Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Beau Lotto: So, this game is very simple.

    翻訳: Yasushi Aoki 校正: Akiko Hicks

  • All you have to do is read what you see. Right?

    簡単なゲームをしましょう

  • So, I'm going to count to you, so we don't all do it together.

    見たものを読んでください

  • Okay, one, two, three. Audience: Can you read this?

    123で 声に出して 一緒に読んでください

  • BL: Amazing. What about this one? One, two, three. Audience: You are not reading this.

    1 2 3 (観客: Can you read this? / これが読めますか?)

  • BL: All right. One, two, three. (Laughter)

    すばらしい これはどうですか? 1 2 3 (観客: You are not reading this. / これを読んでいませんね)

  • If you were Portuguese, right? How about this one? One, two, three.

    いいですよ 1 2 3 (観客: ・・・・) (笑)

  • Audience: What are you reading?

    ポルトガル人なら読めますね これはどうですか? 1 2 3

  • BL: What are you reading? There are no words there.

    (観客: What are you reading? / 何を読んでいるんですか?)

  • I said, read what you're seeing. Right?

    何を読んでいるんですか? 言葉は書かれていません

  • It literally says, "Wat ar ou rea in?" (Laughter) Right?

    見たものを読んでくださいと 言いましたよね?

  • That's what you should have said. Right? Why is this?

    見たとおりなら “Wat ar ou rea in?” でしょ? (笑)

  • It's because perception is grounded in our experience.

    そうなるはずが どういうことなんでしょう?

  • Right? The brain takes meaningless information

    これは認識というのは 経験に基づいているためです

  • and makes meaning out of it, which means we never see

    脳は意味のない情報を 受け取ると

  • what's there, we never see information,

    そこから意味を 引き出そうとします

  • we only ever see what was useful to see in the past.

    つまり 見えている情報 そのものを見るのではなく

  • All right? Which means, when it comes to perception,

    過去に有用だったものを そこに見るのです

  • we're all like this frog.

    認識に関する限り

  • (Laughter)

    人間はこのカエルと 同じです

  • Right? It's getting information. It's generating behavior

    (笑)

  • that's useful. (Laughter)

    ほら 情報を得て

  • (Laughter)

    かつて有用だった行動を しています (笑)

  • (Video) Man: Ow! Ow! (Laughter) (Applause)

    (笑)

  • BL: And sometimes, when things don't go our way,

    (ビデオの男: 痛てっ! 痛てっ!) (笑いと拍手)

  • we get a little bit annoyed, right?

    そして物事が思い通りに いかないと

  • But we're talking about perception here, right?

    うんざりするわけですが

  • And perception underpins everything we think, we know,

    ここで問題なのは 認識なのです

  • we believe, our hopes, our dreams, the clothes we wear,

    認識はあらゆるものを 支えています

  • falling in love, everything begins with perception.

    思考 知識 信念 希望 夢 着ている服

  • Now if perception is grounded in our history, it means

    恋に落ちること すべてが認識から始まります

  • we're only ever responding according to what we've done before.

    認識が過去に 基づいているのなら

  • But actually, it's a tremendous problem,

    私たちは経験に従って 反応しているだけということです

  • because how can we ever see differently?

    しかしこれには 大きな問題があります

  • Now, I want to tell you a story about seeing differently,

    違った見方をすることが できません

  • and all new perceptions begin in the same way.

    そこで違った見方について お話ししようと思います

  • They begin with a question.

    新しい認識の生まれ方というのは いつも同じです

  • The problem with questions is they create uncertainty.

    疑問から生まれるのです

  • Now, uncertainty is a very bad thing. It's evolutionarily

    疑問のやっかいな点は 不確かさを生じることです

  • a bad thing. If you're not sure that's a predator, it's too late.

    不確かというのは 進化の上では好ましくないことです

  • Okay? (Laughter)

    相手が捕食者かどうか悩んでいたら 手遅れになります

  • Even seasickness is a consequence of uncertainty.

    でしょ? (笑)

  • Right? If you go down below on a boat, your inner ears

    船酔いだって 不確かさの結果です

  • are you telling you you're moving. Your eyes, because

    船内に入ると

  • it's moving in register with the boat, say I'm standing still.

