Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I used to love waking up at exactly 7 a.m. When I lived in San Francisco, I would wake up right at 7 a.m. and immediately go to my favorite coffee shop.

    サンフランシスコに住んでいた頃は、朝7時ぴったりに起きて、すぐにお気に入りのコーヒーショップに行くのが好きでした。

  • It was my favorite coffee shop because it was the best coffee shop.

    最高のコーヒーショップだったので、お気に入りのコーヒーショップでした。

  • I've done the research.

    私は研究をしてきました。

  • It was five stars.

    5つ星でした。

  • It was great, and I would drink my coffee and get onto by bicycle and ride into work.

    コーヒーを飲みながら、自転車に乗って会社に向かうのが最高でした。

  • And I had optimized my schedule to be perfect.

    そして、自分のスケジュールは完璧になるように最適化していました。

  • I was constantly like shaving off one or two seconds, making it slightly faster so I could get into work faster.

    常に1秒でも2秒でも短くしたい、少しでも速くして早く仕事に取り掛かりたいと思っていました。

  • I was working as a software engineer at Google, and in a lot of ways this was my dream job.

    私はGoogleでソフトウェア・エンジニアとして働いていましたが、これは多くの意味で私の夢の仕事でした。

  • It felt like this was the thing that the rest of my life was leading up towards.

    これこそが、私の残りの人生を導いてくれるものだと感じました。

  • I'd always wanted to work in software, and I was finally doing it and I was living in San Francisco, which is a city that I love surrounded by people who are like me, and every part of my life was perfectly tailored to my interests.

    私はずっとソフトウェアの仕事をしたいと思っていましたが、ついにそれを実現し、大好きなサンフランシスコで、自分と同じような人たちに囲まれて生活していました。

  • The things that I wanted to do.

    自分がやりたいと思ったことを

  • I loved it, so one day I was at work, and I started to read this paper, a computer science research paper about predictive analytics.

    気に入っていたので、ある日、仕事中にこの論文を読み始めました。予測分析に関するコンピュータサイエンスの研究論文です。

  • And the gist of the paper was that if you take someone's GPS trace like the the listing of all the places that they've been in the past month or so and you feed it into a machine learning algorithm, you can predict with fairly high accuracy where they're going to be on the following day.

    その論文の要点は、過去1カ月ほどの間に行った場所のリストのような、ある人のGPSトレースを機械学習アルゴリズムに入力すると、その人が翌日にどこにいるかをかなり高い精度で予測できるというものでした。

  • And I thought this was kind of cool and I was thinking like what would happen if you put my GPS trace into the algorithm?

    そして、これはちょっとかっこいいなと思って、もし私のGPSトレースをアルゴリズムに入れたらどうなるだろうと考えていました。

  • What would come out the other end?

    その先には何が待っているのか。

  • So it's talking with my friend Kelly, and we were planning something to do after work that day, and I got into the help and found this really great bar that just opened up.

    友人のケリーと話していて、その日の仕事の後に何かしようと計画していて、ヘルプに入ったら、オープンしたばかりのすごくいいバーを見つけたんだ。

  • And I was about to suggest that we go to this bar when I stopped and I started thinking about that algorithm again, and I started thinking, Wait a second, isn't this bar exactly where that algorithm would guess that I was going to go this evening?

    そして、このバーに行こうと提案しようとしたとき、私は立ち止まり、あのアルゴリズムについて再び考え始めました。

  • And that was kind of weird because I thought that I yeah, where was I in that?

    奇妙なことに、私はその中で自分がどこにいるのかを考えていました。

  • I know that I was the one making the choice, right?

    選択したのは自分なんですよね?

  • But how did the computer know about that?

    しかし、コンピュータはそのことをどうやって知ったのだろうか?

  • So that's a little disturbing.

    だから、ちょっと気になるんです。

  • And since I'm an engineer, I whenever I have a problem like this, my instinct is to fix it, to make something that solves the problem.

    私はエンジニアなので、このような問題が発生すると、本能的に問題を解決するために何かを作りたくなります。

  • And so I decided to make an app that would help me, uh, choose where to go on this evening.

    そこで、この日の夜にどこに行くかを選ぶのに役立つアプリを作ろうと思いました。

  • And so the way that it works is that the APP looks at all of the places that are on Google Maps in the city of San Francisco and then chooses one at random, and then it calls an uber, and that car shows up at your location and takes you to that random place.

