Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Joanna Pietrulewicz

    転写者:Ivana Korom レビューア:Joanna Pietrulewiczジョアンナ・ピエトゥルレヴィッチ

  • Like many people

    多くの人と同じように

  • who have been fortunate enough to be more or less healthy,

    幸いなことに、多かれ少なかれ健康であった人たち。

  • I spent most of my life never thinking much about my body.

    私は人生の大半を自分の体についてあまり考えずに過ごしてきました。

  • Something that I relied on to get me around,

    私が頼りにしていたもの。

  • not to mind the occasional bash

    たまにはバッシュもいいかな

  • and not to complain too much if I wasn't getting enough rest.

    また、休息が足りなくてもあまり文句を言わないようにしていました。

  • But that all changed for me when I became pregnant.

    しかし、私が妊娠したことで全てが変わりました。

  • Suddenly, my body was this machine performing an incredible task.

    突然、私の体は信じられないような仕事をする機械になっていました。

  • That was something that I had to take notice of

    それは私が気をつけなければならないことでした。

  • and look after, so that it could do its job.

    そのためには、自分の仕事ができるようにしなければなりません。

  • I've been a documentary photographer for nearly 20 years now

    ドキュメンタリー写真家になって20年近くになりますが

  • but I never turned the camera on myself until that time.

    が、それまでは自分からカメラを向けたことはなかった。

  • And then suddenly, I found myself fascinated

    そして、ふと気づくと、自分が魅力的に見えてくる。

  • by how we feel about our bodies

    自分の体に対する気持ちで

  • and how we express strength or fear,

    と、強さや怖さをどのように表現するかを考えます。

  • courage or shyness in the way we carry ourselves.

    勇気と恥ずかしさを持って、自分を表現する。

  • I spent several years making work that examined the relationship

    私は、数年かけて、以下の関係を検証する作品を作りました。

  • that we have to our bodies as humans.

    人間が人間として自分の体に対して持っている

  • More recently, though,

    最近ではありますが

  • I've been exploring a new frontier in the human body.

    人体の新境地を開拓してきました。

  • A transformation of bodies with technology.

    テクノロジーによる身体の変化。

  • As humans evolve along with technology,

    技術とともに人間も進化していく。

  • and the lines between the two become increasingly blurred,

    と、両者の境界線はますます曖昧になっていきます。

  • I set out to document our evolution into a new kind of human

    新しい人間への進化を記録することを目指した

  • and to play with that age-old question:

    と、昔からある質問で遊んでみました。

  • Can we ever see a real humanness in machines?

    機械に本当の人間性を見出すことができるのか?

  • Sight is perhaps the most personal and intimate of our senses.

    視覚は、私たちの感覚の中で最も個人的で親密なものです。

  • Classically called the window to the soul.

    古典的には「心の窓」と呼ばれています。

  • We connect with each other, recognize each other

    私たちは、お互いにつながり、お互いを認め合い

  • and communicate with each other through our eyes.

    と、目を通してコミュニケーションをとることができます。

  • If we lose an eye, we might wear a dummy replacement

    もし片目を失ったら、代わりにダミーをつけるかもしれない。

  • so that our face resembles what it did before.

    顔が以前のようになるように。

  • Filmmaker Rob Spence took that a step further

    映画監督のロブ・スペンスは、それを一歩進めた。

  • when he installed a video camera in his replacement eye

    替え目にビデオカメラを装着した時の様子

  • so that he could record his vision.

    彼は自分のビジョンを記録するために

  • Rob is part of a known network of cyborgs

    ロブはサイボーグのネットワークとして知られています。

  • and he told me that he found it curious

    と言ってくれたので、気になってしまいました。

  • when he started to receive hate mail from people

    人々からヘイトメールが届くようになったのは

  • who felt threatened by him having this extra ability.

    このような能力を持った彼に脅威を感じた人がいた。

  • Was his right to change his body

    自分の体を変える権利は

  • less important than their right to their privacy?

    プライバシーの権利よりも重要ではない?

