Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It could seem odd, nowadays, to feel shame about one's interest in, or feelings about,

    今では、自分の興味や感情を恥ずかしいと思うことはおかしいかもしれません。

  • sex. As modern enlightened people, we're all meant to be extremely confident, well-adjusted

    セックス悟りを開いた現代人として、私たちは皆、非常に自信に満ちていて、うまく適応していることを意味しています。

  • and enthusiastic around the topic of sex.

    と言っています。

  • But far from it. Sexual shame has, in truth, never remotely gone away, for many of us be it is primarily

    しかし、そうではありません。性的羞恥心は、実際のところ、決して無くなったわけではありません。多くの人にとって、それは主に

  • a psychological, not some sort of political or religious problem.

    これは心理的な問題であり、政治的、宗教的な問題ではありません。

  • Our capacity to express our sexual selves confidently and happily, our ability to say

    自信を持って楽しく性的自己を表現する能力、次のような能力です。

  • what we want, to ask for it without embarrassment and quickly to leave situations where we are

    欲しいものは、恥ずかしがらずに求めて、すぐにその場を離れることができる。

  • unfulfilled or humiliated, all these are enormous psychological achievements.

    満たされていない、あるいは屈辱を感じている、これらはすべて巨大な心理的達成です。

  • They are also generally only available spontaneously to those who enjoyed highly supportive and

    また、彼らは一般的に、高度なサポートを受けて楽しんだ人たちが自発的に利用できるだけである。

  • emotionally evolved early environments. For us to be naturally sexually untroubled adults

    感情的に進化した初期環境私たちが自然にセックスに悩まない大人になるためには

  • requires that, way back, others (who were relaxed in their own selves) will have left

    は、昔、他の人(自分の中でリラックスしていた人)が残したものを

  • us feeling acceptable to ourselves: enjoying a sense that our bodies and their functions

    私たちは、自分自身が受け入れられると感じること、つまり、自分の体とその機能を楽しむことができます。

  • were natural and fine things, that we were not naughty or sinful for expressing curiosity

    は、自然で素晴らしいものであり、好奇心を表現することは、いたずらでも罪でもないと思っていました。

  • about our bodily pleasures, that it was OK to make mess every now and then - and that

    体の快楽について、たまには散らかしてもいいよね、とか

  • it was, for example, more than a good idea to be, at the age of two, properly delighted

    例えば、2歳の時には、きちんとした喜びを感じることができるようになっていました。

  • by the strange and wondrous existence of one's own bottom.

    自分の底にある奇妙で不思議な存在によって。

  • Sexual desire is one of the most personal and vulnerable things that we are ever called

    性的欲求は、私たちがこれまでに呼ばれた中で最も個人的で脆弱なものの一つです。

  • upon to express - and it exposes one to potentially momentous degrees of ridicule. As bullies

    表現しなければならないことがあり、それによって人は重大な嘲笑を受ける可能性があります。いじめっ子として

  • of all kinds have always known, if you want to destroy someone fast, shame them about

    誰かを早く破滅させたければ、その人に恥をかかせればいい、というのはあらゆる種類の人が知っていることだ。

  • their sexuality; they'll never have the self-confidence to challenge you again.

    彼らは自分のセクシュアリティに自信が持てず、二度とあなたに挑戦できないでしょう。

  • There are few things more deeply 'us' than our longing for sexual connection and

    性的なつながりを求めることほど、私たちにとって深い意味を持つものはありません。

  • therefore any feelings of unworthiness - any worries about how nice we are, how deserving

    そのため、価値のない感情、つまり、自分がどれだけ素晴らしいか、どれだけ価値があるかについての心配事は

  • we may be or how legitimate it is that we exist - have a sure habit of cropping up in

    私たちが何者であるか、あるいは私たちが存在することがどれほど正当であるか、ということは、必ずと言っていいほど

  • the bedroom and of destroying our ability to be straightforward and unconflicted sexual

    寝室では、私たちの素直な性交渉の能力を破壊することになります。

  • beings. To generalise crudely, if there is any danger of us feeling bad about ourselves,

    存在である。乱暴に一般化すると、私たちが自分のことを悪く思ってしまう危険性があるとすれば

  • we're going - by a psychological inevitability - to feel bad about ourselves and sex. What

    私たちは、心理的な必然性により、自分自身とセックスに対して嫌悪感を抱くようになります。何が

  • get called sexual problems - impotence, vaginismus, lack of desire, harmful addictions or a general

    性的問題と呼ばれる、インポテンツ、膣炎、欲望の欠如、有害な依存症、あるいは一般的な

  • fear of intimacy - are, first and foremost, always problems of self-hatred. As a rule

    親密さへの恐れは、何よりもまず、自己嫌悪の問題です。ルールとしては

  • one can't both hate oneself and be having a terrific time in bed.