    その仕組みは、APPがサンフランシスコ市内のGoogleマップ上にあるすべての場所を見て、ランダムに1つを選び、uberに電話をかけ、車があなたの場所に現れて、ランダムな場所に連れて行ってくれるというものです。

  • It tells the uber driver where the random places but tells you nothing.

    これはuberのドライバーにランダムな場所を教えてくれるのですが、あなたには何も教えてくれません。

  • And so it's a big surprise when you arrive.

    それで、到着したときには大きな驚きがあります。

  • And so I texted Kelly and I said we should do this.

    それで、ケリーにメールして、これをやるべきだと言ったんだ。

  • We met up and press the button, and suddenly, miraculously, there was an uber driver at my apartment door.

    待ち合わせをしてボタンを押すと、突然、奇跡的に私のアパートのドアの前にユーバーのドライバーが現れたのです。

  • So we got in and, uh, very quickly started heading to a part of San Francisco that neither of us really new.

    そして、私たちは車に乗り込み、あっという間に二人ともよく知らないサンフランシスコの一角へと向かった。

  • It was a part of town that we just had never been in before.

    今まで行ったことのない街の一角でした。

  • And when the driver told us we'd reached our destination, we thought it must have been a joke.

    そして、運転手が「目的地に到着しました」と言ったとき、私たちはそれが冗談に違いないと思った。

  • We showed up in front of this austere brick building with a wrought iron fence in front of it and a sign that said the words San Francisco General Hospital Psychiatric Emergency Center.

    私たちが現れたのは、煉瓦造りの渋い建物の前に錬鉄製のフェンスがあり、「San Francisco General Hospital Psychiatric Emergency Center」と書かれた看板が立っていた。

  • Which maybe Maybe that's pretty appropriate, I don't know, but we thought it was funny, Uh, but it was also exhilarating because here we were in this place that we never would have gone to otherwise doing something really different.

    しかし、私たちはそれが面白いと思っていました。しかし、他の方法では絶対に行かないような場所で、他とは全く違うことをしているのですから、爽快感もありました。

  • On a Friday night and I was hooked, I started using this app to do go to all different places in San Francisco.

    金曜の夜に、このアプリを使ってサンフランシスコのいろいろな場所に行くようになって、夢中になりました。

  • I went to museums, randomly, random grocery stores, random bars, random bowling alleys, random florists and I started discovering that there was an entire side to San Francisco that I had been ignoring because of my preference.

    美術館、博物館、雑貨屋、バー、ボーリング場、花屋などに行き、自分の好みで無視していたサンフランシスコの一面を発見し始めました。

  • And then I started thinking, How else can I apply this concept to my life?

    そして、このコンセプトを自分の人生に適用するにはどうしたらいいかと考えるようになりました。

  • And so I started building other experiments that involve randomness.

    そして、ランダム性を利用した他の実験を始めました。

  • I made a random YouTube video generator.

    YouTubeのランダムビデオジェネレーターを作りました。

  • A random schedule generator, a random diet club that would randomly eliminate a food from my diet each week until it's cumulative.

    ランダムスケジュールジェネレーター、ランダムダイエットクラブで、毎週ランダムに私の食事から食品を排除して、それが累積するまで。

  • So it's like, eventually, just can't eat random tattoo generator.

    結局、ランダムタトゥージェネレーターは食べられないということになりますね。

  • A random Spotify playlist.

    Spotifyのランダムなプレイリスト。

  • Random podcast, a printer that prints out random suggestions of things to do.

    ランダムな提案をプリントアウトするプリンター「Random podcast」。

  • Mhm.

    ムムム。

  • A random Facebook event generator.

    Facebookのランダムイベントジェネレータ。

  • And the way that this one worked is that in a city like Vienna on a given day, there are hundreds of Facebook events public Facebook events that are going on so it would choose one at random and say, This is your plan for tonight.

    ウィーンのような都市では、ある日、何百ものFacebookイベントが公開されていて、その中からランダムに1つを選び、「これが今夜のあなたのプランです」と言うのです。

  • So I ended up showing, mm, yeah, and so I'd show up at events like Jo's birthday, the eighth grade band recital, Chess club, truck drivers school.

