Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • 85% of adults have drank alcohol in their life.

    85%の成人が、人生でアルコールを飲んだことがあります。

  • It's an extremely popular drug that decreases specific neuronal excitation in your brain with biological byproducts that have a huge impact on your body.

    脳内の特定の神経細胞の興奮を生物学的な副産物で減少させ、体に大きな影響を与える、非常に人気のある薬です。

  • So, if you're wanting to partake in a bevy, short for beverage, is there an ideal time for your physiology?

    では、飲み物を飲むのに最適な時間というのはあるのでしょうか?

  • Is it better to day drink or drink at night?

    昼に飲むのと夜に飲むのでは、どちらがいいのでしょうか?

  • When you drink a shot of vodka, 20% of the alcohol is absorbed by the stomach, 80% in the small intestine, where it goes into your bloodstream, then to your liver to be metabolized, ethanol gets into cells by passive diffusion.

    ウォッカを1ショット飲むと、アルコールの20%は胃で吸収され、80%は小腸で吸収されて血液に入り、肝臓で代謝され、エタノールは受動的拡散によって細胞に入ります。

  • So, the more you drink, the faster you get drunk, and when alcohol accumulates and finally gets to your brain, it suppresses the excitatory neurotransmitter glutamate, which causes information transfer in the brain to become slower, with only the largest signals making it through, you feel less, perceive less, notice less and remember less.

    飲めば飲むほど早く酔い、アルコールが蓄積して最終的に脳に到達すると、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸が抑制され、脳内の情報伝達が遅くなり、最大の信号だけが伝達されるようになり、感覚が鈍り、知覚が鈍り、気付きが鈍り、記憶が鈍ります。

  • So, a check for drinking at night is that day drinking alcohol won't allow you to complete your daily tasks.

    つまり、夜に飲む場合のチェックポイントは、昼間にお酒を飲むと日常の仕事をこなせなくなることです。

  • A check for day drinking is that we've been doing it for millions of years.

    昼間の飲酒のチェックポイントは、何百万年も前からやっていたことです。

  • Known as the drunken monkey hypothesis, the only reason you're able to drink alcohol right now dates back to a gene mutation that occurred 10 million years ago in your ancestors.

    お酒が飲めるのは、1000万年前の祖先の遺伝子の突然変異によるもので、「酔っ払い猿仮説」と呼ばれています。

  • A monkey-looking eutherian mammal, which is the common ancestor to you and the chimpanzee, of course, had a mutation in their enzyme,

    あなたと共通の祖先であるサルとチンパンジーは、もちろんアルコールDという酵素に変異がありました。

  • Alcohol dehydrogenase, which made this enzyme 40 times more effective at metabolizing alcohol.

    水素は、この酵素がアルコールを代謝するのに40倍の効果があったです。

  • This specific mutation in the alcohol dehydrogenase meant that no longer would small amounts of alcohol be poisonous, but now, could be a viable energy source.

    このアルコールD水素の突然変異は、少量のアルコールが毒物ではなく、エネルギー源として有効であることを意味しています。

  • This hypothesis also recognizes that around 10 million years ago was when our common ancestor stopped living in the trees and began living on the ground.

    また、この仮説では、共通の祖先が木の上での生活をやめて、地上での生活を始めたのが1,000万年前頃であるとしています。

  • This new mutated alcohol metabolizing enzyme was beneficial as it made the copious amounts of fermenting fruit on the forest floor accessible as a new dietary niche.

    この新しい突然変異したアルコール代謝酵素は、森の床にある大量の発酵果実を新たな食生活のニッチとして利用できるようにするという有益なものでした。

  • Essentially mutations sound bad, but sometimes they allow us humans to get absolutely sloshed, bro, and our ancestors were likely eating these fermented fruits during the day. They were also getting lots of new energy.

    本来、突然変異は悪いことのように思われますが、時に人間は絶対的なスラッシュブロを得ることができますし、私たちの祖先は日中にこれらの発酵果実を食べていたと思われます。彼らはまた、新しいエネルギーをたくさん得ていました。

  • But... while drinking alcohol may increase your caloric energy and while day drinking you might be, like, kind of giddy, like, shots on the patio energy, like, woohoo... that will quickly go away and you'll become a lethargic afternoon mess, which kind of creates a check for drinking at night.

