Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My first Conan invitation to showcase for Conan,

    初めてのコナンの招待状で、コナンのショーケースになりました。

  • I could not come and showcase the live show cases

    私は、ライブの事例を紹介することができませんでした。

  • because I did not want to break my contract

    契約を破棄したくなかったからです。

  • with the University of Superior, University

    スーペリア大学との共同研究、大学

  • of Wisconsin at Superior, performing in their cafeteria.

    of Wisconsin at Superiorのカフェテリアで演奏しました。

  • I'm like, guess these non-traditional students

    私は、これらの非伝統的な学生を推測するように

  • are getting my Conan showcase set tonight.

    は、今夜、コナンのショーケースセットを手に入れます。

  • So, so I appreciate you keeping up with me.

    だから、だから、私に付き合ってくれてありがとう。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • [J.P.] A lot of work goes into a short,

    J.P.】ショートにはたくさんの仕事があります。

  • late night, stand up set.

    レイトナイト、スタンドアップセット

  • Join me, J.P. Buck, as I spotlight the comedians

    私、J.P.バックと一緒に、コメディアンにスポットを当ててみましょう。

  • who came up with some of my favorite Conan sets.

    私の好きなコナンのセットを考えてくれたのは、この人です。

  • This is, The Setup.

    これは、「The Setup」です。

  • [Conan] Please welcome, the very funny Mary Mack.

    コナン】とても面白いメアリー・マックさんをお迎えしましょう。

  • I'm trying to remember when you and I first met,

    あなたと初めて会った時のことを思い出そうとしています。

  • like I feel like, if I go back I feel like

    感じ、もし戻ったら......という気持ちになる。

  • my mind was erased at some point

    私の心はいつの間にか消されていた

  • because I feel like you've always been

    なぜなら、あなたはいつも

  • in my comedy world.

    私のお笑いの世界では

  • Yes, yeah.

    はい、そうです。

  • Like, I can't remember a time when

    思い出せないようなことがあっても

  • I didn't know you as a comic.

    漫才師としてのあなたを知りませんでした。

  • Somebody recommended me for Andy Kaufman,

    誰かが私をアンディ・カウフマンに推薦してくれました。

  • Andy Kaufman awards in, um, that year was

    アンディ・カウフマン賞を受賞したのは、その年の

  • at the HBO comedy festival in Vegas that year.

    は、その年にラスベガスで開催されたHBOのコメディーフェスティバルに参加しました。

  • The Andy Kaufman awards were established

    アンディ・カウフマン賞の創設

  • by Andy's family years ago.

    数年前にアンディの家族によって

  • And to try and recognize people

    そして、人々を認識するために

  • that maybe the mainstream was ignoring.

    メインストリームが無視していたかもしれない

  • And what was great is the show that I got to

    そして素晴らしかったのは、私が参加したショーの

  • produce was hosted, and we got co-hosts Reggie Watts

    のプロデュースが司会を務め、共演者のレジー・ワッツさんには

  • and Kristen Schaal hosted the show.

    とKristen Schaalがホストを務めました。

  • And I remember so many people afterwards came back

    そして、その後、多くの人が戻ってきたことを覚えています。

  • and were just telling me about how great you were.

    と、あなたの素晴らしさを語っていました。

  • I remember the first comment I ever saw of yours about me

    私が初めて見たあなたの私に対するコメントを思い出します。

  • was, she's interesting (laughing)

    は、彼女は面白いですね(笑)。

  • Whoa, yeah, encourage me no further.

    おっと、そうか、これ以上は励まさないでくれ。

  • Like I was like, that's the best comment I ever got.

    今までで最高のコメントだと思いました。

  • All anybody ever said was, they'll never get it.

    誰もが言っていたのは、「彼らには理解できないだろう」ということだった。

  • You won't fit, I'm like, that's strange.

    あなたは合わない、私はそれが奇妙だと思います。

  • They say people will never get it because

    人々はそれを手に入れることができないと言いますが、それは

  • I've done shows in all the States

    私はすべての国でショーを行いました。

  • and seems like we all have a pretty good time.

    と、みんなでワイワイやっているようです。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • Back then, submissions where, I had a lot

    あの頃、投稿場所には、たくさんの

  • of submissions through VHS tapes.

    VHSテープによる投稿の

  • I think that's what my first, the first things you said

    思うに、私の最初の、あなたが言った最初のことは

  • to me, I think were on VHS.

