Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • ♪ ♪ ♪ >> Stephen: HEY, WELCOME BACK,

  • EVERYBODY.

    EVERYBODYです。

  • HE IS AN EMMY AND PEABODY AWARD-WINNING DIRECTOR WHO HAS

    エミー賞やピーボディ賞を受賞している監督であり

  • BEEN MAKING DOCUMENTARY FILMS THAT YOU KNOW AND LOVE FOR OVER

    は、皆さんが知っているドキュメンタリー映画を作ってきました。

  • 40 YEARS.

    40年目。

  • HIS LATEST IS A THREE-PART SERIES ON ERNEST HEMINGWAY.

    最新作は、アーネスト・ヘミングウェイに関する3部構成のシリーズです。

  • PLEASE WELCOME BACK TO "A LATE SHOW," KEN BURNS!

    A LIGHT SHOW」に戻ってきてくれたKEN BURNSさんを歓迎します。

  • KEN, IT'S GOOD TO SEE YOU.

    kenさん、お会いできて嬉しいです。

  • >> IT'S GREAT TO SEE YOU, STEPHEN.

    >> お会いできて嬉しいです、ステファン。

  • THANKS FOR HAVING ME.

    私を受け入れてくれてありがとう。

  • >> Stephen: I WANT TO GET INTO THIS HEMINGWAY THREE-PART

    >> スティーブン:このヘミングウェイ3部作に参加したい。

  • DOCUMENTARY.

    DOCUMENTARY.

  • I HAVE SEEN THE FIRST FOUR HOURS SO FAR, AND IT'S INCREDIBLY

    私はこれまでに最初の4時間を見ましたが、信じられないほどの

  • MOVING AND BEAUTIFUL AND REMINDS YOU OF WHAT A GIANT THE MAN IS

    感動的で美しく、この男がいかに巨大な存在であるかを思い出させてくれます。

  • ON PAGE AND IN HIS OWN MIND, IN MANY WAYS.

    ページ上で、そして彼自身の心の中で、様々な意味で。

  • >> YES.

    >> YES。

  • >> Stephen: I'VE BEEN FASCINATED WITH HEMINGWAY FOR

    >> スティーブン:私はヘミングウェイに魅了されてきました。

  • YEARS.

    年です。

  • AS A MATTER OF FACT, ON THE OLD SHOW, I TRIED TO GET TO THE

    実は、昔の番組では、私はこの番組に出ようとしました。

  • HEART OF HIM RIGHT HERE.

    彼の心はここにある。

  • I DON'T KNOW IF YOU'RE FAMILIAR WITH THIS PORTRAIT OF ME.

    この私の肖像画をご存知かどうかはわかりません。

  • PAPA COLBERT RIGHT THERE.

    パパ・コルバートはそこにいる。

  • THIS IS, OF COURSE, THIS IS SORT OF THE MYTHOLOGIZED HEMINGWAY.

    これは、もちろん、神話化されたヘミングウェイのようなものです。

  • >> YES.

    >> YES。

  • >> Stephen: HOW-- HOW DO YOU-- HOW DO YOU GET PAST THE

    >> Stephen: どうやって、どうやって、どうやって、その先にあるものを手に入れるのか。

  • MYTHOLOGIZED VERSION OF HIM OF THE MAN'S MAN, BIG-GAME HUNTER,

    神話化された彼は、男の中の男、ビッグゲーム・ハンターの姿をしていました。

  • SPORTSMAN, WARRIOR, LOVER?

    スポーツマン、戦士、恋人?

  • AND WHEN YOU GET THROUGH TO IT, IS THAT GUY STILL REALLY IN

    そして、それを突き詰めていくと、その人はまだ本当に

  • THERE?

    そこですか?

  • >> YEAH, IT'S GOOD.

