Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • So it all started with me having the 42nd and 44th volume of Naruto twice in my collection.

    そもそものきっかけは、私が『NARUTO』の42巻と44巻を2回ずつ持っていたことでした。

  • So I did what any other reasonable person would do.

    そこで私は、他の合理的な人がするであろうことをしました。

  • I destroyed it.

    壊してしまいました。

  • Yeah, Yeah.

    うん、うん。

  • A lot of people on Instagram were asking me what material did I used to make the individual pages stick to the wall?

    インスタグラムで多くの人が、「個々のページを壁に密着させるためにどんな素材を使ったのか?

  • I used glue pants that actually turned out to be super useful.

    接着剤を使用したパンツは、実際には超便利なものでした。

  • And I didn't even have to use up.

    しかも、使い切る必要もありませんでした。

  • Half of the pack have only, like, 22 of these left, so I won't be able to do the entire wall.

    半分のパックには、これが22個しか残っていないので、壁全体にはできません。

  • Because for that, I would have to destroy more manga, which I don't have twice.

    だって、そのためにはもっとマンガを壊さないといけないし、2回も持っていないんだから。

  • So I think I think what I'm gonna do I'm just gonna put the last column right here.

    そこで、私は最後の列をここに置くことにしました。

  • Just so there's, like, more manga next to the framed art piece.

    額装されたアート作品の横に、さらにマンガがあるようにね。

  • Yeah, and yeah, that's kind of it.

    そうですね、そういうことですね。

  • I honestly already love how it looks.

    正直なところ、もう見た目が気に入っています。

  • And one last column is good enough for me.

    そして、最後のコラムは、私にとって十分なものです。

  • Well, there we go.

    さあ、これでいいのだ。

  • I guess this is my Oh, my God, this is huge.

    これは私のOh, my God, this is hugeですね。

  • Let me show you guys a closer look.

    もっと近くで見てみましょう。

  • Okay, so it starts there above my door and then it goes all the way all the way down.

    なるほど、ドアの上から始まって、ずっとずっと下まで続いているんですね。

  • By the way, if you guys could have noticed, this is like a bigger piece.

    ところで、皆さんもお気づきだと思いますが、これはもっと大きな作品のようです。

  • This is actually thinking.

    これは実際に考えています。

  • Let me take that away.

    それを取り除いてみましょう。

  • Oh, boom.

    ああ、ブームだ。

  • That's how big this piece is.

    それくらい、この作品は大きいのです。

  • This is something that my brother gave me for Christmas.

    これは兄がクリスマスにプレゼントしてくれたものです。

  • I think it fits so perfectly here.

    ここでは、それがとてもぴったりだと思います。

  • But anyways, this is my manga wall.

    でも、とにかく、これが私のマンガの壁です。

  • I'm gonna show you guys my favorite pages.

    私のお気に入りのページを皆さんにお見せします。

  • So here we have you guys seen Arthur Shepherd.

    さて、今回はアーサー・シェパードをご紹介します。

  • And this is the scene where cutting or whatever her name is she, like, has this healing power, right?

    このシーンでは、カッティングや彼女の名前が何であれ、彼女が癒しの力を持っていますよね?

  • And she lets sauce k bite her arm and then she starts.

    そして、ソースKに腕を噛ませてからスタート。

  • She makes a very interesting sound.

    彼女はとても面白い音を出します。

  • Hi, Erica.

    こんにちは、エリカさん。

  • They're right next to this landscape of the Hidden Village.

    この「隠れ里」の風景のすぐそばにあります。

  • I don't know.

    わからないですね。

  • It's so cool.

    かっこいいですよね。

  • This is such a cool picture.

    これはとてもクールな写真です。

  • And of course we've got We've got sauce k over here.

    そしてもちろん、ここには「ソースK」があります。

  • Saskia bleeding.

    Saskiaの出血。

  • Then up there, you see that legendary scene with Itachi and Sasuke?

    そしてその上には、イタチとサスケの伝説的なシーンがありますよね?

  • I literally got so lucky that the two manga volumes that I had twice were actually like like mangoes that have really cool moments like look at this.