    はVHSだったような気がします。

  • After VHS it transitioned over to DVD

    VHSの後はDVDに移行した

  • and that became a lot easier to keep.

    と言って、それをキープするのが楽になりました。

  • Yeah.

    うん。

  • So I have, this is book three of a library of DVD

    だから、私は、これは、DVDのライブラリの3冊目です。

  • submissions I got,

    提出したもの

  • I've actually looked, there's, there's the first person

    実際に見てみると、そこには、最初の人物がいます。

  • in this book.

    この本では

  • It's the M book starts with Mary Mack and there are four.

    メアリー・マックで始まるM本で、4冊あります。

  • And then there are like, there are 12.

    そして、12人になりました。

  • Now total.

    今の合計。

  • 12! You can never throw those out

    12!捨てるに捨てられない

  • cause I don't have copies, I don't have copies.

    Cause I don't have copies, I don't have copies.

  • Boy, I'm surprised I didn't send you like reel

    驚いたことに、私はあなたにリールのようなものを送っていませんでした。

  • to reel or cassette tapes or Beta.

    をリールテープやカセットテープ、ベータに録音します。

  • Okay, but thanks for keeping those.

    わかった、でもそれを持っていてくれてありがとう。

  • So we met 2007, you weren't on the show until 2016.

    2007年に出会って、あなたが番組に出演したのは2016年だったんですね。

  • You sent me an email and apologized

    あなたは私にメールを送り、謝罪しました

  • The 8 years that you were busy.

    忙しかった8年間。

  • You noted in here, you say the jokes

    あなたはここに注目し、ジョークを言う。

  • in the following set had been tried

    以下のセットを試してみました。

  • out in 34 of the United States, Canada and Mexico

    米国、カナダ、メキシコの34カ国で展開

  • and seemed to hit in all the places.

    と、すべての場所でヒットしていたようです。

  • I know, I do my own scientific experiments,

    私は自分で科学実験をしていますからね。

  • like I don't feel good about a joke going on TV.

    のように、ジョークがテレビに出るのを快く思わない。

  • I feel like I need to try it in at least 11 States.

    最低でも11カ国で試してみたい気がします。

  • Like that's my minimum States.

    それが私の最低ラインであるように。

  • I need to know because it's a thing cause I grew up

    私が育った時代のことなので、知っておく必要があります。

  • as a kid in very sheltered area.

    子供の頃、非常に保護された場所にいました。

  • So even still some of my words aren't the right words

    だから、今でも私の言葉は正しい言葉ではないことがある。

  • that people in other States understand.

    他の国の人々が理解できるように。

  • So I have to do all these like trial and error.

    そのため、試行錯誤しながらやっています。

  • Like I keep little logs, but that's what comedy is.

    小さなログを残しているようなものですが、それがお笑いなのです。

  • It's just this experiment.

    この実験だけです。

  • And then, you know, yeah, it's interesting.

    そうすると、ほら、面白いじゃないですか。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • You know, how I warmed up to do it was we went down

    そのためのウォーミングアップとして、私たちは下に降りました。

  • and we were doing nine shows at the Clay County Fair

    クレイ・カウンティー・フェアで9回のショーを行っていました。

  • in Spencer, Iowa, which is the largest County Fair,

    アイオワ州スペンサーで開催される、最大のカウンティー・フェアです。

  • I'm sorry, sorry to brag everybody,

    皆さん、自慢してすみませんでした。

  • but the largest County Fair in the Country, J.P.

    が、国内最大のカウンティフェアであるJ.P.

  • Really!

    本当に!?

  • Yup. Yup. So I do three days

    Yup.Yup。だから私は、3日間

  • and I do three shows a day and clean to farmers

    1日に3回のショーをこなし、農家の方には掃除をしています。

  • and the lion trainer from, there's tigers next door

    ライオンのトレーナーが「隣には虎がいる」と言っていました。

  • to me all the time.

    いつも私に

  • I have to always be more entertaining than tigers.

    虎よりも常にエンターテインメント性を追求しなければならない。

  • Otherwise nobody's going to come.

    そうしないと誰も来てくれません。

  • That's a lot of pressure.

    それは大変なプレッシャーです。

  • So I did my Conan set up top, every show, for nine show,

    それで、コナンのセットを上に置いて、毎公演、9回のショーを行った。

  • three shows a day, three, three days, nine shows.

