Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • There must be a logical reason.

    論理的な理由があるはずです。

  • Promise.

    約束です。

  • Shut up.

    うるさい。

  • Welcome to watch Mojo.

    Welcome to watch Mojo.

  • And today we're counting down our picks for the top 20 movies that picked the wrong name.

    そして今日は、「名前を間違えた映画トップ20」を選んでみました。

  • Vin Diesel is triple X.

    ヴィン・ディーゼルはトリプルX。

  • The situation you find yourself in is of your own doing well, last getting as mm for this list, we're looking at movies with inaccurate, misguided or just bad titles that could have used some tweaking.

    このリストでは、タイトルが不正確だったり、見当違いだったり、ただ単に悪いだけだったりして、多少の調整が必要だった映画を取り上げています。

  • Remember that you can't always judge a movie by its title, as some of these are classics.

    これらの中には名作もあるので、映画をタイトルで判断することはできないことを覚えておいてください。

  • Others, however, live up to their poor titles.

    しかし、その他の人たちは、その貧弱なタイトルに見合うだけのものを持っています。

  • What movie do you think picked the wrong name?

    どの映画が間違った名前を選んだと思いますか?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 20 Willy Wonka and the Chocolate Factory, based on the book Charlie and the Chocolate Factory, one might assume that this adaptation is all about Willy Wonka due to the title.

    20位 『ウィリー・ウォンカとチョコレート工場』 原作は『チャーリーとチョコレート工場』で、タイトルからしてウィリー・ウォンカの話だと思われるかもしれません。

  • Yes, the danger must be growing for the rowers keep on rowing, and they're certainly not showing any signs that they are slowing.

    そう、漕ぎ続けることで危機感を募らせているはずなのに、一向に衰える気配がない。

  • Yet Charlie remains the true focus throughout, and the mysterious Candy Man doesn't appear until the second act.

    しかし、あくまでもチャーリーが主役であり、謎のキャンディマンは第2幕まで登場しません。

  • The title was apparently changed to promote Quaker Oats tie in Walk a Bar, which didn't even end up in stores while Charlie reclaimed his titular character status and the Tim Burton reimagining that film arguably put more emphasis on Johnny Depp.

    このタイトルは、クエーカーオーツ社の「ウォーク・ア・バー」の宣伝のために変更されたようだが、チャーリーが主人公の地位を取り戻し、ティム・バートン監督が再映画化した同作品では、間違いなくジョニー・デップがより強調されていたため、店頭に並ぶこともなかった。

  • Swaqa Well, that's getting as Number 19 Arthur Christmas.

    Swaqa さて、これで19番のアーサー・クリスマスになった。

  • Okay, let's show them people.

    よし、人に見せよう。

  • Operation Santa Claus is coming to town centered on Santa's Son.

    サンタの息子を中心としたサンタクロース作戦が町にやってくる。

  • This underrated Christmas movie deserves a wider audience.

    この過小評価されたクリスマス映画は、もっと多くの人に見てもらうべきです。

  • We think the title may have contributed to its financial failure.

    このタイトルが経営破綻の原因になったのではないかと考えています。

  • We get that Arthur Christmas derives from Father Christmas, the English name for Santa Claus.

    アーサー・クリスマスは、サンタクロースの英語名であるファーザー・クリスマスに由来していることがわかります。

  • Since Arthur's surname is Clause, though, shouldn't it be called Arthur Clause?

    アーサーの苗字がクローゼなのだから、アーサー・クローゼと呼ぶべきではないか。

  • Who knows?

    誰にもわからない。

  • Maybe the filmmakers wanted to avoid comparison to Fred Claus, but everyone seems to confuse this movie with the art bark and Dudley Moore, character number 18 tangled.

    製作者はフレッド・クロースとの比較を避けたかったのかもしれないが、みんなこの映画をアートバークとダドリー・ムーア、キャラクターナンバー18の絡みで混同しているようだ。

  • Alright, listen, I didn't want to have to do this, but you leave me no choice.

    わかった、聞いてくれ、こんなことはしたくなかったんだが、君には選択肢がないんだ。

  • Here comes the smolder.

    スモルダーの登場です。

  • Based on a fairy tale called Rapunzel, about a character named Rapunzel, this Disney film was naturally going to be called Rapunzel.

    ラプンツェルというおとぎ話をベースに、ラプンツェルというキャラクターを描いたこのディズニー映画は、当然「ラプンツェル」という名前になるはずでした。

  • After the Princess and the Frog underperformed, however, Disney gave Rapunzel a more gender neutral title tangled, So I have made the decision to trust you horrible decision.

