Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • God.

    神様。

  • Welcome to watch Mojo is the verdict, the series where we tackle the biggest debates in pop culture and put them to rest today we'll be deciding once and for all is Godzilla.

    Mojo is the verdict」へようこそ。このシリーズでは、ポップカルチャーにおける最大の論争に取り組み、それらを終結させます。

  • A good guy is uniquely prepared to determine which of these titans are here to threaten us.

    どの巨人が我々を脅かすために来たのかを見極めるには、優秀な人材が最適です。

  • He's a Simon guardian, a watchful protector.

    彼はサイモンの守護者であり、見守る保護者でもある。

  • Remember, Like any high profile court case, there are strong arguments to be made on both sides.

    注目を集める裁判のように、双方に強い主張があることを忘れてはいけません。

  • If you disagree with our verdict, be sure to state your case in the comments below, Let's dive in.

    もし、私たちの評価に同意できない場合は、以下のコメント欄にご意見をお寄せください。

  • Oh, but first, a spoiler warning is in effect.

    あ、でもその前に、ネタバレ注意です。

  • As the most popular and arguably first Kaiju in cinematic history, Godzilla casts a massive shadow with 36 films to his name and counting.

    映画史上最も人気があり、間違いなく最初の怪獣であるゴジラは、36作品を数え、巨大な影を落としています。

  • Godzilla truly earns his title as the King of the Monsters King.

    ゴジラはまさにKing of the Monsters Kingの称号にふさわしい。

  • But while Monster typically has a negative connotation, Godzilla is an official cultural ambassador of Shinjuku.

    怪獣というとネガティブなイメージがありますが、ゴジラは新宿の公式文化大使です。

  • Tokyo Mayor Ken Ichi Yoshizumi has called the character quote the pride of Japan kind words for a creature that levels cities.

    東京都の吉住健一市長は、このキャラクターを「日本の誇り」と呼んでいます。 都市を破壊する生き物にしては優しい言葉ですね。

  • But such is the duality at the heart of this debate.

    しかし、それはこの議論の中心にある二重性です。

  • You're carrying me five.

    あなたは私を5人で運んでいます。

  • Godzilla is an instantly recognizable pop culture icon.

    ゴジラは一目でわかるポップカルチャーのアイコンです。

  • But is he the good guy?

    しかし、彼は善人なのか?

  • Let's consider the evidence.

    根拠を考えてみましょう。

  • I got boxes.

    箱をもらった。

  • It takes evidence.

    それには証拠が必要です。

  • Other documents proving it.

    それを証明する他の文書

  • Changing allegiances.

    忠誠心の変化

  • When Toho first unleashed Godzilla upon the world, he was portrayed as a creature of senseless destruction.

    東宝が初めてゴジラを世に送り出したとき、ゴジラは無意味な破壊の生き物として描かれていました。

  • A villain.

    悪役ですね。

  • Mhm.

    ムムム。

  • To understand Godzilla's early years, you have to consider Japan's then recent history, namely the nuclear devastation they experienced during World War Two.

    ゴジラの初期を理解するためには、第二次世界大戦で核の被害を受けた当時の日本の歴史を考慮する必要があります。

  • And so the first Godzilla film, released in 1954 introduced the massive reptile is being born of American nuclear tests.

    そして、1954年に公開された第1作目のゴジラは、アメリカの核実験によって巨大な爬虫類が生まれたことを紹介している。

  • He was the fear, anxiety and fallout of nuclear weapons personified.

    彼は、核兵器の恐怖、不安、放射性降下物を体現していた。

  • Okay, Twister.

    よし、ツイスター。

  • Uh huh.

    そうですね。

  • God told me to motto.

    神様が「モット」と言ってくれました。

  • There is a trend in pop culture, however, in which villains who find lasting popularity risk being recast as an ally or anti hero.

    しかし、ポップカルチャーの世界では、永続的な人気を得た悪役は、味方やアンチヒーローとして再設定されるリスクがあるという傾向があります。

  • Come with me if you want to live, It's okay, Mom.

    生きていたいなら一緒に行こうよ」「大丈夫だよ、ママ。

  • He's here to help.

    彼は助けに来てくれた。

  • Okay, Sure enough, in 1960 four's Ghidorah, the three headed monster, the fifth film in the franchise, Godzilla became an unlikely savior.

