Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • - How could he,

    彼は

  • - Possibly make,

    一体どうやって

  • - Such a wonder?

    こんな素晴らしいものを作った?

  • - [Woman] Pork Roast!

    [女性]ローストポーク!

  • - Well, I can tell you.

    教えましょう。

  • This here is actually a potato.

    これは、実はポテト。

  • I wrapped it with some thick cut bacon I had for tomorrow's breakfast.

    明日の朝食用に、手元にあった厚切りベーコンでくるみました。

  • It's what I call a Pseudo Pork Roast.

    名付けて、「なんちゃってローストポーク」。

  • - Did he say a potato?

    ポテトだって?

  • - A Pseudo?

    疑似?

  • - Pork Roast?

    ポークロースト?

  • - Hey, what's up guys.

    皆さん、こんにちは。

  • Welcome back to Anime with Alvin, where today, we're gonna be taking a look at the Gotcha Pork Roast from Food Wars.

    アニメ・ウィズ・アルヴィンへようこそ。今日は、『食戟のソーマ』の「なんちゃってローストポーク」を見てみましょう。

  • This is a potato.

    これはポテトです。

  • This is my hands.

    これは僕の手。

  • This is a nice potato.

    良いポテトですね。

  • I like this potato.

    このポテト、好きです。

  • Let's turn it into pork, little buddy.

    豚肉にしてしまいましょう。

  • So to start,

    まず、

  • I'm gonna cut these potatoes into pretty large chunks.

    このポテトを、ざっくりとぶつ切りにします。

  • You know, it doesn't have to be exact.

    正確じゃなくても良いです。

  • I do not know how to measure potatoes.

    ポテトの大きさの測り方なんて、分かりません。

  • We have some very, very large chunks.

    すごく大きいものが、いくつかありますね。

  • Now we're gonna take a steamer basket, put in a large stainless steel pot, fill it up with water and get all these little potato buddies in there.

    蒸しザルを、大きなステンレスの鍋に入れて、水を加え、切ったポテトを入れます。

  • Because we're gonna turn these into chunky mashed potatoes.

    ごろごろのマッシュポテトにします。

  • Now turning on the heat, get the water up to a simmer and let these guys steam, until they're completely tender, 15 to 20 minutes.

    火にかけて、水を沸かし、ポテトを蒸します。完全に柔らかくなるまで、15 ~ 20 分間くらいですね。

  • Plenty of time to finally chop up an onion.

    たくさん時間があるので、やっと玉ねぎを切れますよ。

  • My knife skills are definitely not as good as Yukihira Soma from the anime, but I will do my best.

    僕の包丁技は、アニメの幸平創真にはとてもかないませんが、ベストを尽くします。

  • These are two King trumpet mushrooms, very fibrous to soak up the fat, which are notorious for power struggles.

    これはエリンギです。繊維がたっぷりで、脂肪分をたっぷり吸いとります。それで、いがみ合っちゃうんですね。

  • I'm the King, I'm the King.

    「僕が王様だ」「僕が王様だ」

  • I will beat you and take your family.

    「お前に勝って、家族を奪ってやる」

  • Anyways, I'm also gonna give these a fine mince till they're really, really small, cause we don't want a big chunks of mushroom.

    さて、これを細かく切って、本当に小さくなるまで刻みます。大きなキノコの塊なんて、食べたくないですから。

  • We wanna nice meat like texture.

    お肉のような食感にしたいんです。

  • After that, we're gonna mince up two cloves of garlic.

    その後、にんにくを2かけ刻みます。

  • I'm putting them in a garlic press because I'm very lazy.

    僕は面倒くさがりなので、ガーリックプレスを使います。

  • And I like machines when they can do my work for me.

    僕の代わりに仕事をしてくれるマシンは、好きですね。

  • Now that your potatoes are steamed, I'm gonna check them with a pairing knife.

    ポテトが蒸し上がったので、果物ナイフで確認しましょう。

  • Oh, no resistance when stabbed, just like me.

    刺しても抵抗がありませんね。僕みたい。

  • And now, we're gonna take them off the heat.

    さて、火から下ろしましょう。

  • I'm gonna bring them to the worktop, so we can put them on the table.

