Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the cruellest aspects of mental illness is that it strips us of any ability to believe

    心の病の最も残酷な点は、私たちから信じる力を奪うことです。

  • that other people might be suffering in the way we are. We aren't being wilfully egocentric

    自分と同じように苦しんでいる人がいるかもしれない。私たちは故意に自己中心的になっているのではなく

  • or arrogant; we are condemned by our illness to a feeling that we are uniquely pitiful,

    私たちは病気によって、自分が特別に哀れな存在であると非難されているのです。

  • uniquely unacceptable, uniquely awful. The central legacy of mental illness, and a major

    ユニークに受け入れられない、ユニークにひどい。精神疾患の中心的な遺産であり、大きな

  • contributor to our suicidal impulses, is a feeling of exceptionalism.

    自殺衝動の原因となっているのは、例外的な存在であるという感覚です。

  • We start to run away from other people. Gatherings become impossible - for we grow preemptively

    人から逃げ出すようになる。集まることができなくなります - 先回りして成長してしまうからです

  • terrified of the presumed invulnerability and judgmentalness of those we might meet.

    私たちが出会うかもしれない人々の無防備さや判断力に恐怖を感じました。

  • We can't possibly make small talk or concentrate on what someone else is saying when our heads

    世間話をしたり、誰かの話に集中したりするには、頭の中が

  • are filled with catastrophic scenarios and an intrusive voice is telling us that we should

    は大惨事のシナリオで埋め尽くされ、押し付けがましい声で「こうすべきだ」と言っている。

  • die. There seems no compact or acceptable way to

    のダイを使用しています。コンパクトで受け入れやすい方法はないようですが

  • share with old friends what we have been going through: they knew us as chatty and optimistic.

    私たちが経験したことを旧友と共有しました。彼らは私たちのことをおしゃべりで楽観的だと思っていました。

  • What would they make of the tortured characters we have become?

    彼らは、私たちのような苦悩に満ちたキャラクターをどう思うだろうか。

  • We start to assume that no one on earth could possibly know - let alone accept - what it

    私たちは、地球上の誰もが、それが何であるかを知ることはもちろん、受け入れることもできないと仮定し始めます。

  • is like to be us.

    は、私たちのようなものです。

  • This is especially tragic because the central cure for mental illness is company. Our disease

    これは特に悲劇的なことで、精神疾患の治療の中心は会社です。私たちの病気

  • denies us access to precisely what we most need in order to get better.

    私たちが改善するために最も必要なものへのアクセスを拒否します。

  • In 1891, the Swiss artist Ferdinand Hodler exhibited The Disappointed Souls. Five figures

    1891年、スイスの画家フェルディナンド・ホドラーは「失意の魂」を出品しました。5人の人物

  • are pictured in varied states of dejection. We don't know quite what has gone wrong

    は、様々な落胆の様子が描かれています。何が悪かったのか、よくわからない。

  • in their lives, but Hodler's talent invites us to imagine possibilities: a marriage here,

    しかし、ホドラーの才能は、私たちに可能性を想像させます。

  • a social disgrace there, a depression, a feeling of overwhelming anxietyHowever awful the

    社会的な不名誉、憂鬱、圧倒的な不安......どんなにひどいことがあっても

  • individual stories might be, the true horror of the painting emerges from the way each

    しかし、この絵の本当の恐ろしさは、それぞれのストーリーの中にある。

  • crisis is unfolding in complete isolation from its neighbours. The disconsolate figures

    危機は隣国から完全に隔離された状態で進行している。失意のどん底にある人々

  • are only millimetres away from one another, but they might as well be in other countries.

    は、ほんの数ミリしか離れていませんが、まるで別の国にいるかのようです。

  • It should be so easy to reach out, to share the burden, to lend a comforting hand, to

    手を差し伸べたり、重荷を分かち合ったり、慰めの手を差し伸べたりすることは、とても簡単なはずです。

  • swap stories - and it would be so life-giving. But no fellowship seems possible in this insular

    語り合うことができれば、それはとても人生の糧になるでしょう。しかし、この孤立した環境では、親睦を深めることはできません。

  • hell. Sadness has wrapped each sufferer up in a pitiless sense of their own singularity.