    案の定、1960年4月に公開された第5作『ギドラ』では、ゴジラは意外にも救世主となった。

  • Since then, the films have more often than not pitted him against a variety of worst Kaiju.

    それ以来、映画では様々な最悪の怪獣と対戦することが多くなりました。

  • Against this slew of mutual threats, Godzilla and humankind found themselves allies.

    互いの脅威に対して、ゴジラと人類は同盟関係を築いた。

  • The hero worship of Godzilla began in earnest.

    ゴジラの英雄崇拝が本格的に始まったのである。

  • He became the People's Kaiju People's champion.

    怪獣ピープルのチャンピオンになった。

  • Mhm sounds pretty good to me.

    Mhmは私にとってかなり良い音です。

  • Motives?

    動機は?

  • Yeah, that's true.

    ええ、そうですね。

  • I think she wants a motive.

    彼女は動機を求めているのだと思います。

  • Godzilla has saved the day more than once, but what drives him?

    幾度となく危機を救ってきたゴジラだが、その原動力は何なのか?

  • Has he developed a relationship with humanity and taken it upon himself to serve as our Titan protector?

    人類との関係を深め、自ら巨人の守護者となったのか。

  • Or is he simply committed to keeping other Kaiju down?

    それとも、他の怪獣を抑えることに専念しているのか?

  • Revisiting Godzilla's actions, it's incredibly difficult to discern whether he bristles at Kaiju attacking humans or whether he simply takes issue with any show of force from another.

    ゴジラの行動を見直すと、怪獣が人間を襲うことに抵抗があるのか、それとも単に他人が力を行使することに抵抗があるのか、判別が非常に難しいです。

  • Kaiju.

    Kaiju.

  • Yeah, mhm, yeah, mhm.

    ええ、ええ、ええ、ええ。

  • Mm.

    ん。

  • As with any long running franchise, the character's motivations have evolved over time.

    長く続いているフランチャイズと同様に、キャラクターのモチベーションは時間とともに進化しています。

  • Surveying his career after 1964 however, a relatively consistent pattern emerges.

    しかし、1964年以降の彼のキャリアを調べてみると、比較的一貫したパターンが浮かび上がってくる。

  • He does not attack individual humans unless provoked, but he also does not go out of his way to protect them.

    挑発されない限り個々の人間を攻撃することはないが、わざわざ人間を守ることもしない。

  • That was interesting, same right.

    面白かったですね、同じ右です。

  • This leads to the conclusion that Godzilla's motivations are not altruistic but rather self serving.

    このことから、ゴジラの動機は利他的なものではなく、利己的なものであるという結論に至る。

  • Godzilla appears to be single mindedly focused on defeating those he views as being a threat to his status as Earth's Alpha, being classic dominant alpha territorial behavior, collateral damage.

    ゴジラは、地球のアルファとしての地位を脅かすものを倒すことに一心不乱になっているように見えるが、これは古典的な支配的アルファの縄張り行動であり、コラテラル・ダメージである。

  • This is war, peacock.

    これは戦争だ、ピーコック。

  • Casualties are inevitable.

    犠牲者が出ることは避けられない。

  • You cannot make an omelet without breaking eggs.

    卵を割らないとオムレツは作れません。

  • Every cook will tell you that.

    料理人なら誰でもそう言うでしょう。

  • But look what happened to the coke.

    しかし、コークはどうなったか。

  • Sometimes doing the right thing is destructive.

    正しいことをすることが破壊につながることもある。

  • Just ask Superman in his fellow heroes, How many buildings have they totaled?

    スーパーマンや仲間のヒーローに聞いてみましょう。

  • In the name of the greater good, the greater good.

    大義名分のために、大義名分のために。

  • While a superhero throw down is invariably messy, the good guys consistently make compromises in battle to minimize loss of life.

    スーパーヒーローの戦いは必ずと言っていいほど混乱を招くものですが、善人たちは常に犠牲者を最小限に抑えるために戦いの中で妥協を重ねます。

  • You need men in these buildings.

    これらの建物には男性が必要です。

  • There are people inside and they're gonna be running right into the line of fire.

    中には人がいて、すぐに戦線に駆け込んでくるだろう。

  • You take them to the basement or through the subway, you keep them off the streets.

