Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Sometimes we need to complain.

    時には、苦情を言わなければならないこともありますよね。

  • But how can we do this politely and in a British way?

    さて、イギリス式では、どうすれば失礼にならないように言えるでしょう?

  • First, we can begin 'would like to' to say what we want.

    まず、"would like to~ (=~したいと思う)" という言葉で何をしたいのかを伝えましょう。

  • 'Hi i would like to speak to the manager. Yes, I'd like to complain.'

    "どうも。支配人とお話ししたいのですが。そうです。苦情を申し上げたいのですが。"

  • We can say 'I am unhappy about' plus a noun phrase.

    "I am unhappy about +名詞 (=~が不愉快だ)" と言うこともできます。

  • 'Yes, I am unhappy about my late delivery.'

    「そうです。配達が遅れて不愉快なんですが」

  • We can also add 'very' or 'really' to make this stronger.

    また、"very" "really"などをつけて、強調することもできます。

  • 'Yeah, I'm really unhappy about this.'

    「そう。それについてはものすごく不愉快ですね。」

  • We can also say 'it's unacceptable that' plus a clause.

    それから、"it's unacceptable that + 節 (=~は許さない)" と言うことも可能です。

  • 'Yeah, it's unacceptable that my delivery is late.'

    「ええ、配達の遅れは許されないことです。」

  • Remember, don't lose your temper.

    覚えておいてください。カッとなってはいけません(=Don't lose your temper))。

  • This means 'don't become too angry' - it's rude to lose your temper.

    これは「怒り過ぎはいけない」という意味です。平常心をなくすのは失礼なんです。

  • This is good advice - we can say this to people who are angry with us:

    これは良い助言になるんですよ。自分に対して怒っている人に言うこともできます。

  • 'Alright! Don't lose your temper.'

    「承知しました。カッとなさらないでください。」

Sometimes we need to complain.

時には、苦情を言わなければならないこともありますよね。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 配達 怒ら 不満 very キレ 許せ

【BBC1分英会話】イギリス英語!丁寧に苦情を伝える方法

  • 5974 255
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 25 日
動画の中の単語