Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If there's one generalization, we can hazard of those who end up mentally unwell.

    一般的に言えば、精神的に不調になってしまう人の危険性があります。

  • We could say that they are masters at being very nasty to themselves without noticing they are even being so.

    気づかないうちに自分に嫌な思いをさせている達人とも言えるでしょう。

  • Released from the grip of self-loathing, therefore has to start with a growing awareness of what we are doing to ourselves and what the alternatives might be.

    彼らは自己嫌悪からも解放されつつありますが、そのためには自分自身が何をしているのか、そしてその代わりに何ができるのかを意識することから始めなければなりません。

  • For example, we might start to notice that no sooner has something nice happened to us, that we set about wondering when something awful will strike in revenge.

    例えば、何かいいことがあっても、すぐに「いつ悪いことが起こるか」と考えてしまうようになったのです。

  • That every success has to be ruined by a feeling of foreboding and guilt, that every potentially pleasant day ends up marred by panic or a sense of loss,

    成功しても不吉な予感や罪悪感で台無しになり、楽しいかもしれない日もパニックや喪失感で損なわれ、

  • and that we spontaneously imagine that everyone must hate us and that the worst things are being said about us the moment we leave any room.

    誰もが自分を嫌っているに違いないと自然に想像し、部屋を出た瞬間に最悪のことを言われているような気がする。

  • None of this looks on the surface like self-hatred.

    どれも表面的には自己嫌悪には見えません。

  • We could just say that we have a worried mind or a regretful temperament, but it is useful to group these ideas under a singular title,

    私たちは、単に心配性の心を持っているとか、後悔している気質を持っていると言うこともできますが、これらの考えを一つのタイトルにまとめることが有効です。

  • in order to fully identify the direction in which they point towards the systematic destruction of any pleasure in being ourselves.

    それは自分自身であることの喜びを組織的に破壊しようとする方向性を完全に特定するためです。

  • Which is when we think about it, a very nasty thing indeed to do to someone without realizing it.

    考えてみれば、知らず知らずのうちに人にしてしまうことは、実に嫌なことです。

  • We are committed to throttling all of our chances at contentment at the earliest possible opportunity.

    しかし、

  • We might imagine, as an experiment, trying to be as kind as possible towards our own minds, rather than dragging in every last deformed and mean idea into the theater of consciousness.

    意識の劇場に、変形した意地悪なアイデアを片っ端から引きずり込むのではなく、自分の心にできるだけ親切にしてみよう、という実験的な試みです。

  • We could dare to be vigilant about only presenting our minds with the very kindest and most reassuring ideas.

    あえて、心に優しい、安心感のあるアイデアだけを提示するように心がけることができるのです。

  • The moment we left a room, we might be ruthless in preventing thoughts about our unacceptability from manifesting themselves in the usual way.

    部屋を出た瞬間、受け入れられないという思いがいつものように現れないように、非情になるかもしれない。

  • They might be begging to be let in and claiming all sorts of reasons why they should be so.

    非情にも「入れてくれ」と懇願したり、そうでなければならない理由をいろいろと主張したりするかもしれません。

  • But for once we could give them a firm no.

    しかし、今回だけはしっかりと断ることができました。

  • If they kept trying to make their way into our minds, we might put on a piece of music or do some gardening, anything other than allow destructive concepts to have their normal rule over us.

    もし彼らが私たちの心に入り込もうとするならば、私たちは音楽をかけたり、ガーデニングをしたりして、破壊的な概念に支配されないようにすることができるでしょう。

  • Where does this unconscious impulse to be unkind to ourselves come from?

    自分に優しくないという無意識の衝動はどこから来るのでしょうか。

  • How is the choice to torture ourselves made?

    自分を苦しめるという選択はどのようにしてなされるのでしょうか。

  • We can hazard another generalization.

    もう一つの一般論があります。

  • The way we treat ourselves is an internalization of the way others once treated us, either directly in the sense of how they spoke to us, or indirectly, in the sense of how they behaved around us,

    私たちが自分自身を扱う方法は、かつて他人が私たちを扱った方法を内面化したものです。直接的には、彼らが私たちにどのように話しかけたかという意味で、また間接的には、彼らが私たちの周りでどのように振る舞ったかという意味で、

  • which could have included ignoring us, or openly displaying a preference for someone else.