    彼らを地下や地下鉄に連れて行き、路上に出さないようにするのです。

  • In contrast, Godzilla seems wholly focused on the task at hand.

    それに対して、ゴジラはただひたすらに仕事に集中している。

  • Property damage and casualties be damned.

    物的損害や死傷者が出ても大丈夫。

  • Yeah, You know, in any Kaiju brawl, the blame is hard to place.

    そう、怪獣の喧嘩は責任の所在がはっきりしないものなのだ。

  • When two giant creatures are pushing each other around, who destroyed which building doesn't really matter, Everything fades together to simply become their environment.

    2つの巨大な生物がお互いに押し合っているとき、誰がどの建物を破壊したかは重要ではなく、すべてが一緒に消えて、単に彼らの環境になる。

  • Uh huh.

    そうですね。

  • Looking at the destruction caused by these battles, however, once again underlines Godzilla's priorities.

    しかし、これらの戦闘による破壊を見ると、ゴジラの優先順位が改めて浮き彫りになります。

  • There is no effort on his part to minimize collateral damage.

    巻き添えを最小限にしようとする努力がないのだ。

  • Whatever the battleground.

    どんな戦いの場でも

  • Everything around him becomes a tool in service to his quest for dominance over his foe.

    彼の周りにあるすべてのものが、敵を支配するための道具となります。

  • Good thing he's on our side.

    彼が我々の味方でよかった。

  • For now, the ends versus the means.

    とりあえず、目的対手段。

  • Godzilla's bill for collateral damage is high, but it pales in comparison to the potential destruction caused by other Kaiju.

    ゴジラの巻き添え代は高いが、他の怪獣による破壊の可能性に比べれば大したことはない。

  • Should he not intervene?

    介入してはいけないのか?

  • Sure, his throw down with Fedora in their 2019 battle destroyed a massive portion of Boston.

    確かに、2019年の戦いでのフェドラとの投げ合いは、ボストンの大部分を破壊しました。

  • But there's nothing to suggest that God or a would have stopped there after awakening the other Titans, this three headed Kaiju could have and likely would have brought about the end of civilization as we know it.

    しかし、神やAが他の巨人を覚醒させた後、そこに留まっていたとは思えない。この三頭身の怪獣は、私たちが知っているような文明の終焉をもたらしたかもしれないし、おそらくそうなっていただろう。

  • Godzilla's methods leave much to be desired, but at the end of the day, his actions avert disaster of a larger scale.

    ゴジラのやり方には疑問が残るが、最終的には彼の行動が大規模な災害を回避することになる。

  • It's easy to lay 50% of the destruction at his feet when he's using that atomic breath and throwing Muto's around.

    アトミックブレスを使い、武藤を投げ飛ばしている彼の足元には、破壊の原因の50%があると言っても過言ではない。

  • But arguably everything that he destroys would have been destroyed by the other Kaiju.

    しかし、彼が破壊するものは、間違いなく他の怪獣が破壊していたはずです。

  • His acts of destruction served to mitigate greater potentially limitless destruction, acceptable losses in the battle to save the planet.

    彼の破壊行為は、無限に広がる可能性のある破壊を緩和するためのものであり、地球を救うための戦いにおける許容できる損失である。

  • There's actually a term for this concept, and it's called the Godzilla threshold.

    実はこの考え方には用語があり、「ゴジラ閾値」と呼ばれています。

  • I shall never cross this threshold again in my lifetime.

    私が生きている間に、この敷居をまたぐことはないだろう。

  • Me neither.

    私もです。

  • The enemy of my enemy.

    私の敵の敵。

  • They say that the enemy of your enemy is your friend.

    敵の敵は味方」と言います。

  • But does that make them a good guy?

    しかし、だからといって、彼らは良い人なのでしょうか?

  • You let me is my friend.

    You let me is my friend.

  • The world of comic books is rife with examples of sworn enemies calling a truce in the face of a mutual threat.

    コミックの世界では、宿敵同士がお互いの脅威に直面して休戦する例が数多く見られます。

  • Batman and Joker, Superman and Lex Luther.

    バットマンとジョーカー、スーパーマンとレックス・ルーサー。

  • When such allegiances are formed, this is an opportunity to find common ground.

