Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • JENNY: To celebrate Women's History Month, today

    JENNY:女性史月間を記念して、今日は

  • we are joined by Sarah Amos from Marvel New Media.

    マーベル・ニュー・メディアのサラ・エイモスさんにお越しいただきました。

  • And we're talking Walt Disney Animation Studios' "Raya

    そして、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの「ラヤ」の話です。

  • and the Last Dragon."

    and the Last Dragon"

  • I'm Jenny.

    私はジェニーです。

  • I'm Andre.

    私はアンドレです。

  • And we're your hosts for "What's Up, Disney+,"

    そして、私たちは "What's Up, Disney+"のホストです。

  • where we talk all things Disney+.

    で、Disney+のことを話しています。

  • Let's welcome our first guest.

    それでは、最初のゲストをお迎えしましょう。

  • She is the vice president of development and production

    開発・制作担当の副社長である

  • at Marvel New Media, and she's the executive producer

    マーベル・ニュー・メディアのエグゼクティブ・プロデューサーであり

  • of "Marvel's 616" and Marvel's "Behind the Mask."

    の「Marvel's 616」とMarvel'sの「Behind the Mask」です。

  • Sarah Amos, thank you so much for joining us today.

    サラ・エイモスさん、今日はありがとうございました。

  • Hey, guys.

    ねえ、みんな。

  • Thank you so much for having me.

    呼んでいただいてありがとうございました。

  • I'm really excited to be here.

    ここに来ることができて本当に嬉しいです。

  • Well, we are excited to have you here today.

    さて、今日はあなたをお迎えできることを楽しみにしています。

  • Can you tell us a little bit about yourself,

    あなたのことを少しだけ教えてください。

  • and what got you started in filmmaking?

    また、映画制作を始めたきっかけは何ですか?

  • I just love storytelling.

    私はただストーリーテリングが好きなのです。

  • I love picking a topic or getting to dive into an area

    トピックを選んだり、ある分野に飛び込んだりするのが好きです。

  • of history or something that's interesting to me

    歴史や何かに興味を持ったときには

  • that perhaps I thought I knew, and then, through the process

    自分ではわかっているつもりでも、その過程で

  • of filmmaking, discover a whole new side of that story that

    の映画製作には、その物語の全く新しい側面を発見することができます。

  • maybe is unexpected, maybe brings out

    もしかしたら予想外のことが起こるかもしれない。

  • emotion, maybe inspires someone watching at home.

    感動が、家で見ている人の心を動かすかもしれない。

  • Oh, that's great.

    おお、それは素晴らしい。

  • And what led you to Marvel New Media specifically?

    また、マーベル・ニューメディアに入社したきっかけは何だったのでしょうか?

  • I was lucky enough to get brought

    幸運にも持ってきてもらいました。

  • on as we were kind of building up the New Media team.

    ニューメディアチームを立ち上げているときに、このプロジェクトに参加しました。

  • To me, it just all clicked in exactly the right way.

    私にとっては、まさにその通りになったのです。

  • And I was so lucky to get to join the team

    そして、私はとても幸運にもチームに参加することができました。

  • and really help kind of spearhead

    そして、本当に先陣を切って助けてくれました。

  • a couple of bigger nonfiction projects that started

    始まった大きなノンフィクションのプロジェクトがいくつかあります。

  • to dive more into the history and the characters,

    をクリックすると、歴史やキャラクターをより深く知ることができます。

  • and maybe sides of Marvel Comics that people

    とか、マーベルコミックの側面を見て、人々が

  • didn't know existed.

    が存在することを知りませんでした。

  • From movies to documentaries to comics,

    映画、ドキュメンタリー、コミックまで。

  • Marvel has told so many groundbreaking

    マーベルはこれまで、画期的な作品を数多く発表してきました。

  • stories over the years.

    の話をしていました。

  • Are there any in particular that you've connected with the most?

    特に印象に残っている作品はありますか?

  • At the heart of what Marvel is, it is human stories.

