Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • answer my question.

    私の質問に答えてください。

  • The question jerk.

    質問者のジャークです。

  • Welcome to watch Mojo.

    Welcome to watch Mojo.

  • And today we're counting down our picks for the top 10 hot headed athletes.

    そして今日は、私たちが選んだ「熱血アスリート」トップ10をご紹介します。

  • I'm the best ever.

    私は今までで一番です。

  • I'm the most brutal of Michigan most ruthless champion there's ever been.

    私は、今までのミシガンの最も残酷なチャンピオンです。

  • There's no one can stop me.

    誰にも止められません。

  • You wanna race?

    レースしたい?

  • Let's race.

    レースをしよう。

  • I didn't know we're supposed to pull over when it came down to five to go, You hear?

    あと5分になったら車を停めるなんて知らなかったよ。

  • Do you have ears?

    耳はありますか?

  • You have ears for this list.

    このリストには耳がありますね。

  • We're focusing on professional athletes that have been known to lose their tempers in the spirit of competition.

    私たちが注目しているのは、勝負のために感情を爆発させることがあるプロのアスリートたちです。

  • Number 10.

    10番です。

  • Terrel Owens.

    テレル・オーウェンズ

  • Known for his exceptional receiving skills and larger than life personality, this six time Pro Bowler was sometimes emotional to a fault.

    卓越したレシーブ技術と大らかな性格で知られ、プロボウラーに6回選ばれた彼は、時に感情的になることもありました。

  • It's my team.

    それは私のチームです。

  • Yeah, that's my quarterback.

    ええ、それが私のクォーターバックです。

  • Perhaps Terrell Owens, most intense on field moment, came in 2000 when he disrespected the Dallas Cowboys midfield logo in a touchdown celebration.

    おそらくテレル・オーウェンズがフィールド上で最も強烈な瞬間を迎えたのは、2000年、タッチダウン・セレブレーションでダラス・カウボーイズのミッドフィールド・ロゴを侮辱したときだろう。

  • At first, it looked like just another classic T o moment, but things escalated quickly when Cowboys safety George Teague, charged at Owens while he celebrated his second touchdown, get a tackle.

    しかし、カウボーイズのセーフティー、ジョージ・ティーグが、2回目のタッチダウンを決めたオーウェンズにタックルを仕掛けたことで、事態は一気にエスカレートしました。

  • Over the course of his career, however, Owens was known to consistently butt heads with teammates and often transferred his energy on the field to media interviews as well.

    しかし、オーウェンズはキャリアの中で、常にチームメイトと対立することで知られており、フィールドでのエネルギーをメディアのインタビューにもぶつけていました。

  • With this guy you just never knew.

    この人の場合は、わからないことばかり。

  • Are you serious?

    あなたは本気ですか?

  • I'm getting judged by pencil pushers by and and and negating that pretty good job over the years.

    私は、長年のかなりの仕事を否定することによって、鉛筆を押す人たちに批判されています。

  • Are you serious?

    あなたは本気ですか?

  • Charles Haley, Are you serious?

    Charles Haley, Are you serious?

  • Number nine Meta Sandiford Our test.

    Number 9 Meta Sandiford 私たちのテストです。

  • Wow, Here we go.

    わぁ、来た来た。

  • Oh, we went right over the plant before all of the name changes this NBA star was all about in your face defense.

    このNBAスターは、名前が変わる前は、顔面防御に徹していました。

  • In fact, the man formerly known as Ron our test, even one defensive player of the year in 2000 and four.

    実際、以前はロンと呼ばれていた彼は、2000年と4年にはディフェンス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを1回でも受賞しています。

  • Ironically, that was the same season he took center stage in arguably the most epic brawl in NBA history.

    皮肉なことに、このシーズンは、NBA史上最も壮絶な乱闘の中心となったシーズンでした。

  • Before the Detroit Pistons in Indiana, Pacers fought each other and fans.

    インディアナのデトロイト・ピストンズの前には、ペイサーズはお互いにファンと戦っていました。

  • World peace was already of five year veteran, known for his combative personality.

    世界平和は、すでに5年目のベテランで、闘争心の強い性格で知られていた。

  • But when a fan threw a Coke Adam, he infamously lost his cool and the rest is history.

