感じていました。

  • And one day, my symptoms reached a peak, and I felt like I was going to have a heart attack.

    そしてある日、症状がピークに達し、心臓発作が起きそうになりました。

  • I rushed to the emergency department, and after several tests, the doctor decided it

    慌てて救急外来に駆け込み、いくつかの検査をした結果、医師は「これは」と判断しました。

  • was likely a panic attack.

    はパニック発作だったと思われます。

  • But he also discovered a murmur in my heart and sent me off for further testing.

    しかし、私の心臓に雑音があることもわかり、詳しい検査を受けることになりました。

  • I felt a sense of impending doom.

    迫り来る運命を感じた。

  • I became obsessed with avoiding my perceived doom.

    私は自分の運命を避けることに夢中になりました。

  • I shrank from the world and struggled to leave my home, worried that might trigger another

    私は世間から縮こまってしまい、家から出ることができませんでしたが、それが別の問題を引き起こすのではないかと心配していました。

  • attack.

    の攻撃を受けます。

  • My thoughts became paranoid.

    私の考えは偏執的になった。

  • Did the doctors miss something?

    お医者さんは何かを見落としていたのでしょうか?

  • Will my follow-up tests show that something's actually wrong?

    その後の検査で、実際に何か問題があると分かるのでしょうか?

  • After a few weeks, the results came in and nothing was wrong.

    数週間後、結果が出ましたが、何も問題はありませんでした。

  • I was in great health.

    私はとても健康だった。

  • But the panic attacks continued.

    しかし、パニック障害は続きました。

  • Life became smaller, less colourful, less exciting.

    人生は小さくなり、色もなく、刺激もなくなった。

  • My comfort zone shrank down to the size of a point, and even within that point, the fear

    私のコンフォートゾーンは一点の大きさに縮小し、その一点の中でも、恐怖は

  • of death still loomed.

    死が迫っている。

  • I felt like a prisoner in my own body.

    自分の体の中で囚われの身になった気分でした。

  • I needed wisdom to free myself, and I found it in the writings of Epictetus, an ancient

    私は自分を解放するための知恵を必要としていましたが、それを見つけたのが古代の詩人であるエピクテートスの著作でした。

  • Stoic philosopher.

    ストイックな哲学者。

  • As a former slave, he knew something about freedom and imprisonment.

    彼は元奴隷として、自由と監禁について何かを知っていた。

  • Epictetus believed that freedom arose when one focused only on the things if life they

    エピクテートスは、自分が生きている間、自分が生きているものだけに集中することで、自由が生まれると考えました。

  • could control, and imprisonment arose when one focused on the things in life they could

    禁固刑は、自分がコントロールできる人生の事柄に集中したときに発生します。

  • not control.

    not control

  • This concept is commonly referred to as the dichotomy of control.

    この概念は、一般的に「コントロールの二項対立」と呼ばれています。

  • I had latched onto something I couldn't control: death.

    私は「死」というどうしようもないものに執着していた。

  • I suspected something had happened on the day I had worked out after taking an energy

    エネルギーを摂取して運動した日に何かあったのではないかと疑っていました。

  • drink, some anomaly in my body.

    飲んで、体に異常をきたす。

  • And that anomaly led to my sudden fear and realization of death.

    そしてその異変が、私の死に対する突然の恐怖と実感につながった。

  • And in trying to control the uncontrollable, in trying to control death, I secretly trapped

    そして、制御できないものを制御しようとして、死を制御しようとして、私は密かに罠を仕掛けた。

  • myself in a mental prison.

    自分が精神的な牢獄にいるようなものだ。

  • And the prison of my mind took on a physical manifestation as I trapped myself in my own

    そして、自分の心の中の牢獄が物理的な形で現れ、自分自身を自分の中に閉じ込めてしまったのです。

  • home, afraid that leaving might cause more panic attacks.