    マーベルの核心は、ヒューマンストーリーです。

  • And it is about our characters.

    そして、それは私たちのキャラクターについてです。

  • And you can put them through the ringer.

    そして、彼らを徹底的に鍛えることができる。

  • So I love "Moon Girl and Devil Dinosaur."

    だから私は "Moon Girl and Devil Dinosaur "が大好きです。

  • I love "Squirrel Girl."

    "Squirrel Girl "が大好きです。

  • I think anyone who wants some humor in their comics

    漫画にユーモアを求めている人は、誰でもそうだと思います。

  • is-- yeah, see?

    は......うん、わかる?

  • You're in.

    入っていますね。

  • The one that I'm absolutely obsessed with

    私が絶対的にこだわっているのは

  • is everything X-Men.

    はX-MENのすべてです。

  • There's not a single X-Men comic that comes out these days

    最近のX-MENのコミックは一本も出ていませんが

  • that I'm not giddy to pick up.

    拾うのが嫌になるようなもの。

  • You helped bring some amazing nonfiction

    あなたのおかげで素晴らしいノンフィクションが

  • Marvel stories to Disney+.

    マーベルの物語をDisney+に。

  • What made you want to bring people behind the scenes,

    裏方さんを連れてきたいと思ったきっかけは何ですか?

  • and what do you hope to discover there?

    また、そこではどのような発見をしたいですか?

  • My hope is that everyone takes away something

    私の願いは、皆さんが何かを持ち帰ってくれることです。

  • a little different, right?

    はちょっと違うかな?

  • I think the beauty of Marvel is that there

    マーベルの良さは、そこにあると思います。

  • is a comic book or a character for everyone, right?

    は、誰もが楽しめる漫画やキャラクターですよね。

  • You can love drama, or comedy, or action-adventure.

    ドラマが好きでも、コメディが好きでも、アクション・アドベンチャーが好きでもいい。

  • You can find the thing that you connect with.

    自分とつながるものを見つけることができる。

  • And we tried to do the same thing with "616," getting

    また、「616」でも同じことを試みました。

  • to learn more about the history of kind of how Marvel

    マーベルの歴史を知るためには

  • Comics came to be, and maybe some unsung heroes that you

    コミックが誕生した背景には、あなたが知っている知られざるヒーローがいるかもしれません。

  • hadn't heard of before, getting to watch a comic book get made.

    今まで知らなかった、漫画が作られる様子を見ることができました。

  • We actually follow one of our amazing writers, Dan Slott.

    私たちは実際に、素晴らしいライターの一人であるダン・スロットをフォローしています。

  • And you get to see the artists at work.

    そして、アーティストの仕事ぶりを見ることができます。

  • To see the way our characters and our stories

    私たちのキャラクターや物語のあり方を見るために

  • can really affect people's lives.

    は、人々の生活に大きな影響を与えます。

  • All of those are kind of real human connection and real life

    そのどれもが、一種のリアルな人脈であり、リアルな人生の

  • lessons, and kind of inspirations, that I

    レッスン、そして一種のインスピレーションは、私が

  • hope people get to enjoy and experience

    人々が楽しんで体験できることを願っています。

  • when they watch the series.

    シリーズをご覧になったときに

  • I loved episode 2 of "Marvel's 616",

    私は「Marvel's 616」のエピソード2が大好きでした。

  • "Higher, Further, Faster," because it breaks

    "Higher, Further, Faster "は、壊すからです。

  • down the misconception that comics are

    という誤解を解く。

  • only created by men, for men.

    男性が男性のために作ったものです。

  • So how did it feel to spotlight all of these amazing women

    このような素晴らしい女性たちにスポットライトを当ててみてどう感じましたか?

  • behind Marvel Comics?

    Marvel Comicsの背後にあるものは?

  • That episode is so special to us.

    そのエピソードは、私たちにとってとても特別なものです。

  • Gillian Jacobs came on really early into the series.