    しかし、あるファンがコーラ・アダムを投げつけたとき、彼は冷静さを失ってしまったのは有名な話で、あとは歴史の話です。

  • Though he's broken TV cameras and traded verbal jabs with coaches, the Coca Cola inspired meltdown will go down as Metas most bizarre moment.

    テレビカメラを壊したり、コーチと口論になったりしたこともあったが、コカコーラに触発されたこのメルトダウンは、メタスの最も奇妙な瞬間として語り継がれるだろう。

  • I'm done, Hey, he said.

    終わったよ、ヘイ、と。

  • I'm done.

    終わった。

  • I I'll take this number eight.

    私......この8番を

  • Kurt Busch.

    カート・ブッシュ

  • It was the camera guy who had the camera in my face, and he's on me without the camera rolling, and that's what pissed me off.

    カメラを持っていたのはカメラマンで、カメラが回っていないのに私にカメラを向けていて、それが私を怒らせたのです。

  • Can you get the my face?

    私の顔を出してくれませんか?

  • In the world of stock car racing, drivers don't always have time to physically duke it out with competitors.

    ストックカーレースの世界では、ドライバーはライバルと体を張って勝負する時間がないこともあります。

  • But someone like Kurt Busch is a master in the art of mid race haunting and post race scuffles.

    しかし、カート・ブッシュのような人物は、レース中の祟りやレース後のいざこざに精通している。

  • Then again, such hotheaded antics have occasionally backfired, most notably in Bush's feud with Jimmy Spencer.

    また、ブッシュのジミー・スペンサーとの確執に代表されるように、そのような熱血漢的な行動が裏目に出ることもある。

  • What do you got?

    あなたは何を得ましたか?

  • You have the run of your life and you think you've got something The guy even beefed with his younger brother in 2007, as well as just about anybody that gets in his way.

    この男は、2007年には弟とも喧嘩をしたし、自分の邪魔をする人は誰でもいいのだ。

  • Bush had to be restrained from nascar dot com reporter Joe Menzer on pit road.

    ピットロードでは、ナスカー・ドット・コムのレポーター、ジョー・メンザーにブッシュが制止されていた。

  • Whether it's the long standing feud with Tony Stewart or even Kevin Harvick, looks like our Kurt Busch lost the car and then hit the right front of Kevin's car.

    トニー・スチュワートやケビン・ハービックとの長年の確執があったにせよ、カート・ブッシュはマシンを失い、ケビンのマシンの右フロントにぶつかったようだ。

  • Bush seems to thrive on drama and retaliation, which has led to a turbulent career and a controversial public persona.

    ブッシュは、ドラマや報復が好きなようで、それが波乱万丈のキャリアと物議をかもす公的な人格につながっている。

  • I messed up.

    私は失敗しました。

  • I should have been able to handle the pressures.

    私はそのプレッシャーに耐えられるはずだった。

  • That's what the responsibilities of a driver of my caliber should be.

    それが、私のようなドライバーの責任である。

  • Number seven.

    7番です。

  • Andy Roddick.

    アンディ・ロディック

  • You here?

    いるのか?

  • Do you have ears?

    耳はありますか?

  • You have ears.

    あなたには耳があります。

  • I've been here for three sets.

    私は3セットで来ました。

  • You have ears connected to your head.

    頭には耳がついています。

  • He's a fun loving guy off the court and the husband of supermodel Brooklyn Decker, and he had a temper that he let's show on the court occasionally.

    スーパーモデルのブルックリン・デッカーの夫である彼は、コートの外では楽しいことが大好きで、たまにコートで見せる気性の荒さもありました。

  • But in the heat of competition, Andy Roddick could get nasty.

    しかし、勝負どころではアンディ・ロディックは意地を張ることもありました。

  • His talent alone made him one of the more entertaining tennis stars of his day.

    彼の才能だけで、当時のテニス界で最も面白いスターの一人でした。

  • But this A Rod's temper tantrums would crank the entertainment level up to 11 as long as you weren't a line judge on the receiving end of his cutting insults.

    しかし、このA Rodの癇癪は、彼の鋭い侮辱を受けるラインジャッジでない限り、エンターテインメントレベルを11段階に引き上げる。

  • Next time, go ahead and watch it instead of being so concerned with making your voice heard.

    次は、声を出すことにこだわらず、先に見てください。

  • Okay, Andy's meltdown resume is extensive, and he'd speak with such clarity that everyone could fully understand him.