    1日3回、3、3日で9回のショーを行う。

  • And for the first five minutes of every show,

    そして、すべてのショーの最初の5分間。

  • I got complete silence to that set.

    私はそのセットに完全な沈黙を得た。

  • And I was like, I think it's good.

    そして私は、「いいと思うよ。

  • Cause I was like, I think that if they don't like it,

    私は、もし彼らが気に入らなければ、と考えていました。

  • it's probably going to be good.

    きっといいことがあるはずです。

  • So, (laughing) That was like my rationale.

    笑)それが私の根拠のようなものでした。

  • That's the good, those are the real people.

    それがいい、それが本物の人間だ。

  • Right? So like if I do some jokes in a

    そうですね。でジョークを言っても、それはそれでいいんです。

  • a room of just comics and they like them,

    マンガだけの部屋を作って、それを気に入ってもらう。

  • I'm not going to do those jokes on TV, most likely

    私はテレビでそのようなジョークをするつもりはありません、たぶん

  • or even in a, like at a corporate or venue, I'm like, Oh

    たり、企業や会場でも、「あ

  • all the comics like these then I don't think it's okay.

    のような漫画ばかりになってしまってもいいとは思いません。

  • Because you're not playing to the real people.

    なぜなら、あなたは本物の人々を相手にしていないからです。

  • You're just playing to the other scientists.

    他の科学者に踊らされているだけだ。

  • And so I got to get those real people in there.

    それで、本物の人たちをそこに入れることになった。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • Uh, so excited to be here.

    あー、ここに来られてとても嬉しいです。

  • I have two degrees in clarinet so, that's why I do comedy.

    私はクラリネットの学位を2つ持っているので、それでコメディをやっているのです。

  • Ah, clarinet never came in handy

    ああ、クラリネットは役に立たなかった

  • for anything unless maybe like you're driving

    あなたが運転しているような場合を除いて、何かのために

  • and then you hit a deer and you don't have a crowbar

    バールを持っていないのに鹿を轢いてしまった時は

  • in your trunk to put it out of its misery.

    をトランクに入れて悲惨な目に遭わせます。

  • Yup. Yeah.

    Yup.うん。

  • Last time I hit a deer, I had my clarinet with me

    この前、鹿にぶつかった時は、クラリネットを持っていました。

  • and I only got through like two songs

    2曲くらいしか聴けなかったけど

  • and he was out.

    と言って出てきました。

  • I think that was a good way to start it out.

    それがいいきっかけになったのではないでしょうか。

  • Just tell us a little bit about ya and then

    あなたのことを少しだけ教えてください。

  • and then your humor is there.

    そして、あなたのユーモアがそこにあります。

  • Cause it's dry and yeah, it was, I liked,

    乾燥しているので、そうですね、私は好きでした。

  • I still that's one of the jokes they still use.

    これは今でも使われているジョークの一つです。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • You have your own sort of way of talking.

    あなたにはあなたなりの話し方があります。

  • You have your, you have, you know, you've

    あなたの、あなたの、あなたの、あなたの知っている、あなたの

  • you've got an accent and it's like,

    訛りがあっても、それはそれでいい。

  • What accent J.P.?

    J.P.のアクセントは?

  • I think I just tried to be as much me as possible.

    私は、できるだけ自分らしくありたいと思っていたと思います。

  • And I just kind of like after years of like places saying,

    そして私は、何年にもわたって様々な場所で言われ続けてきたことを思い出しました。

  • can you, can you work on your O's?

    あなたは、あなたのOのために働くことができますか?

  • No. So, I mean, just like after years of rejection

    いいえ、つまり、何年も拒絶されてきたように

  • you just have to accept yourself.

    自分を受け入れるしかないのです。

  • The farther along I got in comedy, it was okay.

    お笑いの道に進むほど、それは大丈夫でした。

  • I felt it was really okay.

    本当に大丈夫なのかと感じました。

  • Just to be honest about, you know

    ただ、正直なところ、あなたは

  • I talk a lot about the alcoholism in my family,

    私は、家族のアルコール依存症についてよく話します。

  • growing up poor my own experiences with therapies

    growing up poor 私自身のセラピストとしての経験

  • and stuff like that.

    などと言っていました。

  • And, and all I can do is just be myself and

    そして、私にできることは、自分自身であることと

  • and luckily it's a little bit entertaining at times.