    >>ええ、いいじゃないですか。

  • I MEAN, HE WAS ALL OF THOSE THINGS, AND IN OUR FILM, I

    つまり、彼はそれらすべてを兼ね備えていたのですが、私たちの映画では

  • CODIRECT WITH LYNN NOVICK, HE WAS A DEEP SEA FISHERMAN, HE WAS

    リン・ノヴィックとの共同監督、彼は深海の漁師で、彼は

  • A BIG-GAME HUNTER.

    大物ハンターである。

  • HE LIKED TO BRAWL AND DRINK, AND HE LOVED NATURE.

    喧嘩と酒が好きで、自然を愛していました。

  • HE WAS A GREAT OUTDOORSMAN, AND YET, WHEN HE BECAME THE MOST

    彼は偉大なアウトドアマンであったが、彼が最も

  • FAMOUS WRITER SINCE MARK TWINE IN THE 19th CENTURY,

    19世紀のマーク・トワイン以来の著名な作家。

  • ARGUABLY THE GREATEST WRITER OF THE 20th CENTURY IN AMERICA,

    20世紀のアメリカで最も偉大な作家であることは間違いない。

  • HE HELPED ESTABLISH THIS UNBELIEVABLE PERSONA OF THAT

    彼は、その信じられないようなペルソナを確立するのに貢献しました。

  • MACHO GUY, AND HE'S NOT.

    マッチョな男、ではありません。

  • IT IS MUCH MORE COMPLICATED.

    それはもっと複雑です。

  • IN THE LETTERS, YOU CAN HEAR VULNERABILITY.

    の文字の中には、脆弱性の声が聞こえてきます。

  • YOU CAN HEAR ANGER.

    怒りの声が聞こえてきそうですね。

  • YOU CAN HEAR CONFUSION.

    混乱の声が聞こえてきます。

  • YOU CAN HEAR A KIND OF ANXIETY ABOUT THINGS.

    といった不安の声が聞こえてきそうです。

  • AND IF YOU LOOK AT HIS WRITING, HE IS OFTEN PARROTING THE VERY

    と、彼の文章を見てみると、まさにオウム返しになっていることが多いのです。

  • PERSON THAT HE IS, WHETHER IT'S FRANCIS McCULL MER, IN THE

    その人がどんな人であっても、それがFRANCIS McCULL MERであっても、その人の中の人であっても。

  • "SHORT HAPPY LIFE FRANCIS McCULLMER," HE IS OFTEN MAKING

    "SHORT HAPPY LIFE FRANCIS McCULLMER "をよく作っていました。

  • FUN OF AND REOEALING IN STARTLING WAYS BOORISH BEHAVIOR

    驚くような方法で揶揄したり、再現したりする野暮な行動

  • ON THE PART OF MEN.

    男性側の

  • IT'S IMPOSSIBLE TO DISMISS ERNEST HEMINGWAY, BECAUSE THE

    アーネスト・ヘミングウェイを否定するのは不可能です。

  • BODY OF WRITING IS SO GREAT.

    文章の体裁はとても素晴らしい。

  • HIS LIFE, HIS BIOGRAPHY IS THE SAME THING HE SAID IT SHOULD

    彼の人生、彼の伝記は、彼が言っていた通りのものである。

  • BE-- AN ICEBERG, SEVEN-TENTHS BELOW THE SURFACE, ONE-EIGHTH

    氷山、水面下10分の7、8分の1。

  • ABOVE.

    上の写真

  • THAT'S THE WAY HIS WRITING IS.

    それが彼の文章の特徴です。

  • WHEN YOU READ IT IS, THERE IS SO MUCH UNSPOKEN.

    読んでみると、語られていないことがたくさんあります。

  • IT IS SO STRIPPED BARE THAT YOU ARE INVITED INTO MYSTERIES AND

    剥き出しになっているからこそ、あなたは神秘や

  • QUESTIONS AND UNDERTONE AND COMPLEXITY.

    の質問とアンダートーンと複雑さ。

  • IT'S THE SAME WITH HIS PRIVATE LIFE.