  • So as I photographed Rob,

    だから、私はロブを撮影したように

  • he filmed me using the camera in his eye,

    目の中のカメラで私を撮影してくれた。

  • and we recorded it on a special receiver.

    で、それを専用の受信機に記録しました。

  • But perhaps in response to the speed with which we all move

    しかし、私たちの移動の速さに対応するためか

  • and make images these days

    と、最近の画像を作ってみました。

  • I wanted to make this work in a way that was slow and purposeful.

    私はこの作品を、ゆっくりと目的を持って作りたいと思いました。

  • Most of these images are shot on a large-format camera.

    これらの画像のほとんどは、大判カメラで撮影されています。

  • These are big and cumbersome,

    これらは大きくて面倒です。

  • taking only one frame at a time before you have to change the film.

    フィルムを交換する前に、1コマずつしか撮れません。

  • To check the focus,

    フォーカスを確認するには

  • you have to put your head under a black cloth

    黒い布の下に頭を入れなければならない。

  • and use a magnifying glass.

    で、拡大鏡を使う。

  • So as I photographed Rob using this very old technology,

    だから、この古い技術を使ってロブを撮影した。

  • he filmed me using the camera in his eye,

    目の中のカメラで私を撮影してくれた。

  • somewhat the opposite end of the technology spectrum.

    技術的にはやや反対側になります。

  • But I wanted to delve deeper

    しかし、私はもっと深く掘り下げたいと思いました。

  • and explore more of what it could mean to lose a part of ourselves

    そして、自分の一部を失うということがどういうことなのかをもっと探ってみましょう。

  • and replace it with technology.

    と言って、テクノロジーに置き換えます。

  • At MIT Media Lab

    MITメディアラボにて

  • they are doing some of the most cutting-edge work in biomechatronics,

    彼らは、バイオメカトロニクスの最先端の研究を行っています。

  • developing motorized limbs for amputees.

    肢体不自由者のための電動肢体の開発。

  • Originally set up by Hugh Herr,

    元々はHugh Herr氏が立ち上げたものです。

  • a double amputee who was able to develop and test the equipment on himself.

    両足の不自由な方のために、自分で開発して自分で試すことができました。

  • He went on to create a set of legs that can walk,

    そして、歩くことができる足を作った。

  • run and even jump

    走ったり、ジャンプしたり

  • without seeming to be mechanical at all.

    メカニカルな印象は全くありません。

  • The gait more closely resembles that of a human foot and leg

    より人間の足腰の動きに近い歩行

  • because the motor gives the wearer a push off the floor

    モーターがウェアを床から押し出す力になるので

  • to move the foot forwards from the ankle.

    を使って、足首から先に足を動かします。

  • The technology here,

    ここの技術は

  • continuing to be developed by Matt Carney and his colleagues at MIT,

    引き続き、MITのマット・カーニーらが開発を進めています。

  • is really quite impressive,

    は本当に素晴らしいです。

  • with the prosthesis connecting directly into the amputee's bone for stability,

    義足は、切断者の骨に直接接続して安定させます。

  • and sensors reading pulses from the amputee's muscles

    筋肉からのパルスを感知するセンサーと

  • to tell the limb how to move.

    を使って、手足の動きを伝えます。

  • Ultimately, the wearer should be able to think about moving their foot

    最終的には、着用者が足を動かすことを考えられるようにする必要があります。

  • and the foot would move.

    と、足が動いてしまうのです。

  • They're impressive to look at by themselves.

    単体で見ても迫力があります。

  • But of course, the prostheses don't move on their own.

    しかし、当然のことながら、義足が勝手に動くわけではありません。

  • In order to show their relationship to humans,

    人間との関係を示すために

  • I wanted to show how they enable amputees to move with ease and fluidity.

    肢体不自由者の方がスムーズに動けるようになる様子をお伝えしたかったのです。

  • But how do you photograph gait?

    でも、歩行をどうやって撮影するの?

