Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In theory, there are only four styles of parenting.

    理論的には、子育てのスタイルは4つしかありません。

  • Authoritarian parents are controlling and demand obedience without considering the child's

    権威主義的な親は、支配的で、子供のことを考えずに従順さを求めます。

  • point of view.

    の視点を持っています。

  • Permissive parents are loving, but don't exert any control.

    許してくれる親は、愛情はあるが、コントロールはしない。

  • There are no rules.

    ルールはありません。

  • Authoritative parents who are firm but loving.

    毅然とした態度で、しかし愛情を持って接してくれる権威ある親。

  • They encourage independence, within limits.

    限度を超えない範囲で自立を促す。

  • Neglecting parents are uninvolved and often uninterested in their own child.

    ネグレクトの親は、自分の子供には無関心であることが多い。

  • Recently a 5th style was proposed, but we will come back to that later.

    最近では第5のスタイルが提案されていますが、これについては後ほどご紹介します。

  • The styles range from controlling and demanding, to complete freedom; and from cold and unresponsive

    支配的で厳しいものから完全に自由なものまで、また、冷たく反応しないものまで、様々なスタイルがあります。

  • to loving and receptive.

    を愛し、受け入れることができます。

  • Each, authoritative, permissive, authoritarian and neglectful parents, have their place.

    それぞれ、権威的な親、寛容な親、権威主義的な親、放任主義的な親、それぞれの立場があります。

  • To understand what it means to grow up with parents from each end of the spectrum, we

    双方の両親のもとで育つことの意味を理解するため、私たちは

  • can imagine the lives of four children.

    は、4人の子供たちの生活を想像することができます。

  • Sara's parents are Authoritarian.

    サラの両親はAuthoritarian(権威主義)です。

  • They love their girl, but they believe that strict rules are important to make Sara become

    彼らは自分の娘を愛していますが、サラが成長するためには厳しいルールが重要だと考えています。

  • well behaved and fit into the society.

    お行儀よく、社会に溶け込んでいます。

  • If Sara cries, she's told to stop.

    サラが泣いたら「やめなさい」と言われる。

  • If she talks back, she is sent to the corner for timeout.

    口答えをすると、コーナーに送られてタイムアウトになります。

  • If she forgets to take care of her chores around the house, she is not allowed to play

    家事を忘れてしまうと、遊べなくなってしまうので

  • with her toys.

    おもちゃで

  • Sara learns that suppressing her emotions and following her duties is the way to get

    サラは、感情を抑えて職務に従うことが

  • through the day.

    一日中。

  • To get the love of her parents, and to avoid making them upset, she becomes obedient.

    両親の愛を得るために、そして両親を怒らせないために、彼女は従順になる。

  • However, because Sara was never allowed to decide for herself or follow her intrinsic

    しかし、サラは自分で決めることも、自分の本質に従うことも許されなかったので

  • interests, as an adult, she doesn't know what she really wants.

    しかし、大人になってからは、自分が何をしたいのかわからなくなってしまいました。

  • She begins living a life that seems perfect to her parents and society, but might leave

    両親や社会にとっては完璧とも思える生活を始めたが、それが仇となるかもしれない。

  • her unhappy on the inside.

    彼女の内面は不幸である。

  • Permissive parents , like those of Peter, love their little boy so much that they believe

    ピーターのような寛容な親は、自分の息子をとても愛していて、信じています。

  • they should fulfill all his wishes, give him full freedom and never sayno”.

    彼の希望をすべて叶え、自由を与え、決して「ノー」と言わないこと。

  • Peter enjoys full control over his parents and gets whatever he wants.

    ピーターは、両親を完全にコントロールし、欲しいものは何でも手に入れることができます。

  • If he doesn't want to walk, he'll be carried.

    歩きたくなければ抱っこしてもらう。

  • If he wants ice-cream, ice-cream he gets.

    アイスクリームが食べたいと言えば、アイスクリームが食べられる。

  • If he wants to play games, he'll be playing them all night.

    彼がゲームをしたければ、一晩中ゲームをしているだろう。

  • Peter grows up completely without borders and does whatever he thinks is right.

    ピーターは完全にボーダーレスに成長し、自分が正しいと思うことは何でもする。

  • He never coped with conflict and he did not learn to control his emotions.

    彼は対立に対処することができず、感情をコントロールすることもできませんでした。

  • The fact that he always got what he wanted made him a bad loser.

    欲しいものは必ず手に入れるという事実が、彼を悪い負け犬にしていたのだ。

  • As he grows older he often acts inconsiderate and doesn't know his limits.

    成長するにつれ、彼はしばしば思いやりのない行動をとり、自分の限界を知らない。

  • Arthur's Authoritative parents respect their child's needs, but believe that kids need

    アーサーの権威的な親は、子供のニーズを尊重しつつ、子供に必要なのは

  • freedom within certain limits.

    一定の範囲内での自由

  • Arthur can freely play, but when he's done, he needs to help tidy up.

    アーサーは自由に遊ぶことができますが、遊び終わったら片付けを手伝う必要があります。

  • He is allowed to eat ice cream, but only on Sundays.

    彼はアイスクリームを食べることを許されていますが、それは日曜日に限られています。

  • Screen-time is limited to 30 minutes a day.

    スクリーンタイムは1日30分までとします。

  • There may be conflict, but the parents listen to what Arthur has to say and then lay down

    衝突もあるかもしれませんが、親はアーサーの話を聞いてから横になります。

  • the rules.

    ルールに基づいています。

  • However, they don't give in, nor do they use rewards or punishments.