    それで、ジョーの誕生日、中学2年生のバンドの発表会、チェスクラブ、トラック運転手の学校などのイベントに顔を出すことになったんだ。

  • And it was really interesting because these were communities that I knew nothing about, that we're having amazing events to talk about things that they cared about and and there I was.

    私が全く知らない地域で、自分たちが関心を持っていることを話すために素晴らしいイベントが開催されていて、そこに私がいたというのはとても興味深いことでした。

  • After a while, I had the opportunity to transition my work into freelance, which gave me a lot more flexibility about where I lived.

    しばらくして、仕事をフリーランスに移行する機会を得たので、住む場所の自由度が高まりました。

  • And so I decided, What if I could let the computer decide what part of the world I lived in.

    そこで私は、世界のどこに住んでいるかをコンピューターに決めてもらうことができたらどうだろうと考えました。

  • And so I wrote a program that figured out every city that it was possible for me to live in, given my budget and then choose one at random.

    そこで私は、自分の予算に合わせて住むことのできる都市をすべて割り出し、その中からランダムに1都市を選ぶプログラムを書きました。

  • And I started living this way and it sent me all over the world.

    そして、このような生活を始めたことで、私は世界中を駆け巡ることになりました。

  • Taipei, Taiwan, Mumbai, India, Dubai.

    台北(台湾)、ムンバイ(インド)、ドバイ

  • Even places that for an American are really off the beaten path like Essen, Germany, and Gardena, Slovenia.

    ドイツのエッセンやスロベニアのガルデナのように、アメリカ人にとっては本当に人里離れた場所でも。

  • And every time I would go to a new city, I would do the same sort of stuff I was doing in San Francisco.

    そして、新しい街に行くたびに、サンフランシスコでやっていたのと同じようなことをしていました。

  • Go to random events, meet random people.

    ランダムなイベントに参加して、ランダムな人と出会う。

  • And I lived there for 2 to 3 months and then asked the computer again for the next location.

    そして、そこに2〜3ヶ月住んでから、またコンピューターに次の場所を聞いた。

  • I did this for two years.

    これを2年間続けました。

  • Paradoxically, giving up control to this machine actually made me feel more free than when I was making choices, because I discovered that my preference had blinded me from the complexity in the richness of the world and following the computer gave me the courage to live outside of my comfort zone to discover parts of the human experience that I ignored because they were too different or not for me.

    逆説的ですが、この機械にコントロールを委ねたことで、自分で選択していたときよりも自由になったように感じられました。自分の好みが世界の豊かさの中にある複雑さから目を背けていたことがわかり、コンピューターに従うことで、自分の居心地の良い場所から離れて生活し、違いすぎる、自分には合わないという理由で無視していた人間の経験の一部を発見する勇気が得られたのです。

  • Um, I ended up in Mumbai, India, for a while, and I was going to a lot of Facebook events when I was there.

    私はインドのムンバイにしばらく滞在していたのですが、そこではFacebookのイベントにたくさん参加していました。

  • Uh, and one day the computer sent me to this yoga class and I'm really bad at yoga.

    そしてある日、コンピューターが私をヨガのクラスに送ってくれたのですが、私はヨガがとても苦手でした。

  • But I went anyway, and I found myself descending into a downward dog when I when I had a revelation because I was thinking about this random stuff, is really it's really freeing.

    でも、とりあえず行ってみたら、気がついたら下向きの犬になっていました。こんなことを適当に考えていたら、本当に自由になれるんだということがわかったんです。

  • It's sort of putting me outside of my bubble, my comfort zone.

    それは、私を自分のバブルやコンフォートゾーンの外に置くようなものです。

  • But really, how random is it?

    しかし、実際のところ、どれくらいランダムなのでしょうか?

  • Because this was not my first yoga event in Mumbai.

    なぜなら、ムンバイでのヨガイベントは初めてではなかったからです。

  • In fact, it was my third that week.

    実はこの週で3回目だったんです。

  • And if you think about it, it's not surprising that you see patterns like this because I was choosing randomly from a list of things that was decidedly not random.

    考えてみれば、このようなパターンが出てきても不思議ではありません。私は、明らかにランダムではないものの中からランダムに選んでいたのですから。

  • The list of Facebook events that are happening in a city is very influenced by the things that are going on in a city like that.