    幸運なことに、私が2回持っていた漫画の2巻は、まるでマンゴーのように、「これを見てください」というような、とてもクールな瞬間があるものでした。

  • Look at that this killer be making his appearance for the first time when we have all these frogs here, Kasami right here.

    見てください、この殺人鬼が初めて登場するのは、ここにカエルがいっぱいいるときですよ。

  • It's just like you could look at this wall for like, it touches gain just so I could literally go all day, show you guys cool pictures on this wall.

    この壁を見ていると、一日中、この壁に貼ってあるクールな写真を見せられそうな気がしてくるんですよ。

  • Okay?

    いいですか?

  • There's one last place where I need to put the last the last piece of manga, and it's it's right there, like, I don't know if you guys can see it, but it's like here on the on the corner of the wall, there's a little blank triangle.

    最後の最後のマンガを置かなければならない場所があるんですが、それは、皆さんに見えるかどうかわかりませんが、壁の角にある小さな空白の三角形です。

  • So thankfully, I have one more Naruto page.

    ということで、ありがたいことにNARUTOのページが1つ増えました。

  • And even though it pains me to do this, I have to, you know, I have to cut it so it fits.

    痛みを伴いますが、フィットするようにカットしなければならないのです。

  • There we go.

    これでいい。

  • Okay, so now that I've actually completed and show you guys my Mongol, I thought that I might as well give you guys a full tour of my room since it's been quite a while since I've given you guys an update on my living conditions.

    さて、実際にMongolを完成させて皆さんにお見せすることができたので、私の生活状況を皆さんにお伝えするのはかなり久しぶりになるので、私の部屋を完全にご案内しようと思いました。

  • Hi, I'm TV.

    Hi, I'm TV.

  • Welcome to my crib.

    私のクリブへようこそ。

  • Okay.

    なるほど。

  • I'm sorry.

    申し訳ありません。

  • I just always wanted a fancy intro for a room tour.

    ただ、部屋の見学には派手なイントロが欲しいと思っていました。

  • So Hopefully you guys enjoyed that.

    楽しんでもらえれば幸いです。

  • So I guess the first new thing since my last room tour is this huge wardrobe slash manga shelf here on the top.

    前回のルームツアーからの最初の新しい出来事は、この巨大なワードローブとマンガの棚ですね。

  • I've got my only to pop vinyls because I don't actually enjoy pop vinyls that much.

    私は、実はポップス系のレコードはそれほど好きではないので、ポップス系のレコードだけを持っています。

  • But I bought these my first anime convention ever.

    しかし、私はこれを初めてのアニメコンベンションで購入しました。

  • Back when there were conventions.

    コンベンションがあった頃。

  • I made a video solely about my manga collection, like one or two years ago.

    1~2年前に、自分の漫画コレクションだけを紹介するビデオを作ったことがあります。

  • But since then my collection has definitely grown.

    しかし、それ以来、私のコレクションは確実に増えています。

  • So I've got some guns here in check as well as Buckman in Spanish, I think which, by the way, Buckman is one of my favorite.

    だから、ここにある銃をチェックしたり、バックマンをスペイン語で書いたりしています。

  • An Emese.

    An Emese。

  • Then, of course, my favorite childhood manga series, Naruto, as well as Kakashi Sensei's book Paradise, which I wonder, I wonder what's in that book.

    それから、もちろん子供の頃に大好きだった漫画シリーズの「NARUTO」や、カカシ先生の「楽園」という本は、「あの本には何が書いてあるんだろう?

  • I started collecting Naruto volumes as soon as the first volume came out in the Czech Republic, which was in the year 2011.

    私がNARUTOの巻物を集め始めたのは、2011年にチェコで第1巻が発売されてすぐのことでした。

  • Then up here I have some series that either don't have as many volumes as Naruto or guns or I just have, like, one volume of the whole series.

    そしてここには、NARUTOやガンダムのように巻数が少ないシリーズや、全シリーズを1巻ずつしか持っていないシリーズがあります。

  • So, for example, I've got Goblin Slayer here in Chinese, which is only six volumes than another one of my all time favorite manga.