    しかし、『プリンセスとフロッグ』が不振だったため、ディズニーはラプンツェルに、よりジェンダーにとらわれないタイトル『tangled』を与えました。だから私は、あなたの恐ろしい決断を信じることにしました。

  • Many audiences and even Disney animators like Floyd Norman found the change unnecessary, but it kicked off a trend, with the Snow Queen becoming frozen.

    多くの観客や、フロイド・ノーマンのようなディズニーのアニメーターでさえ、この変更は不要だと考えていたが、雪の女王が冷凍されるというトレンドの火付け役となったのである。

  • What's next, a Princess and the Frog series just called Tianna?

    次は、Tiannaという名前だけの「Princess and the Frog」シリーズですか?

  • Oh, wait, Number 17 Army of Darkness.

    あ、待って、17番のArmy of Darkness。

  • You names as Yeah, housewares.

    You names as Yeah, housewares.

  • We love the evil dead movies, but the titles can be confusing.

    EVIL DEADの映画は大好きですが、タイトルがわかりにくいのが難点です。

  • Evil Dead Two is more of a remake slash parody of its predecessor than a sequel, while the third film is a direct follow up.

    イービル・デッド2』は続編というよりも前作のリメイク・スラッシュ・パロディであり、3作目は直接的なフォローアップとなっている。

  • You wouldn't guess that based on the name being such a departure, we suppose evil Dead three wasn't the most appropriate title.

    名前からは想像できませんが、"evil Dead 3 "というタイトルは適切ではなかったようです。

  • Since it's part of the evil dead franchise, though we think Army of Darkness should have kept its original title.

    しかし、「アーミー・オブ・ダークネス」は原題のままでよかったのではないでしょうか。

  • Medieval Dead Number 16, Triple X.

    中世デッドナンバー16、トリプルX

  • This is one of those movies where you need the announcer to clarify the title in the trailer.

    この映画は、予告編でタイトルを明確にするためにアナウンサーが必要な映画の一つです。

  • Vin Diesel is Triple X, shaken and stirred.

    Vin DieselはTriple Xであり、シェイクしてかき混ぜる。

  • If you looked at the poster, one might assume that it's called XXX as opposed to Triple X.

    ポスターを見ると、「Triple X」ではなく「XXX」と書かれていると思われるかもしれない。

  • We also wouldn't be surprised if a few people thought the film was about an alcoholic beverage or the kind of movie you'd find in the adults only section of a video store, Grand theft auto, reckless endangerment.

    また、この映画をアルコール飲料の話だと思った人が少なからずいたとしても不思議ではないし、ビデオショップの大人専用コーナーにあるような映画、Grand theft auto, reckless endangerment(無謀な危険行為)だと思った人がいたとしても不思議ではない。

  • And that little bridge stunt of yours makes you a three time loser.

    そして、あなたのその小さな橋のスタントは、あなたを3度の敗北者にします。

  • Maybe you ought to call yourself Triple X.

    トリプルXと名乗った方がいいかもしれません。

  • Why not just call it Xander Cage Number 15.

    ザンダー・ケイジ・ナンバー15」と呼べばいいんじゃないかな。

  • War for the Planet of the Apes.

    War for the Planet of the Apes」です。

  • All right, Not start this war.

    よし、この戦争を始めるな

  • This otherwise amazing trilogy has its titles all mixed up.

    この素晴らしい3部作は、タイトルがごちゃごちゃになっています。

  • The first film should have had gone in the title as The Planet of the Apes was just beginning.

    第1作目は、『猿の惑星』が始まったばかりなので、タイトルに入れておくべきでした。

  • The second film should have had war in the title as the conflict between the humans and apes started to escalate to look one war, then the third film should have been Rise of the Planet of the Apes as the evolved primates inherit the Earth, humans once ruled there we fixed it.

    第2作目は、人間と猿の争いがエスカレートして1つの戦争のようになったので、タイトルに「戦争」を入れるべきでした。そして第3作目は、進化した霊長類が地球を継承し、かつて人間が支配していた場所を我々が修復するという「猿の惑星の台頭」にすべきでした。

  • Number 14, Brazil.

    14番、ブラジル

  • It's hard to describe this utterly unique sci fi satire in one word.

    この全くユニークなSF風刺を一言で表現するのは難しい。

  • Likewise, the title does little to reflect the plot.

    同様に、タイトルはプロットをほとんど反映していません。

  • The movie doesn't take place in Brazil, center on a character from Brazil or have anything to do with the country.

    この映画は、ブラジルが舞台でもなければ、ブラジル人のキャラクターが中心でもなく、ブラジルとは何の関係もありません。

  • Oh, while the name stems from the song Acquavella do Brasil, which is featured in the movie it still comes off as misleading.