    さて、アンディのメルトダウンの履歴は広範囲に渡っており、誰もが完全に理解できるような明確な言葉で話します。

  • To be fair, Roddick usually kept his language clean, even if it seemed like he was about to drop a few expletives.

    公平を期すために、ロディックは普段から言葉をきれいに保っており、たとえいくつかの暴言を吐きそうになったとしても、それはそれでいいのだ。

  • But that didn't take anything away from the hothead quotient.

    しかし、だからといって、熱血商人から何かが失われたわけではない。

  • I think number six Luis Suarez, a native of Uruguay and striker for Atletico Madrid.

    ウルグアイ出身でアトレティコ・マドリードのストライカーである6番のルイス・スアレスかな。

  • This footballer will happily nut make his opponents and sometimes assault them as well.

    このサッカー選手は、相手を喜んでナットクさせ、時には暴行もする。

  • While playing for kayaks in the Dutch league in 2010, Luis Suarez actually bit Oatman Bacall, which proceeded subsequent bites on Chelsea's Branislav Ivanovich in 2013 and poor Giorgio Chiellini at the World Cup the following year.

    2010年にオランダリーグのカヤックでプレーしていたルイス・スアレスは、実際にオートマン・バコールに噛みつきました。その後、2013年にはチェルシーのブラニスラフ・イヴァノビッチ、翌年のワールドカップでは貧弱なジョルジョ・キエッリーニに噛みつきました。

  • Such behavior has led to countless apologies from Suarez, but his temper seems to reach a boiling point when the stakes are high.

    このような行動により、スアレスは数え切れないほどの謝罪をしてきましたが、彼の気性は賭け事になると沸点に達してしまうようです。

  • In fact, media personalities and fans can usually predict his hotheaded moments.

    実際、メディア関係者やファンは、彼の熱血な瞬間をだいたい予測することができます。

  • And despite his high level of play, the name Luis Suarez has become synonymous with perpetual yellow or red cards.

    そして、そのハイレベルなプレーにもかかわらず、ルイス・スアレスという名前は、永遠のイエローカードやレッドカードの代名詞となっている。

  • I think it was just instinct.

    本能的なものだと思います。

  • Any player would have done the same.

    どんな選手でも同じようにしただろう。

  • Not just me.

    私だけじゃない。

  • Number five Nolan Ryan.

    5位 ノーラン・ライアン

  • It was no contest as Nolan Ryan rang up 17 strikeouts as the all time strikeout leader of Major League Baseball.

    ノーラン・ライアンが17個の三振を奪い、メジャーリーグの歴代三振王に輝いたのですから、勝負になりません。

  • This Texan was a legendary force on the mound.

    このテキサス人は、マウンドで伝説的な力を発揮した。

  • Amazing, simply amazing.

    すごい、単純にすごい。

  • And Nolan Ryan wasn't afraid to serve up some chin music to make a point, either.

    また、ノーラン・ライアンは、自分の主張を通すためにチンケな音楽を提供することを恐れなかった。

  • Emerging in the late sixties, he understood the unwritten rules of baseball ethics, and when somebody crossed him, they could fully expect some retribution.

    60年代後半に生まれた彼は、野球倫理の不文律を理解しており、彼に逆らう者がいれば、それなりの報いを受けることになる。

  • In August of 1993 about six weeks before Ryan tossed his final pitch, he put a thorough beating on Robin Ventura, who inexplicably charged at the legend like a raging bull.

    1993年8月、ライアンが最後の投球をする6週間前、彼はロビン・ベンチュラを徹底的に叩きのめした。ベンチュラは猛牛のようにレジェンドに向かって突進してきた。

  • Unfortunately for Ventura, the elder statesman of the diamond took care of business One last time.

    ベンチュラにとっては残念なことだが、ダイヤモンドの長老が最後の仕事をしてくれた。

  • Number four.

    4番です。

  • Serena Williams.

    セリーナ・ウィリアムズ

  • In arguably one of the greatest tennis players ever, Serena Williams never fails to impress with her focus and passion.

    史上最も偉大なテニスプレイヤーの一人であるセリーナ・ウィリアムズは、その集中力と情熱で、常に感動を与えてくれます。

  • She's a master of the forehand return.

    彼女はフォアハンドのリターンを得意としています。

  • She once topped 128 MPH with a single serve, and she won the Australian Open while eight weeks pregnant.