    例えば、「ゴブリンスレイヤー」の中国語版がありますが、これは私が昔から好きな漫画の一つである「ゴブリンスレイヤー」とは6巻しか違いません。

  • So another whoremonger in Japanese, which is which is only four volumes just really a lot of random volumes from different series.

    そのため、日本語では「もうひとつの娼婦」と呼ばれていますが、これはたった4巻で、さまざまなシリーズの巻物をランダムに集めたものです。

  • And then up here I've got my Shinjuku inoculation also all in check some random bleach volumes, which I didn't even read because I have no idea what bleach is.

    そしてここでは、新宿の予防接種を受けて、ブリーチの巻物をランダムにチェックしています。

  • One of the things that I actually didn't tell you guys is that one of the reasons why I converted my wall into a manga wall is because before that I had a lot of anime posters there for at least, like four or five years.

    実は皆さんにお伝えしていなかったのですが、自分の壁をマンガの壁に変えた理由の一つは、それまで少なくとも4、5年はアニメのポスターがたくさん貼ってあったからです。

  • I just kinda got bored of it.

    ただ、ちょっと飽きちゃったんだよね。

  • I didn't really like how it looked anymore.

    もう見た目はあまり好きではありませんでした。

  • Plus, I don't really watch anime anymore.

    それに、最近はアニメもあまり見なくなりました。

  • If anything, I read manga because it's one of the ways of how I learn languages, because every single monitor that I have here is like in a different language.

    どちらかというと、言語を学ぶ方法のひとつとして漫画を読んでいます。なぜなら、ここにあるモニターはすべて異なる言語のようなものだからです。

  • But also, if you guys are wondering why I didn't show you guys the whole process of me, like putting every single page on the wall and just like struggling with it, that's because I did it spontaneously.

    でも、もし皆さんが、私がすべてのページを壁に貼って悩んでいる過程をなぜ見せないのかと思っているなら、それは私が自発的にやったからです。

  • It was just like one evening.

    ある晩のことのようだ。

  • I thought you know what?

    私はあなたが何を知っているかと思った。

  • I have these two extra volumes.

    この2つの増刊号を持っています。

  • Maybe it would look cool on my wall instead of on my shelf where I already have those two volumes.

    その2冊がすでにある棚ではなく、壁に飾るとかっこいいかもしれませんね。

  • I did absolutely, spontaneously.

    絶対に、自発的にやった。

  • It took me like, I don't know, maybe, like, 30 minutes to do it.

    30分くらいでできたかな。

  • And then when only the lower part was left unfinished, my sister told me, Hey, why don't you film that I was like, Oh, I could actually make video out of that.

    そして、下の部分だけが未完成になったときに、姉から「ねえ、これ撮ってみたら?

  • So basically, this video wouldn't be possible without my sister.

    ですから、基本的には、このビデオは私の妹なしでは成り立ちません。

  • So link in the description and also at the very bottom of the manga shelf.

    だから説明文の中にリンクがあり、また漫画棚の一番下にもリンクがあります。

  • I have my language learning books.

    私は語学学習の本を持っています。

  • This is a Yankee textbook for Japanese, and then here I have the home.

    これはヤンキーの日本人向けの教科書で、ここには家庭があるのです。

  • Well, these are my also kanji kanji notebooks that I used in China to memorize different characters and different different vocabulary.

    さて、これは私が中国で使っていた漢字や語彙を覚えるための漢字ノートでもあります。

  • And I've got my h S K textbooks, which I didn't open yet because when I was in China, when I was doing my HSC five exam, I was using different textbooks than these.

    また、H S Kの教科書も持っていますが、これはまだ開いていません。というのも、中国でHSCの5つの試験を受けていたときには、これとは違う教科書を使っていたからです。

  • But when I came back to the Czech Republic, I thought, you know, I might as well check this out because they might be useful.

    しかし、チェコに戻ってきたときに、これは使えるかもしれないから調べてみようと思ったのです。

  • Then it really nifty book for my grandpa about all sorts of writing systems.

    その後、私の祖父のために、あらゆる種類の文字体系についてのとても素晴らしい本を作りました。

  • This literally means 5000 years of writing or like a script.

    これは文字通り、5000年分の文字や台本のようなものを意味します。

  • So we've got the evolution of Chinese and Hindi, higher cliffs and all sorts of all sorts of cool stuff.