    ある都市で行われているFacebookイベントのリストは、そのような都市で行われていることにとても影響されます。

  • If you think about it every time you make a choice, you're not just making it on your own.

    選択するたびに考えていれば、勝手に決めているわけではないのです。

  • You're selecting from a list a menu of choices that was designed by someone or something else and whatever freedom that you have in that choice is necessarily constrained by social structures, customs and history that provide the context for that selection.

    あなたは、誰か他の人が設計した選択肢のリストやメニューから選択しているのであり、その選択においてあなたが持つ自由は、その選択の背景となる社会構造、慣習、歴史によって必然的に制約されています。

  • So initially I thought of this as a way of getting outside of my bubble as transcending my myself, my preference.

    だから最初は、自分自身や自分の好みを超越して、自分のバブルの外に出ることだと考えていました。

  • But eventually I started to think about it differently.

    しかし、最終的には別の考え方をするようになりました。

  • I started to think about it as a way of taking a photograph.

    写真の撮り方として考えるようになりました。

  • When I was in a place like Mumbai.

    ムンバイのようなところにいたときは

  • It was more likely that I would show up at a yoga event.

    ヨガのイベントに顔を出すことの方が多かったですね。

  • But if I was in Vienna, maybe a music event would be more likely.

    でも、もし私がウィーンにいたとしたら、もしかしたら音楽イベントの方が多いかもしれません。

  • Every time that I was choosing randomly in a city, what it was doing was making an inquiry, asking Mumbai, Tell me what you're about.

    私が都市でランダムに選択するたびに、それはムンバイに「あなたが何をしたいのか教えてください」という質問をしていたのです。

  • And then the answer would tell me something about the structure of that city and my relationship to it and its relationship with the rest of the world.

    そしてその答えは、その都市の構造や私との関係、世界との関係について何かを教えてくれるのです。

  • And so I, um yeah, I had, like, a really tidy ending for this previously.

    それで、私は以前、本当にすっきりとした結末を迎えました。

  • And as I was coming up here, I decided to scrap it because, um, yeah, I think that, like a problem with Ted talks often is that they wrap up in a tidy bow and then you can go away without really thinking about it.

    というのも、テッド・トークの問題点は、きれいにまとまっていて、何も考えずに帰ってしまうことだと思います。

  • You can sort of just It feels like everything is OK at the end.

    最後には全てが解決するような気がします。

  • And I think, yeah, in in today's like in the world that we're living in, there are a lot of real problems.

    今日のような世界では、現実に多くの問題があると思います。

  • And I think that these questions of algorithmic control play a lot into them.

    そして、アルゴリズムによる制御の問題は、これらの問題に大きく関わっていると思います。

  • We're talking right now about the role that that Facebook had in the American election.

    私たちは今、そのFacebookがアメリカの選挙で果たした役割について話しています。

  • Um, there are a lot of questions about, um the ways that these algorithms are controlling their lives and so I don't know, I don't I don't know what I'm saying.

    このようなアルゴリズムが自分の生活をコントロールする方法について、多くの疑問があります。

  • I don't have, like, a very clear conclusion.

    はっきりとした結論は出ていません。

  • Um, but I would just encourage you to try to be experimental when it comes to interacting with these algorithms, because if you just do the default, follow your preference, go in the direction that everything else is going.

    しかし、このアルゴリズムを扱う際には、実験的な試みをすることをお勧めします。というのも、もしあなたがデフォルトのやり方や好みに従うだけでは、他のすべてが進む方向に進んでしまうからです。

  • It's really easy to get caught in a place where you can be controlled and yeah, I think I think that's it.

    コントロールされる場所に捕らわれるのは本当に簡単なことで、ええ、私はそれがそうだと思います。

  • Thank you.

    ありがとうございました。

I used to love waking up at exactly 7 a.m. When I lived in San Francisco, I would wake up right at 7 a.m. and immediately go to my favorite coffee shop.

サンフランシスコに住んでいた頃は、朝7時ぴったりに起きて、すぐにお気に入りのコーヒーショップに行くのが好きでした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED ランダム サンフランシスコ ムンバイ イベント アルゴリズム

アルゴリズムに人生を左右されることになった2年間 | マックス・ホーキンス (I let algorithms randomize my life for two years | Max Hawkins)

  • 4 2
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 17 日
動画の中の単語