    この名前は、映画の中で使われている「Acquavella do Brasil」という曲に由来していますが、誤解を招く恐れがあります。

  • Given its offbeat tone, however, you could argue that having the wrong name feels kind of right.

    しかし、その明るい雰囲気からすると、名前を間違えることは正しいことのようにも思えます。

  • Number 13.

    13番です。

  • The Never ending story We understand that this fantasy movies title wasn't meant to be taken literally.

    The Never Ending Story このファンタジー映画のタイトルは、文字通りの意味ではないと理解しています。

  • There are many different ways to interpret the stories, never ending nature.

    物語の解釈には様々な方法があり、終わりのない自然。

  • You come any closer, I will rip you to French.

    それ以上近づいたら、フランス人に裂いてやる。

  • At the end of the day, though, the movie concludes after 94 minutes.

    結局、映画は94分で終わってしまうのだが。

  • To paraphrase Lionel Huts, that's fraudulent advertising.

    ライオネル・ハッツの言葉を借りれば、それは詐欺的な広告です。

  • This is the most blatant case of fraudulent advertising since my suit against the film.

    これは、私がこの映画を訴えて以来、最も露骨な不正広告の事例です。

  • The never ending story.

    終わりのない物語。

  • If you really don't want the story to end, there are two Sequels and an animated series.

    どうしても物語を終わらせたくない場合は、2つの続編とアニメシリーズがあります。

  • You know what?

    知っていますか?

  • You're better off stopping where the first film ended.

    1作目が終わったところで止めておいた方がいい。

  • Inaccurate title aside, Number 12.

    不正確なタイトルはさておき、12番。

  • Honey, I blew up the kid, All right, I confess, I did it.

    ハニー、僕は子供を吹き飛ばしたんだ。 わかった、告白するよ、僕がやったんだ。

  • Did what?

    何を?

  • Big Bill.

    ビッグ・ビル

  • I blew up the baby where the first film had Wayne Zelinsky shrink his kids.

    1作目でウェイン・ゼリンスキーが子供を縮めていたところの赤ちゃんを爆破した。

  • The sequel sees his two year old son grow to the size of a building.

    続編では、2歳の息子がビルの大きさにまで成長する様子が描かれている。

  • Adam, don't touch the guitar.

    アダム、ギターに触らないで。

  • Yeah, no, Adam Adam put down the guitar.

    ああ、いや、アダムアダムはギターを置いた。

  • The title suggests something much darker.

    タイトルからして、もっと暗い感じがします。

  • When we first heard it, we all jump to the conclusion that Zelinsky literally blew up his kid to smithereens.

    最初に聞いたとき、誰もがゼリンスキーが自分の子供を文字通り吹き飛ばして粉々にしたという結論に達する。

  • Obviously, that wasn't going to happen in a Disney movie, but the title could have clarified.

    もちろん、ディズニー映画ではありえないことですが、タイトルで明確にすることができました。

  • Then again, Honey, I enlarged.

    そしてまた、ハニー、私は拡大しました。

  • The kid isn't nearly as attention grabbing number 11.

    この子は11番のように注目されるようなことはありません。

  • Romancing the Stone.

    ロマンシング・ザ・ストーン

  • Alright, cousin.

    わかったよ、いとこ。

  • As usual, you've got us in some serious here.

    いつものように、あなたは私たちを深刻にさせています。

  • This Robert Zemeckis film is an adventure in the spirit of Indiana Jones.

    ロバート・ゼメキス監督の本作は、「インディ・ジョーンズ」の精神を受け継いだ冒険物語です。

  • Although the screenplay was written five years before Raiders of the Lost Ark based on the title, one would expect a ROM com centering on someone attempting to literally strike up a relationship with an actual stone or some sort of stone creature.

    脚本は『失われたアーク』の5年前に書かれたものだが、タイトルからして、実際の石や石の生物と文字通り関係を築こうとする人を中心としたロムコメを期待してしまう。

  • Jesus Christ, we're in a lot of trouble.

    イエス・キリスト、私たちは大変なことになっている。

  • Understatement of the year, asshole.

    今年の下馬評、アホですね。

  • Sure, there's romance.

    もちろん、ロマンスもあります。

  • There is a stone and Jewelers may appreciate the title.

    石があり、Jewelersはタイトルを評価するかもしれません。

  • Death of the Green Jewel would better reflect its adventurous tone, though Number 10 The Constant Gardener.

    Death of the Green Jewel」は、「Number 10 The Constant Gardener」よりも、その冒険的なトーンを反映しています。

  • Look, old chap, do you think it stopped at that moment?