    中国語やヒンディー語の進化、高い崖など、様々な種類のクールなものがあります。

  • Then I've got my H escape vocabulary books, some light novels and Chinese.

    あとは、Hな逃避行用の単語帳や、ライトノベル、中国語など。

  • This is my Portuguese book that I use right now in college to learn Portuguese.

    今、大学でポルトガル語を学ぶために使っているポルトガル語の本です。

  • The next to that there's my closet.

    その隣には、私のクローゼットがあります。

  • Now here's the big revelation, guys.

    さて、ここで大きな発見がありました。

  • It's my hoodie collection.

    私のパーカーコレクションです。

  • It's all of my buddies.

    私の仲間たち全員です。

  • It's literally only and all my buddies, I suppose.

    文字通りのオンリーワンであり、すべての仲間であると思います。

  • I suppose I should show you guys at least a couple of my favorites.

    私のお気に入りをいくつか紹介しておきましょう。

  • So this is one of my go to black hoodies with pink sleeves, and this video is from Turkey.

    これは、私のお気に入りの黒のパーカーにピンクの袖をつけたもので、このビデオはトルコのものです。

  • It's from the brand that Felix and Marzia have together.

    フェリックスとマルツィアが一緒に持っているブランドのものです。

  • I've got two purple.

    紫を2つ持っています。

  • He's one of them is this one which I'm not really sure where I got, but I think maybe in China I'm not really sure I really like the color.

    これはどこで買ったのかよくわからないのですが、たぶん中国で買ったのではないかと思います。

  • That's what I dig the most about is the color is is the best and the sleeves also, the sleeves are pretty cool.

    私が最も気に入っている点は、色が最高であることと、袖がとてもクールであることです。

  • This is my second purple hoodie, this one I definitely got in China in a store called Pulling Bear Pulling Beer.

    これは私にとって2枚目の紫のパーカーで、これは間違いなく中国の「Pulling Bear Pulling Beer」という店で手に入れたものです。

  • I'm not really sure.

    あまりよくわかりません。

  • Well, the store's name is, but it's a really, you know, I really dig the color once again.

    お店の名前ですが、この色をもう一度見てみたいと思いました。

  • It's a really cool hoodie.

    本当にかっこいいパーカーですよね。

  • Super comfy, super cozy would recommend Bada bing Bada Boom.

    超快適、超居心地がいい......Bada bing Bada Boomをお勧めします。

  • This is my favorite yellow hoodie.

    大好きな黄色のパーカーです。

  • I have two yellow hoodie is one of them is only like a plain yellow with with no designs.

    私は黄色のパーカーを2枚持っていますが、1枚は何のデザインもないただの黄色です。

  • This one has some Chinese characters written on the sleeves not only Chinese characters, but also like normal letters and some some other motives.

    これは、袖に漢字が書かれているのですが、漢字だけではなく、普通の文字のようなものや、何かのモチーフが書かれています。

  • It's a really cool hoodie.

    本当にかっこいいパーカーですよね。

  • The thing is right.

    事は正しい。

  • I have all of these really cool hoodies, but I basically don't go outside, so there's no reason for me to wear all of this.

    こんなにかっこいいパーカーを持っていても、基本的に外に出ないので、こんなものを着る理由はありません。

  • Oh, who could forget?

    ああ、誰が忘れることができようか。

  • Who could forget?

    忘れるわけがない。

  • Boom.

    ブーム。

  • This is also one of my go to black hoodies is the hoodie from the It's George's merch.

    これも私のお気に入りの黒のパーカーは、It's George'sのマーチのパーカーです。

  • Basically, it's George's murder here, as you can see, run on the back.

    基本的には、ここではジョージの殺人で、見ての通り、背中に走っています。

  • It has that lava hand.

    その溶岩の手を持っています。

  • I love Georgie.

    私はジョージーが大好きです。

  • Georgie was one of my favorite artists.

    ジョージーは私の大好きなアーティストの一人でした。

  • And run is one of my favorite songs.

    そしてrunは私の好きな曲の一つです。

  • So yeah, this this city was a no brainer when he announced that there's going to be run merch.