    私たちを無視したり、他の誰かを好んでいることを公然と示したりしたかもしれません。

  • To get a measure of where we stand on the spectrum of self love.

    自分が自己愛のスペクトラムのどの位置にいるのかを測るために。

  • We need only ask ourselves a very simple question that we have nevertheless ignored for far too long.

    私たちは、あまりにも長い間、無視されてきた非常にシンプルな質問を自分自身に投げかける必要があります。

  • "How much do I like myself?" if the answer immediately and intuitively comes back that we feel loathsome.

    直感的に「嫌だ」という答えが返ってきたら、どれだけ自分のことが好きなんだろう。

  • There's a history that we urgently need to consider and are conveniently for our self torturing minds, choosing to ignore the contempt we habitually show ourselves is in neither way fair nor right.

    私たちが緊急に考えなければならない歴史があり、私たちの自虐的な心に都合の良いように、私たちが習慣的に見せている侮辱を無視することは、決して公正でも正しいことでもありません。

  • We should spot the oddity, impartiality of treating ourselves with a viciousness we wouldn't accord to our worst enemies.

    自分を悪意を持って扱うことの妙、公平性を見抜くべきです。私たちは、最大の敵には協力しません。

  • People who commit suicide aren't those for whom a few things have gone very wrong.

    自殺する人は、何か大きな問題があって自殺するのではない。

  • They are people who have encountered some otherwise survivable reversals against a background of fierce self-hatred.

    彼らは、激しい自己嫌悪を背景に、生存可能な逆転現象に遭遇した人々です。

  • It is the self-hatred that will end up killing them, not the apparent subjects of their panic and sorrow.

    彼らを殺してしまうのは自己嫌悪であって、これまでのようにパニックや悲しみの対象が明らかになっているわけではない。

  • As ever, salvation comes through self awareness.

    救いは自己認識によってもたらされる。

  • There is nothing inevitable about self-hatred.

    自己嫌悪には何の必然性もありません。

  • We are treating ourselves unkindly because people were in the past not especially kind to us, and we are being touchingly yet dangerously loyal to their philosophies of derision.

    私たちが自分自身を不親切に扱っているのは、過去に人々が私たちに特別に親切ではなかったからであり、私たちは彼らの嘲笑の哲学に触れながらも危険なほど忠実である。

  • But if we are to stay alive, we need radically to redraw our moral code and return to kindness, the prestige that it should always have had.

    しかし、私たちが生き残っていくためには、モラルを根本的に見直し、優しさに、本来持っていたはずの威厳を取り戻す必要があります。

  • We have learned far too much about a lack of mercy, about panic, about self suspicion and finding oneself pitiful.

    私たちは、情けのなさ、パニック、自分を疑うこと、自分を哀れだと思うことについて、あまりにも多くのことを学んできました。

  • Now we need to rediscover the virtues of forgiveness, mercy, calm and gentleness.

    今、私たちは、赦し、慈悲、穏やかさ、優しさといった美徳を再発見する必要があります。

  • And when we panic and feel intensely anxious about the future, we need to remember that we are in essence worrying about our fundamental legitimacy and love ability.

    そして、私たちが将来に対してパニックになったり、強い不安を感じたりするときは、要するに自分たちの根本的な正統性や愛の能力を心配しているのだということを忘れてはいけません。

  • Our survival depends on a swift mastery of the art of self compassion.

    私たちの生存は、セルフ・コンパッションの技術を素早く習得することにかかっています。

  • Our online shop has a range of books and gifts that address the most important and often neglected areas of life, click now to learn more.

    私たちのオンラインショップでは、人生において最も重要でありながら、軽視されがちな分野に取り組む書籍やギフトをご用意しています。

If there's one generalization, we can hazard of those who end up mentally unwell.

一般的に言えば、精神的に不調になってしまう人の危険性があります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 自己 嫌悪 パニック 自身 無視 意識

自己肯定感を上げる!自分に優しくなれる方法

  • 659 53
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 10 日
動画の中の単語