    ジリアン・ジェイコブスは、シリーズの初期に登場しました。

  • And she has a real passion and a dedication

    そして、彼女は本当の情熱と献身を持っています。

  • to help telling the stories of women who were involved

    活躍した女性たちの物語を伝えるために

  • in industries that may be predominantly get seen

    が多いかもしれない業界では、見られることが多い。

  • as male-dominated industries.

    を男性優位の産業として捉えています。

  • I think, for me, just getting to learn myself and become

    私にとっては、自分自身を学び、成長することができました。

  • educated about these incredible creators, and the journey

    このような素晴らしいクリエーターについての知識を得て、その旅は

  • for women throughout Marvel Comics,

    マーベル・コミックスの女性たちのために。

  • was really one of the best things.

    は、本当に最高のものでした。

  • And seeing the future of where Marvel Comics is going,

    そして、マーベル・コミックの行く末の未来を見届ける。

  • and the way that we are expanding to include more

    と、より多くの人を対象に拡大している様子が伺えます。

  • voices, and to make sure all points of view are represented,

    の声を聞き、すべての意見が反映されるようにしています。

  • and to hopefully put out a product that young girls can

    そして、若い女の子たちが安心して使えるような製品を出したいと思っています。

  • pick up or read on their phones and say,

    を拾ったり、スマホで読んだりして言う。

  • hey, I see myself in that.

    私は自分自身を見ているようだ。

  • And this inspires me to want to be a part

    そして、私もその一員になりたいと思うようになりました。

  • of that industry one day.

    いつかはその業界の

  • Like, that's the best thing to get to do.

    それが一番の収穫みたいな。

  • Yeah, it's really empowering, because I

    ええ、それは本当に力になります、なぜなら私は

  • feel like shows like this are going to make such a massive--

    このような番組は、大規模な--。

  • probably already are making such a massive impact

    おそらく、すでにそのような大きな影響を与えていると思います。

  • on both boys and girls, because just five years ago,

    男の子にも女の子にも、ほんの5年前までは

  • me wearing this shirt would get me questioned.

    私がこのシャツを着ると、質問されます。

  • "You're a fake geek girl!

    "エセオタク女子 "になってしまった!?

  • You're not really-- you don't read the comics.

    あなたは本当は...漫画を読んでいないのではないですか?

  • You don't know what you're talking about.

    自分が何を言っているのかわからない。

  • You're just wearing a shirt because you think it's cool."

    クールだと思ってシャツを着ているだけ」。

  • And I think, with shows like "Marvel's 616,"

    そして、「Marvel's 616」のような番組で、私は思うのです。

  • audiences get to see, "oh, there are women, lots of women,

    観客は、「ああ、女性がいる、たくさんの女性がいる」と感じることができます。

  • behind some of my favorite characters and stories,

    私の好きなキャラクターや物語の背後に

  • and people of color--" just an array of people

    そして有色人種......」というように、さまざまな人々が集まっています。

  • that I think the average person doesn't expect.

    一般の人には思いもよらないことだと思います。

  • It's a thing of, oh, it's only guys.

    それは、ああ、男の人しかいないんだなということです。

  • The larger media perception has been wrong for a long time.

    大きなメディアの認識は長い間間違っていました。

  • And it is assumed that the fanbase only

    そして、ファンベースのみを想定しています。

  • looked like one type of person.

    は1つのタイプの人間に見えました。

  • And that has not been the case.

    そして、そのようなことはありませんでした。

  • A lot of the most die-hard fans I know of Marvel Comics

    私が知っているマーベル・コミックの熱狂的なファンの多くは

  • are women of color.

    は有色人種の女性です。

  • And like, they can throw down way more facts and information

    そして、より多くの事実や情報を発信することができます。

  • than a lot of what people would consider

    人々が考えるような多くのものより

  • to be traditional fans.

    を伝統的なファンにすることができました。

  • So I do think it's great just to get to showcase the wide array

    私は、このようにして、様々な種類の製品を紹介することができるのは素晴らしいことだと思っています。

  • of Marvel fans that really are out there,

    のマーベルファンが本当にいるのか?