    キッチンの天板に持って行って、テーブルに置けるようにします。

  • Let them cool off a bit, cause we're gonna peel them.

    皮をむくので、あら熱をとります。

  • But I don't have all day to peel potatoes like, some loser.

    でも、どこかの負け犬みたいに、1 日中ポテトの皮むきをする時間はありません。

  • So I'm just gonna use what they do in the anime.

    だから、アニメでやっているとおりにします。

  • So a wave of a hand, watchu!

    手を振って、シュッ!

  • All the potatoes are peeled.

    ポテトの皮が、全部むけました。

  • Yo, you're not a loser, If you peel your potatoes with your hand, sorry about that.

    手でポテトの皮むきをしても、負け犬なんかじゃありませんよ。すみません。

  • After the potatoes are peeled, I'm gonna transfer them into a large mixing bowl, where I'm going to start to mash them.

    ポテトの皮がむけたら、大きなボウルに移して、マッシュします。

  • This is a Japanese wooden pestle, made out of bamboo.

    これは日本の、木製の乳棒で、竹でできています。

  • Not sure if it's Amazon, but works really well, just like Soma uses it in his recipe.

    アマゾンで買ったものか知りませんが、すごく上手くできます。創真がレシピで使っているみたいに。

  • All right, now that these are mashed and chunky, I wanna start cooking the mushrooms and onions.

    ごろごろにマッシュできたので、エリンギと玉ねぎを料理していきます。

  • Get a large carbon steel wok, over high heat.

    大きな炭素鋼の中華鍋を強火にかけます。

  • Couple of tablespoons of butter.

    バターを大さじ 2 杯。

  • I like butter.

    バター、好きですね。

  • And the mushroom, ah, sorry.

    それから、エリンギ。すみません、

  • These are actually onions.

    玉ねぎですね。

  • Now the mushrooms go in, gonna stir fry these, get a nice color on the outside.

    次にエリンギを入れます。炒めて、外側が良い色になるようにします。

  • And then we're gonna add the garlic, and cook these until they get a nice brown color all around the outside.

    そして、にんにくを加え、外側が均等に茶色になるまで炒めます。

  • Great, now that they're all done, I'm gonna transfer this mixture into the potatoes, put on some gloves and it look really cool with them on.

    できました。これをポテトの中に入れて、手袋をつけましょう。すごくクールですね。

  • Sprinkle some salt from a very high altitude.

    高い位置から塩を振りかけます。

  • And vigorously, need the mixture to develop the potato starch so that it gives it a firmer, more meat like texture.

    勢いよく混ぜます。でんぷんが出て、しっかりとした、肉のような食感になります。

  • And after that, I'm going to take a large sheet of saran wrap, put a big chunk of potato.

    それからサランラップを大きめに切って、ポテトの塊を置きます。

  • This is now my potato baby, wrap up the potato baby.

    ポテトの赤ちゃんですね。これをくるみます。

  • I wanna name this baby.

    名前をつけたいですね。

  • You shall be called, Bob.

    ボブにしましょう。

  • We're gonna twirl Bob, and roll him around onto the table until he looks like, wow, this looks like, just a big potato now.

    ボブをくるくると回して、テーブルの上で転がします。大きなポテトのように見えますね。

  • Bob is a nice potato.

    ボブは良いポテトですよ。

  • Now, Bob is gonna go in the fridge.

    さて、ボブを冷蔵庫に入れます。

  • While Bob is chilling out, we're going to lay down two sheets of plastic wrap onto which we're gonna shingle some nice thick center cut bacon.

    ボブが冷える間、ラップを敷いておきます。センターカットの厚切りベーコンを並べましょう。

  • Gently lay the strips of bacon down.

    ベーコンを丁寧に置いていきます。

  • So bacon is what's used in this recipe, because Soma apparently only had bacon as the meat source because he went grocery shopping earlier that morning.

    このレシピでは、ベーコンが使われます。創真は、その日の朝に食料品の買い物に行って、ベーコンしか肉がなかったみたいですね。

  • So we're gonna do the same.

    僕たちも、同じようにします。

  • Approximately, 5 x 9, should be the right shape for us.