    自分を嫌いになることと、ベッドの中で最高の時間を過ごすことは両立しない。

  • Beginning to repair the problem of sexual shame relies on a basic acceptance that the

    性的羞恥心の問題を解決するためには、「性的羞恥心がある」ということを基本的に受け入れることが必要です。

  • problem exists and that it has probably been playing havoc with our lives. We need to learn

    問題が存在すること、そしてそれが私たちの生活に大きな影響を与えていること。私たちが学ぶべきことは

  • to name and track the matter, to say to ourselves and then a few loved ones: I feel debilitating

    自分自身に、そして何人かの大切な人たちに言うために。私は衰弱している

  • shame around sex and that's OK. A commitment to change is what counts; despite all the

    性に対する羞恥心があってもいいと思います。変わることを約束することが大切です。

  • cheery suggestions to the contrary, a lot of us, women and men, are right now (as in

    それに反して、私たちの多くは、女性も男性も、今(というか今)は

  • the heyday of the Spanish Inquisition) walking the earth intensely ashamed of ourselves sexually

    スペインの異端審問の全盛期には、自分の性を強く恥じながら地球を歩いていました。

  • - not because what we want sexually is in any objective way 'bad' (that is, willingly

    - 性的に求めるものが客観的に見て「悪い」からではなく(つまり、喜んで

  • hurtful to someone else) but because our histories have predisposed us to feel so negatively

    誰かを傷つける)ではなく、自分の歴史がネガティブな感情を持つように仕向けているからです。

  • about our own selfhood.

    私たち自身の自己認識について

  • A central effect of sexual shame is to silence us. We are so embarrassed that we cannot even

    性的羞恥心の中心的な効果は、私たちを黙らせることです。恥ずかしさのあまり、私たちは

  • speak of our embarrassment. It is of huge importance therefore to dare to put our feelings

    恥ずかしいという気持ちを口にする。だからこそ、あえて自分の気持ちを伝えることがとても重要なのです。

  • into words and to seek out warm-hearted, broad-minded people with whom we can, in safety, finally

    言葉にして、安心して最終的に一緒にいられる、心の温かい広い人を探します。

  • admit to our inhibitions - and learn to see ourselves through more unbiased, non-judgemental

    抑制された自分を認め、より公平で偏見のない視点で自分を見ることを学びます。

  • and caring eyes. Through their love, we can hope to find a way to express what we desire

    と思いやりのある目。彼らの愛を通して、私たちは自分が望むものを表現する方法を見つけることを望むことができます

  • and who we are with a little less terror.

    恐怖心を抑えて、自分自身を見つめ直すことができます。

  • It's even a massive advance to stop imagining that sex can be uncomplicated for us - and

    私たちにとって、セックスが簡単なものであると想像するのをやめることは、大いなる進歩でさえあります。

  • simply to own up to the huge difficulties we have with it. Acknowledging that we can't

    そのためには、自分が抱えている大きな困難を認めることです。できないことを認めることは

  • feel about sex what we're mean to feel is the beginning of progress and liberation.

    私たちがセックスについて感じるべきことを感じることは、進歩と解放の始まりです。

  • To take a measure of how much shame we are carrying within us, we might along the way

    自分がどれだけ恥ずかしい思いをしているのかを測るために、私たちはその過程で

  • ask ourselves a few poignant questions to which we might not have pleasant answers:

    自分自身に問いかけてみてください。

  • How do you feel about your own body? How sorry do you have to feel for a person

    自分の体をどう思っているのか?人に対してどれだけ申し訳ないと思うか

  • having sex with you? Could someone know you sexually, properly

    あなたとのセックスは?誰かがあなたを性的に知っているかもしれません、ちゃんと

  • know you, and still like you?

    あなたのことを知っていて、まだ好きなの?

  • We - the ashamed ones - deserve to rediscover sex not as a zone of guilt and fear but as

    私たち、つまり恥じらいのある者は、セックスを罪悪感や恐怖のゾーンとしてではなく、次のように再発見するに値する。

  • an intensely fulfilling, innocent and in the profound sense 'fun' pastime, something

    非常に充実した、無邪気で、深い意味での「楽しい」娯楽であり、何かを

  • we truly deserve to enjoy in the same way that, despite early intimations to the contrary,

    私たちは、初期の段階ではそうではなかったにもかかわらず、同じように楽しむことができるようになりました。

  • we truly deserve

    私たちには本当に

  • to exist.

    が存在することになります。

It could seem odd, nowadays, to feel shame about one's interest in, or feelings about,

今では、自分の興味や感情を恥ずかしいと思うことはおかしいかもしれません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 性的 セックス 自身 恥ずかしい 感情 存在

性的羞恥心の克服 (Overcoming Sexual Shame)

  • 13 0
    Summer に公開 2021 年 04 月 14 日
動画の中の単語