    いいか、老いぼれ、その瞬間に止まったと思うか?

  • Something wrong?

    どうしたの?

  • Going into this thrilling drama, we anticipated something a tad more tranquil.

    このスリリングなドラマには、もう少し静かなものを期待していました。

  • Gardening is such a peaceful activity.

    ガーデニングはとても穏やかな活動です。

  • We figured that the biggest conflict would be Peter Rabbit eating some of refines carrots.

    私たちは、ピーターラビットがリファインのニンジンを食べてしまうことが最大の争いになると考えました。

  • Either that, or maybe his azaleas might get stepped on.

    それか、彼のツツジが踏まれるかもしれない。

  • That title did not prepare us for a movie where finds is widowed and a corporate scandal is unearthed.

    このタイトルでは、未亡人の発見と企業のスキャンダルが明らかになるという映画への準備ができていませんでした。

  • Although there is gardening, it ties in, more figuratively to the hero's journey.

    ガーデニングもありますが、それはより比喩的な意味でのヒーローの旅と結びついています。

  • Don't try and play.

    試しに遊んでみてはいかがでしょうか。

  • Detective number nine.

    探偵ナンバー9。

  • Book of Shadows, Blair Witch, too.

    Book of Shadows、Blair Witchも。

  • You know, if you don't believe in The Blair Witch and why the hell did you bother to come?

    ブレア・ウィッチを信じていない人は、なぜわざわざ来たのか、ということですよね。

  • I thought the movie was cool coming off.

    降りてくる映画はかっこいいと思いました。

  • It's immensely popular predecessor.

    絶大な人気を誇った前作。

  • We were intrigued to find out what the Book of Shadows was.

    私たちは、「影の書」とは何かを知りたいと思いました。

  • More than 20 years later.

    それから20年以上が経過しました。

  • We still don't know what the Book of Shadows is.

    影の書」が何であるかはまだわからない。

  • It is never mentioned or seen in the film despite popping up in the teaser.

    ティーザーでは登場したものの、映画の中では言及されず、見られない。

  • Perhaps the title was a gimmick to attract the charmed audience.

    もしかしたら、このタイトルは魅せるためのギミックだったのかもしれません。

  • In any case, why does the subtitle come first?

    いずれにしても、なぜ字幕が先なのか?

  • It should at least be Blair Witch to Book of Shadows.

    せめてブレアウィッチ→ブックオブシャドウズにしないと。

  • What is this?

    これは何ですか?

  • What did you make us do?

    私たちに何をさせたの?

  • Number eight Edge of Tomorrow.

    8位 エッジオブトゥモロー

  • Based on the light novel, all you need is kill.

    ライトノベルをベースに、殺すだけでいい。

  • Most audiences underestimated the sci fi flick due to its marketing, It's obvious I don't belong here, so please, Sergeant, there has to be a way to make a phone call.

    ほとんどの観客は、そのマーケティングのために、このSF映画を過小評価していました。私がここに属していないのは明らかなので、どうか軍曹、電話をかける方法があるはずです。

  • An uninspired title like Edge of Tomorrow doesn't represent the film's inventive screenplay or cool action.

    エッジ・オブ・トゥモロー」のようなセンスのないタイトルは、この映画の独創的な脚本やクールなアクションを表していません。

  • Doug Liman wanted to call the film Live, Die Repeat, although the studio didn't take his suggestion until the film's home media release.

    ダグ・ライマンはこの映画を「Live, Die Repeat」と呼びたいと考えていたが、スタジオ側はこの映画がホームメディアでリリースされるまで、彼の提案を受け入れなかった。

  • If that sequel is still happening, please keep the reported title.

    その続編がまだ続いているのであれば、報告されたタイトルのままでお願いします。

  • Live, Die, repeat and repeat.

    Live, Die, repeat and repeat。

  • We wonder what the third movie's title is going to be.

    3作目のタイトルは何になるのだろう。

  • Listen to me, Listen to me.

    Listen to me, Listen to me.

  • Neither one of us is getting out.

    二人とも出てこない。

  • Number seven Avengers Age of Ultron.

    第7位 アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン

  • Whenever the Avengers assemble, we expect epic things.

    アベンジャーズが集結するときは、いつも壮大な展開が期待されます。

  • While Age of Ultron is by no means small in scale, the story doesn't quite live up to its intimidating title wouldn't have been my first call, but down in the real world we're faced with ugly choices.