    家を出るとパニック障害が悪化するのではないかと不安になりました。

  • I could have controlled my food choices, my exercise regimen, whether or not I left the

    食べ物の選択、運動療法、外出するかしないかなど、自分でコントロールすることができました。

  • comfort of my own home, and whether or not I got my health checked out.

    自分の家でくつろいで、健康診断を受けたかどうか。

  • But I couldn't control death.

    しかし、死をコントロールすることはできなかった。

  • And the more I tried to control it, the more I shrank away from life.

    そして、それをコントロールしようとすればするほど、私は人生から遠ざかっていきました。

  • I hit rock bottom.

    どん底まで落ちた。

  • I decided I had had enough.

    もういい加減にしてくれと思った。

  • I'd rather have lived a short, full life than a long, empty one trapped inside my own

    私は、自分の中に閉じ込められた長くて空虚な人生よりも、短くて充実した人生を送りたかったのです。

  • home.

    のホームになります。

  • I needed to let go of the desire to control death, and I did it in the only way I knew

    私は、死をコントロールしたいという欲求を捨てる必要があり、自分の知っている唯一の方法でそれを行いました。

  • how.

    をどのようにしたらいいのか。

  • I went back to where it all started: exercise.

    私はすべての始まりである運動に立ち返りました。

  • I decided to go for a run, and I decided that if I died on this run, if my heart gave out,

    走りに行こうと決めたのは、この走りで死んでしまったら、心臓が止まってしまったら。

  • it would be okay, because it was better to challenge my fear than let it consume my entire

    恐怖心に負けてしまうよりも、恐怖心に挑戦した方がいいからです。

  • life.

    の生活を送っています。

  • Unsurprisingly, I ended up not dying on the run.

    意外にもランでは死なずに済みました。

  • And as I challenged the fear more and more, it began to recede.

    そして、その恐怖心にどんどん挑戦していくと、恐怖心が後退していきました。

  • As I focused more on the things I could controllike my breathing, my diet, and my exercise regimenmy

    呼吸法、食事、運動など、自分でコントロールできることを意識していくうちに、私は

  • body began returning to normal.

    体が正常に戻り始めた。

  • I breathed normally once again, my chest pains disappeared, and I stopped getting panic attacks

    呼吸が正常になり、胸の痛みが消え、パニック障害も起こらなくなりました。

  • soon after.

    の後すぐ。

  • I find when I desire to control things I can't control, such as death, aging, or even views

    私は、死や老い、あるいは景色など、自分がコントロールできないものをコントロールしたいと思うと

  • on YouTube, I become a prisoner to my own mind.

    YouTubeを見ていると、自分の心の囚人のようになってしまいます。

  • On the other hand, when I surrender control to Fate and focus on the things I can control,

    一方で、運命に身を任せ、自分でコントロールできることに集中すると

  • I become the master of my own mind.

    私は自分の心の支配者になる。

  • I escape the mental prison.

    精神的な牢獄から脱出する。

  • It would be a mistake for a reader of this essay to think that there's any advice here.

    このエッセイを読んだ人が、ここに何かアドバイスがあると思うのは間違いでしょう。

  • This essay is simply the report of my own experiences with living in and escaping my

    このエッセイは、私が自分の中で生きてきた経験と、自分の中から脱出した経験の報告に過ぎません。

  • own mental prisons.

    自分の心の牢獄。

  • But upon examining his or her own life, a viewer may find that they too are trying to

    しかし、自分の人生を振り返ってみると、視聴者もまた、自分の人生の中で

  • control the uncontrollable, and by doing so, they have trapped themselves in

    制御できないものを制御することで、自分自身を閉じ込めてしまっているのです。

  • a

    a

  • mental prison.

    精神的な刑務所。

A

A

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 コントロール 恐怖 制御 心臓 人生 パニック

私の心はどのようにして牢獄になったのか(そしてどのようにして脱出したのか)。 (How My Mind Became A Prison (& how I escaped))

  • 15 0
    Summer に公開 2021 年 05 月 21 日
動画の中の単語