  • and kind of be like, hey, guys, this is actually something

    そして、「みんな、これは実際に何かあるんじゃないか?

  • that everyone can be a part of.

    誰もが参加できるもの。

  • Marvel speaks to such a wide range of ages and gender.

    マーベルは、年齢や性別を問わず、幅広い層に受け入れられています。

  • Tell us why you think it's important to make

    を作ることが重要だと考える理由を教えてください。

  • these stories so accessible.

    これらの物語はとても身近なものです。

  • Marvel can be very daunting to people.

    マーベルは、人にとって非常に厄介なものです。

  • If you haven't read every Captain America

    キャプテン・アメリカ」をすべて読んでいない人は

  • run for the last 40 years, how am I going

    この40年の間、私はどのようにして

  • to know where to even begin?

    どこから手をつけていいかわからない。

  • And so we did try to tell stories that, yes,

    そして、そのような話をするようにしました。

  • were about our characters and our legacy,

    は、私たちのキャラクターとレガシーについてでした。

  • but not necessarily just about the comics themselves.

    が、必ずしもコミックそのものだけではありません。

  • There is a larger element of storytelling

    ストーリーテリングという大きな要素があります

  • that goes on at Marvel.

    はマーベルで行われています。

  • And there is a larger message that, a lot of times,

    そして、もっと大きなメッセージがあるのです。

  • we are trying to make sure is encapsulated in the brand

    私たちは、ブランドに込められた思いを確認しようとしています。

  • and in what we do.

    そして、私たちが行うことに

  • And I do think that there are things that people can

    そして、人々ができることがあると思います。

  • connect with, even if comics and super heroes aren't their thing.

    コミックやスーパーヒーローが苦手な人でも、心を通わせることができます。

  • What advice do you have for future creators?

    未来のクリエイターに向けて、アドバイスをお願いします。

  • Be honest with who you are, and know your own truth,

    自分に正直になり、自分の真実を知ること。

  • and what you want to take from that and put into your work.

    そして、そこから何を得て作品に反映させたいのか。

  • And eventually, you will connect with the person that

    そして、最終的には、その人とつながることで

  • sees your truth the same way you do and will help you

    あなたと同じように、あなたの真実を見て、あなたを助けるでしょう。

  • get it to a larger audience.

    より多くの人に見てもらいたい。

  • Know who you are.

    自分が何者であるかを知る。

  • Believe in who you are.

    自分自身を信じること。

  • And then just have the hard work ethic and the determination

    そして、努力する姿勢と決意を持つこと。

  • to see that through.

    それを見届けるために

  • It's been amazing having you, Sarah.

    君がいてくれてよかったよ、サラ。

  • Thank you so much for joining us today.

    今日は本当にありがとうございました。

  • Well, thank you, guys.

    さて、皆さん、ありがとうございました。

  • Thank you for having me.

    呼んでいただいてありがとうございます。

  • It's always fun to get to come, and meet new people,

    来場して、新しい人と出会うのはいつも楽しい。

  • and talk about things I like.

    と自分の好きなことについて話す。

  • Yes!

    はい。

  • So please go watch "Marvel's 616"

    だから "Marvel's 616 "を見てください。

  • and "Behind the Mask" on Disney+.

    と「ビハインド・ザ・マスク」をDisney+で配信しています。

  • And now, here's what's new.

    そして、今回の新製品はこちらです。

  • We have new character posters from Marvel Studios' "The

    マーベル・スタジオの「The」から新しいキャラクターポスターが登場しました。

  • Falcon and the Winter Soldier," featuring Anthony

    ファルコンとウィンターソルジャー」、アンソニーが登場

  • Mackie as Sam Wilson, aka

    サム・ウィルソン役のマッキー

  • the Falcon, Sebastian Stan as Bucky Barnes, aka

    ファルコン役のセバスチャン・スタン、バッキー・バーンズ役の