    で、幸いなことに、時にはちょっとしたエンターテインメントになっています。

  • I had a bad critique one time that said of some other show,

    ある時、他の番組のことを言われてひどい批評をされたことがあります。

  • it's the lady was like, "It's like she doesn't even know

    その女性は「まるで彼女は自分のことを知らないみたい」と言っていました。

  • what she's going to say next."

    彼女が次に何を言おうとしているのか」。

  • And I was like, that's the whole point!

    そして私は、それこそが重要なのだと思いました。

  • That's what I'm trying to go for!

    それを目指しているのです。

  • Well, she got it she just didn't realize she got it.

    しかし、彼女はそれに気づかなかっただけなのです。

  • Yeah, She got it and hated it.

    ええ、彼女はそれを手に入れて、嫌いになりました。

  • A lot of people don't know I have jokes because

    多くの人は、私がジョークを持っていることを知りません。

  • they're just sentences, you know?

    ただの文章ですからね。

  • And sometimes if you said a sentence and didn't really

    また、たまに文章を言っても、実際には

  • like ham it up on that sentence,

    その文面には、「HAM IT UP」のような

  • people wouldn't be aware that was a joke.

    の人は、それが冗談だとは気づかないでしょう。

  • Like a lot of people don't believe in antidepressants,

    多くの人が抗うつ剤を信じていないように。

  • but for a while my mom had taken them

    しかし、しばらくの間、私の母がそれらを取っていました。

  • and I felt great.

    と気分が良かったです。

  • Um,um.

    あの、あの。

  • Like if you say it like that, sometimes people would just

    そんな風に言ってしまうと、たまに人が

  • be like, Oh, that's not very nice, but you know

    と言われ、「ああ、それはあまりいいことではないな」と思いました。

  • it's a comedy set.

    コメディーセットです。

  • They're ready for comedy.

    お笑いの準備はできています。

  • So, so they get it at night and I hammed it up enough.

    だから、夜になると、十分にハマリます。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • And then, Ah, your cute,

    そして、「ああ、あなたのかわいい。

  • That was the worst applause break ever on this show.

    この番組史上最悪の拍手喝采でした。

  • (applause)

    (拍手)

  • Tall, tall drink of water over there. Huh? (applause)

    背の高い、背の高い水の飲み物がそこにある。はぁ?(拍手)

  • Andy Richter. (laughing)

    アンディ・リヒター(笑)

  • You can tell Conan loved the idea that you were

    コナンがあなたのことを気に入ってくれたのが伝わってきます。

  • doing a little bit of like pulling him closer

    少しずつ引き寄せられるようにして

  • and then hitting, you know, knocking them down.

    そして、それを叩いて、倒していく。

  • with that tall drink of water.

    その背の高い水を飲みながら

  • And he just goes, he was just like, yes yes.

    そして、彼はただ「はいはい」と言っていました。

  • And you know Andy Richter.

    そして、アンディ・リヒターを知っている。

  • In a situation like that where people

    そのような状況の中で、人々は

  • were like, is it okay to clap?

    は、拍手してもいいのかな?

  • We don't know if we should laugh or clap or,

    笑っていいのか、拍手していいのか、わからない。

  • And so I'm like, Oh no, that was weird.

    そうすると、「いやぁ、変だったなぁ」と。

  • I got to put everybody on the same page again

    みんなが同じページに戻ってくるようになった

  • like I got to restart it

    再起動するようになった

  • so that people feel okay with whatever their response is.

    どんな反応をしても大丈夫だと思ってもらえるように。

  • So, so then I just, I just acknowledge it anytime.

    だから、私はいつでもそれを認めます。

  • And even when I'm doing a live show I'm like, Oh man

    そして、ライブをやっていても、「やれやれ」という感じです。

  • I hope something weird happens.

    何か変なことが起こるといいですね。

  • So that even when I'm even, I know this was a live show

    これで、たとえ私が死んでも、これはライブだとわかる。

  • but when I'm doing my regular club shows, I'm like

    しかし、通常のクラブでのライブでは、私は

  • I hope something weird happens.

    何か変なことが起こるといいですね。

  • So we all have something to talk about.

    だからこそ、みんなで何かを語り合うことができる。

  • I've lost track of the applause breaks by the way.

    ところで、拍手の休憩時間がわからなくなってしまいました。

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • Well, let me leave you on some parting advice if I could.

    さて、できれば別れ際のアドバイスをさせてください。

  • Don't ever let people walk on you, okay.

