Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • China's Manned Space Agency is set to launch the first module of its permanent space station

    中国の有人宇宙機関は、恒久的な宇宙ステーションの最初のモジュールを打ち上げようとしている。

  • in low-earth orbit. Giving the International Space Station a neighbor. And it's working

    地球の低軌道にある国際宇宙ステーションの隣人になるそして、それは働いている

  • on a tight deadline, because once that rocket lifts off, the countdown begins. That's

    なぜなら、ロケットが打ち上げられた後、カウントダウンが始まるからです。それが

  • because the space agency hopes to finish the station by 2022, marking an ambitious plan

    2022年までにステーションを完成させたいという宇宙機関の野心的な計画があるからです。

  • to push the boundaries of the country's human spaceflight program.

    有人宇宙飛行計画の限界に挑戦するために。

  • China is no stranger to building space stations and this latest attempt will actually be its

    中国は宇宙ステーションの建設には慣れていますが、今回の試みは、中国にとっては実際に

  • third one. The country has launched two previous experimental space laboratories: Tiangong-1

    3つ目同国は過去に2つの実験的宇宙実験室を打ち上げている。天宮1号

  • and Tiangong-2. Translating toheavenly palace”, Tiangong-1 was the country's

    と「天宮2号」です。天宮1号は、「天国の宮殿」と訳される国の

  • first ever prototype space station that launched in 2011.The space station was in orbit for

    2011年に打ち上げられた史上初の試作宇宙ステーション。

  • a few years and even had multiple visits from Chinese astronauts known as taikonauts until

    数年前までは、太古飛行士と呼ばれる中国の宇宙飛行士が何度も訪れていました。

  • CMSA lost contact with it after a technical issue in 2016.

    CMSAは、2016年に技術的な問題が発生して連絡が取れなくなりました。

  • Eventually, Tiangong-1 had to come down, but no one knew exactly where it would land. Luckily

    結局、天宮1号は降りなければなりませんでしたが、どこに降りるのか誰にもわかりませんでした。運良く

  • for everyone, it re-entered over the Pacific Ocean in the spring of 2018. Their second

    には、2018年春に太平洋上に再突入しました。彼らの2回目の

  • attempt, Tiangong-2 was more successful, as it far surpassed its planned two-year lifespan.

    しかし、「天宮2号」の方が成功しており、予定していた2年間の寿命をはるかに超えています。

  • It was then deliberately deorbited in 2019 after giving the scientists the data they needed.

    その後、科学者たちに必要なデータを与えた後、2019年に意図的に脱着されました。

  • But now it's time for a new space station and it begins with the launch of the first

    しかし、今は新しい宇宙ステーションの時代であり、それは最初の

  • module, Tianhe-1. Translating tojoining of the heavens'', this core component is the

    モジュールである天河1号。天を繋ぐ」と訳されるこのコアコンポーネントは

  • most crucial part. It's the main living space and life support system that's designed

    最も重要な部分です。メインの居住空間であり、生命維持装置として設計されているので

  • for up to three astronauts for a stay of about six months. On top of that, the module will

    最大で3人の宇宙飛行士が約6ヶ月間滞在することができます。それに加えて、このモジュールは

  • also provide the propulsion and power element of the station.

    また、ステーションの推進力とパワーの要素も提供しています。

  • And while Tianhe-1 is the first module to launch, it won't be the last, as it's

    天河1号は最初に打ち上げられたモジュールですが、これが最後のモジュールではありません。

  • part of a multi-module space station design. The other components will be dedicated

    複数のモジュールで構成される宇宙ステーションのデザインの一部。他のコンポーネントは、専用の

  • to conducting science experiments in microgravity. But to complete the station, an additional

    微小重力下での科学実験のために。しかし、このステーションを完成させるためには、さらに

  • 11 flights are planned all throughout 2022. And well, that's already much less than

    2022年までに11回の飛行を予定しています。そして、それはすでに

  • the more than 30 missions it took to build the ISS over the span of a decade. So, talk

    10年間で30回以上ものミッションをこなしてきたISSの建設。だから、話

  • about crunch time. Now, as for its ride, Tianhe-1 will be launching

    臨界点に達した。さて、天河1号はどのようにして打ち上げられるのでしょうか。

  • on a Long March 5B rocket. It's China's latest version of its most powerful rocket,

