Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Most economists argue the pursuit of economic growth is both good and necessary.

    多くの経済学者は、経済成長を追求することは良いことであり、必要なことであると主張しています。

  • But is it?

    でも、そうでしょうか?

  • In the wake of the coronavirus pandemic, more than 1,100 economists, scholars

    コロナウイルスのパンデミックを受けて、1,100人以上の経済学者、研究者が

  • and climate activists from over 60 countries signed an open letter

    と60カ国以上の気候変動活動家が公開書簡に署名しました。

  • calling for an end to a capitalist system which pursues growth at all costs.

    犠牲を払ってまで成長を追求する資本主義システムに終止符を打つことを求めています。

  • Instead, they advocated for 'degrowth', a concept that directly challenges

    その代わりに、「degrowth」という概念を提唱しました。

  • the long-held view that more is always better.

    より多くのものが常により良いものであるという長年の考えに基づいています。

  • Put simply, the objective of degrowth is to ensure that life is at the center of our economic systems.

    デグロースの目的は、簡単に言えば、経済システムの中心に生命があることを保証することです。

  • That means challenging the idea that economic growth is good for everyone

    それは、「経済成長はすべての人にとって良いことだ」という考えを改めることです。

  • and instead focusing directly on making people happier and healthier.

    その代わりに、人々をより幸せに、より健康にすることに直接焦点を当てています。

  • Ever since the metric of gross domestic product,

    国内総生産という指標ができてからは

  • or GDP, was first proposed in 1937,

    GDPは、1937年に提唱されました。

  • policymakers have been striving to increase this measure of a country's economic welfare.

    政策立案者は、この国の経済的福祉の指標を高めることに努めてきました。

  • However, advocates of degrowth say GDP shouldn't be considered a proxy for progress,

    しかし、脱成長を提唱する人たちは、GDPを進歩の代用と考えるべきではないと言います。

  • arguing there is an urgent need for us to learn how to

    の方法を学ぶことが急務であると主張しています。

  • live better while producing less. So what would that look like?

    少ない生産量でより良い生活をする。それはどのようなものでしょうか?

  • Rich countries would be urged to reduce inequality through measures such as job guarantees,

    豊かな国は、雇用保証などの措置によって不平等を是正することが求められます。

  • a shorter working week and potentially a universal basic income.

    週休二日制の導入や、ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入も検討されています。

  • It would require high-income countries to dramatically scale down energy and resource use.

    そのためには、高所得国がエネルギーや資源の使用を大幅に削減する必要があります。

  • Low-income countries, meanwhile, should continue to grow their economies

    一方、低所得国は、経済成長を継続する必要があります。

  • in a sustainable way, at least until they reach a level of parity with middle-income nations.

    少なくとも、中所得国と同等のレベルに達するまでは、持続可能な方法で活動することができます。

  • One of the core aims of degrowth is to tackle the idea that every sector of the economy

    脱成長の主な目的の一つは、経済のあらゆる部門が

  • must grow, all the time, regardless of whether or not we actually need it.

    は、実際に必要かどうかにかかわらず、常に成長しなければなりません。

  • Advocates argue that instead of growing sectors such as the arms and automotive industries,

    提唱者たちは、武器や自動車などの成長分野ではなく

  • more focus should be placed on areas such as public transportation and renewable energy.

    公共交通機関や再生可能エネルギーなどの分野にもっと力を入れるべきだと思います。

  • But what about the risks associated with a slowing economy?

    しかし、経済が減速することによるリスクについてはどうでしょうか。

  • Critics of degrowth worry about just that, with some pointing to 2020's sharp economic contraction as one example.

    脱成長を批判する人たちは、2020年の急激な経済の縮小を例に挙げて、この点を心配しています。

  • The spread of Covid last year coincided with the worst economic downturn since the Great Depression of the 1930s.

    昨年のCovidの普及は、1930年代の世界大恐慌以来の最悪の景気後退と重なっていました。

  • Strict public health measures and reduced mobility saw the global economy contract by 4.3%.