    内耳は動いていることを 伝えているのに

  • Your brain cannot deal with the uncertainty of that information, and it gets ill.

    目は 船と一緒に動いているので 動いていないと伝えます

  • The question "why?" is one of the most dangerous things you can do,

    脳はこの情報の不確かさを処理できず 具合が悪くなるのです

  • because it takes you into uncertainty.

    「なぜか?」と問うのは 最も危険な行為です

  • And yet, the irony is, the only way we can ever

    不確かさへと導くからです

  • do anything new is to step into that space.

    しかし皮肉なことに 何であれ新しいことをする

  • So how can we ever do anything new? Well fortunately,

    唯一の方法は その領域に 足を踏み入れることなのです

  • evolution has given us an answer, right?

    それでは新しいことなど できなくなってしまいそうです

  • And it enables us to address even the most difficult

    幸い進化は私たちに 答えを与えてくれました

  • of questions. The best questions are the ones that create the most uncertainty.

    それは最も難しい疑問にも 対処することを可能にします

  • They're the ones that question the things we think to be true already. Right?

    最高の疑問が何かというと それは 最も大きな不確かさを生み出すものであり

  • It's easy to ask questions about how did life begin,

    それは真実だと思っている ことに対する疑問です

  • or what extends beyond the universe, but to question what you think to be true already

    「生命はいかに始まったのか」とか

  • is really stepping into that space.

    「宇宙の果てには何があるのか」と 問うのは むしろ簡単です

  • So what is evolution's answer to the problem of uncertainty?

    真実と思っていることへの疑問こそ 不確かさをもたらすものなのです

  • It's play.

    では不確かなものに 進化は どう対処してきたのでしょう?

  • Now play is not simply a process. Experts in play will tell you

    その答えは「遊び」です

  • that actually it's a way of being.

    遊びというのは単なるプロセスではありません 遊びの専門家は

  • Play is one of the only human endeavors where uncertainty

    「遊びとは生き方そのものである」と 言うでしょう

  • is actually celebrated. Uncertainty is what makes play fun.

    遊びは人間の活動の中で 不確かさが称えられる唯一のものです

  • Right? It's adaptable to change. Right? It opens possibility,

    不確かさこそが遊びを 楽しいものにするのです

  • and it's cooperative. It's actually how we do our social bonding,

    変化に適応できるようにし 可能性を開きます

  • and it's intrinsically motivated. What that means

    遊びはまた共同的でもあり 人が社会的な絆を作る手段になります

  • is that we play to play. Play is its own reward.

    そして遊びには 内的な 動機付けがあります

  • Now if you look at these five ways of being,

    私たちは遊ぶために遊びます 遊ぶこと自体が報いなのです

  • these are the exact same ways of being you need

    この5つの行動様式を見ると

  • in order to be a good scientist.

    これは良い科学者 であるための条件と

  • Science is not defined by the method section of a paper.

    同じということが分かります

  • It's actually a way of being, which is here, and this is true

    科学は論文の方法の欄で定義された ものではありません

  • for anything that is creative.

    科学とは ここに挙げたような 考え方をすることであり

  • So if you add rules to play, you have a game.

    このことはクリエイティブなもの すべてに当てはまります

  • That's actually what an experiment is.

    遊びにルールを設けると ゲームになりますが

  • So armed with these two ideas,

    実験もまたそうなのです

  • that science is a way of being and experiments are play,

    この2つの考え

  • we asked, can anyone become a scientist?

    科学とは態度であり 実験は遊びだという考えに基づいて

  • And who better to ask than 25 eight- to 10-year-old children?

    誰でも科学者になれるものなのか という疑問を持ちました

  • Because they're experts in play. So I took my bee arena

    それを尋ねるのに 25人の8〜10歳児よりも 良い相手はいないでしょう?

  • down to a small school in Devon, and the aim of this

    彼らは遊びの専門家です

  • was to not just get the kids to see science differently,

    それで私はミツバチの実験道具を持って デボン州の小さな学校に行きました

  • but, through the process of science, to see themselves differently. Right?

