Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Steve Jobs is one of the most iconic entrepreneurs in history, thanks to his incredible ability to predict the future.

    スティーブ・ジョブズは、未来を予測する素晴らしい能力を持っていたことで、歴史上最も象徴的な起業家の1人です。

  • But one of his most iconic creations wasn't a product or company, it was actually his outfit.

    しかし、彼が生み出した最も象徴的なものの1つは、商品や会社ではなく、実は彼の衣服でした。

  • As early as the 1980's, Jobs could be seen wearing a black turtleneck and blue Levis jeans, which was very unusual for the CEO of a multi-million-dollar company.

    1980年代初めから、ジョブズは黒のタートルネックとリーバイスのブルージーンズを履いていました。これは、数百万ドル規模の業績を誇る会社のCEOにしては、非常に珍しい格好でした。

  • By the 90s, he began wearing this signature outfit every day.

    90年代までには、ジョブズは、このトレードマークの衣服を毎日着始めました。

  • In public while visiting Apple Stores, on stage during keynote presentations, and even privately in his own home.

    アップルストアを訪れたり、基調プレゼンのステージ上など公の場でも、家での私的な場面でもです。

  • This has left many people wondering why Jobs wore the same outfit every day, and what prompted him to settle on a black mock turtleneck with blue jeans.

    ジョブズがなぜ毎日同じ格好をしていたのか、そして、どうして黒のモックネックとブルージーンズという格好に落ち着くようになったのか、多くの人が不思議に思いました。

  • So let's find out why.

    その理由を探ってみましょう。

  • This is Greg with Apple Explained, and if you'd like to help decide which topics I cover, make sure you're subscribed and voting polls like this one will begin appearing in your mobile activity feed.

    アップル・エクスプレインドのグレッグです。僕がカバーするトピックを決めるのに、一役買いたいというあなたは、チャンネル登録をすれば、このような投票ツールがアクティビティフィードに表示されるようになります。

  • All right, now the origin story behind Steve Job's iconic outfit is almost as fascinating as the man himself, who was known to have a passion for Japanese design and architecture.

    さて、スティーブ・ジョブズの象徴的な衣服の起源は、ジョブズ自身と同じくらい興味深いストーリーです。彼は、日本のデザインや建築を好んでいたことで知られています。

  • And it was during a trip to Japan in the '80s when Jobs learned about a unique approach to corporate clothing.

    1980年代に日本へ旅行した際、会社での衣服に対する、独特なアプローチについて学んだ時のことでした。

  • While touring a factory that belonged to Sony, Jobs noticed that everyone working there wore uniforms, which was very unusual for office and factory workers at the time.

    ソニーの工場の見学中、ジョブズは、従業員たちが制服を着ていることに気づきました。当時、オフィスや工場の従業員たちが制服を着るのは、非常に珍しいことでした。

  • Jobs asked then CEO Akio Morita why Sony provided them with uniforms, instead of simply wearing their own clothing from home.

    ジョブズは当時の CEO の盛田昭夫氏に、ソニーはなぜ制服を支給するのか?単純に、自宅から服を着させてくれば良いじゃないか、と尋ねました。

  • Morita explained that after World War II, most people in Japan didn't even have clothing to wear to work.

    盛田氏はこう説明しました―第二次世界大戦後、日本の大半の人々は、仕事に着ていく服さえ持っていなかったため、

  • So, companies like Sony had to provide them with something to wear every day.

    ソニーのような会社が、毎日着る服を提供しなければならなかったのだ、と。

  • But the decision regarding what outfit they would give employees wasn't made arbitrarily.

    しかし、どのような服を従業員に提供するかは、でたらめな決定ではありませんでした。

  • Sony recognized the opportunity to create a uniform that would give the company a signature style, and a chance to foster camaraderie among workers who wouldn't have to feel embarrassed about not having any nice outfits to wear to work.

    これは、会社に決まったスタイルを与える制服を作るチャンスであり、従業員は仕事に着ていく良い服がないと恥じずに済み、仲間意識を育成させるチャンスだ、とソニーは考えました。

  • Sony enlisted the help of Japanese designer Issey Miyake to make their uniforms.

    ソニーは、日本人デザイナーの三宅一生氏の力を借り、制服を作りました。

  • And what he ended up creating was a beige nylon jacket with sleeves that could be unzipped to make a vest.

    そうしてできたのが、ベージュのナイロンジャケットで、袖のジッパーを開けば、ベストにもなるものでした。

  • This approach to corporate dress appealed to Jobs but didn't make much sense to Apple's employees.

    会社の衣服に対するこうしたアプローチに、ジョブズは魅力を感じましたが、アップルの従業員にはあまり理解されませんでした。

  • Jobs explained, "I decided that I wanted that type of bonding for Apple, so I called Issey and asked him to design a vest."

    ジョブズはこう述べていました。「アップルでもそういった絆が欲しいと思ったから、イッセイを呼んで、ベストをデザインしてもらったんだ。

  • "I came back with some samples and told everyone it would be great if we would all wear these vests."