    厳格な公衆衛生対策と移動性の低下により、世界経済は4.3%縮小しました。

  • Some described this sharp slowdown asdegrowthism in action,”

    この急激な減速を「脱成長主義の実践」と表現する人もいました。

  • but degrowthers themselves said this was misleading and rejected such criticism.

    しかし、デグロウザー自身は、これは誤解を招く恐れがあるとし、そのような批判を否定した。

  • They say degrowth is different because it is a planned contraction that aims to be equitable.

    デグロースは、平等を目指した計画的な縮小である点が異なるという。

  • By contrast, a recession is an unplanned event that can exacerbate inequality and reduce wellbeing.

    対照的に、不況は、不平等を悪化させ、ウェルビーイングを低下させる可能性のある計画外の出来事です。

  • They even argued the economic crisis was in fact related to our dependence on growth.

    経済危機は、実は成長への依存に関係しているのではないかとまで言われた。

  • Leading proponents of the movement have also stressed that degrowth does not call

    また、この運動の提唱者たちは、「脱成長」は「脱成長」ではないと強調しています。

  • for a reduction in personal income, noting that rich countries already have

    豊かな国ではすでに個人所得の削減が行われていることを指摘し、個人所得の削減を求めました。

  • more than enough resources to secure good lives for everyone.

    みんなが良い生活をするためには、十分すぎるほどの資源が必要です。

  • While degrowth has received renewed attention in the wake of the coronavirus pandemic,

    コロナウイルスのパンデミックをきっかけに、脱成長が再び注目されています。

  • the idea itself first gained prominence in the early 1970s.

    このアイデア自体は、1970年代初頭に注目されました。

  • The history of the degrowth movement can be traced back to 1972,

    デグロース・ムーブメントの歴史は、1972年にさかのぼります。

  • when French philosopher Andre Gorz first coined the term: 'décroissance'.

    フランスの哲学者、アンドレ・ゴルツが初めて「デクロサンス」という言葉を作った時のことです。

  • Translated into English as 'degrowth', Gorz questioned whether the Earth's natural balance

    英語では「degrowth」と訳され、地球の自然なバランスが保たれているかどうかを疑問視していました。

  • was compatible with the survival of a capitalist system that pursues relentless economic growth.

    は、絶え間ない経済成長を追求する資本主義システムの存続と両立するものでした。

  • In the same year, a think tank called the Club of Rome published a book entitledLimits to Growth.”

    同年、ローマクラブというシンクタンクが『成長の限界』という本を出版した。

  • In it, researchers from MIT predicted that our seemingly never-ending appetite for industrial growth

    その中で、MITの研究者たちは、私たちの終わりのないように見える産業成長への欲求が、次のように予測しています。

  • would see civilization collapse sometime in the 21st century.

    は、21世紀中に文明が崩壊すると言われています。

  • This idea was widely criticized at the time, and in 2002, one Danish academic

    この考えは当時、広く批判され、2002年にはデンマークのある学者が

  • even suggested the book should be relegated to thedustbin of history.”

    この本は「歴史のゴミ箱」に追いやられるべきだとまで言われました。

  • Researchers at the University of Melbourne, however, argued that

    しかし、メルボルン大学の研究者は、次のように主張しています。

  • more than 40 years on, the book's forecasts appear accurate.

    40年以上経った今でも、この本の予測は正しいと思われます。

  • And, if we continue to track in line with its projections,

    そして、今後もその予測通りに推移した場合。

  • we should expect to see the early stages of global collapse to start appearing soon.

    世界崩壊の初期段階がすぐに現れてくると予想されます。

  • In the decades since these discussions were first published,

    この議論が発表されてから数十年が経ちました。

  • increasing alarm over the scale and speed of the climate crisis has sharpened the focus

    気候危機の規模と速度に対する警戒感が高まり、その焦点が鋭くなっています。

  • on ideas that tackle rampant consumerism in high income countries.

    高所得国で横行する消費主義に対処するためのアイデアについて。

  • So much so, that in September 2019, Swedish climate activist Greta Thunberg

    それだけに、2019年9月には、スウェーデンの気候変動活動家であるグレタ・トゥンバーグが

  • delivered an emotional anti-growth speech at the UN Climate Summit in New York.