    そのような忠誠心が生まれたときは、共通の話題を見つけるチャンスです。

  • Oh, my God, what's that?

    ああ、これは何だ?

  • It's bigger Jaws.

    ジョーズの方が大きいです。

  • Oh, my God.

    なんてこったい。

  • Now we have a common enemy.

    今、私たちは共通の敵を持っています。

  • We have to work together.

    一緒に頑張らないとね。

  • Even when the parties go their separate ways and maybe even return to their combative ways, There's a newfound understanding, if not respect.

    別々の道を歩むことになっても、もしかしたら元の喧嘩腰に戻ってしまっても、そこには尊敬とまではいかなくても、新たな理解があります。

  • When this is over, it's back to business as usual.

    これが終われば、いつも通りの生活に戻ります。

  • Wouldn't have it any other way.

    他の方法では得られない。

  • The thing is, Godzilla's apparent truce with humanity is never negotiated.

    問題は、ゴジラが人類と休戦しているように見えても、交渉が成立していないことだ。

  • There are no terms in attacking Kaiju.

    怪獣を攻撃するのに条件はありません。

  • Godzilla and humankind find a common enemy.

    ゴジラと人類は共通の敵を見つけた。

  • Godzilla's efforts to destroy the Kaiju benefit humanity.

    ゴジラが怪獣を破壊することで、人類に利益をもたらす。

  • And when Godzilla is in peril, humanity may even go out of their way to lend him support.

    そして、ゴジラが危機に瀕したとき、人類はわざわざ応援に駆けつけることもある。

  • Mhm, yeah, all right.

    Mhm, yeah, all right.

  • Godzilla, for his part, however, never appears to make any compromises in the name of humanity.

    しかし、ゴジラは、人間のために妥協することはないのです。

  • The benefits humans enjoy are a byproduct of his goals, not something that factors into his navigation of the conflict.

    人間が享受する利益は、彼の目標の副産物であり、彼が紛争を解決するために必要なものではありません。

  • So you'd want to make Godzilla our pet.

    だから、ゴジラをペットにしたいと思ってしまう。

  • No, we would be hit the surprise witness.

    いや、サプライズの目撃者に当たることになる。

  • Public perception, Your Honor, I object.

    公共の認識、裁判長、私は反対します。

  • And why is that, Mr Reid?

    それはなぜですか?

  • Because it's devastating to my case.

    なぜなら、それは私の場合、壊滅的だからです。

  • Overruled.

    却下されました。

  • Good call.

    グッドコール

  • Like beauty, Good guy status is largely in the eye of the beholder.

    美しさと同じように、Good guyのステータスは見る人の目に大きく左右されます。

  • Public perception is arguably more powerful than the actions upon which it's based.

    世間の認識は、それに基づく行動よりも強力であると言っても過言ではありません。

  • Who the hell are you?

    あなたは一体何者?

  • Mhm.

    ムムム。

  • We're the good guys.

    我々は善人だ。

  • For better or worse, Godzilla status as a good guy needs to take into account how he's been represented both in the world of the films and by cinema goers looking at the history of the character he has inspired both fear and hope.

    良くも悪くも、ゴジラが善人であるということは、映画の世界で、そして映画ファンが、ゴジラというキャラクターが恐怖と希望の両方を与えてきた歴史を振り返ったときに、どのように表現されてきたかを考慮する必要があります。

  • The franchise began with Godzilla being feared and maligned.

    このフランチャイズは、ゴジラが恐れられ、悪者にされることから始まった。

  • But as occurs in most of its individual instalments at the end of the day, Godzilla has people cheering for him.

    しかし、それぞれの作品に共通しているのは、最終的にはゴジラを応援する人がいるということです。

  • Yeah, he might not show up for the parade, but we throw it anyway before we continue.

    ああ、彼はパレードに現れないかもしれないが、とにかく続ける前に投げるんだ。

  • Be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    私たちのチャンネルを購読し、ベルを鳴らすと、最新のビデオについての通知を受けることができますので、ぜひご利用ください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    その時々の映像だけを通知するか、すべての映像を通知するかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定で「通知」をオンにしておきましょう。

  • The verdict.

    評決の様子。

  • Yeah, What's the verdict?

    ああ、その結果は?