    シングルサーブで128MPHを超えたこともあるし、妊娠8週目で全豪オープンを制したこともある。

  • Such talent and skill do not come easy.

    このような才能と技術は簡単には得られません。

  • It involves a lot of hard work and, according to Ms Williams herself, tapping into her temper.

    それには多くの努力が必要であり、ウィリアムズさん自身によれば、自分の気性を鍛えることも必要だという。

  • You're not making it super enjoyable, your being honest, as she told the Fader magazine in 2016, quote.

    あなたはそれを超楽しいものにしていません、あなたの正直な気持ちは、彼女が2016年にFader誌に語ったように、引用します。

  • If I don't have that intensity or that anger, I'm not doing as well as I need to do to win.

    あの激しさや怒りがないと、勝つために必要なことができません。

  • Sometimes I almost need to get angry to win, which is really, really weird, but it works for me.

    時には怒らないと勝てないこともあり、それはとても奇妙なことですが、私には合っているのです。

  • As a result, there may be a smashed racket or tongue lashing unleashed, but you can't really argue with the results.

    その結果、ラケットが壊されたり、舌打ちされたりすることもあるかもしれませんが、結果的には文句のつけようがありません。

  • Mhm.

    mhm

  • Long.

    長いですね。

  • Wait until I'm ready for my own place on every year.

    毎年、自分の場所を確保できるようになるまで待つ。

  • Problem Number three.

    問題点その3。

  • Ron Hextall Hextall goes Bear Ling out at one of the Canadians, Truly a revolutionary goaltender, thanks to his active style of play, this former Flyer and one time Nordic and Islander went above and beyond the NHL norm.

    Ron Hextall Hextallは、カナダ人の一人であるBear Ling outになります。この元フライヤーで、かつてはノルディックとアイランダーであった彼は、そのアクティブなプレースタイルのおかげで、革命的なゴールテンダーとなりましたが、NHLの常識を超えていました。

  • Here he goes, bidding for one.

    これで、一人分の入札に成功しました。

  • Here's the clear.

    ここはクリア。

  • Here it is, he scores.

    ここで、彼はスコアを出す。

  • Hextall scored a goal on the empty net.

    Hextallは、空のネットでゴールを決めました。

  • Not only did Ron Hextall fiercely guard the net and change the way his position can be played, he wasn't afraid to stand up to his opponents, either.

    ロン・ヘクタルは、ネットを猛烈に守り、ポジションのあり方を変えただけでなく、相手に立ち向かうことも恐れなかった。

  • As a result, many a suspension came his way.

    その結果、彼には多くのサスペンションがもたらされた。

  • But with his reputation established, coaches and players knew what to expect.

    しかし、彼の評判は確立されていたので、コーチや選手たちは期待していました。

  • And here comes Hextall.

    そして、ヘクタルの登場です。

  • And but next we're going to go.

    で、でも次は行くんです。

  • I know feelings doesn't think this is a good idea.

    気持ちはこれでいいとは思っていないだろう。

  • Playing the majority of his career with the blue collar Philadelphia Flyers textiles most turbulent years came in the late eighties, when he would rack up the most penalty minutes for a goaltender in NHL history.

    キャリアの大半をブルーカラーのフィラデルフィア・フライヤーズで過ごしたテキスタイルは、80年代後半に最も激動の時代を迎え、NHL史上最も多くのペナルティ分を記録したゴールテンダーとなりました。

  • You don't have to be sweet to be good.

    甘いものを食べなくても、良いものは食べられます。

  • Number two.

    その2。

  • John McEnroe.

    ジョン・マッケンロー

  • You can't be serious, man.

    本気で言っているのか、お前は。

  • You cannot be serious.

    本気ではないでしょう。

  • Over the course of his esteemed playing career, this legendary tennis hothead won a grand total of seven Grand Slam singles titles.

    この伝説的なテニスプレーヤーは、偉大なプレーヤーとしてのキャリアの中で、合計7つのグランドスラム・シングルスタイトルを獲得しました。

  • Code violation, record abuse, point penalty, Mr Manhattan.

    コード違反、記録の乱用、ポイントペナルティ、ミスターマンハッタン。

  • And while some modern tennis players often seem like they're performing during a meltdown, John McEnroe went nuclear time and time again.