    しかし、お酒を飲むとカロリーエネルギーが増加し、昼間はパティオでのショットのように目が回るほどのエネルギーが得られるかもしれませんが、すぐに消えてしまい、午後は無気力な状態になってしまいます。

  • Any excited extra version you feel while drinking is due to the suppression of brain firing in the prefrontal cortex.

    お酒を飲んでいる時に感じる興奮した余分なバージョンは、前頭前野の脳の発火を抑制するためです。

  • This part of your brain controls your impulses and restraints behavior, therefore, alcohol suppressing this inhibitory part of your brain causes you to loosen up and become a bit more extroverted.

    この脳の部分は、衝動をコントロールし、行動を抑制します。したがって、アルコールがこの抑制的な脳の部分を抑制すると、リラックスして、少し外向的になります。

  • For example, once, while drunk, I became very extroverted and invited everyone in my university residence into my tiny room to have a dance party, and while blasting Kesha's "this place's about to blow," the floor almost caved in, the cops were called, and I was fine for having an illegal rave.

    例えば、ある時、酔っ払って非常に外向的になり、大学の住人全員を私の小さな部屋に招き入れてダンスパーティーをしたことがあります。ケシャの曲を吹きながら、床まであるこの場所がほとんど陥没してしまい、警察が呼ばれ、違法なレイヴをしたとして罰金を課せられました。

  • But this drunk extra version won't last long due to your liver. In your liver is where the famous enzyme, alcohol dehydrogenase, lives and it breaks down the ethanol into acetaldehyde. The build up of acetaldehyde causes incoordination, memory problems and sleepiness.

    しかし、この酔っ払いのエクストラバージョンは、あなたの肝臓のせいで長くは続きません。あなたの肝臓には、有名な酵素であるアルコールD水素が住んでいて、エタノールを酸ALに分解して、協調性、記憶障害、眠気などの原因を隠します。

  • So, day drinking leads to these byproducts building up in your body during the day, causing you to lose coordination, forget things and become sedated.

    そのため、日中に飲むと、これらの副産物が体内に蓄積され、協調性が失われたり、物忘れをしたり、鎮静状態になったりします。

  • In fact, drinking during the day is related to higher injuries in sports, which seems a little obvious. All of this is a check for drinking at night.

    実際、日中の飲酒はスポーツでのケガの多さに関係しており、これはすべて夜の飲酒を牽制していると考えてもよさそうです。

  • Perhaps the biggest point for day drinking, or rather, the point against night drinking is that it negatively affects your sleep.

    昼間の飲酒の最大のポイントというか、夜の飲酒に対するポイントは、睡眠に悪影響を与えることでしょう。

  • Since we now know that alcohol inhibits the excitatory neurotransmitter glutamate, when alcohol leaves your system, the brain kind of overcorrects and there's a rebound of glutamate, which leads to excitability and irritation.

    現在では、アルコールが興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸を抑制することがわかっているので、アルコールが体内から抜けると、脳が過剰に補正され、グルタミン酸が反発して、興奮したり、イライラしたりするのです。

  • Drinking at night means this excitable rebound happens when you're trying to sleep.

    夜に飲むということは、この興奮した反動が、眠ろうとしている時に起こるということです。

  • This ends up dismantling your sleep through the night, cutting it up into tiny, little bits, and actually interrupting your sleep cycle in a way that a lot of people don't even realize it's happening. But you may be saying, but alcohol helps me get to sleep.

    これは、夜を通してあなたの睡眠をを小さな小さな断片に切り刻み、睡眠サイクルを中断します。 多くの人はそのことに気づいていませんが、「アルコールを飲むと眠れる」と言っている人もいるかもしれません。

  • But electrical brainwaves show that sleeping while intoxicated is not natural sleep.

    しかし、電気的な脳波を見ると、酔いながらの睡眠は自然な睡眠ではないことがわかります。

  • It's more sedative, similar to anesthesia.

    麻酔に近い鎮静作用があります。

  • In fact, alcohol is one of the strongest sedatives of the integral REM sleep, the type of sleep which causes dreams.