  • At this point, I was inspired by the work and photographs

    この時、私は作品や写真に触発されて

  • of Eadweard Muybridge,

    Eadweard Muybridge(エドワード・マイブリッジ)の

  • who is famous for his series of images of a running horse, made in 1878,

    は、1878年に制作された「走る馬」のシリーズで有名な人物です。

  • to prove that there's a moment when all four of the horse's feet

    馬の4本の足が揃う瞬間があることを証明するために

  • are off the ground at the same time.

    が同時にオフになっています。

  • He went on to make hundreds of series of images of animals and humans in motion.

    彼はその後、動物や人間の動きを撮影した何百ものシリーズを制作しました。

  • It was groundbreaking work

    画期的な作品でした

  • and gave us one of the first opportunities to study the anatomy of motion.

    このようにして、私たちは動きの解剖学を研究する最初の機会を得ました。

  • So I wanted to try and create similar kinds of motion studies

    そこで、同じような動きの研究をしてみたいと思いました。

  • of amputees walking, running, jumping, using this technology,

    この技術を使って、歩いたり、走ったり、跳んだりしている切断者の姿を見ることができます。

  • and to think of them as motion studies of an enhanced human motion.

    と、人間の動きを拡張したモーション・スタディと考えています。

  • One of the things I learned at MIT

    MITで学んだことの一つ

  • was the incredible importance of balance

    バランスの大切さを痛感しました。

  • and the complex system of reactions and muscles

    と、反応や筋肉の複雑なシステム

  • that enable us to stand on two feet.

    私たちが2本足で立っていられるのは

  • Those of us with children will remember with fond nostalgia

    お子さんのいる方は懐かしく思い出されることでしょう。

  • the moment our kids take their first steps.

    子供たちが一歩を踏み出した瞬間に

  • But what we think of as endearing

    しかし、私たちが愛おしいと思うものは

  • is actually an incredible feat of balance and counterbalance.

    は、実際にはバランスとカウンターバランスの驚くべき偉業です。

  • It can be quite daunting.

    それはとても大変なことです。

  • This is my daughter Lorelei standing for the first time

    これは私の娘Loreleiが初めて立った時の写真です。

  • without any support.

    何のサポートもなく

  • It lasted only a few seconds.

    それはほんの数秒のことだった。

  • Dance, in particular,

    特に、ダンス。

  • is all about balance and mastering the fluidity of movement.

    は、バランスと流動性のある動きをマスターすることが重要です。

  • Pollyanna here lost her leg in an accident when she was just two years old.

    ポリアンナは、2歳の時に事故で足を失いました。

  • She's learned to dance with the aid of a blade prosthesis

    刃のついた義足を使ってダンスを覚えた

  • and she now competes in a class alongside nonamputees.

    現在、彼女は非力な人たちと一緒のクラスで戦っています。

  • But the skill of moving around on two legs

    しかし、二足歩行で移動する技術は

  • and navigating often uneven ground

    凹凸の多い地面を移動する

  • is incredibly difficult to replicate.

    を再現するのは非常に困難です。

  • Over at Munich's technical university they've developed LOLA,

    ミュンヘンの工科大学では、LOLAを開発しました。

  • a biped humanoid robot that can move on two legs

    二本足で動くヒューマノイドロボット

  • and make her way around a series of obstacles.

    を使って、いくつもの障害物を回避していきます。

  • As she strides along, she looks powerful and impressive.

    闊歩する姿は力強く、印象的です。

  • But her movement is also somewhat clunky and mechanical

    しかし、彼女の動きはどこか不便で機械的でもあります。

  • and not as spontaneous or unpredictable as that of humans.

    また、人間のように自発的で予測不可能なものではありません。

  • At the end of it all, when she switched off,

    最後に、彼女がスイッチを切ったとき。

  • she hung down on her cables and looked kind of forlorn.

    ケーブルが垂れ下がっていて、なんだか寂しげな印象を受けました。

  • And in that moment, I saw her as more human

    そしてその瞬間、私は彼女をより人間的な存在として見ました。

  • than I had done when she was walking along.

    彼女が歩いていたときよりも。

  • I felt almost sorry that she had been switched off.