    また、現代のテニスプレーヤーの中には、しばしばメルトダウンの最中にパフォーマンスをしているように見える人もいますが、ジョン・マッケンローは何度も何度も核武装しました。

  • That's my question.

    それが私の質問です。

  • The question jerk.

    質問者のジャークです。

  • He'd hurl insults that line judges.

    審査員を侮辱するような言葉を投げかける。

  • He produced some of the more creative racquet smash has ever seen, and he'd even yell a few curse words when the time felt right.

    彼は今までにない独創的なラケット・スマッシュを生み出し、タイミングが合えば罵声を浴びせることもあった。

  • There was no predicting what Johnny Mac would do, and given his facial expressions and body behavior, it seemed like even he didn't know what to expect.

    ジョニー・マックは何をするかわからないし、彼の表情や体の動きを見ていると、彼自身も何が起こるかわからないという感じだった。

  • Johnny Mack puts in his two cents.

    ジョニー・マックが2セントを入れる。

  • You cannot be serious before we unveil our number one pick.

    ナンバーワン・ピックを発表する前に、本気になってはいけません。

  • Here are some honorable mentions.

    ここでは、佳作をご紹介します。

  • Boudreau comes over and laws taking the house down.

    Boudreauがやってきて、家を破壊する法律を作った。

  • It's become like a common thing in the NHL for guys, too.

    これはNHLでも男にとっては当たり前のことのようになっています。

  • Fall in love with my sloppy seconds, probably sort of getting a push, and that's when he squeezed and squeezed my balls.

    私のだらしない秒数に惚れ込んで、たぶんなんとなく押してもらって、その時、彼は私の玉をしごいて、しごいて。

  • You didn't squeeze them, too, and I was like, Honestly, I thought I lost my family allowance.

    あなたも絞らなかったので、正直、家族のお小遣いがなくなったかと思いましたよ。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読し、ベルを鳴らして最新のビデオについての通知を受けるようにしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    その時々の映像だけを通知するか、すべての映像を通知するかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定で「通知」をオンにしておきましょう。

  • Mhm Number one Mike Tyson still believe in the sporting world.

    Mhm Number one Mike Tyson still believe in the sporting world.

  • Some athletes try to intimidate, while others are naturally terrifying Children.

    威嚇しようとするアスリートもいれば、自然に恐怖心を抱くチルドレンもいる。

  • In the mid 19 eighties, Mike Tyson struck fear into the hearts of opponents through his size, technique and monster uppercuts.

    1980年代半ば、マイク・タイソンはその体格とテクニック、そして怪物のようなアッパーカットで対戦相手の心に恐怖を与えました。

  • Go, I don't give it up.

    Go, I don't give it up.

  • But as Tyson's career progressed, his temperament utterly destroyed his momentum.

    しかし、タイソンのキャリアが進むにつれ、彼の気質がその勢いを完全に破壊してしまった。

  • Looking back, it's easy to laugh at some of Iron Mike's more bizarre moments.

    振り返ってみると、アイアン・マイクの奇妙な瞬間を笑うことは簡単だ。

  • But when he bit off a piece of Evander Holyfield's right here in 1997 Tyson set a new standard for outlandish behavior among hotheaded athletes who've been here.

    しかし、1997年にこの場所でイベンダー・ホリフィールドの右手を噛み切ったタイソンは、これまでの熱血スポーツ選手の中でも突拍子もない行動の新たな基準となった。

  • That's what Holy feels in a lot of pain from that you see the blood on the house, definitely a bite.

    家に血が付いているのを見ると、間違いなく噛まれていることから、ホーリーはかなりの痛みを感じます。

  • Once known as the baddest man on the planet, Tyson's unpredictable behavior sold tickets but ultimately tarnished his legacy as well.

    地球上で最も悪い男として知られていたタイソンは、予測不可能な行動でチケットを販売していましたが、結果的に彼のレガシーにも傷をつけてしまいました。

  • Do you agree with our picks?

    あなたは私たちの選択に同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    この他にもWatch Mojoの最新クリップをチェックして、ぜひ購読してベルを鳴らして、最新のビデオについてお知らせしてください。

  • Mhm, mhm.

    Mhm, mhm.

answer my question.

私の質問に答えてください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo ブッシュ タイソン テニス 本気 レース

熱血スポーツ選手トップ10 (Top 10 Hotheaded Athletes)

  • 1 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 15 日
動画の中の単語