    実際、アルコールは、夢を引き起こすタイプの睡眠であるインテグラルレム睡眠を最も強く鎮静させるものの一つです。

  • When the liver metabolizes alcohol,

    肝臓でアルコールが代謝されると

  • it produces ketones and aldehydes.

    ケトン類とアルドハイドを生成します。

  • The aldehydes block the brainwaves needed to generate this powerful REM dream sleep, which can have astounding effects.

    藻類は、この強力なレムドリームスリープを発生させるために必要な脳波を遮断し、驚異的な効果をもたらします。

  • REM sleep is so essential for a lot of functions in your body and brain, including memory and association.

    レム睡眠は、記憶や連想など、体や脳の多くの機能にとても重要です。

  • One study got a group of college students together to study them for a week.

    ある研究では、大学生のグループを集めて、1週間の研究を行いました。

  • On day one, they learned a novel computer programming language or a new form of algebra.

    初日には、新しいコンピュータ・プログラミング言語や新しい形の代数学を学びました。

  • By the end of day one, they were tested and all had a proficiency of understanding around 90%. Over the coming week, a control group slept naturally.

    初日の終わりにはテストが行われ、全員が90%前後の理解度の習熟度を持っていた。今後1週間、対照群は自然に眠りについた。

  • A second group got a little drunk every night before bed on 2 to 3 shots of vodka, which was based on their body weight, and a third group slept naturally on day 1 to 2 and then had alcohol before bed, starting on day 3. 7 days later and they were all tested again.

    2つ目のグループは毎晩寝る前に体重に応じたウォッカを2~3ショット飲んで少し酔っ払い、3つ目のグループは1日目から2日目までは自然に眠り、37日目から寝る前にアルコールを飲んで、全員が再度テストを受けました。

  • People in the control group without alcohol at night remembered everything they had learned and showed enhanced abstraction and retention of knowledge.

    夜間にアルコールを飲まない対照群の人々は、学習したことをすべて覚えており、知識の抽象化と保持が強化されていることがわかりました。

  • The group who drank before bed since day one, forgot more than 50% of their knowledge, and the group that started drinking after day two, forgot around 40% of their knowledge.

    初日から寝る前に飲むグループは50%以上、2日目以降に飲み始めたグループは40%程度の知識を忘れていました。

  • So, day drinking actually allows your body enough time to metabolize the alcohol so you can get a good sleep. A check for day drinking for sure.

    そのため、昼間に飲むことで、体がアルコールを代謝するのに十分な時間を確保することができ、良い睡眠をとることができます。

  • Some people argue that day drinking a mimosa with the sweethearts, or knocking back a cold brewski with the boys, makes them feel better than having a dark whiskey on the rocks at night while talking about philosophy. But does the type of alcohol that you're drinking affect how you enjoy it?

    昼間に恋人たちとミモザを飲んだり、男の子たちと冷たいビールを飲んだりする方が、夜に哲学の話をしながら濃いめのウイスキーをロックで飲むよりも気分がいいと主張する人もいますが、お酒の種類によって楽しみ方が変わるのでしょうか?

  • One survey found, individuals reported higher negative expectancies after drinking shots of distilled spirits and higher positive expectancies after drinking wine and beer.

    ある調査によると、蒸留酒のショットを飲んだ後はマイナスの期待値が高くなり、ワインやビールを飲んだ後はプラスの期待値が高くなるという結果が出ています。

  • Another study found that 29.8% of respondents reported feeling aggressive when drinking spirits.

    別の調査では、回答者の29.8%が、蒸留酒を飲むと攻撃的な気分になると報告しています。

  • Spirits is such a weird word for a type of alcohol.

    スピリッツはアルコールの一種であるにもかかわらず、生理的な証拠がないという、とても奇妙な言葉です。

  • There is no physiological evidence the type of alcohol you are drinking affects your mood, but instead, it's how you perceive the alcohol will affect you that affects you.

    飲んでいるお酒の種類が気分に影響を与えるのではなく、お酒が自分に影響を与えるとどう認識しているかが影響を与えるのです。

  • A really important thing is your mood prior to starting to drink.

    本当に重要なのは、飲み始める前の気分です。

  • It will be exacerbated by the effects of the alcohol.