    絶対に人の上を歩かせてはいけないよ。

  • I got a, I got a new motto.

    私は、新しいモットーを手に入れました。

  • (shouting) I am not the victim. You want to try it?

    叫んで)私は被害者ではありません。やってみたいと思いませんか?

  • Yeah? Ready and I am not the victim.

    そう?準備ができていて、私は被害者ではありません。

  • I am the killer. (applause, laughing)

    私が犯人です。(拍手、笑い声)

  • The tagline is you got to think positive or yeah,

    キャッチコピーは、「You got to think positive or yeah」。

  • cause you gotta think positive.

    なぜなら、ポジティブに考えなければならないからです。

  • I didn't know how to put the tagline in there

    どうやってキャッチコピーを入れたらいいのかわからなかったので

  • because they enjoyed the, I am the killer part.

    なぜなら、彼らは「私が殺人者だ」という部分を楽しんだからです。

  • So I was like, okay, I guess I'm done.

    それで、もういいかなと思ったんです。

  • Yeah. Sometimes.

    うん。たまにはね。

  • I mean, you make those audibles sometimes out there

    時にはオーディブルを行うこともありますが

  • and you're like, well, this is such a good reaction.

    これはとても良い反応だと思います。

  • Why go out? and go after one more line

    なぜ外に出るのか、そしてもう1本のラインを狙うのか

  • that may have diminishing returns.

    のようなものがありますが、これはリターンが減少する可能性があります。

  • Yeah. Louie Anderson told me one time he ended

    うん。ルイ・アンダーソンは、ある時、彼が最後に

  • a set two jokes early because he knew

    を知っていたので、2つのジョークを早めにセットしました。

  • he could never follow, those jokes would never follow

    彼には到底追えない、あのジョークには到底追えない

  • the one that he did end on.

    彼が最後にしたのは

  • (upbeat music)

    (アップビートな音楽)

  • (applause)

    (拍手)

  • Great, fantastic, great job, hilarious

    素晴らしい、幻想的な、素晴らしい仕事、陽気な

  • Ah, you're great, Your space work is so good.

    ああ、あなたは素晴らしい、あなたのスペースワークはとても良いです。

  • Oh, thank you, I'm a mime yeah.

    あ、ありがとうございます!私はパントマイムですね。

  • Yeah, yeah.

    ええ、ええ。

  • Mary Mack ladies and gentlemen, that's our show,

    メアリー・マック レディース&ジェントルメン、これが私たちのショーです。

  • good night everybody.

    皆さん、おやすみなさい。

  • He's just very talented

    彼はとても才能がある

  • and a smart guy and a gracious person.

    と、頭のいい人で、品のある人です。

  • And I just needed him to know that he does a great job.

    そして、彼が素晴らしい仕事をしていることを知ってもらいたかったのです。

  • I wanted to tell him right there

    私はその場で彼に伝えたかった。

  • you're doing such a great job.

    あなたはとても素晴らしい仕事をしています。

  • And I needed to tell him, cause I was like

    そして、彼に伝える必要があったのですが、私は次のように思いました。

  • I might never get to talk to him again.

    もう二度と彼と話すことはないかもしれない。

  • He's got to know he's doing a good job.

    彼は自分が良い仕事をしていることを知っているはずだ。

  • That was really your moment there for him to tell you.

    それは、彼があなたに伝えようとしているあなたの瞬間でした。

  • And I love that.

    そして、それが大好きです。

  • It's so you to be like, no, no, no, no.

    いやいやいや、という感じのあなたです。

  • I want to let you know how much I appreciate you.

    あなたにどれだけ感謝しているかを伝えたいのです。

  • I'm amazed by Conan.

    コナンには驚かされます。

  • Like I, ever since the first time to do it

    私のように、最初にやった時からずっと

  • I've been bragging about him because he's amazing.

    彼が素晴らしいからこそ、私は彼を自慢してきました。

  • Like you don't see other shows like that where

    他の番組では見られないような

  • A, the host is gracious to start with and kind of nice.

    A、ホストは最初から品が良くて、なんだかいい感じ。

  • And then you, the show you see on TV is so close

    そして、あなたが、テレビで見ている番組は、とても近い

  • to the show that he does live.

    を生で見ることができます。

  • Like it there's really not much change.

    気に入った点は、あまり変化がないこと。

  • You know, I see other people try to do television shows

    他の人がテレビ番組をやろうとしているのを見ていると