    子どもたちに科学を違った目で 見てもらうというだけでなく

  • The first step was to ask a question.

    科学のプロセスを通して 自分を違った目で見てもらうためです

  • Now, I should say that we didn't get funding for this study

    最初のステップは 疑問を持つことです

  • because the scientists said small children couldn't make

    この研究費は どこからも出なかったのを 言っておくべきでしょう

  • a useful contribution to science, and the teachers said kids couldn't do it.

    科学者たちは 小さな子どもに 科学への貢献など不可能だと言い

  • So we did it anyway. Right? Of course.

    先生たちは 子どもにそんなこと 無理だと言いました

  • So, here are some of the questions. I put them in small print

    それでも私たちは やってみることにしたんです

  • so you wouldn't bother reading it. Point is that five of the questions that the kids came up with

    これは子どもたちの疑問です 小さな字で書いてあるので

  • were actually the basis of science publication the last five to 15 years. Right?

    読もうとしなくて結構です 肝心なのは 子どもたちが考えた疑問のうちの5つは

  • So they were asking questions that were significant

    この5〜15年の科学出版物の 基礎となるものだったということです

  • to expert scientists.

    本職の科学者にとって 重要な疑問を

  • Now here, I want to share the stage with someone quite special. Right?

    子どもたちは問うていた ということです

  • She was one of the young people who was involved in this study,

    ここで特別な人に登場して もらおうと思います

  • and she's now one of the youngest published scientists

    彼女はこの研究に取り組んだ 子どもたちの1人で

  • in the world. Right? She will now, once she comes onto stage,

    論文を出版した 世界最年少の科学者です

  • will be the youngest person to ever speak at TED. Right?

    彼女がこのステージに 上がったら

  • Now, science and asking questions is about courage.

    TEDで最年少の講演者 ということになります

  • Now she is the personification of courage, because she's

    科学することや疑問を問うことには 勇気が必要です

  • going to stand up here and talk to you all.

    彼女は勇気の塊です この場に立って 皆さんに

  • So Amy, would you please come up? (Applause)

    話そうというのですから

  • (Applause)

    ではエイミー 来てくれるかな? (拍手)

  • So Amy's going to help me tell the story of what we call

    (拍手)

  • the Blackawton Bees Project, and first she's going to tell you

    エイミーが聞かせてくれるのは

  • the question that they came up with. So go ahead, Amy.

    ブラックオウトン・ミツバチ・ プロジェクトの話です

  • Amy O'Toole: Thank you, Beau. We thought

    まずは子どもたちが思い付いた 疑問についてです

  • that it was easy to see the link between humans and apes

    ありがとう ボー

  • in the way that we think, because we look alike.

    人間とサルの間にある 考え方の類似性なら

  • But we wondered if there's a possible link

    すぐ見て取れるでしょう 似たもの同士ですから

  • with other animals. It'd be amazing if humans and bees

    でも他の動物とは 類似性が あるのだろうかと思いました

  • thought similar, since they seem so different from us.

    もし人間とミツバチが同じように 考えるとしたら すごいことです

  • So we asked if humans and bees might solve

    とても違って見えますから

  • complex problems in the same way.

    それで人間とミツバチは 複雑な問題を

  • Really, we wanted to know if bees can also adapt

    同じよう解くものだろうかと 疑問を持ちました

  • themselves to new situations using previously learned rules

    ミツバチが以前に覚えた ルールや条件によって

  • and conditions. So what if bees can think like us?

    新しい状況に適応できるものか 知りたかったのです

  • Well, it'd be amazing, since we're talking about an insect

    もしミツバチが人間のように 考えることができたとしたら?

  • with only one million brain cells.

    驚くべきことだと思います

  • But it actually makes a lot of sense they should,

    脳細胞がたった百万しかない 昆虫なんですから

  • because bees, like us, can recognize a good flower

    でも そうできるはずだとも 思えます

  • regardless of the time of day, the light, the weather,

    だってミツバチは 人間と同じように

  • or from any angle they approach it from. (Applause)

    時刻や光や天気や 近づく方向などに関わらず

  • BL: So the next step was to design an experiment,

    良い花を認識することが できるからです (拍手)

  • which is a game. So the kids went off and they designed

    次のステップは 実験

  • this experiment, and so -- well, game -- and so,

    つまりゲームのデザインです

  • Amy, can you tell us what the game was,

    子どもたちが この実験ならぬ ゲームをデザインしました

  • and the puzzle that you set the bees?