    長征5Bロケットに搭載されました。これは中国の最も強力なロケットの最新版です。

  • the Long March 5 and can carry up to 25 metric tons of cargo into low-earth orbit. Standing

    長征5号」のように、地球低軌道に最大25トンの貨物を運ぶことができる。立ち上がり

  • at roughly 53 meters tall, the rocket is crucial to China's space program as it was designed

    高さ約53メートルのこのロケットは、中国の宇宙開発には欠かせないものであり、そのために設計されました。

  • specifically to haul the many components of its space station. So to launch these massive

    これは、宇宙ステーションの多くの部品を運搬するためのものです。ですから、これらの巨大なものを打ち上げるために

  • payloads, the rocket produces roughly 10,600 kilonewtons of thrust. That's thanks to

    ロケットの推力は、約10,600キロニュートン。これには

  • the rocket's two core engines powered by cryogenic liquid hydrogen and four strapon boosters.

    極低温の液体水素を動力源とする2基のコアエンジンと、4基のストラポンブースターで構成されています。

  • But what's unique about the Long March 5b rocket is that it doesn't have a second

    しかし、長征5号b型ロケットの特徴は、第2のロケットを持たないことです。

  • stage. So during launch, this means that the rocket's four strapon boosters are the ones

    ステージを使用しています。つまり、打ち上げ時には、ロケットの4本のストラポンブースターが

  • that provide most of the thrust at liftoff. After those engines detach, the core's main

    打ち上げ時の推力の大部分を担うエンジン。これらのエンジンが切り離された後、コアのメイン

  • engines take over and push the cargo into orbit for payload separation.

    エンジンが後を継いで、貨物を軌道上に押し上げ、ペイロードを分離します。

  • And because the rocket doesn't have reignitable engines, that means that the core will eventually

    また、このロケットには再燃焼可能なエンジンがないため、コアはいずれ

  • re-enter the atmosphere and, wait for it... in an uncontrolled way. And while you might

    大気圏に再突入して、待ってください...制御不能な方法で。そして、あなたはかもしれませんが

  • be worried about that happening in the future, newsflash, it's happened before. Back in

    将来的にそのようなことが起こらないか心配する必要はありません。驚くなかれ、それは過去に起こったことなのです。昔は

  • 2020, a Long March 5b core had an uncontrolled reentry over the Atlantic Ocean, allegedly

    2020年、長征5号bの炉心が大西洋上で制御不能の再突入をしたとされる

  • just missing New York City.

    ニューヨークを離れて

  • As for launch day, Tianhe will lift off from Wenchang Satellite Launch Center, on the island

    打ち上げ日には、天河は島にある文昌衛星発射センターから離陸します。

  • of Hainan. And this will be the first step, because after its launch, there will be a

    の海南省にあります。これが最初のステップで、発売後には

  • flurry of rockets just waiting to take to the skies to try and complete the station by the ambitious deadline, with taikonauts already training to head up to their new space

    野心的な期限までにステーションを完成させようと、空に向かってロケットが次々と打ち上げられ、太古の宇宙へ向かうための訓練もすでに行われています。

  • dwellings. Their launch dates are still unknown, but hey, better to be ready than never.

    の住人です。発売日はまだ未定ですが、準備万端であるに越したことはありません。

  • For more Countdown to Launch, check out our playlist here.

    発売までのカウントダウンについては、こちらのプレイリストをご覧ください。

  • Don't forget to subscribe, and if there's another

    購読をお忘れなく!また、次の作品があれば

  • launch you want to see us cover,

    打ち上げは、私たちがカバーするのを見たい。

  • let us know in the comments below.

    は、以下のコメント欄でお知らせください。

  • Thank you so much for watching,

    ご覧いただきありがとうございました。

  • and I'll see you next time on Seeker.

    と、次回のSeekerでお会いしましょう。

China's Manned Space Agency is set to launch the first module of its permanent space station

中国の有人宇宙機関は、恒久的な宇宙ステーションの最初のモジュールを打ち上げようとしている。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ステーション 宇宙 ロケット モジュール 上げ エンジン

中国の新しい宇宙ステーションは、地球の軌道上でISSと合流する (China’s New Space Station Will Join the ISS in Earth’s Orbit)

  • 2 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 27 日
動画の中の単語