    エイジ・オブ・ウルトロン」は決してスケールが小さいわけではありませんが、その威圧的なタイトルに見合うだけのストーリーにはなっていません。私が最初に判断したわけではありませんが、現実の世界では醜い選択を迫られます。

  • To make matters confusing, The movie also shares the same title as a Marvel Comics crossover event, which has a completely different story line.

    さらに、この映画は、マーベル・コミックのクロスオーバー・イベントと同じタイトルですが、ストーリーラインは全く異なっています。

  • Although the minds behind the movie said it would have a different plot, why didn't they just come up with a new title.

    この映画を作った人たちは、別のプロットにすると言っていたが、なぜ新しいタイトルを考えなかったのだろうか。

  • It's also not exactly Age of Ultron, seeing as how the Avengers defeat him in a few days tops.

    また、アベンジャーズがわずか数日でウルトロンを倒していることから、正確には「エイジ・オブ・ウルトロン」ではありません。

  • Well, that was easy, even with the benefit of hindsight.

    まあ、後から考えても簡単なことでした。

  • Mhm Number six, Bambi two.

    Mhm 6番、Bambi 2番。

  • For a dark period, Disney had a habit of releasing direct to video Sequels to their animated classics.

    ディズニーは一時期、名作アニメの続編をダイレクト・トゥー・ビデオで発表する習慣があった。

  • It's difficult to explain.

    説明するのは難しいですね。

  • Oh, at least some of them were Sequels.

    ああ、少なくともいくつかの作品はSequelsだった。

  • Others took place somewhere in the middle of their predecessors like Tarzan, too, and Fox and The Hound to Bambi two is an inter cual that fills the gap between the emotional scarring and the titular dear getting Twitter pated Twitter page.

    また、「Tarzan」のように前作のどこかで行われたものもあり、「Fox and The Hound」から「Bambi two」までは、心の傷と主人公の親愛なる人がツイッターで話題になるというギャップを埋めるインターキュラーな作品です。

  • Despite the two, it's no sequel.

    2にもかかわらず、続編ではありません。

  • At least The Lion King 1.5 was honest.

    少なくとも『ライオンキング1.5』は正直だった。

  • Number five.

    5番です。

  • I Still Know What You Did Last Summer.

    I Still Know What You Did Last Summer.

  • This slasher sequel takes place a year after the first film, so technically it should be called I know What you Did two summers ago.

    このスラッシャー映画の続編は1作目の1年後が舞台なので、厳密には「2年前の夏に君がしたことを知っている」と言うべきなのだが。

  • I know what you did last summer to also would have made more sense.

    去年の夏にやったことも、もっと意味のあることだったと思います。

  • As is, the title is about as competent as our main characters who think the capital of Brazil is Rio de Janeiro.

    このままでは、ブラジルの首都がリオデジャネイロだと思っている主人公たちと同じくらいの実力を持ったタイトルになってしまいます。

  • I don't know.

    わからないですね。

  • Did you say Rio?

    リオと言いましたか?

  • No.

    いいえ。

  • Yes, yes, yes.

    はい、はい、はい。

  • Magic 96.

    マジック96です。

  • It's actually Brasilia, by the way.

    ちなみに、実際にはブラジリアです。

  • Hey, maybe this movie should have been called Brazil.

    そうだ、この映画は「ブラジル」と呼ぶべきだったのかもしれない。

  • We didn't even answer the radio question, right?

    ラジオの質問にも答えていませんよね?

  • This whole thing was a setup.

    すべては仕組まれたものだったのだ。

  • Number four saw the final chapter.

    4番は最終章。

  • If Friday the 13th taught us anything, it's that the final chapter is never the final chapter, at least not in the horror genre.

    13日の金曜日』が私たちに教えてくれたことは、最終章は決して最終章ではない、ということです。

  • The situation you find yourself in is of your own doing.

    自分の置かれている状況は、自分で作ったものです。

  • Nevertheless, the Saw franchise continued this gimmick with its quote unquote final chapter, despite being followed by 2017 Jigsaw, with more films coming adding to the confusion, the film is alternatively known as Saw three D, which just gets us mixed up with Saw three.

    しかし、「ソウ」シリーズは、2017年の「ジグソウ」に続いて、この「ソウ」シリーズの最終章と言っても過言ではないほどのギミックを継続しており、さらに多くの作品が登場して混乱を招いている。

  • Why wasn't the movie simply called Saw seven?

    なぜ「ソウ・セブン」と呼ばれなかったのか?

  • It's quite flattering how many people have responded to my story, and if I can help a few people along the way, then then I I'm pleased.

    私の話に多くの人が反応してくれたことはとても嬉しいことですし、その過程で何人かの人の役に立てれば、それはそれで嬉しいことです。

  • Number three, Troll two.

    3番、トロール2番