    エイミー

  • AO: The puzzle we came up with was an if-then rule.

    ミツバチにやらせたパズルが どんなものか話してくれるかな?

  • We asked the bees to learn not just to go to a certain color,

    私たちが考え出したのは if-then ルールです

  • but to a certain color flower only

    ミツバチに花の色だけでなく

  • when it's in a certain pattern.

    特定の色の花が特定の パターンのときだけ

  • They were only rewarded if they went to the yellow flowers

    行くように学習させたのです

  • if the yellow flowers were surrounded by the blue,

    ご褒美がもらえるのは

  • or if the blue flowers were surrounded by the yellow.

    黄色い花が青い花に 囲まれている時

  • Now there's a number of different rules the bees can learn

    あるいは 青い花が黄色い花に 囲まれている時だけです

  • to solve this puzzle. The interesting question is, which?

    このパズルを解くため ミツバチに 学べるルールはたくさんあります

  • What was really exciting about this project was we,

    知りたかったのは それがどれかということです

  • and Beau, had no idea whether it would work.

    このプロジェクトが面白かったのは うまくいくのか

  • It was completely new, and no one had done it before,

    誰にも分からなかったことです

  • including adults. (Laughter)

    まったく新しい 誰もやったことが ないことだったのです

  • BL: Including the teachers, and that was really hard for the teachers.

    大人たちも含めて (笑)

  • It's easy for a scientist to go in and not have a clue what he's doing,

    先生たちにとってもです 先生にはとても難しいことでした

  • because that's what we do in the lab, but for a teacher

    科学者には見当も付かない領域に 踏み込むのは簡単です

  • not to know what's going to happen at the end of the day --

    いつも実験室で やっていることですから

  • so much of the credit goes to Dave Strudwick, who was

    でも先生はそういう わけにはいきません

  • the collaborator on this project. Okay?

    ですからプロジェクトの協力者の デイブ・ストラドウィック先生には

  • So I'm not going to go through the whole details of the study

    大変な仕事をしていただきました

  • because actually you can read about it, but the next step

    研究の詳細は 読むことができるので

  • is observation. So here are some of the students

    細かくは話しませんが

  • doing the observations. They're recording the data

    次のステップは観察です

  • of where the bees fly.

    生徒が何人かで 観察をしています

  • (Video) Dave Strudwick: So what we're going to doStudent: 5C.

    ミツバチがどこへ飛んだか 記録しています

  • Dave Strudwick: Is she still going up here? Student: Yeah.

    (先生: 今どこをやってるの? 生徒: 5C)

  • Dave Strudwick: So you keep track of each. Student: Henry, can you help me here?

    (先生: まだ上にいる? 生徒: うん)

  • BL: "Can you help me, Henry?" What good scientist says that, right?

    (先生: それぞれ記録するわけだ 生徒: ヘンリー 手伝ってくれない?)

  • Student: There's two up there.

    「手伝ってくれない ヘンリー?」 素晴らしい科学者ぶりですね

  • And three in here.

    (生徒: 2匹が上で 3匹がこっち)

  • BL: Right? So we've got our observations. We've got our data.

    (生徒: 2匹が上で 3匹がこっち)

  • They do the simple mathematics, averaging, etc., etc.

    観察をしてデータが 手に入りました

  • And now we want to share. That's the next step.

    簡単な統計処理をし 平均を取るなどして 結果を公開したいと思いました

  • So we're going to write this up and try to submit this

    それが次のステップです

  • for publication. Right? So we have to write it up.

    結果をまとめて

  • So we go, of course, to the pub. All right? (Laughter)

    学術誌に投稿することにしたんです まず書かなきゃいけません

  • The one on the left is mine, okay? (Laughter)

    書き物といったら やはりパブでしょう (笑)