    そうそう、このこの街は、ラン・マーチが出ると発表した時点で、もう間違いない。

  • Definitely.

    間違いない。

  • This city is also really good for running.

    また、この街はランニングにも適しています。

  • I'm not sure, though.

    よくわかりませんけどね(笑)。

  • I never I never ran in it because I don't I don't do sports.

    私はスポーツをしないので、走ったことはありません。

  • Of course, that I have one more here that was on my door.

    もちろん、ここには私のドアにあったもう一つのものがあります。

  • Hell, yeah.

    そうですね。

  • If there's something you guys need to know about me, is that I love hoodies.

    皆さんに知っておいていただきたいことは、私はパーカーが大好きだということです。

  • But there's one thing that I love more about hoodies, oversized hoodies.

    でも、パーカーの中でもオーバーサイズのパーカーの方が好きなものがあります。

  • This is like I love especially black oversized hoodies.

    これは私が特に黒のオーバーサイズのパーカーを愛しているようなものです。

  • This is a really cool motive right here on the back.

    これは、背面のここにある本当にクールな動機です。

  • There's the big wave and yeah, those are all my buddies.

    ビッグウェーブがあって、そう、あれはみんな僕の仲間なんだ。

  • I mean, not all of them I have way more, but these were kind of the most exciting.

    すべてではなく、もっとたくさん持っていますが、これらは最もエキサイティングなものでした。

  • My favorite ones, at least.

    少なくとも、私のお気に入りのものは。

  • Yeah, that's my hoodie collection, boys.

    ああ、これが俺のパーカーコレクションだ、お前ら。

  • All right, let us let us go to the next part of the room, then up here on this little shelf, I've got my favorite manga volumes because I got them as a gift.

    さて、部屋の次の部分に行ってみましょう。この小さな棚の上には、プレゼントでもらったお気に入りの漫画の巻物があります。

  • And then we've got the creation station, the place where all the magic happens here in this little shelf.

    そして、この小さな棚の中ですべての魔法が起こる場所、クリエイション・ステーションがあります。

  • I used to have manga, but now I just have these, like Brazilian comics that I used to practice my Brazilian Portuguese as well as easy to read kids fairy tales.

    以前は漫画を持っていましたが、今はブラジルのポルトガル語を練習するためのブラジルの漫画や、読みやすい子供向けの童話などがあります。

  • I guess I've got all of this from my childhood in Brazil.

    これらはすべて、ブラジルでの子供時代に得たものだと思います。

  • So I'm really happy that I still have them and that I can use them right now to, like, just, like practice my reading comprehension in Portuguese because they're really easy to read their fun to read.

    今でもこの本を持っていて、ポルトガル語の読解力を鍛えるために使うことができるのは本当に嬉しいです。

  • And it reminds me of my childhood two and then boom.

    そして、子供の頃の2とブームを思い出す。

  • Probably the place where I spend most of my time when I'm just, like, hanging out in my room.

    たぶん、自分の部屋でくつろいでいるときに、一番多くの時間を過ごす場所だと思います。

  • That is my PC, my streaming station.

    それが私のPCであり、私のストリーミングステーションです。

  • My machine, My go to is probably where I spent most of my time during the day just behind the computer, editing or streaming or studying whatever.

    私のマシン、私の行きつけの場所は、おそらく1日のうちで最も多くの時間をコンピュータの前で過ごし、編集やストリーミング、勉強などをしていた場所です。

  • I was just like looking at my computer, thinking of what else I could say about it.

    私はまるでパソコンを見ながら、他に何か言えないかと考えていました。

  • And I got this like d m.

    そして、この「d m」のようになった。

  • Hey, man, I'm from Brazil.

    おいおい、俺はブラジルから来たんだぜ。

  • Could you tell me how to cut your hair.

    髪の切り方を教えてください。

  • What?

    何?

  • Well, I don't know.

    まあ、わからないですね。

  • Maybe, Like, um, like Like scissors.

    たぶん、あの、ハサミのように。

  • Yeah.

    うん。

  • And now for the big revelation.

    そして、ここで大きな発見があります。

  • My most favorite part of my room is here.

    私の部屋で一番好きなのはここです。