    私は、彼女がスイッチを切ってしまったことを申し訳なく思った。

  • Her exterior might be cold and mechanical,

    彼女の外見は、冷たくて機械的かもしれません。

  • but when vulnerable, she looked more real to me.

    しかし、弱っているときの彼女は、私にはよりリアルに見えました。

  • Alex Lewis is a quadruple amputee

    四肢切断のAlex Lewisさん

  • who lost his limbs and part of his face when he fell ill with strep A.

    A型溶連菌に感染し、手足と顔の一部を失ってしまった。

  • One of the most inspiring people I have ever met.

    私がこれまでに出会った中で、最も刺激的な人の一人です。

  • His journey to recovery has been an incredibly tough one.

    彼の回復への道のりは、とてつもなく厳しいものでした。

  • He now has a chip in his arm to open his front door,

    彼は今、腕にチップを埋め込んで玄関を開けています。

  • a set of mechanical arms,

    メカニカルアームのセット。

  • and a handcycle to get around.

    とハンドサイクルで移動しています。

  • Depending on what he is doing,

    彼が何をしているかによる。

  • be it throwing a ball for the dog, riding his handcycle, or even canoeing,

    犬のためにボールを投げたり、ハンドサイクルに乗ったり、カヌーに乗ったりしています。

  • he has a different set of hands that he attach to the end of his arms.

    彼は、腕の先に取り付ける別の手を持っています。

  • It's been a very tough journey,

    とても厳しい旅でした。

  • but the hardships he's faced have given Alex a superhuman ambition.

    しかし、その苦難の中で、アレックスは超人的な野心を持つようになった。

  • He genuinely told me

    彼は純粋に私に

  • that his ordeal is the best thing that ever happened to him.

    この試練は彼にとって最高の出来事であると。

  • He now goes on expeditions, climbing mountains in Africa,

    今ではアフリカの山を登るなど、遠征もしています。

  • he's planning to cycle across Mongolia,

    彼は自転車でモンゴルを横断する予定です。

  • and he works with London's Imperial College,

    と、ロンドンのインペリアル・カレッジと連携しています。

  • helping to develop a motorized hand,

    電動ハンドの開発に貢献しています。

  • much like the legs they are developing at MIT.

    これは、MITで開発されている脚のようなものです。

  • He may be less physically able than before,

    以前よりも身体能力が低下している可能性があります。

  • but understanding his weaknesses

    しかし、彼の弱点を理解する

  • has made Alex emotionally very strong

    アレックスは精神的にとても強くなりました。

  • and opened up a world of opportunity for him.

    と、彼の世界を広げてくれました。

  • It made me realize

    気づかされました。

  • that our emotions and understanding the limits of our physicality

    自分の感情や肉体の限界を理解することは

  • are also a huge part of what makes us strong.

    は、私たちを強くするための大きな要素でもあります。

  • In Osaka

    大阪では

  • I meet professor Ishiguro,

    石黒教授に会う。

  • who makes robots with uncannily human faces and expressions.

    人間離れした顔や表情を持つロボットを製作している、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ。

  • First, I meet Geminoid,

    まず、ジェミノイドに出会う。

  • the robot he created in his own likeness.

    自分に似せて作ったロボットです。

  • On the grid here you can see three pictures of the robot,

    このグリッドには、ロボットの3つの写真が表示されています。

  • one of the professor.

    教授の一人である。

  • Can you tell which is which?

    どれがどれだかわかりますか?

  • One of his more recent creations is Ibuki,

    最近の作品では、「伊吹」があります。

  • a robot made to look like a ten-year-old boy,

    10歳の少年のように作られたロボットである。

  • who can wave and show a range of facial expressions.

    手を振ったり、さまざまな表情を見せることができる人。

  • In those expressions, I saw a certain vulnerability

    その表情には、ある種の弱さを感じました。

  • that made Ibuki feel very real to me.

    そのおかげで、伊吹山がとてもリアルに感じられました。

  • When he was angry or sad, it resonated.

    彼が怒ったり、悲しんだりすると、それが響く。

  • And when he smiled, I wanted to smile back.