    しかし、彼らは屈服することもなく、報酬や罰を与えることもありません。

  • Arthur learns that some things are difficult, but his parents give him all the support he

    アーサーは、困難なこともあることを知っていますが、両親は彼を全力でサポートしてくれます。

  • needs to get through it.

    は、それを乗り越えなければならない。

  • He develops the strength to endure hardships and to continue following his interests and

    困難に耐える強さを身につけ、自分の興味のあることを続けていくことで

  • passions.

    の情熱を持っています。

  • In class he bravely expresses his own opinions in an appropriate manner.

    授業では自分の意見を勇気を持って適切に表現する。

  • During breaks he can show his emotions and act freely.

    休憩時間には、感情を表に出して自由に行動することができます。

  • As an adult he agrees to rules only after they have been discussed and he feels like

    大人になってからは、話し合った上でルールに同意し、自分の気持ちが

  • he understands them.

    彼はそれらを理解しています。

  • Neglectful parents are usually not present in their children's life.

    ネグレクトの親は、通常、子供の生活の中に存在しません。

  • Nora often feels completely alone in the world.

    ノラは、世界の中で完全に孤独だと感じることがよくあります。

  • She experiences full freedom to do anything she wants to and has plenty of imagination

    彼女は何でもできる自由を経験し、豊かな想像力を持っています。

  • , but she never receives any feedback, affection, love or even attention.

    しかし、彼女はフィードバックや愛情、愛、そして注目を受けることはありません。

  • Nora realizes that it doesn't matter what she does, because no one cares anyway.

    ノラは、自分が何をしても、誰も気にしてくれないことに気づく。

  • The lack of attention, leads to a lack of trust in herself and others.

    注意力の欠如は、自分と他人に対する信頼感の欠如につながる。

  • She becomes insecurely attached, unable to form healthy relationships and develops a

    不安定になり、健全な人間関係を築くことができず、彼女は

  • negative image of herself.

    自分に対するネガティブなイメージを

  • To stop feeling unworthy of love , she tries not to feel anything at all.

    愛するに値しないと感じるのをやめるために、彼女は何も感じないようにします。

  • In recent years, over-Involved parents, who are present in every aspect of their child's

    近年、子どものあらゆる場面に立ち会う「過干渉」の親が増えています。

  • life, are often referred to as the 5th style.

    の人生は、しばしば第5のスタイルと呼ばれています。

  • These parents are also known as 'snow plows', removing obstacles out of their kids' path,

    このような親御さんは、子供たちの行く手を阻む障害物を取り除く「除雪車」とも呼ばれています。

  • or 'helicopter' parents, who hover about and micro-manage every aspect of their child's

    あるいは「ヘリコプター」と呼ばれる親は、子供のあらゆる側面を監視し、細かく管理します。

  • life.

    の生活を送っています。

  • Since they won't let their children do anything alone, the children can't learn to overcome

    一人では何もさせてくれないので、子供は克服する力を身につけることができません。

  • challenges by themselves.

    自分たちでチャレンジしていく。

  • Research infers that these children don't like to solve difficult problems , lack perseverance

    このような子どもたちは、難しい問題を解くのが苦手で、忍耐力がないという研究結果が出ています。

  • and may even procrastinate in protest when something requires a lot of effort.

    努力が必要なことには、抗議して先延ばしにすることもあります。

  • Since most research on parenting is based on self-reports and was done in the US and

    子育てに関する研究の多くは自己申告に基づいており、アメリカで行われていたので

  • Europe, it is not clear how strong the observed effects will hold up in controlled observational

    ヨーロッパでは、観察された効果がコントロールされた観察結果でどれほど強く保たれるかは明らかではありません。

  • experiments or in other parts of the word.

    実験や他の部分でも、この言葉を使っています。

  • The four parenting styles were first introduced by Psychologist Diana Baumrind.

    4つの育児スタイルは、心理学者のダイアナ・ボームリンドによって初めて紹介されました。

  • For good parenting she advised: “balance of demandingness and responsiveness".

    良い子育てのために、彼女はアドバイスしました。"要求と応答のバランス」です。

  • Add to that the wise words of Maria Montessori toNever help a child with a task at which

    さらに、マリア・モンテッソーリの名言である「子どもが得意でないことを手伝ってはいけない」という言葉もあります。

  • he feels he can succeed.”

    彼は自分が成功できると思っている」。

  • and parents should probably do pretty well.

    と親はかなり頑張っているはずです。

  • What do you think?

    どうでしょうか?

  • Should parents resort to a specific style or should they decide what's best to do in

    親は特定のスタイルに頼るべきなのか、それとも何がベストなのかを決めるべきなのか。

  • a given situationas long as they don't neglect or abuse their child.

    育児放棄や虐待をしなければ、どんな状況でも良いのです。

  • To download this video without background music and learn more about the topic, visit

    このビデオをBGMなしでダウンロードしたり、トピックについてもっと知りたい方は、以下をご覧ください。

  • sproutsschools.com

    sproutsschools.com

  • For a free masterclass on attachment parenting, see the link in the descriptions below.

    アタッチメント・ペアレンティングに関する無料のマスタークラスについては、以下の説明にあるリンクを参照してください。

In theory, there are only four styles of parenting.

理論的には、子育てのスタイルは4つしかありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 権威 両親 アーサー サラ 子供 スタイル

5つの子育てスタイルとその人生への影響 (5 Parenting Styles and Their Effects on Life)

  • 9 2
    Summer に公開 2021 年 04 月 30 日
動画の中の単語