  • Humanity may celebrate him, but Godzilla is not a good guy.

    人類は彼を祝福するかもしれないが、ゴジラは善人ではない。

  • Here's the thing, though.

    しかし、ここからが本番です。

  • He's not the bad guy, either.

    彼も悪者ではない。

  • And I say, Sandy, if you are a bad guy, but this does not mean you're bad guy Godzilla is, quite simply, a force of nature.

    そして私は、サンディ、あなたが悪人であるならば、しかし、これはあなたが悪人であることを意味するものではないと言います。ゴジラは、簡単に言えば自然の力です。

  • He is no more a bad guy than a hurricane or tornado.

    彼は、ハリケーンや竜巻よりも悪者ではありません。

  • He's destructive and causes loss of life, but he's just playing his part in a larger system.

    彼は破壊的で人命を奪うが、大きなシステムの中で自分の役割を果たしているだけだ。

  • In the monster verse films, his role as an agent of balance has been made more explicit than ever.

    モンスターヴァースの映画では、バランスを取る役割がこれまで以上に明確になりました。

  • I believe he's here to restore balance When you think of the quintessential good guy in popular media, there is typically an element of self sacrifice in the name of others.

    彼はバランスを取り戻すために来たのだと思います。一般的なメディアに登場する典型的な善人といえば、他人のために自己を犠牲にするという要素があります。

  • There is a commitment to a larger cause and an attachment to the concept of right and wrong, brightest a blackest night.

    そこには、大きな目的へのコミットメントと、最も暗い夜に明るい、善と悪の概念への執着があります。

  • No evil fell escape by side.

    災い転じて福となす。

  • Godzilla doesn't check any of these boxes.

    ゴジラはそのどれにも当てはまらない。

  • He is a lion protecting his place as the leader of his pride.

    彼は、自分のプライドのリーダーとしての地位を守るライオンです。

  • The effects Godzilla has upon humanity, good or bad, do not matter to him.

    ゴジラが人類に与える影響は、良いものであれ悪いものであれ、彼にとっては問題ではありません。

  • So why do we see him the way we do?

    では、なぜ私たちは彼をそのように見るのでしょうか?

  • He's a Simon guardian, a watchful protector.

    彼はサイモンの守護者であり、見守る保護者でもある。

  • Easy.

    簡単です。

  • We're a narrative society.

    私たちは物語のある社会です。

  • Stories help us make sense of the world and have dating back thousands of years, beginning, beginning of everything.

    物語は私たちが世界を理解するのに役立ち、何千年も前にさかのぼり、すべてのものの始まりとなっています。

  • The hero is perhaps the oldest and most easily identifiable figure, And so when a character like Godzilla saves us, we naturally associate him with the archetype of the good guy.

    ゴジラのようなキャラクターが私たちを救ってくれると、私たちは自然に彼を善人の典型として連想します。

  • But what he represents is something larger.

    しかし、彼が表しているのはもっと大きなものです。

  • Godzilla is more akin to a God than anything else.

    ゴジラは、何よりも神に近い存在です。

  • And so our attraction to Godzilla as a figure speaks to something primal, a need to project intention onto the chaos of the natural world, like we did with the Greek and Norse gods of old gods, Gods.

    そして、私たちがゴジラという存在に惹かれるのは、ギリシャや北欧の古い神々「Gods」のように、自然界の混沌に意図を投影したいという、原始的なものに通じるものがあるのではないでしょうか。

  • Godzilla is an inherently dangerous entity that, like the elements we hope, will act in our favor, and we celebrate whenever he does long left thinking.

    ゴジラは本質的に危険な存在であり、私たちが望む要素のように、私たちに有利に働くように作用し、彼が長い左思考をするたびに私たちは祝福する。

  • Do you agree with our picks.

    あなたは私たちの選択に賛成ですか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    この他にもWatch Mojoの最新クリップをチェックして、ぜひ購読してベルを鳴らして、最新のビデオについてお知らせしてください。

  • Nothing.

    何もない。

  • Yeah, nothing.

    ええ、何もありません。

God.

神様。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 WatchMojo ゴジラ 怪獣 破壊 人類 守護

ゴジラはヒーローなのかヴィランなのか? (Is Godzilla a Hero or Villain?)

  • 9 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 26 日
動画の中の単語