    それは、彼の私生活でも同じです。

  • >> Stephen: WE FORGET THAT HEMINGWAY, BECAUSE WE THINK OF

    >> スティーブン:私たちは、そのヘミングウェイを忘れてしまいますが、それは、私たちが考えているからです。

  • HIS WRITING AS SO SPARE, WE THINK OF IT AS BEING SIMPLE.

    彼の文章は非常に余裕があるので、私たちはそれをシンプルなものと考えています。

  • AND WE FORGET HE WAS A MODERNIST WHO CHANGED THE WAY PEOPLE WROTE

    書き方を変えたモダニストであったことを忘れている。

  • IN THE 20th CENTURY, AS TOBIAS WOLF SAYS, HEMINGWAY, WHETHER

    20世紀になって、トビアス・ウォルフが言うように、ヘミングウェイは、誰であれ

  • YOU LIKE IT OR NOT, HEMINGWAY REARRANGED ALL THE FURNITURE.

    ヘミングウェイはすべての家具の配置を変えた。

  • WE'RE LIVING IN HIS LIVING ROOM OF MODERN AMERICAN LITERATURE

    私たちは、彼の現代アメリカ文学のリビングルームに住んでいる。

  • RIGHT NOW.

    RIGHT NOW。

  • WHAT IS IT ABOUT HIS WRITING THAT PUTS HIM IN THE SAME

    彼の文章のどこが、彼を同じような立場に置いているのでしょうか?

  • TRANSFORMATIVE CLASS AS SOMEONE LIE JAMES JOYCE AND E.E.

    ジェームス・ジョイスとE.E.が語る「変革の授業」とは?

  • CUMMINGS.

    CUMMINGS。

  • >> JOYCE AND CUMMINGS AND FAULKNER, THEY'RE MODERNISTS IN

    >> ジョイス、カミングス、フォークナー、彼らはモダニストの中のモダニストです。

  • THE SENSE AND THEY'RE VERY COMPLICATED, DIFFICULT TO READ.

    感覚的には非常に複雑で読みづらいものです。

  • BUT HEMINGWAY WENT IN THE OTHER DIRECTION AND WAS THE SAME

    しかし、ヘミングウェイは別の方向に行ってしまい、同じになってしまいました。

  • THING.

    THINGです。

  • THERE WAS SO MUCH MEANING IN WHAT HE SAID.

    彼の言葉にはたくさんの意味がありました。

  • THE SPARENESS OF THE WORDS, THE REPETITION.

    言葉の惜しさ、繰り返しの大切さ。

  • HIS MOTHER HAD INSISTED ON HIM LEARNING MUSIC, AND PARTICULARLY

    母は彼に音楽を習うようにと言い、特に

  • BAWK, AND THE REPETITION AND COUNTER-POINT, THE COUNTER-POINT

    bawk、そして反復とカウンターポイント、カウンターポイントの

  • AND REPETITION IN HIM IS ABOUT THE RHYTHMIC SPEAKING OF MUSIC.

    と、彼の中での繰り返しは、音楽のリズミカルな話し方のことです。

  • AND HE MADE HIS PROAZ A KIND OF MUSIC THAT ALMOST ANYBODY COULD

    そして、彼は自分のプロアズを、ほとんど誰にでもできるような音楽にした。

  • READ.

    READ.

  • AND IT OPENS UP LAYERS OF MEANING, JUST LIKE HIS OWN

    のように何層にも意味を広げていきます。

  • PERSONAL LIFE.

    PERSONAL LIFE(パーソナル・ライフ)。

  • I MEAN, THIS IS A MACHO GUY WHO IS CURIOUS ABOUT GENDER REVERSAL

    つまり、この人は男女逆転に興味があるマッチョな人なのです。

  • ROLES AND IDENTITY.

    役割とアイデンティティ

  • IT'S FASCINATING, YOU KNOW.