    大体、5 枚x9 枚の大きさが良いでしょう。

  • Oops, just kidding.

    冗談です。

  • I meant eight and now above is fully chilled.

    8 枚と言うつもりでした。さて、ボブがよく冷えました。

  • We're gonna slowly twirl them out.

    ゆっくりと回して、取り出します。

  • Sorry, Bob, and gently lay him down onto this bed of beautiful bacon.

    ごめん、ボブ。そしてボブを、このきれいなベーコンのベッドに寝かせます。

  • Just kidding, 7 x 5.

    いや、7 枚x5 枚ですね。

  • I put too much bacon on this.

    ベーコンを置きすぎました。

  • And now, besides the bacon will be gently caressed onto Bobs face.

    さて、ボブの顔を、ベーコンで優しく包みます。

  • Oh, this is a lot of bacon.

    ベーコンが多いですね。

  • Bob is a bigger baby than we thought.

    ボブは、思ったより大きい赤ちゃんです。

  • So we're gonna have to put another strip of bacon to seal up his butt, to get Bob snug in a bacon rogue.

    もう 1 枚ベーコンを置いて、ボブのお尻を隠しましょう。ベーコンの中で、心地よくさせてあげましょう。

  • We're gonna use a technique used in Beef Wellington, which is using the plastic wrap and wrapping it up around his small body.

    ビーフウェリントンで使われるテクニックを活用します。ラップを使って、ボブの小さな体をくるみます。

  • So Bubs headed into the freezer to set up for about 10 minutes.

    ボブを冷凍庫に入れて、10 分ほどかためます。

  • During which time, we're gonna lay out a couple of links of butcher's twine, so as he comes out, you can tie him up like the, like the bad boy he is.

    その間、たこ糸を 2 本ほど準備しておきます。ボブが出てきたら、悪い子だと言って縛りますよ。

  • Now we're gonna take him out, and lay him gently on the bed of butcher's twine, so we can tie him up, very gently though.

    ボブを取り出して、よりひものベッドに優しく寝かせましょう。縛りますよ。でも、すごく優しくね。

  • I'm not Christian Grey.

    僕はクリスチャン・グレイじゃないですから。

  • We're tying it up just to the bacon in place.

    縛るのは、ベーコンが動かないようにするためだけです。

  • Very loosely.

    すごく緩くしましょう。

  • Do you wanna learn how to tie a butcher's knot?

    肉の縛り方を学びたいですか?

  • Watch a YouTube video, that's what I did.

    YouTube でビデオを見てみてください。僕はそうしました。

  • I'm gonna stem off these loose edges.

    端っこは切っておきます。

  • I don't want them getting all over the meat and just a couple more knots and we have a nice tight up Bob.

    肉にまとわりつくのは嫌ですからね。あと 2 回ほど結べば、縛ったボブのできあがりです。

  • Good job, Bob.

    頑張ったね、ボブ。

  • The next step, is to bring in some Rosemary, which should cut into little pieces, and slide them right underneath the butcher's twine.

    次に、小さく切ったローズマリーを、ひもの下に入れ込みます。

  • So it's gently caressing and perfuming the bacon.

    ローズマリーがベーコンを優しく包んで、香り付けします。

  • Nice, now we're gonna put Bob into a 400 degree oven for around 30 minutes until the bacon is crisp, and everything smells amazing.

    それから、ボブを華氏400度のオーブンに入れて、ベーコンがカリカリになり、良いにおいがするようになるまで、約30分焼きます。

  • (whispering) Wow.

    (ひそひそ声)わあ。

  • Now we're gonna let Bob rest, for about 10 minutes.

    10分ほど、ボブを休ませましょう。

  • Perfect amount of time to make a red wine sauce.

    赤ワインソースを作るのに、完璧な時間です。

  • Into a hot pan, we're gonna dump into 150 ml of a dry red wine, 75 ml of a sweet sake, and 10 ml of soy sauce.

    熱したフライパンに、150mlの辛口の赤ワイン、75mlの甘口の酒、10mlの醤油を入れます。

  • Give that a nice whisk, until everybody's combined, and we're gonna let them reduce until it's a nice syrup.