    アルコールの影響で悪化してしまう。

  • So, for example, if you're day drinking on a Sunday, and extremely anxious about having to work on the Monday, you're not going to enjoy your time. Whereas, if it's a Friday night, you're kicked back, you're done working and you're having a brew, that's going to be a bit more fun.

    例えば、日曜日に昼間から飲んでいて、月曜日に仕事をしなければならないことを極度に心配していたら、楽しい時間を過ごすことはできません。一方、金曜日の夜であれば、キックバックして、仕事を終えて、ビールを飲んでいるので、もう少し楽しくなるでしょう。

  • An iconic check for day drinking is that it usually means you'll be getting to eat a meal, and who doesn't want to eat more food.

    一日中飲んでいる場合の象徴的なチェックポイントは、たいてい食事が食べられるということで、もっと食べたいと思わない人はいないでしょう。

  • Food plays a huge role in how alcohol is absorbed.

    アルコールの吸収には、食べ物が大きく影響します。

  • If you have food in your stomach, it absorbs some of the alcohol instead of going directly into the bloodstream and physically slows it from reaching the small intestine, where, with its large surface area, a lot of alcohol is absorbed very quickly.

    胃の中に食べ物があると、アルコールが直接血流に乗るのではなく、一部が吸収され、表面積の大きい小腸に到達するのが物理的に遅くなり、多くのアルコールが素早く吸収されます。

  • So, day drinking with food means you get drunk less fast.

    つまり、食事をしながらのデイ・ドリンクは、酔いが回りにくいということです。

  • But, in the end, alcohol is, like, a pretty physiologically disgusting, dangerous and quite addictive drug. Excessive chronic alcohol intake leads to neurological disorders, cardiovascular disorders, liver disease cancer, etcetera.

    しかし、結局、アルコールはかなり生理的に嫌なものであり、危険であり、かなりの中毒性がある薬物のようなもので、慢性的なアルコールの過剰摂取は、神経障害、心血管障害、肝臓病癌などにつながります。

  • If you wanna remember things, perceive the world around you, be coordinated, get a good night's sleep, you're gonna have to skip alcohol altogether.

    周りの環境に合わせて物事を覚えようと思ったら、夜にしっかりと睡眠をとる必要があり、アルコールを完全に抜く必要があります。

  • If I had to choose one, I'm kind of stuck, because I don't love day drinking because I feel gross, but I care so much about my sleep that I don't like drinking at night, knowing it's going to be...

    どちらかを選ばなければならないとしたら、私は昼間に飲むのは気持ち悪くて好きではありませんが、睡眠にはとても気を遣っているので、夜に飲むのは好きではありません。

  • -Sounds like you shouldn't drink at all. -Yeah, maybe I just need to stop drinking.

    -まったく飲んではいけないようですね -ええ、たぶん飲むのをやめる必要があります。

  • I, like, don't really like drinking, period.

    私は、本当に飲むのが好き…ではありません、定期的に。

  • It's like, kind of, yeah like, it makes me wanna cry.

    泣きたくなるような、そんな感じです。

  • But I do find that if I see people on the patio drinking during the day, I'm like...

    でも、日中にパティオで飲んでいる人を見かけると、私は、

  • I wanna do that.

    「それがしたい、

  • That feels fun!

    楽しそう!」みたいな感じで。

  • And then, when I'm doing it, I'm like, is this even fun?

    そして、実際にやってみると、「これでいいのか?

  • I think it's like, fomo is what makes me wanna day drink. If you wanna watch us get intoxicated and talk on our podcast about alcohol even more,

    まるで、フォモが私を一日飲みたくなるものだと思います。もし私たちが酔っ払うのを見て、ポッドキャストでアルコールについてもっと話したいのなら、

  • we'll put links on the screen or in the description below. Make sure you're subscribed and we'll see you in a few weeks for a new science video. See ya!

    画面と下の説明文にリンクを貼りました。すでに登録したことを確認してください。数週間以内に新しい科学ビデオでお会いしましょう。 じゃあ!

85% of adults have drank alcohol in their life.

85%の成人が、人生でアルコールを飲んだことがあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルコール 飲む 飲ん 睡眠 代謝 肝臓

【英語で雑学】衝撃!昼の飲酒と夜の飲酒は身体に与える影響が違う!?

  • 5290 275
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 20 日
動画の中の単語