    ニューヨークで開催された国連気候サミットで、反成長のための感情的なスピーチを行いました。

  • We are in the beginning of a mass extinction and all you can talk about is money

    大量絶滅の危機に瀕しているのに、お金の話しかしないなんて

  • and fairytales of eternal economic growth. How dare you.

    と、永遠の経済成長のおとぎ話をしています。よくぞ言ってくれました。

  • Despite the ongoing pandemic, a recent global survey found that

    パンデミックが続いているにもかかわらず、最近の世界的な調査では

  • most people perceive climate change to be the biggest threat to their country.

    ほとんどの人が、気候変動が自国にとって最大の脅威であると認識しています。

  • The United Nations has recognized the environmental emergency as thedefining issue of our time,”

    国連は、環境問題を「我々の時代の決定的な問題」と認識しています。

  • warning that in order to keep global warming below 1.5 degrees Celsius,

    地球温暖化を1.5℃以下に抑えるためには、「地球温暖化を防ぐためには

  • global emissions must be cut to zero by 2050.

    2050年までに世界全体の排出量をゼロにしなければならない。

  • That's a huge undertaking and one that will require far-reaching

    これは非常に大きな事業であり、広範囲に渡る必要があります。

  • and unprecedented changes across all aspects of society.

    と、社会のあらゆる面で未曾有の変化が起きています。

  • With worldwide mobility brought to a standstill in 2020, the coronavirus crisis led to

    2020年に世界中のモビリティが停止する中、コロナウイルスの危機によって

  • the largest ever decline of global emissions on record. To some, it elevated hopes that carbon emissions

    史上最大の世界排出量の減少を記録しました。一部の人々にとっては、二酸化炭素の排出量が減少することへの期待が高まった。

  • had peaked and illustrated the potential for a long-term low-carbon recovery.

    がピークに達し、長期的な低炭素回復の可能性を示しました。

  • Nonetheless, pollution at the end of 2020 rebounded to pre-lockdown levels

    それにもかかわらず、2020年末の汚染はロックダウン前のレベルまで回復した

  • as economies gradually opened up, prompting the International Energy Agency

    徐々に経済が開放されていく中で、国際エネルギー機関(IEA)が

  • to stress that this should serve as a “stark warningto world leaders.

    このことは、世界の指導者たちへの「重大な警告」となるべきだと強調しています。

  • The U.S. and European Union have crafted policies in recent years

    米国と欧州連合(EU)は、近年、政策を策定してきました。

  • to cut carbon emissions and invest in renewable energy,

    排出量を削減し、再生可能エネルギーに投資するために。

  • focusing ongreen growthinstead of degrowth, much to the dismay of some in the degrowth movement.

    は、脱成長ではなく、「グリーン成長」に焦点を当てており、脱成長運動の一部の人たちには失望されています。

  • While degrowth has yet to go mainstream, there have been a few green shoots of progress in recent years.

    脱成長はまだ主流にはなっていませんが、近年、いくつかの緑の芽が出てきています。

  • Scotland, Iceland and New Zealand have all pledged to prioritize wellbeing rather than solely focusing on economic growth.

    スコットランド、アイスランド、ニュージーランドでは、経済成長のみに焦点を当てるのではなく、ウェルビーイングを優先することを誓っています。

  • Perhaps it won't be too long before others are tempted to follow suit.

    これを見て、他の人たちが追随するようになるのも、そう遠くないかもしれません。

  • Thanks for watching. Do you feel economic growth is essential to your future?

    ご覧いただきありがとうございます。あなたの将来にとって、経済成長は必要不可欠だと感じていますか?

  • Do let us know in the comments section and don't forget to subscribe.

    また、コメント欄でお知らせください。

  • See you next time.

    また次の機会にお会いしましょう。

Most economists argue the pursuit of economic growth is both good and necessary.

多くの経済学者は、経済成長を追求することは良いことであり、必要なことであると主張しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 成長 経済 所得 気候 削減 コロナ

Degrowth(脱成長)。より少ない資源でより良い生活をする時が来たのか?| CNBCが解説 (Degrowth: Is it time to live better with less? | CNBC Explains)

  • 155 4
    Summer に公開 2021 年 05 月 20 日
動画の中の単語