    全てが混ざるまでよくかき混ぜて、シロップになるまで加熱します。

  • We're gonna turn the heat all the way down.

    火は弱火まで落としましょう。

  • We're gonna add some cold butter.

    冷たいバターを加えます。

  • This is called mounting the sauce and we're going to whisk rigorously, until it butter is emulsified and the sauce is glossy.

    これはソースのマウンティングと言われるもので、バターが乳化され、ソースにつやが出るまで、勢いよく混ぜます。

  • And we're going to keep this warm, until we're ready to use.

    準備ができるまで、温かい状態にしておきましょう。

  • Meanwhile, Bob is begging to be released from his knots.

    その間、ボブが「たこ糸を解いて」と頼んでいますね。

  • So I'm gonna untie him, and we're gonna transfer him slowly onto a plate.

    では、たこ糸を解いて、お皿にゆっくりとのせましょう。

  • Yatah!

    やった!

  • We're gonna smother this all over with our red wine sauce.

    これを、赤ワインソースでたっぷりと覆います。

  • Ooh, that looks good.

    ああ、おいしそう。

  • I need that.

    食べたい。

  • (whispers) Nice.

    (ひそひそ声)良いですね。

  • And to finish, were gonna garnish with a little bit of watercress, just to be healthy.

    最後に、クレソンを少し飾りましょう。ヘルシーになるようにね。

  • And there you have it, The Gotcha Pork Roast from Shokugeki no Soma

    できました。『食戟のソーマ』の「なんちゃってローストポーク」です。

  • I'm gonna cut him open just take a look at that cross section.

    断面を見るために、切てみましょう。

  • just take a look at that cross section.

    断面を見ますよ。

  • Ooh, look at that steam out.

    ほら、この蒸気を見てください。

  • Ah, yes, that looks just like the anime.

    アニメのとおりですね。

  • Pretty cool.

    すごい。

  • I could have ended this, and give it a try.

    ここで終えて、食べても良かったのですが。

  • Get some of that wine sauce, all over the bacon.

    ワインソースを、ベーコンにしっかりかけましょう。

  • Oh, struggling a little bit.

    ちょっと難しいですね。

  • And it turned out really good.

    すごくおいしいですね。

  • It didn't trick me into thinking it was pork but, I think it would make a great side for a steak dinner.

    豚の肩肉とは間違えませんでしたが、ステーキディナーにぴったりのサイドディッシュになると思います。

  • And the red wine sauce, really adds.

    それから、赤ワインソースがすごく風味を足しています。

  • - Dude. Alvin, what are you doing?

    よお、アルヴィン。何してるの?

  • It's three in the morning.

    朝の3時だけど。

  • - What else? I'm cooking.

    他に何がある?料理してるんだよ。

  • - You're in my house, man.

    きみは僕の家にいるんだよ。

  • - But I made you a Pork Roast.

    でも、ローストポーク作ったよ。

  • - Oh, if you made me a Pork Roast I'm gonna try some obviously, we'll address the whole how you got in here, later.

    僕にローストポークを作ってくれたのなら、もちろん食べてみるよ。きみがどうやってここに入ってきたかについては、後で話し合おう。

  • It's pretty good Pork Roast, dude.

    すごくおいしいローストポークだね。

  • - Gotcha! It's not Pork.

    よっしゃ!豚肉じゃないんだよ。

  • It's potatoes.

    ポテトなんだ。

  • Happy April Fools.

    エイプリルフール、やったね。

  • - Wow. Yeah, you really fooled me.

    えっそうなの。本当にだまされたよ。

  • So do you have a key or something?

    で、鍵か何か持ってるの?

  • Uh, anyway, see you later, dude, bye.

    ああ、まあ、また後で。じゃあね。

  • - Well, I'm certainly not gonna let this delicious Potato Pork loaf go to waste.

    このおいしいポテトローストポーク、無駄にはしないぞ。

  • Not in my house.

    僕の家ではね。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

- How could he,

彼は

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ポテト ボブ ベーコン ロースト ソース すごく

漫画・食戟のソーマに出ていた料理を作ってみた!

  • 351 20
    13 に公開 2021 年 04 月 28 日
動画の中の単語