    地獄です。悲しみは、苦しむ人たちをそれぞれ自分の特異性という無慈悲な感覚で包み込みました。

  • Ferdinand Hodler, The Disappointed Souls, 1891

    フェルディナンド・ホドラー『失意の魂』1891年

  • Hodler wasn't painting any one scene, he intended his work as an allegory of modern

    ホドラーは一つのシーンを描いたのではなく、現代の寓話として作品を意図していました。

  • society as a whole, with its absence of community, its lonely cities and its alienating technologies.

    コミュニティの不在、孤独な都市、疎外感のあるテクノロジーなど、社会全体がそうであるように。

  • But in this very depiction lies the possibility of redemption.

    しかし、この描写にこそ、救済の可能性があるのです。

  • We will start to heal when we realise that we are in fact always extremely close to someone

    私たちは、実はいつも誰かと非常に近い関係にあることに気づいたとき、癒され始めるでしょう。

  • who is as wretched as we are. We should hence be able to reach out to a similarly broken

    私たちと同じように悲惨な状況にある人。それゆえ私たちは、同じように壊れた人に手を差し伸べることができるはずです。

  • neighbour and lament in unison. We should learn to come together for a very particular

    隣人と声を合わせて嘆く。私たちは、非常に特殊なもののために集まることを学ぶべきです。

  • kind of social occasion whose whole focus would be an exchange of notes on the misery

    惨めさを語り合うことが目的の社交場のようなものです。

  • and lacerations of existence.

    と存在の裂け目。

  • In an ideal gathering of the unwell, in a comfortable safe room, we would take it in

    理想的な体調不良者の集まりで、快適なセーフティールームで、私たちはそれを受け入れます。

  • turns to reveal to one another the torments in our minds. Each of us would detail the

    互いの心の中の苦悩を吐露し合う。それぞれが心の中の苦悩を詳細に語って

  • latest challenges. We'd hear of how others were going through sleepless nights, were

    最新の課題。他の人がどのように眠れない夜を過ごしているのか、どのようなことをしているのかを聞きました。

  • unable to eat, were too terrified to go outside, were hearing voices and had to fight against

    食べることができず、恐怖で外に出ることができず、声が聞こえてきて、闘わなければならなかった。

  • constant impulses to kill themselves. The material would be dark no doubt, but to hear

    自殺したいという衝動に駆られ続ける。暗い内容であることは間違いありませんが、聞いていると

  • it would be a balm for our stricken lonely souls.

    私たちの孤独な魂を癒してくれることでしょう。

  • Ideally, we would keep meeting the same people, week after week - so that our lives would

    理想的には、毎週同じ人に会い続けることで、自分の人生を変えることができます。

  • grow entwined with theirs and we could exchange mutual support as we travelled through the

    が絡み合っていき、お互いに助け合いながら旅をすることができました。

  • valleys of sickness. We would know who was in particular difficulty, who needed tenderness

    病気の谷間。誰が特に困っているのか、誰が優しさを必要としているのかを知ることができます

  • and who might benefit from an ordinary-sounding chat about the garden or the weather.

    そして、庭や天気についての普通の話をしてくれる人がいるかもしれない。

  • It isn't possible that we are as alone as we currently feel. Biology doesn't produce

    現在、私たちが感じているような孤独はありえません。生物学的には

  • complete one-offs. There are fellow creatures among the seven billion of our species. They

    完全な一点ものです。70億の種族の中には仲間の生き物がいます。彼らは

  • are there - but we have lost all confidence in our right to find them. We feel isolated

    しかし、私たちはそれを見つける権利があるという自信を失っています。私たちは孤立しています。

  • not because we are so but because we are unwell. We should dare to believe that a fellow disappointed

    自分がそうだからではなく、自分が不調だからだ。私たちは、あえて、失望した仲間が

  • soul is right now sitting next to us on the bench, waiting for us to

    魂は今、私たちの隣のベンチに座って、私たちを待っています。

  • make a sign.

    看板を作る。

One of the cruellest aspects of mental illness is that it strips us of any ability to believe

心の病の最も残酷な点は、私たちから信じる力を奪うことです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 孤独 差し 集まる 病気 中心 語り

つながりの必要性 (Our Need for Connection)

  • 12 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 19 日
動画の中の単語