    サンプルを持ち帰って、皆でこのベストを着ようと話したよ。

  • "Oh man, did I get booed off the stage."

    でも、ステージから降ろされるほどのブーイングの嵐で。

  • "Everybody hated the idea.”

    皆、そのアイデアを嫌ったよ。」

  • But despite the failed attempt to implement uniforms, there was some good that came out of the experience.

    制服の導入にいは失敗しましたが、その経験から得られたものがありました。

  • It led to Jobs and Issey forming a friendship that resulted in the successful creation of a uniform, if only for one person: Jobs himself.

    ジョブズと三宅氏の間に友情が生まれ、制服が作られたのです―ジョブズ自身、ただ1人のためだけのものでしたが。

  • He became enamored with the idea of wearing the same thing every day.

    ジョブズは、同じものを毎日着るという考えに魅了されました。

  • Not only for the convenience, but also to establish a signature style, which Steve Jobs had already done for Apple, and now wanted to do for himself.

    利便性のためだけでなく、決まったスタイルを確立するうえでもです。ジョブズは、すでにアップルでスタイルを確立していたため、彼自身もそうしたかったのです。

  • He said, "So I asked Issey to make me some of his black turtlenecks that I liked, and he made me like a hundred of them."

    ジョブズはこう言いました。「イッセイに、僕が気に入ったタートルネックを作ってくれとお願いしたんだ。そうしたら、100着くらい作ってくれて。

  • "I have enough to last for the rest of my life.”

    一生着られるくらいあるよ。」

  • But it wasn't only the black turtleneck that defined Job's personal uniform.

    でも、ジョブズの個人的な制服で特徴的だったのは、黒のタートルネックだけではありませんでした。

  • He also wore a pair of Levi's 501 original fit jeans, and a pair of sneakers, usually New Balance.

    彼は、リーバイスの 501 オリジナル・フィットジーンズとスニーカー、通常はニューバランスのものを履きました。

  • The outfit quickly became Job's signature look, and inspired fans like me to recreate the style themselves, which probably wasn't the most socially acceptable thing to wear in high school, but it was fun nonetheless.

    この格好は、瞬く間にジョブズのお決まりとなり、僕も含め、ファンにそのスタイルを再現させるインスピレーションを与えたのです。高校でこんな格好なんて、世間的に容認されるものではなかったかもしれませんが、それでも楽しかったですね。

  • In fact, people became so passionate that after Job's death in 2011, they flocked to purchase his iconic turtleneck from a company called St Croix.

    人々はあまりに情熱的だったので、2011年にジョブズが亡くなってからは、彼の象徴であるタートルネックを購入しようと、セントクロイに殺到しました。

  • The clothing label claimed Steve Jobs was a, quote, "great innovator and fan of St Croix.”

    セントクロイの言葉を引用すると、スティーブ・ジョブズは「素晴らしい革新家で、セントクロイのファン」だったということです。

  • Although that statement wasn't entirely true, since Jobs never purchased his shirts from that company.

    この言葉は完全には正しくありません。ジョブズは、同社からシャツを購入したことはありませんでしたからね。

  • But despite the dishonesty, their stock of $175 black mock turtlenecks sold out just days after Job's death.

    不誠実さはあったにしても、セントクロイの黒いモックネック、$175の在庫は、ジョブズの死後数日で売り切れました。

  • The true designer and supplier of Job's iconic turtleneck, Issey Miyake, ended up releasing an updated version in 2017.

    ジョブズの象徴的なタートルネックの、真のデザイナーである三宅一生氏は、2017年、モックネックのリニューアル版を発表することになりました。

  • It was called the Semi-Dull T and featured a trimmer silhouette and higher shoulders than the original worn by Jobs.

    これはセミダルTと呼ばれ、細身のシルエット、ジョブズが着用していたものよりも高めの肩が特徴でした。

  • Made from 60 percent polyester and 40 percent cotton, it went on sale for $270, and was retired from production in 2018.

    60%ポリエステル、40%コットンで、販売価格は$270でした。2018年には製造が中止されました。

  • Although you can still find them being sold on resale websites like Grailed for about $500.

    グレイルドなどの再販サイトで、まだ購入することはできますが、値段は約$500です。

  • All right guys, so that is why Steve Jobs wore the same thing every day.

    さて、スティーブ・ジョブズが毎日同じ服を着ていた理由を紹介しました。

  • Thanks for watching till the end, don't forget to subscribe to help decide which topics I cover, and I'll see you in the next video.

    最後まで見ていただき、ありがとうございました。チャンネル登録をして、トピックを決めるのを手伝ってくださいね。次回のビデオで会いましょう。

Steve Jobs is one of the most iconic entrepreneurs in history, thanks to his incredible ability to predict the future.

スティーブ・ジョブズは、未来を予測する素晴らしい能力を持っていたことで、歴史上最も象徴的な起業家の1人です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 象徴 ジョブズ 衣服 スティーブ 起業 商品

きっかけは日本!スティーブ・ジョブズが毎日同じ服を着る理由は?

  • 1328 92
    Elise Chuang に公開 2021 年 06 月 11 日
動画の中の単語