    魅力的ですよね。

  • HE HAS HIS WIVES, ALL FOUR OF THEM, CUT THEIR HAIR SHORT.

    彼は、4人の妻たちに髪を短くさせています。

  • HE WILL GROW HIS LONG.

    彼は自分の長さを伸ばすだろう。

  • YOU BE THE GUY.

    あなたがその人になってください。

  • I'LL BE THE GIRL.

    I'll be the girl.

  • IT IS, YOU KNOW, THE EXACT OPPOSITE OF WHAT WE INHERIT.

    は、その、受け継いだものとは正反対のものだと思います。

  • AND YOU BEGIN TO REALIZE THAT THAT SUPERFICIAL AND

    と気付き始め、その表面的で

  • CONVENTIONAL WISDOM DOESN'T DO HIM OR US ANY GOOD.

    これまでの常識は、彼にも私たちにも通用しません。

  • THE LITERATURE IS THERE AND IS SPECTACULAR AND WILL ENDURE

    文献はそこにあり、壮観であり、今後も存続するだろう。

  • BECAUSE HE SEEMED TO UNDERSTAND-- HE WAS AN ENORMOUS

    それは、彼が理解しているように見えたからだ--彼は巨大な

  • NOTICER OF THINGS, WHETHER IT WAS NATURE, THE AFFAIRS OF HUMAN

    自然のことであれ、人間の問題であれ、物事の観察者である。

  • BEINGS-- PARTICULARLY HOW MEN AND WOMEN GET ALONG OR DON'T.

    人間、特に男と女の仲の良さ、悪さ。

  • AND OF COURSE WAR.

    そしてもちろん戦争。

  • HE'S WRITTEN SO BEAUTIFULLY AND POWERFULLY ABOUT IT STRIPPING

    彼はそれがストリッピングであることをとても美しく、力強く書いています。

  • AWAY ALL THE BARNICLES OF SENTIMENTALITY THAT ALWAYS

    いつもの感傷的なバーニクルを取り除いてくれます。

  • ENCRUST WARS AFTER WE'RE DONE, AS IF WE CAN'T-- WE CAN'T

    終わった後に、まるで私たちが......私たちができないように、戦争を包んでいる。

  • REMEMBER THE HORROR, SO WE HAVE TO TURN IT INTO THIS TRICKLY

    恐怖を覚えているので、それをこのような仕掛けに変えなければなりません。

  • KIND OF EVENT.

    KIND OF EVENT.

  • WHEN,SH, IT ISN'T.

    と思ったら、そうではありませんでした。

  • AND SOME OF HIS STATEMENTS IN "A FAREWELL TO ARMS" OR IN "FOR

    また、「a farewell to arms」や「for」での彼の発言の一部は

  • WHOM THE BELL TOLLS" ARE STUNNING IN THEIR EVOCATION OF

    鐘が鳴るのは誰だ」は、日本の伝統的な歌謡曲を彷彿とさせる見事な作品です。

  • WHAT IT'S LIKE TO BE IN WAR AND WHAT WAR IS.

    戦争とは何か、戦争に巻き込まれるとは何か。

  • >> Stephen: KEN, WE HAVE TO TAKE A QUICK BREAK, BUT STICK

    >> Stephen: KEN, We have been a quick break, but STICK HERE

  • AROUND, EVERYBODY.

    周りの皆さん、お疲れ様でした。

  • WE'LL BE RIGHT BACK WITH MORE DOCUMENTARIAN KEN BURNS.

    続いて、ドキュメンタリー作家のKen Burnsさんのお話をお聞きします。

♪ ♪ ♪ >> Stephen: HEY, WELCOME BACK,

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheLateShow 文章 戦争 聞こえ 作家 世紀

アーネスト・ヘミングウェイの「男らしさ」を語るケン・バーンズ氏 (Ken Burns Unpacks Ernest Hemingway's Facade of Masculinity)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 25 日
動画の中の単語