    そして、彼の笑顔を見て、私も笑顔になりたいと思いました。

  • I feel I was drawn to Ibuki as I might have been to a real child.

    本当の子供に接するように、伊吹に惹かれた気がします。

  • And at the end of it all,

    そして、その最後に

  • I felt I wanted to thank him or reach out and shake his hand.

    お礼を言いたい、手を差し伸べたい、握手したいと思った。

  • So if understanding the limits of our physicality

    だから、肉体の限界を理解することは

  • can help to make us stronger,

    は、私たちをより強くするのに役立ちます。

  • then seeing the vulnerability in Ibuki's expressions

    そして、伊吹の表情の弱さを見て

  • made him feel more human to me.

    私には彼がより人間らしく感じられました。

  • So where do we go from here?

    では、ここからどうすればいいのか。

  • In Tokyo, I meet professor Takeuchi

    東京では竹内先生にお会いしました

  • who's developed a form of synthetic muscle

    人工筋肉を開発したのは

  • that can respond to an electric pulse

    電気パルスに反応することができる

  • and expand or contract just like a real muscle.

    と、本物の筋肉のように伸縮します。

  • As it does so, the little limb here moves back and forth.

    そうすると、この小さな手足が前後に動きます。

  • Now this sample is only tiny,

    このサンプルはほんのわずかです。

  • but imagine the possibilities

    しかし、その可能性を想像してみてください。

  • if synthetic limbs could be made out of this.

    これで人工的な手足ができたら。

  • And what if that could be combined with the technology

    そして、それが技術と結びついていたらどうでしょう。

  • that reads nerve pulses from the end of an amputee's limb?

    肢体不自由者の手足の先にある神経パルスを読み取る装置。

  • Perhaps it could respond to touch and feel something hot or sharp,

    もしかしたら、触覚に反応して、熱いものや鋭いものを感じるかもしれません。

  • sending a message back up to our brains,

    メッセージが脳に戻ってきます。

  • just like it does in our body.

    私たちの体の中と同じように。

  • Understanding those vulnerabilities would make the technology stronger too.

    脆弱性を理解することで、技術も強くなる。

  • Throughout the course of making this work,

    この作品を作る過程で

  • I've met some incredible people,

    信じられないような人たちとの出会いがありました。

  • both using and creating technology.

    テクノロジーを使うときも、作るときも。

  • I've seen crazy possibilities

    私はクレイジーな可能性を見てきました

  • for how we'll mend and enhance our bodies.

    自分の体をどのように修復し、強化していくのか。

  • But I've also smiled at a robot,

    でも、ロボットに微笑んだこともあります。

  • seen a young girl leap through the air on a blade

    刃物の上で少女が宙を舞うのを見て

  • and shaken the hand of a man with no hands

    手のない人の手を握って

  • who towers emotionally above us all.

    私たちの上に感情的にそびえ立つ人。

  • I'm left in awe of the complexity of the human body.

    人間の体の複雑さに畏敬の念を覚えます。

  • But I also feel that it's not just our bodies,

    しかし、体だけではないということも感じています。

  • bionics or not,

    bionicsかどうか。

  • that make us strong,

    私たちを強くしてくれるもの。

  • but our emotions and understanding our weaknesses.

    が、私たちの感情や弱点を理解することができます。

  • But I'd like to think of these works as studies,

    しかし、私はこれらの作品を研究として考えたいと思います。

  • something that we can come back to

    私たちが戻ってくることができるもの

  • and carefully observe.

    と慎重に観察します。

  • A point in our evolution

    進化のポイント

  • before time runs away with us all.

    時間が経つ前に

  • Thank you.

    ありがとうございました。

Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Joanna Pietrulewicz

転写者:Ivana Korom レビューア:Joanna Pietrulewiczジョアンナ・ピエトゥルレヴィッチ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 動き ロボット 技術 開発 撮影

人間性とテクノロジーの交わりについての考察|オリビア・アーサー (Meditations on the intersection of humanity and technology | Olivia Arthur)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 17 日
動画の中の単語